Twilog

 

@ropross

ロプロス@ropross

Stats Twitter歴
3,009日(2008/11/30より)
ツイート数
51,599(17.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年02月23日(木)23 tweetssource

7時間前

@ropross

ロプロス@ropross

太魯閣にはバスで行くことも検討したんだけど、この民宿のツアーを選んで本当に良かった。七星潭や清水断崖など、太魯閣以外の景勝地にも行けたし、太魯閣でも各見所を効率良く周ることができたし、ガイドしてくれたオーナーさんの話は面白く勉強になった

posted at 22:40:09

7時間前

@ropross

ロプロス@ropross

今回の太魯閣渓谷ツアーで一番印象に残ったのが、高さ600m幅1200mという錐麓断崖。圧倒的な高さの岩壁がすぐ目の前にそびえ立ってる。すげえすげえ、こんなの見たことないわ。写真じゃ全然この凄さが伝わらない pic.twitter.com/OnOITGQnmy

posted at 22:17:24

10時間前

@ropross

ロプロス@ropross

お昼は原住民料理の店、「達基力黄金洞部落屋」へ。猪肉や鶏肉のロースト、シシャモみたいな魚、かぼちゃの入った揚げ餃子、見たことのない野菜など、面白い品々が並びます。どれも美味しくて満足! pic.twitter.com/HtIasjDzo9

posted at 19:17:19

10時間前

@ropross

ロプロス@ropross

標高2407mの清水山が一気に海へと切れ込む清水断崖。あいにくの天気で山の上の方は残念ながら見えなかったんだけど、ダイナミックな断崖と美しく澄んだ海の色には目を奪われる pic.twitter.com/uN7dpaqH2G

posted at 19:16:32

11時間前

@ropross

ロプロス@ropross

次に訪れたのは新城神社。日本統治時代に造営された神社なんだけど、終戦後は教会の敷地になり、なんと鳥居に「天主教會」の文字が。狛犬や石塔はそのまま残っているのに、本殿があった場所にはマリア像も。なんとも不思議な場所で、これは訪れる価値あるわ pic.twitter.com/nExKGcjUto

posted at 19:12:08

11時間前

@ropross

ロプロス@ropross

ツアーの最初に訪れたのは七星潭。パッと見はどこにでもあるビーチのようだけど、切り立った山々が急角度で海に落ち込んでいるので水深も急に深くなるそうで、とても遊泳できるようなところではなく、打ち寄せる波も怖くなるほど激しい pic.twitter.com/NhCZzO2GCh

posted at 19:05:40

11時間前

@ropross

ロプロス@ropross

今日は泊まっている民宿の日本人オーナーが案内してくれる、太魯閣渓谷の一日ツアーに参加してきました。台湾随一の景勝地と言われるだけあって、高く深い断崖は日本の渓谷が可愛く見えるほどで、その景観には圧倒されっぱなし。この辺りの歴史にも造詣が深いオーナーさんの話も面白く勉強になった。

posted at 19:00:52

20時間前

@ropross

ロプロス@ropross

朝食は宿のすぐ近くにある「怡味餐店」で。豆漿と焼売と包子と蛋餅をいただきました。焼売や肉まんはもう当たり前のように旨い。蛋餅はこれまで食べたものより皮が分厚くてしっかり食べ応えがある。これだけ食べて80元(300円くらい)ってのも嬉しい pic.twitter.com/gQfMgD8iPg

posted at 09:29:04

2017年02月22日(水)29 tweetssource

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

台湾に来てからの2日間が充実しすぎていて、昨日の朝、那覇にいたことが遠い昔のことのように思える

posted at 23:15:25

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

「公正包子店」と「周家蒸餃」、隣り合った2軒の店の小籠包を食べ比べ。小籠包と言っても普通にイメージする薄皮に肉汁たっぷりの小籠湯包ではなく、小さな肉まんみたいなもの。どちらもめちゃ美味しいんだけど、味付けが濃い目の公正包子店のほうが好みかな。これが1個たった5元とは驚異的な安さ! pic.twitter.com/rpPyi0BNpv

posted at 23:14:12

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

夕食は花蓮名物だというワンタンを食べに、有名店「液香扁食」へ。セロリの香りが効いたスープに、お肉たっぷりのワンタンが9個くらい入っています。うむ、確かにこれは旨い。 pic.twitter.com/2TwbZHW80b

posted at 23:04:48

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

花蓮駅からバスで移動し、繁華街の近くにある日本人の経営する民宿にチェックイン。民宿と呼ぶには部屋は小綺麗で、日本のビジネスホテルなんかよりずっと過ごしやすい。ただバスルームは、シャワー・トイレ・洗面所が完全に一体化した日本人にはちょっと馴染みのないものだけど pic.twitter.com/FMKx78D9WD

posted at 21:55:50

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

花蓮駅は現在改修中みたい。駅前の風景はいかにも地方都市らしい。自分自身がそういう街で暮らしているからか、台北や高雄のような大都会よりも、このほうが落ち着く pic.twitter.com/k0WZOAya5p

posted at 21:46:45

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

礁渓駅から1時間10分ほどで花蓮駅に到着。台湾東部最大の街であり、台湾随一の景勝地、太魯閣渓谷への玄関口ということもあって、ほとんどの乗客がここで降りました。ホームも立派でちゃんとエスカレーターもある pic.twitter.com/IVlPbHsh1q

posted at 21:37:36

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

ホテルの人に送ってもらって、礁渓駅に戻ります。礁渓温泉も気に入ったのでまた来よう。北投温泉や烏来温泉と比べると温泉街らしい雰囲気には欠けるけど、散策したりくつろいだりできる公園が二ヶ所あって、それぞれに気軽に入れる共同浴場があるのは魅力。 pic.twitter.com/05GmC4B3uQ

posted at 21:23:32

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

湯囲溝温泉公園の奥にある共同浴場。こちらも日本式で裸で入れます。湯殿も浴槽も木造で、かなりいい雰囲気。お湯もホテルのものよりツルツル感が強い。そして何故か日本の古い歌謡曲が流れている。異国で演歌を聴きながら温泉に浸かっていると、なんとも不思議な感覚になってくるな pic.twitter.com/wOgnI8tGEl

posted at 20:57:20

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

大型のホテルなので団体客で賑やかかな?と思ってたんだけど、ほとんどのお客さんが台湾人の個人客で、ロビーも浴場も食事会場も静かで落ち着いた雰囲気だったのも良かった。台北からバスで1時間で行けるし、一室25000円と台北の高級ホテルに泊まるよりは安いし、かなりお勧めのホテルです

posted at 20:48:27

2月22日

@ropross

ロプロス@ropross

台湾初日の宿、礁渓温泉の「長榮鳳凰酒店」。大型の温泉リゾートホテルで、日式の露天風呂と水着で入る台湾式のスパ、さらに部屋のお風呂でも温泉を楽しめます。洗練された部屋は広く快適。朝食バイキングも充実。そして従業員のホスピタリティも素晴らしい。また泊まりたいと思えるホテルでした pic.twitter.com/a6NKMYqdYp

posted at 20:44:56

このページの先頭へ