情報更新

last update 11/22 05:45

ツイート検索

 

@sakunary
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

Stats Twitter歴
2,731日(2010/06/02より)
ツイート数
51,851(18.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年11月21日(火)22 tweetssource

18時間前

@sakunary

よーか12/8~台湾✈@88yohka88

イキりオタクっぽくて申し訳ないけど夜道突然ケツ触ってきた男をバッグとヒール放り出して全力で追いかけて引きずり倒して身分証奪ってそいつの家まで連行してから警察呼んで親共々厳重注意して謝罪させたけど、相手顔面血まみれでも結局わたしお咎めなしだったから、性犯罪者に遠慮はいらないと思うよ

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 16:25:50

19時間前

@sakunary

国際日本文化研究センター@NICHIBUNKENkoho

【研究紹介】­青空文庫が海外の日本研究・日本語学習に必須なものになっていることを、関係者はあまり知らない。欧米だけでなく、内モンゴルやインドなどでも学習者や研究者に読まれていることを文庫の20周年記念シンポジウムで報告したら、参加者から驚きの声があがった(山田奨治教授) #研究紹介

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 15:59:30

19時間前

@sakunary

schemelisp@arclisp

休学無職になってからIngressのために近くのポータル密集地の公園に幾度となく通いつめていたら、あまりにも行き過ぎたのでGoogle Mapがその公園を「職場」に勝手に設定しやがって、お前、本当にふざけるな、人権侵害で訴えるぞと昂ぶってきた

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 15:47:56

21時間前

@sakunary

Tetsuya Sakai (酒井哲也)@tetsuyasakai

先週、学科別世界ランキングでMITを抜きトップとなった清華大学コンピュータサイエンス(計算機)学科に遊びに行って来たさ。
学生数はうちとそんなに変わらないけど、教授42人+准教授37人=79人だって。うちは15人だよ。
この違いが研究成果・授業負荷にそのまま効いてくるわけよ。

どうする日本?

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 13:45:32

11月21日

@sakunary

斉藤 淳@junsaito0529

議員が不祥事を起こしたときに、次の選挙で落選させたいとする。大選挙区制や中選挙区制は、そのためのハードルが極めて高い。数%もない得票率で当選できてしまうので、利権の切り売りで当選できてしまう。数学的なモデルについてはノーベル経済学賞受賞者であるマイヤーソンAPSR論文参照。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 08:45:42

11月21日

@sakunary

おろちくん@Orochi_kazs

@KazuhiroSoda 「話し合い」を持つということ。それが民主主義。多数派なら少数派と話し合わずに決めればいいというのは違うということですよね。舵取りを任されたからといって、こうしたプロセスを省いたり誤魔化したりしてはリーダーとは言えませんし、こうした考えのままの多数派は長続きしないのが一般社会です。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 06:42:15

11月21日

@sakunary

寶達ベミュ@bemyu_h

金持ちを吊し上げろ的なことを言って本当に実現したのが、20年代のネップ時代に市場経済で儲けた人をまとめて粛清した30年代のスターリンだったり、資本と技術を持ってる白人を追い出して経済が崩壊した00年代のジンバブエだったりするので、ルサンチマンで物事を進めるとロクなことにならない。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 06:39:27

11月21日

@sakunary

Shin Hori@ShinHori1

「すき家の労働条件が改善されたのは、労働者が辞めたからだ」というのは、半分だけ正しい。残り半分は「辞めた人間の代わりになる求職者がいなかったからだ」ということ。雇用が流動化すれば労働条件が上がると主張する解雇ユートピア論者は、この後半部分を(多分)意図的に無視しているといえよう。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 06:27:26

2017年11月20日(月)33 tweetssource

11月20日

@sakunary

あの佐々岡@anosasaoka

インターネットに理解のあるお婆ちゃん利用者さんが「今はいいじゃない、嫌な事があったらインターネットで愚痴を言える人がいつでもいるんでしょ?昔じゃあ嫁の愚痴のはけ口は神社の裏に藁人形で五寸釘刺すぐらいしか無かったからいい時代じゃないの。」って言ってて、多分Twitterは現代の藁人形。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 22:08:55

