情報更新

last update 10/22 01:54

ツイート検索

 

@saitom11
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

  • 793フォロー
  • 734フォロワー
  • 53リスト
Stats Twitter歴
2,720日(2010/05/13より)
ツイート数
36,749(13.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年10月21日(土)24 tweetssource

16時間前

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

@django88628676 @kumagoro_h 近代的な司法制度が確立すると、今度は逆に司法制度をすり抜けるような悪の華や原因不明の恐怖が好まれるようになるのかも。ちなみに稲川さんの好きなホラー小説はミザリーとのことで、バリバリのモダンホラー。でも、稲川さん、エンターテイメントとしては「怪談」が好きなんでしょうね。

posted at 14:34:55

16時間前

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

@django88628676 @kumagoro_h まあ、線で繋いでいく時点で無根拠なんですが、それはいいんでしょうね。そこを繋ぐのは「なんとなく不安な感情」でいい。で、そこにバーンと真の原因が判明して、悪事を働いた奴は報いを受ける。こういうお話が好まれたのは近代的な司法制度がなく、悪事が裁かれないことが多かったからでしょうね。

posted at 14:31:11

16時間前

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

@django88628676 @kumagoro_h 因果応報っていうのは、要するに感情的に収まりがいいことかな、と思う。現代だったら、たぶん日常生活で垣間見えるちょっと不気味なもの(点)をつないでいって、一見無関係なそれらを線(関係性のあるもの)にする。その上で線で囲われた面を塗りつぶすように因果(原因)が判明する。

posted at 14:26:06

19時間前

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

続3)妻は一生に告げる。「自分一人の力で産みたかった」「これで私は一人の人間になった」「私とあなた(一生)の間に新しい絆ができた」。
一生は妻の言葉に涙する。

……その辺で目が覚めました。思ったより長かった。

posted at 11:21:02

19時間前

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

続2やがて、妻は少し一人なりたいといい、一生と別居する。妻との別居を悲しむが、妻を止めることができない一生。
ある日、妻に使える女性が慌てて一生のところに駆け込んでくる。妻がこどもを産んだと言う。一生のこどもだ。妻は妊娠したことを一生に隠していた。出産した妻の元を訪れる一生(続3

posted at 11:18:26

19時間前

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

続)現地女性には夫がいて、現地女性も夫と一生の両方を愛している。一生も現地女性も離婚をする気はない。一生は妻のことをとても心配している。妻が自分と現地女性との関係を悩んでいる節が見受けられるためだ。妻のことは心配だが、一生は他者を尊敬し、愛する自分の気持ちを罪だとは思わない(続2

posted at 11:14:44

19時間前

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

高橋一生は訳あって南方(ポリネシアあたりか)の国に赴任した貴族。赴任する時には既に妻がいて、妻を帯同して行く。こどもはなし。で、一生は現地の女性と恋をする。妻はいわゆるモノアモリーなので、一生と現地女性の関係に嫉妬する。一生は妻と現地女性のどちらも愛している。現地女性には夫が(続

posted at 11:09:39

19時間前

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

昨日、寝る前に高橋一生のわろてんか出演シーンをチラ見した。そしたら、高橋一生大(ポリー)ラブロマンスドラマの夢を見た。一生、すごいな。
高橋一生は訳あって南方(ポリネシアあたりか)の国に赴任した貴族なのだ。赴任する時には既に妻がいて、妻を帯同して行く。で、一生は現地の女性と恋を…

posted at 11:06:28

10月21日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

@django88628676 @kumagoro_h こちらも余談。稲川淳二さんのHPを観たら、「怪談というのは『懐かしい』もので、だからおもしろい」という話をしていた。なるほど。怪談というのは基本的に「因果応報」なんだと思う。近代人としての私はとても認められないが、時には「親の因果が子に報い」としてでも因果律を守るのが怪談かなと。

posted at 03:43:19

10月21日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

@django88628676 @kumagoro_h うん。だいたいはサスペンスだよねー。
参考に、一龍斎貞水さんと稲川淳二さんのの動画を観たよ。
一龍斎さんは「…………(ハヤイ)…………(ハヤイ)………」って感じ。余白が長い。
稲川さんは「(ハヤイ)(ハヤイ)(ハヤイ)」って感じだった。
素人は余白だけでも練習した方がいいかもね。

posted at 03:23:33

2017年10月20日(金)31 tweetssource

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

@django88628676 .@kumagoro_h 仮にこのヒグマ事件を題材にストーリーゲームを作って、プレイヤーを本当に怖がらせることは可能だろうか?
なんか普通に遊ぶと「PCが何も出来なさすぎる」と言われそう。
かと言って、クトゥルフみたいなゲームにすると「きゃ〜、死んじゃう〜」って楽しまれそう。

posted at 16:49:40

10月20日

@saitom11

TEENS POST▼´ェ`▼スタジオ悠@TEENSPOST

ワークショップの成果って、目に見えなくても、みんなのハートに残って育っていくものだけど、昨日のイイトコラボは目に見えるものをスタジオ悠に残していきました。
毎月、第三木曜日、自分でも気づいていないいろんな表現を開花しよう✨

