Twilog

 

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

  • 0フォロー
  • 794フォロワー
  • 42リスト
Stats Twitter歴
1,953日(2011/11/22より)
ツイート数
15,646(8.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年03月27日(月)2 tweetssource

7時間前

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

他にも、会社に嫌な人がいるんです。でも会社はやめたくありません。という人がいます。その問題は、どこにありますか?と聞いてみると「もちろん、その嫌な人です」と答える。

posted at 10:09:06

9時間前

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

「私は、太っているので、どうしても痩せたいんです」という人がいるんですね。問題は、どこにあるんですか?と聞いてみると「太っているこの体です」と仰います。

posted at 08:09:10

2017年03月26日(日)8 tweetssource

19時間前

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

私も、この観念浄化ワークと出会う前はそうだったのですが、問題を抱えて苦しんでいる人の大半が「問題は、外の世界にある」と思い込んでいるんですね。

posted at 22:09:06

21時間前

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

そもそも人生上昇塾は、まったく問題を解決しません。もっと現実的で、本質的で、シンプルで簡単な方法があるんですね。それは、「その問題はいったいどこにあるのか?」ということです。

posted at 20:09:09

23時間前

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

やがて、上だ、下だ、優だ、劣だといちいちうるさかった評論家が消え去って、純粋なるプレイヤーになります。なりますというか、戻るんですね。そもそも、そうだったんだということです。ぜひ冒頭でお話したお風呂のワークは、実際にやってみて「二人の自分」がいるのを確めてみてくださいね。

posted at 18:09:07

3月26日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

観念浄化ワークで、どんどん思い込みを手放していくと、評論家の生命線である善悪の観念が消えていきます。ああだ、こうだと評価する元ネタがなくなっちゃうわけです。

posted at 16:09:08

3月26日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

もしこの番組をお聴きいただいているあなたと私に何かの違いがあるとすれば、この評論家である自我がいるかいないかだけのことなんですね。

posted at 14:09:11

3月26日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

あるがままの自分は、起こってくる衝動のまま、いつもグランドでプレイしています。一生懸命に仕事しているのも、お酒を飲んで酔っ払っているのもプレイです。寝ていても、起きていても、プレイです。何をやっていようが、プレイヤーである限り、上も下も、優も劣もなく、同等同価値なんですね。

posted at 12:09:05

3月26日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

この野球評論家と同じ仕事をしているのが自我です。ある時は、自分を評価して、否定してみたり、ある時は、相手を解説して、非難してみたりするわけです。

posted at 10:09:06

3月26日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

これはいいプレイですね、あれはダメだ、もっとこうしなければ・・なんてことを言うわけです。たまに、過去のデーターを分析して、次はカーブを投げるはずですよ、なんて、未来を予想したりする。でも、自分はまったくプレイしない、プレイヤーを眺めて、あれこれ考えるのが彼の仕事なんですね。

posted at 08:09:11

2017年03月25日(土)8 tweetssource

3月25日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

私は西宮に住んでいるんで、たまに甲子園球場に阪神戦を観に行くのですが
選手は、グラウンドでプレイしていますよね。で観客席の上の方を見ると、野球評論家が座っているんですね。彼の仕事は、選手のプレイを見て、ああだこうだと解説したり、評価したりすることです。

posted at 22:09:06

3月25日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

どれだけ自我が考えても、衝動が起こってこない限り、やることも、やめることもできないというわけです。自我とは、「考える私」である、ということが
なんとなくおわかりいただけたかなと思います。もうひとつセミナーなどでよくする「野球場の話」をしてみたいと思います。

posted at 20:09:08

3月25日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

できることしかできないし、起こることしか起こりません。ですから、あれこれ考え悩まなくても、告白するという衝動が起これば、そうなるでしょうし、諦めるという衝動が起これば、そうなるんですね。

posted at 18:09:06

3月25日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

こんなに私は苦しんでいるのに、あの人はまったく知らんぷりだわ。許せない、あの人も私と同じように苦しむべきだ、なーんて、恋愛が憎しみに変わるなんてことは、よくある話ですよね。

posted at 16:09:08

3月25日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

考える私が、厄介で面倒なのは、やってきた感情をどうにかしようとすることです。どうにかしようとすると、その感情は益々大きくなっていきます。

posted at 14:09:09

3月25日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

ああ、好きだ、好きだ、どうしようもないぐらい好きだ・・って感じで、思いっきりその感情とひとつになることです。そうすれば、雲が消えていくように、少しずつ薄くなって消えていくはずです。恋が醒めるっていうのは、そういうことなんですね。

