情報更新

last update 11/24 20:51

ツイート検索

 

@pokorokoko
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

  • 70フォロー
  • 147フォロワー
  • 2リスト
Stats Twitter歴
2,793日(2010/04/04より)
ツイート数
50,246(17.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年11月24日(金)39 tweetssource

13時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

どうやっても初代チータ110MHのが遥かに飛距離出るんだよねぇ
現行のKガイドの同じ様な長さのロッドよりさ。
ルアー交換時やシャクった時、又は横風でラインがティップに絡むのはアレだが・・。

posted at 20:02:47

13時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

バスロッドのスピニングモデルのように、チョークガイドが昔ながらのYガイドでティップが絡み防止なKガイドってのが飛距離の面でも一番都合がいいと思うんだけど何故このセッティングがソルト用にないのだろう。

posted at 19:59:05

14時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

チータくらいの値段でキャスト後にティップがほぼブレなくビタンと1発レベルで止まるチータMH互換のロッドてないかねぇ。
他所メーカーだと5~6万クラスならやっとそうなるんだけど3万代でそうならないんだよなぁ。

posted at 18:47:50

17時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

しかも40オーバーのソイとか釣れるから下手に漁港とか魚抜かれてるとこ行くよりデケーの狙えんでは?て気がする。

釣り方が環境的にかなり特殊だけどアリだと思うな。

posted at 16:42:04

18時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

まだまだホームサーフ近辺は水温14度もあるから12月中頃までは普通に狙えるし、まだ行くぜ!て方は風邪に気をつけて冬の座布団狙い頑張ってください。

posted at 15:06:35

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

某溺愛とかのヤツラだろう。
そんなこんなしてたら後日あのでかい顔してるテスターまでロケしてた。

あそこ車で来るのは立ち禁乗り越え確実なんだが・・そんなとこでロケかよと思いつつ。まぁ黙っておいてやるよ。

posted at 14:24:28

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

井戸浜は偶に流れの人が来るくらいで自分と親父、そしてもう一人チャリのダイワマンの人だけずっと前から居てた。

が、しかし晩秋にさしかかると、どこから聞きつけたのかいきなりグループ連中が押し寄せるようになる。

posted at 14:21:29

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

秋にはなんとか地系保たれてた場所も台風でリセットされてもっと良くなるか?と思いきやまさかの悪化。
全ての台風が悪化地系の方向に。
0.5番から8.5番まで激遠浅になって唯一河口テトラに隠れる井戸浜のワンドが残った。

posted at 14:18:10

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

夏になると陸側の砂がかなり崩れて・・までは良いんだけど沖に流されず近場で背を形成するような形に長らく落ち着くようになる。

0.5k~7k看板まで大体地系死亡。
狙う所があまりなく狙ってもマゴ1ヒラメ1とか悲しい位でキャスト範囲に乗っこんでこない地系。

posted at 14:12:29

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

ああいうとこ攻めたいなら近年流行ってる重いルアーよりシャロミノーやダイバー系など必要になるから
熱砂だのビーチウォーカーだの全く歯が立たなくなる。
使えるのスピンブリーズくらいだな(

posted at 14:06:11

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

去年末と違って0.5番な南蒲生は全然だった。
すんげー遠くまでなだらかに浅くなって一目でアカン。
むしろ軽いシケ時にシーバス狙うのにいいような感じになってた。

夏にフォロワさんがシーバスにヒラメと爆ってたのが記憶に新しい。

posted at 14:00:24

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

今年の総括していくと春はとても地系よくてめっさヒラメ上げれた。
今現在と違って2k看板辺りから6.5k看板辺りまでどこでも小場所の地系叩けばポンポン釣れた感ある。

posted at 13:56:07

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

ホームのヒラメは真冬でもベイト次第で釣れるけど雪とか寒さが厳しすぎるので、それは置いておいて・・、大体水温10度なればジグ追うくらいには食う。
狙い目は10度なって2日か目かそこらの日。

posted at 13:52:49

19時間前

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

来年もマジでツイ上で春1番ヒラメ上げれる様に気合入れるか。
仙台サーフ限定だが(ง `ω´)ง

今年は4月4日だったから来年はどうかねえ。
暖かい日多ければ水温上昇も早くて良いんだけども。

posted at 13:47:55

2017年11月23日(木)8 tweetssource

11月23日

@pokorokoko

高瀬奈緒文@永遠神剣新作11/24発売!@naofumi_takase

永遠神剣シリーズのナンバリングタイトルは2003年『永遠のアセリア』2007年『聖なるかな』以来となるので実に10年ぷりです。まだゲームではないですが、これはこれで新作が出るのはすごいことだと思っています。
10年以上続いちゃったので、次の10年後も同じこと言えるように頑張ります!

Retweeted by アンケロ@ぽこ

retweeted at 22:58:03

11月23日

@pokorokoko

sugayan@sgy_coffee

ツイッターのCEOの人がNHKで「ツイッターはSNSじゃない,同級生とかそういうつながりじゃなくて興味関心で繋がってる」っていうのはいい言葉。FBとかあんまり好きじゃなくてツイッターやってるのはコレかな。

Retweeted by アンケロ@ぽこ

retweeted at 14:46:15

11月23日

@pokorokoko

土田善紀@tsuchidasama

勤労感謝の日って何?勤労に感謝するの?勤労している人に感謝するの?と思って調べたら、元は新嘗祭。それをGHQが古臭いと改名しただけの事。

てことはつまり今日は収穫祭なのよね、五穀豊穣と収穫の恵みに感謝する日。日本版ハロウィン。

というわけで収穫に感謝しようぜ、皆もっと喰おうぜ!! pic.twitter.com/3ZcApYY5QV

Retweeted by アンケロ@ぽこ

retweeted at 14:44:11

2017年11月22日(水)19 tweetssource

11月22日

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

ナノカーボンのロッドて店で持っただけだと、やけに張りのあるロッドでビシっとしてるって印象しかなウケないと思うからそこで判断しないで欲しい。

ライン通すと180度印象変わるから。

posted at 20:43:13

11月22日

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

強めな9.6ft追加したいのう
9.6fは初代チータのMしか持ってないからジグ30g背負うのすらキツイ(笑

鉄板とかない時代の設計なMクラスだから仕方ないんよな。

posted at 20:35:25

11月22日

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

イノセントとか100MでMAX42g背負えるのにロッド実重144gとかわろけるレベルだったね。

ブランジーノみたく薄くして耐久性著しく下がってる軽さとは違ってたな。

posted at 20:17:47

11月22日

@pokorokoko

アンケロ@ぽこ@pokorokoko

2万以下でミノーワームメインならラテオMLでジグメインならディアルーナXRのMだな。
2~3万はアーリープラス1択。
んで3~4万はチータRRだな。

posted at 19:57:26

11月22日

@pokorokoko

ヒゲタロウ@higetalow

魚をさばけない男子女子は多いと思うけど「日本さばけるプロジェクト」がやってるYouTubeはめちゃくちゃためになるから見てみてください。服部栄養専門学校観衆で、とてもわかりやすくまとめられてる。実践で教えてほしければ無料の「海と日本さばける塾」もやってる。すごい
www.youtube.com/channel/UC8Qhe pic.twitter.com/ArIZcbIFoF

Retweeted by アンケロ@ぽこ

retweeted at 08:47:56

このページの先頭へ