情報更新

last update 06/27 12:13

ツイート検索

 

@satoshifujiibot
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

  • 164フォロー
  • 950フォロワー
  • 35リスト
Stats Twitter歴
869日(2015/02/10より)
ツイート数
25,837(29.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月27日(火)12 tweetssource

11時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

交通インフラが国民のあらゆる交流・社交・コミュニケーションを促し、経済と社会を活性化し、国力の増進をもたらすことは明白なのだ。むしろ我が国の「失われた二十年」は、インフラ論を正々堂々と語ることを辞めたことの必然的帰結としか言いようがないものなのである。「超インフラ論」

posted at 11:41:48

12時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

もうちょっと、今の日本人は、「ナントカとミソを同じに扱うようなデタラメな発言」に対しては、目くじらを立てて怒るようになっておかないと、トンデもない事になってしまうでしょう。「政の哲学」

posted at 11:30:16

12時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

哲人は、政治なんて大っ嫌いなんだけど、この世のおぞましさを見るに見かねて、自分だけしか正しい道を指し示してやることができないーと感じて、「嫌なんだけど、しゃあないー、死ぬほど嫌なんだけど、万やむを得ずしゃあないなぁ…」と考えて、政治の現場に降り立っていくわけです。「政の哲学」

posted at 11:01:04

13時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「目標の転移」が生じているだけでも国家的棄損が進む中,明確な悪意がそれを主導したとすればその破壊はこれまでとは異なる超絶なスピードで進行することは避けられません.これから何ができるのか心あるすべての日本人一人一人にそれが問われていますgoo.gl/QLw8PF

posted at 09:41:52

14時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

【藤井聡】国の出先機関を廃止して良いの?~地方整備局と広域連合~
「明確に地方整備局があれば助かる命が、地方整備局がなければ死ぬ命が絶対にあるんですよ。
と言うことは、整備局を解体するということは人殺しと同じなんですよ。」 youtu.be/pc8Q0-qPLNc

posted at 09:01:28

15時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

熟成した議論が成立するためには、その議論に参加する人々全員が一定程度の認知的複雑性と誠実性の両者を持たねばならないのです。いずれか一方でも欠けてしまえば、そして、そういう人々がその議論にたった一人参画しているだけでも、真っ当な議論というものは成立しない(三橋経済新聞)

posted at 08:01:40

16時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

プラグマティズムの作法 
一つに、何事に取り組むにしても、その取り組みにはいったいどういう目的があるのかをいつも見失わないようにする。
二つに、その目的が、お天道様に対して恥ずかしくないものなのかどうかを、常に問い続けるようにする。

posted at 07:30:29

17時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

デモクラシーが正常に機能するためには、ウソをつく政治家は絶対に許さない」という気質が世間に充満していなければならない。さもなければそのデモクラシーは猛毒を発する恐ろしい政治制度に豹変するのだ。「デモクラシー×ウソ」は「毒」なのである。goo.gl/JE1nrX

posted at 05:41:43

19時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

僕のイメージする物語はこうなんです。これから大地震が来る。ならびにグローバル恐慌がひどくなってくる。日本という国家が非常に大きな危機にさらされる。だから、この危機に対して生き延びていくために強靭になりましょう、と。「日本破滅論」

posted at 03:41:48

21時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

政治家に対する批判を一切含まない政治的議論なんてありえない。褒めることもあるのかもしれませんが、批判することも当然あるわけです。批判を封じるのは、「政治について議論するのはやめろ。日本人は政治をしなくてもいい。政治は俺だけがする」と言っているに等しいですよ。「日本破滅論」

posted at 01:41:44

2017年06月26日(月)33 tweetssource

23時間前

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

そもそも全体主義は、それが全体主義である以上、必ず「破滅」へと結びつきます。言うまでもなく、「思考停止」に陥った人々は、目をつむりながら高速道路を運転するドライバーのごとく、破滅以外の結末を迎えることはできないのです。goo.gl/A5LjEU

posted at 23:41:56

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

困難の中でそれにきちんと向かい合いながらしっかりと頑張って生きていく。しかも皆と手を携えてその土地と共に生きていく。その姿が崇高なんですね。人間とはそもそも何なのかという非常に原理的なところに土木が結びついているんですよ。 youtu.be/hqDze0Bu5HM

posted at 23:30:31

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

政治というのは、言葉があって初めて成立するものです。そして言葉というのは、常に、未来の某かを約束する側面を持ちます。だからこそ全ての「いい加減な言葉」は「約束を破る」という側面を持ちます。したがって「いい加減な言葉」を吐く人間は「全員」構造的に「詐欺師」と同じなのです。