posted at 12:09:05

3月25日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

好きというのは、感情です。ですから、以前お話したように、やってきた感情は
どうしようもないわけで、しっかりと感じてやればいいんですね。

posted at 10:09:06

2017年03月24日(金)8 tweetssource

3月24日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

なーんて感じですよね。一目惚れという波がやってきた。でも、この波は「考える私」には無関係です。肉体にインプットされているプログラムが反応しているわけで、知性では、まったくコントロールできないんですね。

posted at 22:09:06

3月24日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

ああ、今の彼なんて比べようがないほど素敵な人だわ、乗り換えれるのであれば、さっさと乗り換えたい。でも、今の彼にもいろいろ良くもらっているし、もし告白しても付き合ってもらえるとは限らないし、二頭追うものは一頭も得ずなんて諺もあるし、ああ、私はいったいどうしたらいいのかしら・・

posted at 20:09:09

3月24日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

例えば、誰かに一目惚れしたとしますよね。でも、今の自分には、付き合っている彼氏がいる。すると、自我はいろいろと考えて、どんどん苦しくなってくる。

posted at 18:09:06

3月24日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

以前のお気楽でお話しましたが、自我というのはいつも後付けです。衝動が起こってくる、その後、ああだこうだと自我が考えるわけです。

posted at 16:09:07

3月24日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

はい、わかりやすく言うと、自我とは、知性や思考のことなんですね。要するに、「考える私」です。自我が芽生える、なんて言いますよね。芽生えるということは、「後から生まれてきた」ということです。

posted at 14:09:09

3月24日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

思考が問題を作りだし、思考が問題を解決しようとしているわけで・・自分で火を付けて、自分で火を消す、まさに、マッチポンプを死ぬまでやり続けるわけです。そんな切りがないことをやってるから、いつの間にか鬱になっていたり、パニック障害になったり、心を病んでしまうんですね。

posted at 12:09:06

3月24日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

あまりにもシンプルなんで、訳わかんなくなっちゃうんですね。なぜわからなくなっちゃうのか?なぜなら、人間は考える動物だから、です。考えるために生きているのか、生きるために考えるのか・・それはよくわかりませんが、とにかく四六時中考える。

posted at 10:09:06

3月24日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

答えは、質問しているのが自我です。今、体を洗っているのは誰だろう?と何度質問しても、誰も答えてくれませんよね。それが答えなんです。なぜなら、体を洗っている自分は、体を洗っているからです。答えは、答えないんですね。

posted at 08:09:10

2017年03月23日(木)8 tweetssource

3月23日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

実際にやってみると驚くのですが、あきらかに、自分が二人いるんですね。体を洗っている自分、そして、洗っているのは誰なのか?と質問している自分です。どちらかが、自我で、どちらかが、あるがままの自分です。さて、どっちがどっちでしょうか?

posted at 22:09:05

3月23日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

今体を洗っているのは誰だろう?すると、摩訶不思議なことに気づくはずです。というのは、何度聞いても、何事もなかったように、あいかわらず体は、体を洗い続けているからです。でも、同時に質問を繰り返している自分もいます。

posted at 20:09:11

3月23日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

お風呂に入りますと、椅子に座って、体と洗うと思いますがその時に、目をつぶって、洗ってみてください。体を洗いながら、声に出さなくていいので「今、体を洗っているのは誰だろう?」と頭の中で質問してみてください。一度ではなく、繰り返し同じことを聞いてみてください。

posted at 18:09:06

3月23日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

お互いが相手に好かれようと演じることも、主導権を握ろうする駆け引きもない。理想を捨てると、理想の人がやってくる。まさにパラドックス、ですよね。

posted at 16:09:07

3月23日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

お互いが持って生まれてきたプログラムに安住しているので、相手に無理な要求したり、相手を変えようとはしません。相手の欠点も個性になっちゃうんですね。とても気楽で心地よい関係性ですね。

posted at 14:09:10

3月23日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

自己否定がない人のところには、自己否定のない人が集まります。自分をまるごと認めちゃっているので、相手に認められようとは思いません。

posted at 12:09:06

3月23日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

理想が消えると、人間関係もガラッと変わります。「類は友を呼ぶ」です。認められたい人のところには、認められたい人が集まってくるんですね。これが「共依存」と呼ばれている関係性ですね。

posted at 10:09:09

3月23日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

自我から強迫される人生から脱出するためには、一度リセットする必要があります。その方法が「素の自分」をまるごと認めることです。浄化ワークで、自己否定の観念をすべて手放すと、同時に「理想の自分」も消えてしまいます。なんだ、このままで良かったんだということになるわけです。

