情報更新

last update 06/25 12:48

ツイート検索

 

@nofrills
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

Stats Twitter歴
3,307日(2008/06/06より)
ツイート数
273,088(82.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月24日(土)48 tweetssource

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

日本はいろいろ一周早いんだなって思いませんか。私はそう思います。それが「科学的」だとかいうつもりは毛頭ないけど(本当にただの「印象論」で、「~だと思う」のレベルの話でしかない)。

posted at 21:06:47

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

PRT, 確かに墓穴を掘らせたら右に出る者はいない、そんな政治家だ。Andrea Leadsomが前回掘った墓穴は「母として」発言だったが、今回はもっと雑で、英国で崩壊しているのはウエストミンスター・システムじゃなくて、要職につく個々の議員の質だと思わざるをえない。

posted at 21:04:07

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

ジョシュとロビンは北アイルランドにずっといるつもりはない。「以前より確実に状況はよくなってきている。しかし僕にとってはペースが遅すぎる」(スウェーデンでの生活を知っている彼にとっては)。最後の一言が、めちゃ重い。

posted at 20:47:30

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

北アイルランドでは宗教と政治が一体化している。「1960年代、70年代からずっとだ。イアン・ペイズリーはDUPを率いて、宗教と政治を統合し、ホモフォビアに駆られた言説を展開した。ここでは宗教はとても大きな意味を持つ。だから政治家も宗教と政治を一体化させ、政敵への攻撃材料とする」

posted at 20:44:24

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

ジョッシュは家族にとって宗教が大きな役割を果たしたという(ここで映像では少し間があく)。母親は「私にとっては愛し、受け入れるために何をするかということだった。それこそキリスト教的ではないか。判断することではなく」と語る。

posted at 20:39:40

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

北アイルランドではゲイのカップルはいるだけで政治化されてしまう。スウェーデン人のロビンはそれに戸惑っている。「クラブに踊りに行くだけでも、『私は同性愛者を支援します』という人が一緒で、まるでデモを始めるかのようになる」。

posted at 20:37:25

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

そういうことがあったあと、ジョシュは限界を感じ、恋人のいるスウェーデンに移った。「初めて公衆の面前で(好きな人と)手をつないで歩き、キスをした。自分で歩いているときも他人にビクつかずにいられる」。そして2017年、彼は恋人のロビンを連れて北アイルランドに戻ってきた。

posted at 20:34:28

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

2015/16年、北アイルランドではホモフォビアのインシデントの件数が、記録を取るようになって以来最高となった。「顔に唾を吐かれるなんて、途轍もない侮辱だ。動物だってそんな扱いは受けない。一度やられたら忘れられなくなる」

posted at 20:29:13

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

北アイルランド紛争期、紛争を口実に北アイルランドを離れたLGBTQの人たちはけっこういたという。LGBTQを取り巻く環境は、紛争とは無関係に、今も難しいまま。親は理解し、サポートしている。しかし《社会》がああだ。

posted at 20:24:05

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

「ここはまだ1990年代のようだ」。「宗教を利用して誰かを不幸に感じさせようとしている。そういうことはしてはならないというのが宗教のおしえではないのか」。「この土地には愛着があるが自分が受け入れられているという感じはしない。でも離れたくはない」。「僕は世界を見て幸せに生きたい」

posted at 20:21:04

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

「だけど裁判には持ち込めなかった。当事者証言しかなくて、証拠不十分だと。でも僕はまだ生きているし、元気だ」。こう語る10代の同性愛者に居場所を与えているのはサポートグループ。「長いことまともに笑ったことがなかったので、初めてそこに行ったときはわき腹や頬が痛くなった」

posted at 20:16:10

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

「話せる場はネットにしかなかった。出会い系で知り合った人と会った。車に乗った。『気が変わった』と言ったが相手はそんなことには構わなかった。僕はレイプされた。15歳だった。1週間後、宗教の先生に話した。そこから親に連絡が行った。警察にもソーシャルワーカーにも話した。2年前のことだ」

posted at 20:07:23

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

今のイスラム過激派にも通じている話なんですが(「ジハーディ・ジョン」についてのヴァーカイクの本を参照)、英情報当局のルーティーン、supergrass作戦の中身はこれっすよ。実際にはこれよりもっとひどい例もあるにせよ。