posted at 22:02:24

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

石に噛り付いてでも、まちを良くしたろう、この国を良うしたろうと思うて努力し続けるんですよ。そうすると大阪とか関西とか蘇らないわけないじゃないですか。絶対蘇りますよ。何故か。蘇るまで頑張るんですよ。キレてブチッと潰したらあかんのですよ。goo.gl/i47EJq

posted at 21:42:04

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

いかなる実践の場においても、その実践が関わる「現場」の人々の暮らしや地域のあり方、国のあり方にとって何が望ましい姿なのかを不断に問い続け、それに資する「知」とは何かを考え続ける姿勢を保たねばならないのである。『強靭化の思想 第4章 新たな「国民の物語を紡げ」』

posted at 20:02:57

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

何があろうとも生き続ける事を止めるわけには行かないという当然の道理を飲み込みつつ、この世界の「複雑さ」と「残酷さ」から目を背けずに、それでもめげずに強靭にたくましく、日々の最善を尽くし続けられる精神の力量を持ち続けられん事を心から祈念し続けたいと思います。-三橋経済新聞

posted at 19:30:37

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「真剣に生きよ、そして自らの内に真剣ならざるものが見いだされたのならそれを恥じ、真剣に生きる他者に敬意を表しつつ、より真剣に生きんと決意し続けよーー」プラグマティズムの作法

posted at 18:30:35

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

政府の方針を批判するのは大変結構。しかし、それが適正な批判でなければ、帰って日本は滅茶苦茶になってしまう」-公共事業が日本を救う-

posted at 18:02:55

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「強靭化」を志す者は,まずはこの地平に一旦は降り立ち,そこで考えあぐねた「独立自尊」を軸に据えた思想でもって,それぞれの現場の脆弱性と戦い,強靭化を果たす国民運動を全面的に展開せねばならぬのではないか....と思います.urx2.nu/he68

posted at 17:30:29

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

我々のこの近代文明は、「大衆化」という重篤な病に冒されている。その病は、人々の欲情と刺激以外のあらゆる価値を否定する。『大衆社会の処方箋』

posted at 17:01:39

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

寛容は美徳だとは言われますが、それも時と場合によります。「過剰な寛容」は、邪悪の横行をもたらす「巨悪」の一種なのです。「政の哲学」

posted at 16:30:23

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

万人にとって絶対にできない事の一つは、自身の理性に基づく主張が正しいということを自身の理性だけでもって証明することです。なぜならその主張は彼の理性の「全て」を投入した上でなされたからです。『〈凡庸〉という悪魔』

posted at 15:41:58

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

つまり、我々は、競争なんてなくたって、
真っ当なことを、いくらでもできる存在なのであって、
それが、現実の人間の姿なのです。
つまり、我々人間は、
彼等のモデルが仮定するような完璧なる
利己的存在
なのではなく、多かれ少なかれ、
倫理的存在
でもあるわけです。(三橋経済新聞)

posted at 15:02:14

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

政治家という存在は、
彼を応援する国民が居なければ
政治的な権限は得られないわけですから、
特定の政治家を応援するのも、
また逆に批判するのもまた、
メッチャメチャに重要な「政治活動」だ、
なんてのは当たり前の話ですよね。urx2.nu/he6J

posted at 13:01:32

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「俺らもうあかん、何やってもあかんねん…だけど、だからこそより一層がんばろう!」というような、どこか晴れ晴れとするようなニヒリズムもある。
つまりニヒリズムを超絶に受け止めて、全て飲み込んで、虚無の中で、虚無だからこそ全てを出し尽くそう、という発想が立ち現れる事もある「政の哲学」

posted at 12:15:11

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

もうちょっと、今の日本人は、「ナントカとミソを同じに扱うようなデタラメな発言」に対しては、目くじらを立てて怒るようになっておかないと、トンデもない事になってしまうでしょう。「政の哲学」

posted at 11:30:17

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

哲人は、政治なんて大っ嫌いなんだけど、この世のおぞましさを見るに見かねて、自分だけしか正しい道を指し示してやることができないーと感じて、「嫌なんだけど、しゃあないー、死ぬほど嫌なんだけど、万やむを得ずしゃあないなぁ…」と考えて、政治の現場に降り立っていくわけです。「政の哲学」

posted at 11:01:20

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

国土は国民にとって単なる「住処」であると同時に「生家」であり「故郷」「古里」でもあります。そしてそれは、宗教の種別や有無にかかわらず、「その地に根を張る人々」(国民)全員にとって、何らかの意味において「聖なる地」なのです。goo.gl/H6RocG

posted at 09:42:05

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

【藤井聡】国の出先機関を廃止して良いの?~地方整備局と広域連合~
「明確に地方整備局があれば助かる命が、地方整備局がなければ死ぬ命が絶対にあるんですよ。
と言うことは、整備局を解体するということは人殺しと同じなんですよ。」 youtu.be/pc8Q0-qPLNc