11月20日

@sakunary

pato@pato_numeri

今日、引越しのバイトを長くやってきてたやつが言ってた「ドラム式洗濯機が洗面所に入らなくてその場で夫婦喧嘩になることが多い」って話はもっと世間に広めるべきだと思う。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 22:07:54

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

富永氏の分析にある、若者は「組織」としての運動を嫌い、個人を重視するが、しかし自分たちは「普通」の若者であるという意識が強い、という点も、阪神淡路ボラの学生達に通じる点。そう考えると若者の社会運動・ボランティアって全然変わってないんだよな。その時々の大人の都合で脚色されるだけで。

posted at 21:39:27

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

ただ、『社会運動と若者』では、(阪神・淡路ボランティアに参加した若者の)90年代とは異なって、政治的言説がより抑圧されていたり、左右極端になってきている社会が、若者の政治意識や行動に影響を与えている姿も垣間見える。そこにはネット上の言説も影響している。

posted at 21:35:55

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

例えば富永氏と同じ立命館大学産業社会学部の教授の小澤亘氏が阪神淡路大震災のボランティア二参加した若者に聞き取りした『「ボランティア」の文化社会学』などを読むと、周りの友人との意識のギャップに悩む姿などが、まったく同様に浮き彫りにされていたりする。

posted at 21:29:33

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

『社会運動と若者』を読んで感じたのは阪神淡路大震災でボランティアをした若者にも通じる、通底した「社会・政治参加への飢餓感」だ。違う経路が用意されていれば、彼/彼女らは直接的示威活動には参加しなかったかも知れない。

posted at 21:18:01

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

『社会運動と若者』、社会運動に参加した若者の文化分析として34人にじっくり話を聞いているので、自分の言説に都合のよい若者だけを集めたジャーナリスティックな文章がいかに薄っぺらいか、よく分かる。

posted at 21:11:25

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

富永京子著『社会運動と若者』を読んでいる。サブカル論からのSEALDsの学術的分析として全体的に画期であるが、左翼系サークルに言いくるめられて参加した、とか、教員の家庭に育ちデモ参加だが大学に来て他の学生との文化の違いに気がついた、とか、調査記録の若者の生の声がひとまず面白い。

posted at 21:05:57

11月20日

@sakunary

アストロ温泉@ASTROONSEN

マレーシアから来た新入社員さんが銀行口座を作ろうとして、「ハンコがないとダメだ」と突き返されたらしい。僕が「鈴木とか佐藤とかなら100円ショップにもあるけど……」と教えたら、「100エン!それでナンの証明になりますか!?私は拇印もサインもできます……」と言われてしまった。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 21:01:46

11月20日

@sakunary

はいらーある@hokuman_hailaer

職場に外国の方が来ると、まず行うのは印鑑を作ってもらうことなのだ。「まあこれ極東の島国に流布する呪術みたいなものだから、深く考えずこれも観光の一環と思って付き合ってくれい」って言ってる。ほら、君とこの国のフィートインチ法や華氏みたいなものですよ、とは言わない。言いたいけど。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 20:58:03

11月20日

@sakunary

葛葉(レオポン㌠のフレンズ)@Cuznoha

実感としては25年くらいずっと不景気。98年、03年、09年、11年と何度かあった絶不況期のたびに値下げを要請された。我慢してお断りした。学生時代にお世話になった社長さんが「人工(にんく。単価)は一度下げたら二度と上がらないから絶対下げない」と言っていたのがすごく勉強になった。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 20:07:58

11月20日

@sakunary

葛葉(レオポン㌠のフレンズ)@Cuznoha

今年は、遠回しに「安すぎる。この仕事をその値段で依頼できると思います? やる人いるんすか?」とお伝えすることが多い一年でござった……。はっきり言ったことも何回かあるけど。「予算が……」それを一度でも呑むと不景気のたびにどんどん下がるので、納得できない水準の場合は機械的にお断り。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 20:07:43

11月20日

@sakunary

はるか♡へし宗エターナルニコイチ@SpringLeopard

年収800万~の増税案の件、日経で読んできたら増税というより、基礎控除を上げる代わりに給与控除を下げる(給与控除と年金控除の二重取りを防ぐのが目的)結果、年収800万くらいの世帯が天引き分を増えたと感じるボーダーライン、ということみたい。基礎控除メインのフリーランスにとってはむしろ朗報。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 20:07:22

