情報更新

last update 09/21 09:12

ツイート検索

 

@satoruishido
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@satoruishido

石戸諭(Ishido Satoru)@satoruishido

Stats Twitter歴
2,565日(2010/09/14より)
ツイート数
27,830(10.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年09月21日(木)3 tweetssource

2017年09月20日(水)19 tweetssource

18時間前

@satoruishido

ichihara chiyoko@keijihaha

@satoruishido ありがとうございます。”リスクと生きる、死者と生きる”が手に入ったので読み始めていて、本日も娘の付き添いの合間に読もうと思って病院に持参していたのですが全く読めなくて…読み進める中で感じることや思うことが多々ありまた読み終わりましたら連絡しますね。でもしばらくは上の孫の係ですが。

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 21:24:56

9月20日

@satoruishido

Kan Kimura (on DL)@kankimura

えとね、日本政府がね、9月末から10月に選挙を考えている、という事はね、たぶんね、その辺にね、何もないと考えてるんだと思うんだよね。それからね、すぐにね、戦争が始まると思っている人はね、日本の外には、そんなにいないと思うんだ。

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 09:43:50

9月20日

@satoruishido

山内 明子@akiko0912

今日からの通勤読書、石戸諭著『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房、2017年刊)。東日本大震災、福島原発事故後、取材したことをSNS等で誠実に発信を続けている、その姿勢に注目してきた。2011年からもう6年半か。

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 08:48:45

2017年09月19日(火)22 tweetssource

9月19日

@satoruishido

亜紀書房@akishobo

「新潮」10月号に『リスクと生きる、死者と生きる』著者の石戸諭さんによる記事「ネット時代の〈ニュース〉とは何か」が掲載されています。“声を聞くこと、それもどこまでも個的に語られる彼らの言葉を聞くことで浮かび上がってくるものに、彼らが発する光に可能な限り接近したかった”【営業部】 pic.twitter.com/bwrbfxI2gQ

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 23:02:31

9月19日

@satoruishido

石戸諭(Ishido Satoru)@satoruishido

そういえば、昨日、あそうかもさん@aso_kamo と初めてお会いした。昔から会いたいと思っていたので、とても嬉しかった。たぶん、お互い初対面の印象は「書いてるものからイメージする本人と違うなぁ」だったに違いない!(と、勝手におもってます)

posted at 15:40:40

9月19日

@satoruishido

新潮クレスト・ブックス+海外文学編集部@crestbooks

[BuzzFeed Japan]温又柔さんインタビュー
ジュンパ・ラヒリ、イーユン・リー、テジュ・コールへの言及もあります。
【芥川賞選考に広がる波紋 本当に「日本人には対岸の火事」? 作家が込めた思いに迫る】(石戸諭)
www.buzzfeed.com/jp/satoruishid

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 12:00:09

9月19日

@satoruishido

ヤマブン姉妹@yamabunsisters

人の行き来がこんなにもありがたいこと、素晴らしいことだと、この度参加させていただき、来ていただく側としてとても実感いました。もちろん皆さん本当に良い方ばかりだったというのもあると思います。
ご興味があれば、野馬追にもぜひお越しください! twitter.com/satoruishido/s

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 10:40:17

9月19日

@satoruishido

永田泰大(ほぼ日)@1101_nagata

じっくり一人で仕上げて一人に届ける静的なコンテンツと、その日のためにみんなで組み上げて大勢で集まってたのしむ動的なコンテンツ。読み物とイベント、商品と売場、遠距離と近距離、両方があることが、両方をうまく回していく。負荷はかかるけど、たまらなくおもしろい。

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 09:05:54

9月19日

@satoruishido

山極壽一 京都大学総長の名言bot@yamagiwa_j_bot

日本の国立大学の法人化以降の失敗は、組織同士で競争させ、組織にお金を付けてきたことです。発想というのは個人のものであり、組織に埋め込んでしまっては駄目なんです。自分の研究を抑制してでも組織に尽くさないといけなくなり、いい研究を圧殺する結果になる。

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 09:00:52

9月19日

@satoruishido

北條一浩@akaifusen

石戸諭さんの『リスクと生きる 死者と生きる』(亜紀書房)、スローペースで読んでる。148ページでもうたまらなくて涙。ああ、お父さんは見つけちゃうんだ。見つけることができるんだ。すごいよ。手紙がまたすごい。でもどうしてこんな目に遭わなければならないのか。

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 08:47:16

2017年09月18日(月)19 tweetssource

9月18日

@satoruishido

温又柔@WenYuju

その名もふくめて、きらきら輝いている。パパとママのどちらかがニッポン人じゃない子、おじいちゃんやおばあちゃんの代に来日した家族の子、ずーっとニッポンにいる子も……希子ちゃんに憧れてるひとは絶対いっぱいいる!これからも活躍してほしい♡
www.google.co.jp/amp/m.huffingt

Retweeted by 石戸諭(Ishido Satoru)

retweeted at 19:55:16

9月18日

@satoruishido

石戸諭(Ishido Satoru)@satoruishido

@Yano_Akiko ありがとうございます!『リスクと生きる、死者と生きる』は、あの日から何かを取り戻そうとする個人や、何かを語ろうとする個人の言葉に寄った本です。矢野さんの音楽をかけながら赤字入れてた箇所もあります。読んでいただけて嬉しいです。

posted at 18:30:31

このページの先頭へ