情報更新

last update 10/17 18:36

ツイート検索

 

@pik_a_pika
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@pik_a_pika

ぴか│葉月とおる@pik_a_pika

  • 173フォロー
  • 75フォロワー
  • 6リスト
Stats Twitter歴
2,945日(2009/09/26より)
ツイート数
3,580(1.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年10月14日(土)3 tweetssource

2017年10月10日(火)4 tweetssource

10月10日

@pik_a_pika

チロル@chiroru_minor

親に紹介できるヴィジュアル系とできないヴィジュアル系ねぇ🤔
ちなみに我が家でのBUCK-TICKさんの評価は、父親は「まだバンドやってるのか?」母親は「暗い、怖い」亡くなったばあちゃんは「この歌手は鬼のようやな!」です
#関ジャム

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 13:33:51

2017年10月08日(日)1 tweetsource

2017年10月07日(土)2 tweetssource

2017年09月30日(土)2 tweetssource

9月30日

@pik_a_pika

あさりちゃん!@ari_rin2

BUCK-TICKは一曲目がよくて、あとトロフィーもらったボーカルの人が隣のメンバーに謎に渡して、メンバーがトロフィーリレーみたいなの謎にやって、最後はじのひとが掲げたの謎でかわいかった

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 03:13:19

2017年09月29日(金)3 tweetssource

9月29日

@pik_a_pika

ぴか│葉月とおる@pik_a_pika

[MMコメント] 中国の壷 (白泉社文庫) goo.gl/oLVLP4 ★★★★★ こっちはメロディに掲載されたのがメインなのかな?ほぼ読んだことない作品ばかりだけど、やっぱり面白かったです。表題作の「中国の壺」もちょっとホロりとして良か…

posted at 17:11:06

9月29日

@pik_a_pika

ぴか│葉月とおる@pik_a_pika

[MMコメント] 空の食欲魔人 (白泉社文庫) goo.gl/bDZyG4 ★★★★★ やっぱり川原泉は面白いなー!と、再認識。めっちゃ初期の作品が殆どなので絵柄とか演出がちょっと時代を感じるのは当然としても、キャラの飄々とした所謂川原節…

posted at 16:27:11

2017年09月25日(月)2 tweetssource

9月25日

@pik_a_pika

菅原@spindle777

「30年前、ビクターからデビューして、それから大好きな音楽を、この五人でずっとやってきました。僕たちは幸せです。みなさんの楽しそうな、儚そうな笑顔、とても素敵です。本当にどうもありがとう。最後の曲です。新しい世界に行きましょう」

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 11:02:42

9月25日

@pik_a_pika

桜井青☀️@ao_sakurai

GALAXYからのILLUSIONで白目向いてるところMY EYESでとどめを刺されたのが昨日倒れる前の最後の記憶。カラオケ95点出せる歌と人生最も見たPVと人生変えた歌をやった昨日という日。それがわたしの野音で得た何にも変えられない感動の等価交換の代償だと思うことにしますね。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 02:04:56

2017年09月24日(日)20 tweetssource

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

しかし、MCの天然で可愛らしい感じは面白いですね。「時間大丈夫ですか?ゆりかめも…ゆりかも、め?」というところなんかは暖かい爆笑が生まれてましたが、こういう所が音楽性としっかり地続きになっている(そしてファンにも受け入られている)様子を観れたのは大きな収穫でした。良いバンドです。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:05:23

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

というふうに、今回の30周年ライヴは、BUCK-TICKにしか表現できない「バンド内の関係性から生まれる極上のサウンド」「陰りのある輝かしさ」といった妙味を優れた音響(最後方では細部まで全曲良好に聴けました)で楽しめる素晴らしい機会だったと思います。観れて本当に良かったです。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:04:54

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

個人的には、このバンドならではの“暗いだけでも明るいだけでもない、陰りのある輝かしさ”をじっくり吟味することができたのも良かったです。「無題」と「NEW WORLD」なんかは表面的には対照的な印象のある曲ですが、こういう点では底でしっかり繋がっていることが改めてよくわかりました。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:04:44

