情報更新

last update 08/16 14:42

ツイート検索

 

@okiraku_c
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

  • 0フォロー
  • 800フォロワー
  • 40リスト
Stats Twitter歴
2,096日(2011/11/22より)
ツイート数
16,779(8.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年08月16日(水)4 tweetssource

12時間前

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

自分の意見を言うことで、仕事を失うなんて愚かなバカ者だ。このご時世で、仕事があるだけで幸せじゃないか、会社にいるときだけ、グッと我慢すればいいだけじゃないか!・・という自我の言い分は正論なんですね。いつもこの正論にやられるわけです。

posted at 14:09:47

16時間前

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

上司に意見があるのなら、我慢せずに言っちゃえばいいんですね。それぐらいで居ずらくなる会社であれば、辞めてしまえばいいわけです。自分を殺して、会社を生かす、なんてことやっていると、そのうち鬱になって、遅かれ早かれ、会社を辞めることになるはずです。

posted at 10:09:50

18時間前

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

「辞めてどうやって生きていこうか考えると、不安です」ということですが、不安になるのは、辞めた後のことを考えるからです。辞めた後のことなんて、どれだけ考えてもわからない、わからないから、不安になる。辞めた後のことは、辞めた後考えればいいんです。

posted at 08:09:44

2017年08月15日(火)8 tweetssource

8月15日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

「善悪のルールで、人生を支配する」、これが超自我の仕事ですから「善悪の観念」を手放すと、彼は仕事をなくして、お役御免となります。すると、すっかり心が軽く、生きるのが楽になって、罪悪感で苦しんでいた人は、その罪悪感から解放されます。

posted at 22:09:47

8月15日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

良い子になるために、あるがままの自分を抑圧する。言いたいことも言わず、やりたくないことでも、ぐっと堪えて、我慢するんですね。こんなことを続けていると、どれが本当の自分なのかわからなくなってくる。で、「自分探し」なんてことをやり始めるわけです。

posted at 20:09:43

8月15日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

大人になって苦しむのは、ずっと「良い子」を演じてきた人です。親や先生の言うことさえ守っていれば、波風は立たないし、褒められるし、こづかいももらえる。そうか、良い子でいれば、自分はこの社会でうまく生きていけるんだ!自我は、そう思い込むわけです。

posted at 18:09:43

8月15日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

しっかり反抗期を体験した子どもは、「あるがままの自分」というスペースをある程度保ちながら、自我ともうまくやっていくことができるんですね。まあ、確かに常識という奴も、ある程度は必要だよな、おまえさんの言うことも一理あるわけだ、という感じですね。

posted at 16:09:45

8月15日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

「あるがままの自分」は、何にも制限を持っていませんから、やりたいことをとことんやろうとする。でも親や先生から、そんなことやっていたら、社会から落ちこぼれるぞ!と強迫されるわけです。で、やりたいことはやって何が悪いんだと、真正面からぶつかっていく。それが「反抗期」なんですね。

posted at 14:09:43

8月15日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

歴史に名を残す人は、観念で自分を制限する自我がいないので、とにかく破天荒ですね。やってはいけないことほど、やりたがる。何にも囚われるものがないから、あるがままの自分が丸出しになっちゃうわけです。本人はそれでいいけど、周りは、大変だと思いますよ(笑)

posted at 12:09:42

8月15日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

「自我を満足させること」を第一に生きていけば、必ず行き詰まってきます。苦しくなってどうしようなくなってくるわけです。「苦しみ」と「絶望」が後半のゲーム開始のゴングです。

posted at 08:09:44

2017年08月14日(月)8 tweetssource

8月14日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

結婚しなければ、離婚することはできませんよね。それを同じで、まずとことん自我満足の人生をやってみる。そして「何を手に入れても、安心も平安もやってこなかった」ということを実際に体験して、はじめてそのゲームを終わらすことができるんですね。

posted at 22:09:45

8月14日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

本当の自分は、生まれてもいないし、死ぬこともない・・その真実と出会えれば、夜明け前という、このエキサイティングな流れをわくわくした気持ちで楽しむことができます。

posted at 20:09:43

8月14日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

地球規模で、想定外の出来事が次々に起こってくるはずです。でも、まったく悲観することはありません。なぜなら、その悲観している自我をぴょんと飛び越えて、「本当の自分が誰だったのか」を思い出しちゃえばいいからです。

