情報更新

last update 10/24 14:19

ツイート検索

 

@sasamotoU1
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

Stats Twitter歴
2,755日(2010/04/10より)
ツイート数
44,292(16.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年10月22日(日)7 tweetssource

10月22日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

てなこと考えながら、徹子ロイド出てきた徹子の部屋見てました。現状の人型ロボットは生身の司会の代用にはならない、人間が声を当てて訓練された人形師が動かす人形のほうがまだ自然に感じられる程度のものである。でもそれも視聴者の慣れかもしれないし、将来的にどうなるかはわからない。

posted at 15:19:54

10月22日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

さて、将来的に話し相手するロボットが出てきたとして、そのロボットはおしゃべりしながらろくろを回すであろうか。もちろんそのためには可動する腕と指と話す内容に応じた動きのプログラムが必要になる。それは開発すべきものかそれとも切り捨ててよいものか。そもそも人はなぜ話すとき手が動くのか。

posted at 15:17:05

10月22日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

離してるときについつい動いてしまう両手は、手話してるんならともかく普通は話してる内容に応じて自然に両手があれこれ動いてしまうもんである。しかも、四六時中動いてるわけではない。本人は話してる内容を両手のジェスチャーで補強してるつもりかもしれないが、ほとんどの場合読み取れない。

posted at 15:14:50

10月22日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

もうひとつ。最初に石黒教授と徹子ロボットが並んで座ってるカット見て、さてこの石黒教授はホンモノかどうかなんて見るわけですが、引きカットで写ってるのが生身かそうでないのか見るのに、手足の動作を見てるな、と気付く。話してるときに最近は「ろくろを回す」なんて言いますが、手が動いてるか?

posted at 15:12:52

10月22日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

要約すると、作ったレプリカントを自分そっくりに老いさせるよりも、自分が皺とりしたり肌つや出したり毛染めするほうが簡単で費用もかからないんだって。そらまあそうだわなあ。前に女性ロボットは化粧する人の腕次第でその日の出来が違ってくるなんて話聞いたけど、生身でも日々の鍛錬大事とは。

posted at 15:10:18

10月22日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

徹子の部屋、石黒浩教授出演回というかアンドロイド徹子出演回を録画で見る。2006年製造の自分のレプリカントと写ってる石黒教授に徹子「ロボットは年取りませんよね、どんどん差が出てくるんですか?」「友人に整形外科医がおりますので、自分をレプリカントに寄せていきます」へえー?

posted at 15:07:21

2017年10月21日(土)1 tweetsource

2017年10月19日(木)2 tweetssource

10月19日

@sasamotoU1

ササユリカフェ@夜明け告げるルーのうた展@sasayuricafe

『夜明け告げるルーのうた』をテレビ放映で観た未来の皆様から、
「なんでもっと強く劇場で観ろっておススメしてくれなかったんだ!」とクレームを頂きましたので、念を押して強くおススメしておきます。『夜明け告げるルーのうた』を劇場で観ないと猛烈に後悔しますよ!!まだギリ間に合う!急いで! pic.twitter.com/AEECEivoki

Retweeted by 笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!

retweeted at 20:24:31

2017年10月18日(水)4 tweetssource

10月18日

@sasamotoU1

Kentaro Fukuchi@kentarofukuchi

え…なんで発見された地下空洞に名前がついてないの… 「以後、このチューブを『ヴェルヌトンネル』と名付けます」とかなんとか言わないと、「ヴェルヌトンネル探検隊」とか名乗れないし、「クイズに答えてヴェルヌトンネルへ行こう」キャンペーンもできないし、怪獣が出たときに仮称も付けられない。 twitter.com/moonstation_jp

Retweeted by 笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!

retweeted at 21:12:01

2017年10月17日(火)1 tweetsource

2017年10月13日(金)1 tweetsource

2017年10月12日(木)3 tweetssource

2017年10月11日(水)13 tweetssource

10月11日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

だからって売れ線の作品ばっかり作ろうとすると、作家の独自性が擦り切れてしまう。作家ってのは、他と違う事を求められる職業なので、自分であることを手放したら自分じゃなくなる。最悪、作家でなくなる(笹本の個人的な感覚です)。

posted at 22:34:19

10月11日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

世の中には、作家の思い込みだけの作品、はたまた売るためのポピュラリティだけの作品もいろいろあるが、プロとして、娯楽を提供する戯作者、嘘部としてやっていくつもりなら、両方必要なのよねえ。思い込みが世のニーズと合致してればポピュラリティ、売れ線なんてことは考えなくていいんだけど。

posted at 22:30:51

10月11日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

古い方言だと「ロゴスとパトス」なんて言い方もするが、作品を世に出すには思い込みとポピュラリティが必要である。思い込みは、この作品をどうしても世の中に出したいという作家の心情、ポピュラリティはそれを世の中に売るための手練手管と思ってくださればよい。

posted at 22:27:45

10月11日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

さーすがあ、と思いましたね。確かにそのとおりだ。新谷先生くらいになると分析も明快で納得力半端ない。「自分の作品が読者に、客に、どう受け取られるか」「客はなにを自分に望んでいるか」もちろんそっちばっかり見てちゃ駄目で、「自分はなにを描きたいか、描くべきか」両立させるのがプロである。

posted at 22:18:11

10月11日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

「あいつら才能があるのに、まじめにやれば家くらい建つのに」じゃあなんでそうならないか。仲間内でもっとあいつらのまんが読みたいよおって言ってる彼らに対する、新谷かおるの評価は明快だった。「あいつら、読者に寄り添おうとしない」「読者にわかる言葉で、読者に伝わるように描こうとしない」

posted at 22:13:32

2017年10月10日(火)5 tweetssource

2017年10月09日(月)2 tweetssource

2017年10月07日(土)2 tweetssource

2017年10月06日(金)7 tweetssource

10月6日

@sasamotoU1

笹本祐一@放課後地球防衛軍、新発売!@sasamotoU1

@ogawaissui おれの場合、原稿だけじゃなくて行動記録の日記も多いのでけっこー書けます。取材日記とか、ロケット団の手伝いとか、旅行記録とか。原稿については、締め切りが近ければ打率上がります。あと、飛行機の中とか他になにも出来ない場所だと成功率上がります。

posted at 12:02:39

2017年10月04日(水)1 tweetsource

2017年10月03日(火)3 tweetssource

このページの先頭へ