情報更新

last update 09/21 19:18

ツイート検索

 

@openlibsys
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

Stats Twitter歴
4,532日(2009/04/26より)
ツイート数
20,408(4.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年09月20日(月)3 tweetssource

9月20日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

とりあえずSMART属性情報も表示できるようにしました。DLL分離作業で一番大変な山は越えたかな?

翻訳対応や特殊なSMART定義を持つ製品への対応は別途必要ですが・・・ pic.twitter.com/FOHp0VLe5M

posted at 10:30:52

2021年09月19日(日)15 tweetssource

9月19日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

512バイトすべてをベンダーが自由にして良いと規定されているATA S.M.A.R.T.の情報を提供するためにどのようなAPIを提供すればよいのか・・・

正確を期すなら、512バイトのデータを提供するだけなんですが・・・う~~~む。

C++とC#でリファレンスコードを書くしかないんだろうなぁ。 pic.twitter.com/11cmsXMaUy

posted at 20:11:22

9月19日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

とりあえず、CrystalDiskInfoのコピー機能とほぼ同等のディスク情報は表示できるようになりました。
本当に長かった・・・

次はS.M.A.R.T.情報か・・・
翻訳問題があるので、夕方からとりあえずな実装かな・・・。 pic.twitter.com/97HOuy49M3

posted at 11:36:53

9月19日

@xin9le

じんぐる (Takaaki Suzuki)@xin9le

僕が副業でもエンジニアになった手順

①社会人 1 年目でデキ婚して逃げ道なくす
②数年間本気でプログラミング学習
③地元の勉強会を運営
④Microsoft MVP を 10 年連続受賞
⑤元同僚から「手伝って」と言われる
⑥根負けして開業

①で環境を変えれるかどうかが一番重要!

#駆け出しエンジニアと(ry

Retweeted by hiyohiyo

retweeted at 10:21:49

9月19日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

健康状態を表示できるようにしました。
翻訳機能をどこに持たせるかは本当に悩ましい。言語ファイルへのフルパスを渡すのが良いかなぁ。英語のリソースだけは内蔵しといた方が良いだろうなぁ。

ドキュメントとビューを一体開発?していたため、いざ分離するとなるとなかなか面倒な問題が・・・。 pic.twitter.com/mmXhIzRtJu

posted at 10:20:09

9月19日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

PowerOnHoursとPowerOnCountに対応・・・

が、この二つのパラメーターは極めて闇が深いんですよね。。。レガシーなハードウェアサポートをバッサリ切ってしまえば楽なのですが。

99.9%の精度とライブラリ使用者に闇を見せない工夫が必要。 pic.twitter.com/v50ADlhEkh

posted at 09:21:13

9月19日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

Sprint07(9/19-9/25)では、引き続き検証用のコンソール版を作りながら、API設計の妥当性を検証します。

何となく動くようになってきたのでここからが本番です。
楽しくなってまいりました!! pic.twitter.com/sYvsV3qe44

posted at 07:26:58

2021年09月18日(土)16 tweetssource

9月18日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

見た目の違いはありませんが、ntdll.dllのRtlGetVersion() を使って、マニフェストなしでも適切にバージョンを判定できるようにしました。

マニフェストを付けるのが大変だったり、スクリプトから呼んだりとか色々あると思うので、ほんのり頑張りました。 pic.twitter.com/Kyscr56gO5

posted at 18:17:28

9月18日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

StorageQueryが無効になっていため、NVMe SSDがほとんど見えていませんでした。

Windows 10以降で実行していると認識させるには、マニフェストを適切に設定する必要があったなのですが、テスト用コンソールアプリなので・・・

適切なマニフェスト設定していないと、ちゃんと動かないのは問題だ。 pic.twitter.com/EBpl9Z6dro

posted at 16:05:23

9月18日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

よしよし。何となくできてきたぞ!!
って、NVMe SSDがほとんど見えてないなぁ。Storage Query がうまく動いてない?

それはそうと、SAMSUNG 983 ZET 960GBはSAMSUNG裏口コマンドに対応しているようです。今更ですが。

裏口コマンド経由ならWindows 8.1でもNVMe S.M.A.R.T.が取得可能です。 pic.twitter.com/hGAPttcnWC

posted at 15:25:43

9月18日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

つまり、STAで初期化、MTAで初期化、ユーザー側で初期化の選択肢が必要と。

「堅牢なライブラリに仕上げるためには、まず、独自にCoInitializeEx(とCoUninitialize)の呼び出す事を止めることだ。」

COMのアパートメント (5) CoInitializeExは初期化ではない
www.kekyo.net/2012/06/16/80

posted at 07:05:12

9月18日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

プログラマの朝は早い(ただし休日に限る)
ということで、朝からCrystalDiskInfo 9 -Rugenia- で併せて開発するライブラリの名前を考えました。

CrystalDiskLibrary
略称)CrystalDiskLib/CDL

もうコレしかないんじゃない? pic.twitter.com/vcbZnmGe79

posted at 06:57:53

2021年09月17日(金)1 tweetsource

2021年09月13日(月)1 tweetsource

2021年09月12日(日)14 tweetssource

9月12日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

内部でWMIを使う関係でCOMの初期化が必要なんですよね・・・。CoInitializeEx() とは何か?そこから勉強しなおさないと。

できることならディスクの検出周りのWMI依存を解消したいところですが、私の技術力でSetup APIで作り直すことができるかと問われると怪しい。

posted at 20:57:45

9月12日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

SCSI_ATA_TRANSLATION(16)が漏れていたので追加。

対応コード自体は、General Purpose Log対応と併せて一年前に書き上げてます。

問題は、2010年頃よりも古い外付けUSBケースなんですよね。未知のコマンドが送られてきたら無視すれば良いのに。 pic.twitter.com/0RBnrIs7A1

posted at 09:05:28

9月12日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

十分?な予約領域もあるのでこんな感じで良さそう。
古いUSB外付けケースやRAIDなどでクラッシュする場合もユーザー側で柔軟に設定できるようになる予定。

クラッシュしないのが一番ですが、2010年以前の製品はね・・・。適宜ブロックリストに追加していますが。 pic.twitter.com/TRrjvWfU3r

posted at 08:41:43

9月12日

@openlibsys

hiyohiyo@openlibsys

今回からいよいよ表層のAPIではなく、10年以上継ぎ足し継ぎ足しで作り上げた?秘伝の CAtaSmart クラスにも手を入れていきます。

NVMeにも対応しているので、まずは名前を変えるところからか・・・。CDiskInfoか?

posted at 05:48:28

このページの先頭へ