11月20日

@sakunary

ashikagunso@ashikagunso

中国だとイケてるベンチャーが一個できると競合が1ヶ月で100社くらい立ち上がるので、先行メリットはとにかく資金調達して顧客獲得に全振りで金ぶっこみ、物量で圧倒して競合を破綻に追い込むしかない。グルーポンもUberもECもゲームも自転車も全部そう。ofoも半年で100億円とか狂気の調達してた

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 18:30:53

11月20日

@sakunary

せんだい歴史学カフェ@SendaiHisCafe

授業中、目にゴミが入ったのでメガネを外したら前列の女子生徒たちが騒ぎ出しましてね。いわく「メガネを外したらイケメンが出てくるのが相場ってものなのに、なんだその素顔は、ガッカリした」(大意)というクレームを受け、世の理不尽を思いました。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 18:25:41

11月20日

@sakunary

鈴木法仁@sekaishi_suzuki

昔は期末試験終了後数日間「自宅学習」があり、採点・成績・通知表データ作成まで一気に一貫連携仕事できました。これが消滅した時のことを私は覚えています。理由は「授業時数を増やして学力向上を」(それなら大賛成)ではなく「教員どもがラクしてるから授業でもさせろ」でした。ホントです。 twitter.com/wakateowl/stat

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 10:30:49

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

そういやブラタモリって絶対に、社会政治学的地理学には踏み込まないよな。京都来た時も、もうちょい行けば同和地区や朝鮮人学校があるのになーと思いながら見てた。「狭隘地に住んでいる歴史的背景とは何か…」とかやったら面白かったのに。

posted at 09:57:02

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

3回生でゼミに来てから、地域に入らせようと思っても、理論的・方法論的学習とで時間的に両立しづらい。そうでなくてもサークルやバイトは指導的な立場になったり、公務員試験の勉強やインターンシップやらで、忙しい。

posted at 09:49:18

11月20日

@sakunary

考えるイヌ@sakunary

今年の2回生、フィールドワーク系の演習授業で地域の人にどっぷりお世話になって、来年も続けて調査して地域に貢献したい、と何人かがゼミに来てくれそう。理想的な形。

posted at 09:45:05

11月20日

@sakunary

Podoron@podoron

英語教育と格差、文化資本

日本での英語教育で、経済格差と文化資本の差の教育観への影響の仕方が異なることを実証的に示した研究。
英語を習わせ「受験・仕事に役立つ」事を期待するのは経済格差が影響するが、高学歴の親ほど「外国・異文化への興味をもつ」事を期待する。1/news.yahoo.co.jp/byline/terasaw

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 09:24:04

11月20日

@sakunary

たけださん@tomatoha831

英語の聞き取りが苦手で、日本語なら大丈夫なのにどうして...と考えていたが、日本語で会話しているときは一言一句完璧に聞き取ろうとしていないことに気づいた。そこで英語でも完璧に聞き取ろうとするのをやめてみたら、なんと全く聞き取れなくなった。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 08:49:52

11月20日

@sakunary

desean takahashi@desean97

昨日、世界中を回っている文化人類学の同僚が「日本人って、なんでこんなに他人に厳しいんですかね」という話をされた。特にお年寄りとか、子供(連れ)とか、障害者に、本当に厳しいと。見て見ぬふりするどころか、舌打ちすらしてると。耳が痛い。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 08:49:10

11月20日

@sakunary

青木文鷹@FumiHawk

(図の文字が間違ってたので訂正して再TW) よくよく考えたら、文系学部不要論の根幹は『大学は高等教育と研究する為の機関なのに税金使って企業の為に即戦力育てるんじゃねぇよ』と『別に学問なんてどうでもいいけど、大卒じゃないと就職できねぇし…』のコンボな気がした__ pic.twitter.com/gKXauRVpwI

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 08:15:53

11月20日

@sakunary

shimashima@shima_shimaco08

「夫婦共働きでまじめに働けば何とかなるでしょう。子どもとの生活は贅沢しなくても豊かですから」って言っちゃう行政の下で出産も子育てもしたくない。

Retweeted by 考えるイヌ

retweeted at 07:30:48

このページの先頭へ