Twilog

 

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

Stats Twitter歴
2,491日(2010/04/28より)
ツイート数
17,363(6.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年02月18日(土)3 tweetssource

2017年02月17日(金)5 tweetssource

2月17日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集308 凡ての望みを失った人間の気持は実に不思議なものである。いかなる現世の言葉をもってしても表わし得ない。すでに現世より一歩超越したものである。死の恐ろしさも感じなくなった。(木村久夫『日本の名随筆 別巻17 遺言』より)

posted at 11:24:59

2017年02月16日(木)3 tweetssource

2月16日

@sakuhinsha

「ホームズの世界」サイト管理人@sh221_mittyon

山中峯太郎訳著 平山雄一註 作品社刊行の
『名探偵ホームズ全集 第1巻』をご恵送頂きました。
有り難うございます。
画像でお判りになるようにかなり分厚い書籍です。
山中峯太郎訳のホームズとは縁がなく(小学生の時は読んだと思いますが)
初めての山中版ホームズを読むことになりました。 pic.twitter.com/KdDsWfWdkf

Retweeted by 作品社

retweeted at 16:28:39

2月16日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集307 いのちあるものを見るのは無限にたのしい。いのちあるものはまた無限にかなしい。(高村光太郎『日本の名随筆 本巻100 命』より)

posted at 10:44:20

2月16日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

作品社 重版情報。ヘーゲル、山口祐弘訳『ヘーゲル 論理の学(1)存在論』2刷。存在と無は同じものである。カントの超越論的論理学と対決し、神のロゴスに対して理性の言葉で構築した壮大な真理の体系。現代語訳が身近にするヘーゲル哲学の神髄。 www.sakuhinsha.com/philosophy/240

posted at 10:40:10

2017年02月15日(水)5 tweetssource

2月15日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

@fm5844 そうですね。右から左というわけにはいかないと思います。判型や造本形態についても、ハンディなものにすべきかどうか検討しております。

posted at 17:58:15

2月15日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

@fm5844 合本のほうはまったく未定です。本文の訳はすべてあるわけですから、七巻の刊行からそれほど間を置かずに出せるとは思うのですが……。

posted at 16:59:32

2月15日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集306 親子だからといって気が合うとは限らない。気の合わぬ肉親は他人より始末がわるい。血は水より薄い、というのが私の持論である。(田辺聖子『日本の名随筆 別巻42 家族』より)

posted at 10:52:23

2017年02月14日(火)3 tweetssource

2月14日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集305 人間の不幸を見つめさせ、それを受けいれさせる宗教はよい。しかし人間にあまりにもすぐに多くの幸福を約束する宗教は危険である。(土居健郎『日本の名随筆 本巻28 病』より)

posted at 11:47:03

2017年02月13日(月)9 tweetssource

2月13日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集304 男の立場からだけいえば、ひとりものの生活は「個独」などといった小ぎれいなしろものではない。字義どおり孤独である。(関川夏央『日本の名随筆 別巻83 男心』より)

posted at 14:01:41

2017年02月10日(金)5 tweetssource

2月10日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

伊豆大島初日昼の部。岡田のちびのチャーシュー麺で腹ごしらえ、大島公園で椿まつりの様子を見て、三原山内輪山お鉢巡り。これから温泉に入って、波浮港に戻ります。 pic.twitter.com/efdyfPJ7vX

posted at 16:57:56

2月10日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

@honyade_com 作品社と申します。告知していただいたイベントですが、開催日が違います。3月18日(土)ですので、恐れ入りますが修正をお願いいたします。

posted at 16:48:27

2017年02月09日(木)6 tweetssource

2月9日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集303 日本の亭主は不幸であった。なぜなら、日本の女は愛妻となる教育を受けていないから。(坂口安吾『日本の名随筆 本巻53 女』より)

posted at 14:13:07

2017年02月08日(水)12 tweetssource

2月8日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

雑誌「ar」3月号の「ワタシの“愛”読書」特集で、ライターの高久富久子さんが荒木陽子『愛情生活』を、丸善丸の内本店の玉井佐和さんがマリオ・バルガス=リョサ、八重樫克彦・八重樫由貴子訳『悪い娘の悪戯』を紹介してくださっています。ありがとうございました!

posted at 15:00:36

2月8日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

【承前】そして、不完全だった子供が完全な子供になった時、それを大人になったと言い、不完全な子供が中途半端な大人になって平然としている時、それを、人は「年をとった」と呼ぶのです。(橋本治『日本の名随筆 別巻67 子供』より)

posted at 11:21:14

2月8日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集302 大人になるということは、かつての無力な子供だったことをしつこく忘れず、いつかパワーアップして十万馬力の子供になってやる! と決心することと同じです。【続く】

posted at 11:21:01

このページの先頭へ