情報更新

last update 01/16 17:22

ツイート検索

 

@sakuhinsha
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

Stats Twitter歴
2,822日(2010/04/28より)
ツイート数
18,354(6.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年01月16日(火)3 tweetssource

18時間前

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集503 夜は暖かくて冬の月が冴えていた。桃畑のほそい枯枝のあいだから、谷ひとつ向うの山を見ていた。倒れた木の白い骨のような幹と野菜のうねが足もとにあった。私はだんだん人が嫌になって来た。これは私の罪ではない。(渡辺修三『日本の名随筆 本巻20 冬』より)

posted at 12:12:03

2018年01月15日(月)6 tweetssource

1月15日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

作品社 重版情報。関良基『赤松小三郎ともう一つの明治維新』5刷。隠された幕末維新の真実。龍馬より時代に先駆け、維新直前に暗殺された、大政奉還の隠れた立役者の実像! 赤松が生きていれば日本は全く異なる近代史を歩んでいた。 www.sakuhinsha.com/history/26047.

posted at 14:01:45

1月15日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

作品社 重版情報。ハインツ・グデーリアン、大木毅編訳解説、田村尚也解説『戦車に注目せよ』2刷。 電撃戦の立役者が自ら記した【組織革新】の要諦。名のみ知られていた幻の書ついに完訳。旧陸軍訳の諸論文と戦後の論考、刊行時の全図版収録。 www.sakuhinsha.com/nonfiction/261

posted at 14:00:17

1月15日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

【承前】日和下駄曳摺りながら歩いて行く現代の街路をば、歩きながらに昔の地図に引合せて行けば、おのづから労せずして江戸の昔と東京の今とを目のあたり比較対照する事ができるからである。(永井荷風『日本の名随筆 別巻46 地図』より)

posted at 12:24:48

1月15日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集502 蝙蝠傘を杖に日和下駄を引摺りながら市中を歩む時、私はいつも携帯に便なる嘉永板の江戸切図を懐中 にする。これは何も今時出版する石版摺 の東京地図を嫌つて殊更 昔の木版絵図を慕ふといふわけではない。【続く】

posted at 12:24:21

1月15日

@sakuhinsha

世界のノンフィクションがおもしろい!!@nonfiction_fair

岸本佐知子『気になる部分』(白水社)。「ちくま」連載のエッセイの単行本化で講談社エッセイ賞を受賞している翻訳家による最初のエッセイ集。現在はUブックスに入っているが、写真は2000年刊行の単行本。帯文には「ちょっとヘン」と控えめに書かれているものの、実態は「かなりヘン」。破壊力抜群。 pic.twitter.com/rVel0kiaMv

Retweeted by 作品社

retweeted at 12:16:31

2018年01月14日(日)3 tweetssource

1月14日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

自家製からすみ、着々と進行中。昼間は天日に当て、夜間は重しをかける最終工程に入ってまる1週間。この土日はよく晴れてくれたので、見た目にもだいぶからすみらしくなってきました。もう1~2週間、天日干しの作業を続ければ完成です。 pic.twitter.com/oipQZE8tft

posted at 13:50:24

1月14日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

先日福岡で買い求めた馬肉のベーコンをちょっと味見。豚肉のものより噛みごたえも風味もあり。パスタにでもしようかと思って買ったのだけれど、このままで日本酒や焼酎、あるいは赤ワインのアテにしたほうがいいかも。 pic.twitter.com/5Z9vtsIDPV

posted at 11:01:51

1月14日

@sakuhinsha

世界のノンフィクションがおもしろい!!@nonfiction_fair

大西巨人『春秋の花』(光文社)。帯文にある通り、古今の詩歌、小説やエッセイの抜粋と著者によるその解説が見開きごとに配される構成。春から四季の順に並べられているが、先ごろ購入したので季節に合わせて最後にある冬の部から読み始めたところ。枕頭において毎日ひと見開きずつ。 pic.twitter.com/V8RClYJ0BB

Retweeted by 作品社

retweeted at 10:25:26

2018年01月13日(土)5 tweetssource

1月13日

@sakuhinsha

世界のノンフィクションがおもしろい!!@nonfiction_fair

『ユリイカ 特集カズオ・イシグロの世界』。ノーベル賞と作品の大ヒットを受けて、『カズオ・イシグロ入門』(立東舎)、『カズオ・イシグロ読本』(宝島社)、『カズオ・イシグロの世界』(水声社)など入門/概説が刊行されている。小説家らが彼の作品をどう受け止めているのか、興味深く読める。 pic.twitter.com/wSfS4Hf7Um

