Twilog

 

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

Stats Twitter歴
2,605日(2010/03/13より)
ツイート数
13,719(5.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年04月28日(金)1 tweetsource

2017年04月27日(木)1 tweetsource

4月27日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

駅の改札で交通カードを出した時に100円玉を落としたみたいで、わざわざ男子高校生が追いかけてきてくれて渡してくれた。いい子だ。

posted at 23:06:48

2017年04月25日(火)1 tweetsource

2017年04月23日(日)4 tweetssource

4月23日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

よくも悪くも現在の北朝鮮、米国の緊張を和らげるのは中国しかない。安保理の決議に賛成も示し、エネルギー(石炭)の支援も切り始めた。圧力と対話で両国の緊張緩和ができれば中国のアジアにおける安全保障プレゼンスは上昇する。

posted at 10:04:29

4月23日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

中国の対韓半島への政策は冷戦時代と変わらない。米国支援の統一韓半島よりは核開発で暴れる北朝鮮。一方で経済関係は米国、韓国は欠かせなくなっており、その上北朝鮮の軍事エスカレートは日本の右傾化可能性もある。

posted at 10:01:14

2017年04月22日(土)1 tweetsource

2017年04月20日(木)1 tweetsource

2017年04月19日(水)1 tweetsource

2017年04月18日(火)1 tweetsource

2017年04月15日(土)3 tweetssource

4月15日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

地域研究の問題意識の持ち方は何→どう→なぜに移っていく。現象を知り、その発生過程や関連を考え、最終的に「どうしてそうなったか」「それは●●だ」という仮説を持って検証できるまで持って行く必要がある。卒論修論の良しあしはまさにこの問題意識の段階を上げることができるかどうか。

posted at 09:40:31

4月15日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

他者が理解できないなら、それを批判するのではなく、他者に無関心でいてほしい。違う人が共に暮らす多文化共生というなら、他者への良心的無関心こそが重要だ。

posted at 09:03:00

2017年04月12日(水)1 tweetsource

2017年04月11日(火)2 tweetssource

2017年04月07日(金)1 tweetsource

2017年04月05日(水)5 tweetssource

4月5日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

新幹線のネット予約のしにくさ(とくにJR東海)はなんとかしてほしいな。カード作らないとネット予約ができないなんて、海外に住んでいる人はどうするんだろ。

posted at 08:05:18

2017年04月04日(火)1 tweetsource

4月4日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

科研費が3年連続で落ちている。都市化をテーマにしたけど,地域研究でも経済政策でも,地理学でもどの分野でもひっかからなかった。問題設定や分析視角に重要性,妥当性,革新性をもたせられていないのが原因かもしれない。

posted at 16:31:53

2017年04月03日(月)1 tweetsource

2017年04月02日(日)1 tweetsource

2017年04月01日(土)1 tweetsource

2017年03月30日(木)1 tweetsource

2017年03月29日(水)1 tweetsource

2017年03月26日(日)2 tweetssource

2017年03月21日(火)1 tweetsource

3月21日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

片づけをはじめると感じる難しさは、捨てるものと持って帰るものの分別。モノにはどうしても思い出がつまるので、それが一番悩ましいところ。過去に縛られるよりも未来に開かれる方がいいし、何かを捨てれば何か新しいものや事が人生に入ってくると思って捨てている。

posted at 03:14:49

2017年03月20日(月)4 tweetssource

3月20日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

片づけ掃除を始めると、日本の住宅設備がいかに機能的で、掃除しやすいかがよくわかる。イギリスでは古い住宅を改装しつつ新しい器具を付け足していくので規格自体もない。職人さんの腕で決まってしまう。

posted at 01:19:25

2017年03月18日(土)1 tweetsource

3月18日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

大家が二軒のエージェントに今住んでいる物件の仲介を頼んでいる。最近は内覧が続いて、生活が見世物になっていて落ち着かない。

posted at 01:47:44

2017年03月14日(火)2 tweetssource

2017年03月13日(月)1 tweetsource

2017年03月12日(日)1 tweetsource

2017年03月11日(土)6 tweetssource

3月11日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

ヒースロー空港のイミグレで小1時間。チェックが厳しいから長蛇の列。陸路で入国する方が時間が短縮できる気がする。

posted at 23:27:57

3月11日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

北欧以外の条件がないところで高福祉は不可能じゃないかな。日本も相互扶助精神や性善説に立っているけど、電車の化粧の女の子がたたかれ、子どもの入学式で仕事休んだ教員がたたかれるし。相互監視はできても、個人の独立性がなかなか認められない。個人は社会の従属物になりがち。

posted at 15:35:57

3月11日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

相互監視であっても、プライバシーの道義性に介入しないというヨーロッパの個人主義は守られている。第一子の婚外子は51%だというし、離婚率も約半分だ。そういう情報を共有しながらも、道徳的な正義を振りかざし介入しない。個人・社会間の一体性と独立性が絶妙なところが高福祉を可能にしている。

posted at 15:28:54

3月11日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

しかし相互扶助の社会は相互監視の社会でもある。自分のプライバシーをさらしてはじめて助け合うことができる。そのプライバシーを社会で共有する制度として典型的なのが国民背番号制だ。この制度によって職歴、納税、福祉が監視される。

posted at 15:24:22

3月11日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

厳しい自然状況の下で、酪農、林業、鉱業に営む農民は相互扶助を行うことで乗り切ってきた。工業化、都市化で人が移動しても社会で助け合うということ、社会主義的な制度が比較的成り立ちやすかったというのもある。

posted at 15:19:23

3月11日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

今回の北欧出張は目的以外の成果が大きい。改めて経済発展にとって初期条件と制度はとても重要だと認識。スウェーデンは中立でWWIIを乗り切り、欧州の復興需要で工業化を行い、豊かな財源の下で社会民主党が住宅、教育などの福祉を提供できた。

posted at 15:15:55

2017年03月10日(金)1 tweetsource

3月10日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

日本から消費税の視察があったようで、スゥエーデンの国税局から「軽減税率はやめろ」とアドバイスされたらしいのに、その方向に行く日本は…(自粛

posted at 22:27:19

2017年03月08日(水)1 tweetsource

3月8日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

チケット類をオンラインでとれるのは便利なんだけど、最後はプリントアウトして持って来いというのが、なんかオンラインの意味をなくしている気がする。

posted at 05:53:09

2017年03月07日(火)4 tweetssource

3月7日

@okmtnbhr

Nobuhiro Okamoto@okmtnbhr

【成果宣伝】「第7章 中国の都市化と経済成長へのインパクト」を執筆。都市化が中国経済に与える影響を計測しました。長谷川聰哲編『アジア太平洋地域のメガ市場統合』 (中央大学経済研究所研究叢書69) amzn.to/2mZWfLH

posted at 17:05:07

このページの先頭へ