posted at 19:48:34

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

www.indy100.com/article/shorts 熱波の英国。コールセンターで働く20歳男性が「きれい目短パン」で出勤したら家に帰されたので、「男女平等」を主張し、改めて女性用ワンピで出直したら、会社の規則が「黒・ベージュ・紺のクロップトパンツOK」というように変更になったと。

posted at 19:12:45

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

「…ブリテンがヨーロッパ(連合)と縁を切りたいと思い、次はスコットランドがブリテンを縁を切りたいと言い出した。次は何ですか、エディンバラがスコットランドと縁を切りたがるとでも? どうかしている。隕石が飛んでくればみなひとたまりもない、私はそういうことを見てきたのだが」

posted at 19:01:51

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

バケットヘッド卿、Kindle本か何か書かないかな。おもしろいよ。「まず、経済面で英国にとって最良になるよう分別ある大人の交渉をすること。保守党の右翼に利するような政治的なやり方ではなく。次に、地球人は己の卑小さを悟り、行動の前に熟考すべきである。……」

posted at 18:58:24

6月24日

@nofrills

TrinityNYC@TrinityNYC

アメリカ政界のドタバタみてると #毎日がオワタ感 がすごいんだけど、このジョン・オリバーの英国選挙解説を見てると、イギリスのみなさんも、けっこう「オワタ感」を感じているのでは・・・と思ったほどwwww Lord Bucketheadってwwwww twitter.com/TrinityNYC/sta

Retweeted by nofrills/新着更新通知・RTのみ

retweeted at 18:41:31

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

この件、3Dが出てきて「俺じゃない(笑)」と否定するまでがひとつの流れだと思うのだが、現状、3Dの発言は確認できない。BBC記事に出てるけど、以前から「Banksyの正体」と言われている人のファースト・ネームは「ロビン」。ゴールディ先生発言の「ロブ」は「ロビン」でもありうる。

posted at 18:17:39

6月24日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

34分30秒くらいから、ほんとにぺらぺら喋ってて、口滑らしたことに気づいてない。そしてこの「ロブ」発言により、「Banksy = ロバート・デル・ナジャ (Massive Attack)」説再燃: www.independent.co.uk/arts-entertain (Indy。笑える)

posted at 18:08:14

2017年06月23日(金)42 tweetssource

6月23日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

そりゃ、あのfiascoを見たらいじり倒したくなるよね。気持ちはわかる。しかし、全然生産的ではないと思う。ユンカー氏らのこういう態度が、タブロイドの標的になり、単純化された《物語》として人々に受け取られ、英国内での分断をさらに深めるんじゃないかということが心配。

posted at 18:39:45

6月23日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

エクセターでは、男子生徒たちが「女はずるい」と言って女子を攻撃する代わりに、自分たちがスカート履いて登校したことで、自分たちの未来を変えることができたようだ。学校側が「現状短パンは禁止だが、高温が当たり前になりつつあるわけで、将来的には変更を検討してもよい」と。

posted at 01:51:36

6月23日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

精神的に不安定で、酒やら何やらの問題を抱え、特にカネに困ってない中産階級の中年男が、デイリー・エクスプレスやらデイリー・メイルやらネット上の「真実」やらで勝手に過激化されたのか。そして、パートナーに家から追い出されて歯止めが利かなくなったのか。

posted at 00:50:21

6月23日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

ガーディアン記事 www.theguardian.com/uk-news/2017/j によると、突入犯のダレン・オズボーンは少し前に兄弟姉妹に、「自分は隔離される必要がある」ということを訴えていた。ダレンの姉(妹)はアーティストで、作品を売って被害者支援にあてたいという考え。

posted at 00:46:02

6月23日

@nofrills

nofrills/新着更新通知・RTのみ@nofrills

記事に埋め込まれている「電気屋さん」のニュース映像が興味深い。店主のワセムさんは航空機のエンジニアだが、ガザでは仕事がないので(飛行場は何年も前にイスラエルに破壊されてそのまま)、知識のありったけをつぎ込んでガザの電力事情を乗り切るためのワザを人々に伝授している。

posted at 00:17:37

このページの先頭へ