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

最後の「NEW WORLD」にしても、30年記念ライヴのトリが最新アルバムの最後を飾る曲でありそれを「これしかない」「それで当たり前」と納得させられるバンドなんてそうはありません。
(というか自分はBUCK-TICK以外そういうバンドはみたことない)
本当に凄いことだと感じます。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:04:36

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

こうして初期から現在まで幅広い時期から選曲するセトリに接して感じたのは「どの時期の曲も“古い”“新しすぎる”印象がない」ということでした。同じ音楽性の焼き直しを一切しないという活動形態はもちろん、全ての曲がジャンルのクリシェを外れ“時代を超えた個性”を勝ち得ているという感じです。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:04:12

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

そうした演奏感覚が生でもしっかり発揮されているからか、いろんな時期の楽曲を無造作に並べてみせる今回のセトリ(選曲の基準は正直よくわからん)も繋がり方が変という印象を感じることはありませんでした。異なる色合いを集めつつ全体としての良いまとまりを生んでいく、良い構成だったと思います。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:04:05

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

同期音源(オケがあるためビートが一定)を滑らかに乗りこなす技術は勿論、同期なしの曲で微妙にテンポが変わっていく流れ方がまた良い味を出しています。こういう「このバンドにしか生み出せない演奏表現力」が常にあるからこそ、どんなに音楽性が変わっても得難い美味しさが保たれていくわけですね。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:03:58

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

バッキングも素晴らしい。まっとうに上手いベースを土台に独特の距離感で噛み合うアンサンブルは、程よいたわみと芯の強さを実に良い具合に両立しています。この柔らかくコシのある(その上で絶妙に行き届いてない)ラフなロックサウンドは、BUCK-TICKにしか出せない極上の珍味だと思います。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:03:45

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

本編最後の「DIABOLO」〜「無題」はそうした持ち味が特によく発揮されていましたね。退廃的なのに優しい包容力があり、繊細な湿り気を湛えていながらも柔らかく強靭な姿勢が常に保たれている…という感じ。ゴシカルな陰と上品で親しみやすい印象を両立するこの感じは本当に得難い個性です。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:03:31

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

特に素晴らしいのが櫻井敦司のボーカルです。喉頭を深く安定させて美しい“響きの芯”を保ち続ける発声技術は常に見事で、歌謡曲的な音色と丁寧で滑らかなリズム処理(歌謡曲スタイルとは一線を画す)を両立するフレージングは一級品。この人の技術があるから成立している曲も多いのだなと思えました。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:03:17

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

そしてその上で感銘を受けたのが「演奏が上手い」ということ。勿論ギターなどは(キャリアの長さの割に)“指が回らない”ような所もありますが、一方で出音そのものの艶やかさや個性的な味わいは唯一無二。5人のメンバー全員が代替不可能な表現力を持っているということが本当によくわかりました。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:02:57

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

BUCK-TICKのこうした関係性・佇まいは「30年続くことができるバンドが実際に30年続けないと到達できない境地」だと思います。代替不可能な魅力に満ちた作編曲や演奏はこういう“在り方”が土台になっているから可能なんだろうな…ということが今回ちゃんと生で観て初めて実感できました。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:02:46

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

各々の嗜好は異なるとしても“バンド全体として見ている方向”は概ね一致し、互いを信頼し遅れを取らないように足並みを揃え進んでいく。そして、そうした活動を通して確固たる自信を持ちながらそれを過剰に誇らない。「俺たちは強い」という佇まいを嫌味なく示すステージングは本当に見事でした。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:02:33

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

BUCK-TICKには、たとえばROLLING STONESのような“良くも悪くもビジネス上の付き合い/共闘関係を保っている”バンド特有のドライな感じがありませんし、だからといってその辺の若いバンドにありがちなアマく馴れ馴れしい感じもありません。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:02:21

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

互いの出音や性分を知り尽くした上で全体としての絶妙な距離感/バランス配置を完成させている…ということがステージを少し観るだけで伝わってくるし、アンサンブル全体としての出音もそういう関係性でなければ生まれない“噛み合い方”“グルーヴ(一体感の質””を持っていると思えるのです。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:02:10