posted at 18:09:42

8月14日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

今、目の前にあるものは、いずれなくなり、姿を変えていきます。常にあるものはない。「諸行無常」それが、この宇宙の絶対的な法則です。

posted at 16:09:46

8月14日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

新しい世界へシフトするためには、まず古い世界を終わらせなければならない。要するに、地球規模で、強制浄化の時期に入っているわけで、「夜が明ける前の闇が最も深い」そんな時期に私たちが生きているんですね。

posted at 14:09:43

8月14日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

200キロの新幹線が300キロで走ったしても、10センチのテレビが3センチの薄さになっても、心から不安は消えることがないわけです。

posted at 12:09:43

8月14日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

いくら快適便利になっても、心の平安とは、まったく関係がない。それどころが、科学や技術が進化することで、私たちは、心の平安からどんどん離れていっていることに気づくときがやってきているんですね。これからの進化は、ある意味「退化していくこと」です。原点、本質がキーワードですね。

posted at 10:09:45

8月14日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

原発もそうですよね。原発がなければ、現代社会は維持できないと言うことですがそもそも、今の社会をこのまま維持する必要があるのかってことです。

posted at 08:09:45

2017年08月13日(日)8 tweetssource

8月13日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

目が覚めちゃう人がこれからどんどん増えていくわけですが、そうなると、人間業界は、これからどうなっていくのか?一言でいうと、これまで価値があったものの、価値がなくなっていきます。本当の本当に、それって必要なの?ということに、だんだんと気づいてくるんですね。

posted at 22:09:45

8月13日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

あるがままの自分に安住すると、何かを手に入れよう、何者かになろうなんて願望がすっかりなくなって「今この瞬間に生きていること」それだけでOK!快楽は、あったらあったでいいし、なければなかったでいい、そんな感じで、人生がすっかりシンプルになっちゃうわけです。

posted at 20:09:43

8月13日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

すべては、ひとつ。見性し、この宇宙のからくりがあきらかになると、ありとあらゆる執着が消えていきます。そりゃそうですよね。あれもこれも自分であって、そもそも「執着すべき対象」がないのですから。

posted at 18:09:44

8月13日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

私たち人間が、悟りや覚醒なんてものに魅かれるのは、「本当の自分は誰か?」・・無意識層では、その答えを知っているからなんですね。

posted at 16:09:45

8月13日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

2600年前に仏陀がはじめたこの「覚醒ゲーム」は、仏教徒、禅僧などのごくごく限られた人たちが延々と受け継いできたわけですが、最近になって、われわれ一般人にもようやく受け入れられるようになってきました。人類全体が、いよいよ「折り返し地点」に近づいてきたというわけです。

posted at 14:09:43

8月13日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

生まれてきたばかりの赤ちゃんは、まだ自我はありません。私という感覚がないので、自他の分別もありません。まさに「宇宙とひとつ」になって生きているんですね。

posted at 12:09:43

8月13日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

思考で理解できない「一なる世界」は、どうしても実際に自分で体験するしか方法がありません。その体験を、禅の世界では「見性」と呼んでいるんですね。

posted at 10:09:46

8月13日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

一なる世界は、IQ200の天才が、どれだけ考えてもわからない。なぜなら、そこに「考える私」がいるからです。考える主体がある限り、考えられる対象があるわけで、どうしても二つに分かれてしまうんですね。「すべてはひとつ」という宇宙の本質は、思考では理解できないようになっているわけです。

posted at 08:09:44

2017年08月12日(土)8 tweetssource

8月12日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

仏陀が体験したのは、「私」が存在しない世界です。私が存在しない・・ということは、すべてが消え去るはずだと思いますよね。でも実際は、そうではなかった。見るもの、聞くもの、すべてが自分だったというわけです。

posted at 22:09:45

8月12日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

確かに「私はここにいる」という感覚があります。「これが私だ」という感覚、それが自我なんですね。自我は、すべての人間に組み込まれているプログラムです。これがないと、私は存在できず、「自我満足ゲーム」を楽しむこともできません。

posted at 20:09:43

8月12日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

仏陀は「宇宙のからくり」を知ってしまうんですね。この宇宙まるごと自分だった。すべては、一なるものであって、私なんて、どこにも存在していなかったのだということに気づいちゃうんですね。

posted at 18:09:43

8月12日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

何を手に入れても、満たされることはない。なぜなら、自我には、実体というものがないからです。達成感や優越感という快楽を一時的に味わうことはできますがまた雲のように消えていってしまいます。穴の空いたバケツで、水を汲むことができないのと同じことですね。