posted at 08:09:10

2017年03月22日(水)8 tweetssource

3月22日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

成長とか、向上心とか、もっともらしい言葉を自我は使いますが、ほとんどの場合は、このままではダメだ、だからなんとかしなけばいけない・・という自己否定からはじまっているんですね。自己否定からはじまったことは、どこまで行っても自己否定が付いて回ります。

posted at 22:09:07

3月22日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

「なりたい自分」になる!・・これは願望実現ですが、観念浄化は、まったく逆の発想です。えっ?なんであかんのん、このままでええやん。ということなんですね。要するに、素の自分をそのまま、まるごと認めてしまうわけです。

posted at 20:09:08

3月22日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

熱が醒めてくると・・げげっ、なんだこの人。最高だと思っていたけど、最悪じゃん。私は男性を見る目がないのかしら・・なんてことになるわけです。「ビビン!と来たんです」と言って電撃結婚した芸能人がいましたが、数年後に、あっさり離婚。ビビンと来たら、後で、げげっ、なんですね。

posted at 18:09:06

3月22日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

やっと理想の人に出会えた!と思っても、結局相手は鏡ですから、恋心が醒めてきたところで、現実の自分、要するに否定している自分をしっかり映し出してくれます。というか、実は、はじめから映っているんですね。でも、恋は熱病ですから、ぼっとしちゃって、良いところしか見えないわけです。

posted at 16:09:10

3月22日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

このままじゃあかん、なんとかせなあかんという自己否定があるから、 バランスを取るために「理想」という幻想が生まれてくるんですね。要するに「理想のパートナー」とは、「なりたい自分」のことなんですね。

posted at 14:10:12

3月22日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

理想とは、「考えられるうちで最高の状態である」。最高の状態ということは、最低の状態というものが自分の中にあるんですね。要するに、最低の自分が「理想」というものを創っているというわけです。

posted at 12:09:05

3月22日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

美しさも、醜さも、人の数だけあるんですね。ヘビを可愛い、キレイだと感じて、ペットにして一緒に寝ている人もいれば、ちょっと見るだけで寒気がして、どうしても受けつけないという人もいます。これが、持って生まれてきた「感性」というプログラムなんです。

posted at 10:09:06

3月22日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

夕日や山が美しいわけではなく、その光景に、自分の中にある「美しさ」が反応し、それを感じているんですね。もし美しさが、外の世界にあるのなら、一人の人間が「美しい」と感じたものは、すべての人間が同じように感じなければいけないということになります。

posted at 08:09:09

2017年03月21日(火)8 tweetssource

3月21日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

外の世界には、何にもありません。自分の中にあるものが、外の世界との“縁”によって反応し、表に出てくる。そしてそれを“感じている”わけです。

posted at 22:09:05

3月21日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

「すべては自分」、これが観念浄化の大原則です。人生上昇塾では、様々な浄化テクニックを公開していますが、すべてこの原則から生まれてきたものです。

posted at 20:09:09

3月21日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

私は人間だ、私は肉体だ、私は宇宙の切り離された存在だ、と脳が認識しているだけなんですね。その脳が認識している私、いわゆる自我が人生を支配しています。だから「すべて自分の自由意志でやっている」と錯覚してしまうわけです。自由意志もプログラムの中にあるんですね。

posted at 18:09:12

3月21日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

波が波を起こしたり、雨が雨を降らすことができるでしょうか?波や雨と同じく、一時的な現象である私たち人間は、そもそも「何かを起こす」ということはできません。すべては、起こるべくして起こっているわけです。

posted at 16:09:06

3月21日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

私たち人間と宇宙の関係は、波と海の関係によく似ています。私たちは、波のように、一時的な現象として、この世界に存在しています。水が水蒸気になったり、氷になったりするように、現象には、実体がありません。脳が「これは私である」と認識しているだけなんですね。

posted at 14:09:07

3月21日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

人生に迷い苦しむのは、人間業界という幻想世界が「真実だ」と思い込んでいるからです。人間業界から世界を見ている限り、真実は闇の中です。

posted at 12:09:05

3月21日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

人間業界では、なんて悪い奴だ、絶対に許さん!ですが、人間を超えたリアルな世界の視点では、泥棒さん、ご苦労さんです。この二つの視点が、ひとつになっているんですね。私は、何も肯定もしませんし、何も否定もしません。あるがまま、そのままの世界を見ているわけです。

posted at 10:09:05

3月21日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

犯罪者だって、それが悪いということはちゃんとわかっています。わかっているけど、やってしまうんですね。なぜなら、その人がやるではなく、それは起こってくるからです。もし私が「泥棒」というプログラムを持ってきているのであれば、私は「泥棒」をやっているわけです。

posted at 08:09:10

このページの先頭へ