#イイトコラボ
#イイトコサガシ pic.twitter.com/itfdvt9lg2

Retweeted by サイトウ@kindle 直りました

retweeted at 16:28:42

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

電車の中に興奮で絶叫しているこどもあり。叫びを聞いた瞬間「イイね!」ボタンを心の中で押した。ぜんぜん腹立たない。「元気で楽しそうでイイねえ! ◎!」って感じ。幼児と常にいっしょにいると、こうも感じ方が変わるのか。環境ってすげーなー。 #しせいさん

posted at 11:58:57

10月20日

@saitom11

ニゴ@nigo

幼児H氏があるときから味噌汁を飲まなくなり、えっなんなんだ困る(具沢山味噌汁で栄養を無理矢理とらせるので)と思っていたらどうも粉末だしがダメだったらしく、昆布と鰹節できちんと取ってみたらおいしいおいしいと普通に完食した。なんだよ野生の山岡かよ

Retweeted by サイトウ@kindle 直りました

retweeted at 11:42:24

10月20日

@saitom11

SIVA@sivaprod

腹減ったのに冷蔵庫に卵しか無かったので子供の頃父親が台湾料理だと称して作ってくれた目玉焼きスープを再現してみる。たっぷりのごま油でカリカリの目玉焼きを作りそこにお湯を注ぎ塩と胡椒にニンニクとネギを入れるだけ。意外に美味いのだ。震洋隊員として台湾で終戦を迎えた親父の残した味。 pic.twitter.com/TUEgVSTWxa

Retweeted by サイトウ@kindle 直りました

retweeted at 11:19:41

10月20日

@saitom11

のっち@noharachihiro

そういえば、一度生乾きになってしまった洋服のいやーな臭いに長年悩まされてきたんだけど、やかんで沸かしたぐつぐつのお湯をぶっかけるだけで嘘みたいに無臭になった。漂白剤とか目じゃなかった。熱湯の殺菌作用神だよ。もっとやりたい。今臭い洋服を血眼になって探している。

Retweeted by サイトウ@kindle 直りました

retweeted at 07:43:27

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

#大島弓子 入門として、短編一つあげるとしたら、何がいいだろうか。ストーリーが理解しやすいものがいいかな。『夢虫・未草』かなぁ。『乱切り人参』もいい。『水の中のティッシュペーパー』もいい。『ジィジィ』は大好き。『山羊の羊の駱駝の』のは最後の独白。異論は認める。人の数だけ大島弓子。

posted at 05:31:04

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

あと、文学作品としての #TRPG ルールブックの研究ってないのかしら? もうある? (リプレイじゃなくて)ルルブだけの鑑賞って、「書き起こした落語」みたいなもの。ゲームそのものではない。そのものではないんだけど、どんな世界を、どんな風に描こうとしてるかって研究はあってもよさそう

posted at 04:54:32

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

あかほりさとる的なもので #TRPG がビッシリだったあの時代は、私には過ごし易い時代じゃなかった。でも、あかほり的なラブコメに救われてた人もいると思ってる。功罪があったわけで、簡単に切って捨てるのはどうかな、と。 そろそろ誰かあかほりさとる的なものの研究したりしません?

posted at 04:49:30

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

そういえばこの前、IT系業務サポート事務(そういうジャンルがあるようです)の面接を受けました。面接官に「ITだったらどの辺に興味がありますか?」という謎の質問をされ、私も漠然と「うーん……ネットワーク保守?」と答えました。「珍しいですね」と返されました。他の人は何答えてるんだろう

posted at 03:07:54

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

#TRPG その場で勢いで作ったルールで、なんとなーく盛り上がって、いつのまにか話ができちゃう、ってのが私の理想なのかもなぁ。
ちなみにTRPGに慣れた人が集まった場合は「ストーリーゲームのルールを自作・改良」をしたいです。キャラクター立てるよりルールをゼロから作る方が好き。

posted at 02:55:14

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

#TRPG に慣れてる人は、自分のキャラクターの立て方とか、会話のテンポとかが確立してて、聞き流せる。なんか途中で離席しても話がなんとなくわかる2時間ドラマみたいな。初心者はどこから出たのかわからない唐突な思いつき持ち出して来たりして、常に会話の間合をとる必要がある。そこがいい。

posted at 02:48:38

10月20日

@saitom11

サイトウ@kindle 直りました@saitom11

#TRPG 私は基本地蔵プレイヤーと言うか「聞きに回って、要所でのみ発言する」タイプのプレイヤー。そんな私の積み上げてきたスキルが最も発揮されるのは、「『5分前に生まれて初めてTRPGって単語を聞いた人』向けに、ゆるいルールでゲームマスターやる時」だと思う。全員初心者なら尚可。

posted at 02:41:07

このページの先頭へ