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

今回BUCK-TICKを(単独では)初めて観て最も感銘を受けたのは「メンバーの間に“無用な”緊張感がない」ということでした。互いの持ち味や持ち分を知り尽くし、自身もわきまえた上で、過剰な気配りをせず安心して“背中を預ける”。こういう絶妙な関係性が音にもよく現れていると感じました。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:01:52

9月24日

@pik_a_pika

s.h.i.@meshupecialshi1

BUCK-TICK:17:38〜19:46。素晴らしい!演奏は思っていたより遥かに上手いですし、馴れ合わない仲の良さを反映したバンドサウンドは唯一無二。30周年だからといって特別な演出をしない自然体の佇まいも格好良い。傑出した音楽性の妙味を優れた音響で楽しめる極上の内容でした。

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 23:01:47

9月24日

@pik_a_pika

金光裕史@kmHF1968

楽屋に挨拶に行くと、まずヒデさんに「ほら、晴れたでしょ?」とドヤ顔で言われました。星野予報さすがです。アニイとは「土鍋でしたね!」「だろ? やっぱ土鍋なんだよ!」という会話をしましたが、廻りはわけわかんなかったと思います(笑)。詳しくは発売中のPHYを読んで下さい!

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 22:58:00

2017年09月23日(土)6 tweetssource

9月23日

@pik_a_pika

よー清水❄️CGWORLDで講座やるよ@yoshimizu629

商業系の仕事受けたい人はPixivをベースに自分のHPの依頼フォーラムに誘導するのがいいと思います。前も言ったけど、これを設置してから変な案件とか一切来ないし、むしろAdobe、スクエニさんとか大きな会社さんから直で依頼が来るようになりましたよ。 pic.twitter.com/TmL2MycwwT

Retweeted by ぴか│葉月とおる

retweeted at 22:27:15

2017年09月21日(木)1 tweetsource

9月21日

@pik_a_pika

ぴか│葉月とおる@pik_a_pika

[MMコメント] この世界の片隅に 下 (アクションコミックス) goo.gl/SNb595 ★★★★☆ 上・中・下まとめて読了したので感想もこちらにまとめて。映画版を先に見ていたので、どうしても軍配はそちらに上がってしまうんだけど、漫画…

posted at 21:18:20

2017年09月13日(水)1 tweetsource

2017年09月12日(火)1 tweetsource

2017年09月10日(日)2 tweetssource

9月10日

@pik_a_pika

ぴか│葉月とおる@pik_a_pika

[MMコメント] 禁断の魔術 (文春文庫) goo.gl/RwbAs7 うーん、これは短編集の中の長めの一本で読みたかったかなー。長編にすることによって冗長になっているのでは??って思っちゃった。で、冗長ではあるんだけど書き込みが足り無い…

posted at 21:29:08

9月10日

@pik_a_pika

ぴか│葉月とおる@pik_a_pika

[MMコメント] 虚像の道化師 (文春文庫) goo.gl/TV8HAH ★★★☆☆ よーやくキャラの掛け合いとかでクスッと笑えるところとか出てきた。こーゆーのがシリーズ物の醍醐味というか良さだよねー。そして最初は「ガリレオが佐野史郎?!…

posted at 00:01:02

2017年09月04日(月)2 tweetssource

9月4日

@pik_a_pika

ぴか│葉月とおる@pik_a_pika

[MMコメント] メイプル戦記 (第2巻) (白泉社文庫) goo.gl/aL216v ★★★★☆ あまりにホイホイ打てちゃったり、お嬢様学校卒業したばかりのたおやかな女子が一試合完投したりと色々突っ込みどころは満載なれど、川原泉ののほほ…

posted at 13:52:46

9月4日

@pik_a_pika

ぴか│葉月とおる@pik_a_pika

[MMコメント] メイプル戦記 (第1巻) (白泉社文庫) goo.gl/kr6dE3 ★★★★☆ 電書にて購入。札幌にドームが出来てそこがホームの球団が!ってリアタイで見てた時は「フィクションやなぁ〜」って思ってたのにいまやガチなところ…

posted at 13:46:34

このページの先頭へ