Retweeted by 作品社

retweeted at 10:28:06

2018年01月12日(金)7 tweetssource

1月12日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集501 文字というものを使用すれば、同一言語を話す社会に見られる単語を、時間(歴史)的にも空間(地域差、職業差)的にも広範囲から記録することが可能になる。そうすれば、その社会全体の言語の記憶を、辞書という一冊の書物の中に集積することができる。(西江雅之『名随筆 言語』)

posted at 11:17:34

1月12日

@sakuhinsha

世界のノンフィクションがおもしろい!!@nonfiction_fair

「『新青年』趣味 XVIII』昨年「新青年」版の『黒死館殺人事件』が刊行され、年明けにも『人外魔境』が文庫化された小栗虫太郎を特集。虫太郎の子供たちへのインタビュー、論考、書誌などのデータを収めた充実の一冊。書肆盛林堂などで入手可能。 pic.twitter.com/BeIR7OLodg

Retweeted by 作品社

retweeted at 11:16:25

2018年01月11日(木)2 tweetssource

1月11日

@sakuhinsha

世界のノンフィクションがおもしろい!!@nonfiction_fair

北村匡平・志村三代子編『リメイク映画の想像力』(水声社)。溝口、小津、黒澤や篠田/スコセッシ『沈黙』など、古今のリメイク映画についての論考7篇所収。帯文では触れられていないが(触れたほうがいいような気もするが)、塚本晋也監督と東宝の市川南プロデューサーへのインタビューも収録。 pic.twitter.com/3BqvVPHrJi

Retweeted by 作品社

retweeted at 13:37:50

1月11日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集500 親と子供が時代を隔てて同じ著者の同じ書物を読んで、同じように喜びを味わうというのは、私にとって興味のあることだ。いい本というのは、みんなそういう風にして読みつがれてゆくものなのであろう。(庄野潤三『日本の名随筆 別巻6 書斎』より)

posted at 12:04:04

2018年01月10日(水)6 tweetssource

1月10日

@sakuhinsha

世界のノンフィクションがおもしろい!!@nonfiction_fair

柴田元幸編訳『紙の空から』(晶文社)。バドニッツ、ミルハウザー、ダイベック、ユアグロー他の短篇14作を収録。クーヴァー目当てで買った本だが、イシグロの作品が入っていることに気づいて本棚から引っぱり出す。記憶の曖昧さをテーマにした小品。買った当時に読んだのかどうか記憶が曖昧。 pic.twitter.com/fSJIMU96cM

Retweeted by 作品社

retweeted at 22:21:10

1月10日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

これは楽しみ。→現代思想2018年2月臨時増刊号 現代を知るための映画ガイド(仮) 日々届けられる映画/映像作品をとおして、私たちは現代世界のリアルへといかにアクセスできるだろうか。気鋭の論者/目利きたちが選ぶ、世界を読み解くための映画・映像作品ガイドブック。 www.seidosha.co.jp/book/index.php

posted at 19:14:08

1月10日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集499 忠実な受動性と奔放な能動性との調和は、よい演奏よい翻訳において充足されなければならない必要条件なのである。(田中美知太郎『日本の名随筆 別巻45 翻訳』より)

posted at 10:51:03

2018年01月09日(火)4 tweetssource

1月9日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

ウラゲツ・ブログさんで、イブン・タイミーヤ、中田考編訳・解説『イブン・タイミーヤ政治論集』とトーマス・カリナン、青柳伸子訳『ビガイルド 欲望のめざめ』をご紹介いただきました。ありがとうございます! urag.exblog.jp/238179091/

posted at 15:37:09

1月9日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集498 辞書は引くもので、読むものではないといふのが通念であらう。だが私は今、この考へ方を改めて、辞書は読み物であり、しかも恐らく最上の読み物の一つであると思つてゐる。(三木清『日本の名随筆 別巻74 辞書』より)

posted at 13:00:24

2018年01月08日(月)10 tweetssource

2018年01月07日(日)3 tweetssource

2018年01月06日(土)4 tweetssource

1月6日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

@kankanbou_e ありがとうございます。家人の実家が西区にありまして、年に一度くらいは来ています。ちなみに家人は小坂章子さんの友達だったりします。

posted at 08:25:19

このページの先頭へ