posted at 16:09:45

8月12日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

私たち人間が歩いている道は、ズッドーンと真っすぐな道ではなく、箱根駅伝のように、スタートして、ぐるんと折り返して、またスタート地点に戻ってくる往復のコースになっているんですね。

posted at 14:09:44

8月12日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

たった2%の人間が80%の富と権力を手にするわけですから、この自我満足ゲームは、大いに盛り上がってきた。ある意味、予定通りに進んできたわけです。

posted at 12:09:43

8月12日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

とにかく私、私。私が先や、あんたは後ろにならんどきや!資本主義社会なんて、もっともらしい名前が付いていますが、簡単にいっちゃえば「自我三昧社会」ですね。

posted at 10:09:43

2017年08月11日(金)10 tweetssource

8月11日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

苦しみが大きいからといって、悟れるわけではないのですが「苦しみ」という動機がないと、自我を超えていくことはなかなか難しいんです。

posted at 18:09:43

8月11日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

この苦しみから脱出できるのであれば、他は何もいらん!変な話ですけど、「死ぬ気満々」なんですね。そもそも、苦しみを作っているのが、自我ですから、そういう人は、一気にぶち抜いていくエネルギーとパワーを持っているわけです。

posted at 16:09:46

8月11日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

苦しみが大きい人は、ぶれずに、真っすぐ進んでいくことが多いですね。なぜなら、最初から「すべてを捨てる覚悟」ができているからです。

posted at 14:09:44

8月11日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

苦労して、この道をどれだけ進んでも、自我は、まったく何も手に入れることがなく、それどころか、ようやく悟ったところで、そこには、もう悟りを楽しむ自我がいないわけで・・まったく何のためにやってんだか意味がわからんというわけです。

posted at 12:09:43

8月11日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

なぜ、途中で挫折することになってしまうのか、と言いますと、この道は、ただひたすらに「捨てていく道」だからです。自我は、存在価値を高めてくれるステイタスを手に入れようとしているわけで・・まったく方向が逆なんですね。

posted at 10:09:44

8月11日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

この道を選択する人の大半は、自我のステイタス、要するに「自我満足」が動機になっているようです。そういう人は、一年もしないうちに失速するか、あるところまで進んでも、いつの間にかやめてしまっているか、「私は悟った!」と勘違いして、魔境に落ちていくか・・そんな結果になるはずです。

posted at 08:09:44

2017年08月10日(木)8 tweetssource

8月10日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

悟りかあ、なんだかよくわからないけど、「悟り」というものを手にすれば、何かすごい能力が身に付いて、特別な存在になれそうだな。もしかしたら、聖者とか、高尚な人だなんて呼ばれて、周りから尊敬されるかも、と自我は考えるわけです。

posted at 22:09:47

8月10日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

一般的に、自我が手に入れようとするステイタスは、お金、財産、権力、地位、肩書、学歴、資格、知識、技術、容姿、結婚、人気、人間関係などですが、「悟り」もそのひとつなんですね。

posted at 20:09:43

8月10日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

認められたい、賞賛されたい、愛されたい、自我って奴は、ずっとそんなことばかり考えているんですね。口癖は「このままではダメだ。なんとかせなあかん」ということで、外の世界から存在価値を手に入れることで、安心したり、他人と比べて優越感を感じたりしようとするわけです。

posted at 18:09:42

8月10日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

善悪の観念を手放しても、ちゃんと知性、教養というものは残ります。すると、私は正しい、おまえが間違っているのだという超自我からではなく、知性と教養というところから、感情をはさまずに、わかりやすく物事を伝えることができるんですね。

posted at 14:09:42

8月10日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

私は、あんな嫌な奴じゃない、俺は、あんなことはしない、という話をよくお聞きしますが、言い換えると、あんな嫌な奴にならないように努力している、あんなことをしないように注意しているということなんですね。「ついついやってしまう自分」がいるということを自我はちゃんと知っているわけです。

posted at 12:09:43

8月10日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

鏡(相手)を変えることはできませんが、鏡に映る自分は変えることができます。あるがままの自分を許し認めることができれば、正面の鏡である相手も許し、認めることができるというわけです。

posted at 10:09:45

8月10日

@okiraku_c

お気楽ちゃんねる@okiraku_c

もしこの世の中に、本当に「善悪」というものがあったとしたら、すべての人間がその善悪に従えばいいわけで、戦争なんて起こるわけがないんですね。 人間業界の善悪とは、自分にとって都合が良いか、悪いかということです。

posted at 08:09:45

このページの先頭へ