posted at 09:01:31

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

熟成した議論が成立するためには、その議論に参加する人々全員が一定程度の認知的複雑性と誠実性の両者を持たねばならないのです。いずれか一方でも欠けてしまえば、そして、そういう人々がその議論にたった一人参画しているだけでも、真っ当な議論というものは成立しない(三橋経済新聞)

posted at 08:01:55

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

プラグマティズムの作法 
一つに、何事に取り組むにしても、その取り組みにはいったいどういう目的があるのかをいつも見失わないようにする。
二つに、その目的が、お天道様に対して恥ずかしくないものなのかどうかを、常に問い続けるようにする。

posted at 07:30:31

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「日本は国それ自体が破綻するかもしれないのだから、被災地への支援は国が破綻しないように慎ましやかなものにしなきゃいかんのだ!」なんて言うのは、一見、道徳者ぶっているにも関わらず、結局は、凄まじい「不道徳者」としか言えないのではないか goo.gl/WOzr5u

posted at 03:41:50

6月26日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

交通インフラが国民のあらゆる交流・社交・コミュニケーションを促し、経済と社会を活性化し、国力の増進をもたらすことは明白なのだ。むしろ我が国の「失われた二十年」は、インフラ論を正々堂々と語ることを辞めたことの必然的帰結としか言いようがないものなのである。「超インフラ論」

posted at 01:41:46

2017年06月25日(日)34 tweetssource

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「目標の転移」が生じているだけでも国家的棄損が進む中,明確な悪意がそれを主導したとすればその破壊はこれまでとは異なる超絶なスピードで進行することは避けられません.これから何ができるのか心あるすべての日本人一人一人にそれが問われていますgoo.gl/QLw8PF

posted at 23:41:59

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

困難の中でそれにきちんと向かい合いながらしっかりと頑張って生きていく。しかも皆と手を携えてその土地と共に生きていく。その姿が崇高なんですね。人間とはそもそも何なのかという非常に原理的なところに土木が結びついているんですよ。 youtu.be/hqDze0Bu5HM

posted at 23:30:35

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

政治というのは、言葉があって初めて成立するものです。そして言葉というのは、常に、未来の某かを約束する側面を持ちます。だからこそ全ての「いい加減な言葉」は「約束を破る」という側面を持ちます。したがって「いい加減な言葉」を吐く人間は「全員」構造的に「詐欺師」と同じなのです。

posted at 22:02:30

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

いかなる実践の場においても、その実践が関わる「現場」の人々の暮らしや地域のあり方、国のあり方にとって何が望ましい姿なのかを不断に問い続け、それに資する「知」とは何かを考え続ける姿勢を保たねばならないのである。『強靭化の思想 第4章 新たな「国民の物語を紡げ」』

posted at 20:02:48

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

デモクラシーが正常に機能するためには、ウソをつく政治家は絶対に許さない」という気質が世間に充満していなければならない。さもなければそのデモクラシーは猛毒を発する恐ろしい政治制度に豹変するのだ。「デモクラシー×ウソ」は「毒」なのである。goo.gl/JE1nrX

posted at 19:42:02

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

何があろうとも生き続ける事を止めるわけには行かないという当然の道理を飲み込みつつ、この世界の「複雑さ」と「残酷さ」から目を背けずに、それでもめげずに強靭にたくましく、日々の最善を尽くし続けられる精神の力量を持ち続けられん事を心から祈念し続けたいと思います。-三橋経済新聞

posted at 19:30:34

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「真剣に生きよ、そして自らの内に真剣ならざるものが見いだされたのならそれを恥じ、真剣に生きる他者に敬意を表しつつ、より真剣に生きんと決意し続けよーー」プラグマティズムの作法

posted at 18:30:38

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

政府の方針を批判するのは大変結構。しかし、それが適正な批判でなければ、帰って日本は滅茶苦茶になってしまう」-公共事業が日本を救う-

posted at 18:03:42

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

僕のイメージする物語はこうなんです。これから大地震が来る。ならびにグローバル恐慌がひどくなってくる。日本という国家が非常に大きな危機にさらされる。だから、この危機に対して生き延びていくために強靭になりましょう、と。「日本破滅論」

posted at 17:41:53

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「強靭化」を志す者は,まずはこの地平に一旦は降り立ち,そこで考えあぐねた「独立自尊」を軸に据えた思想でもって,それぞれの現場の脆弱性と戦い,強靭化を果たす国民運動を全面的に展開せねばならぬのではないか....と思います.urx2.nu/he68

posted at 17:30:29

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

我々のこの近代文明は、「大衆化」という重篤な病に冒されている。その病は、人々の欲情と刺激以外のあらゆる価値を否定する。『大衆社会の処方箋』

posted at 17:01:38

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

寛容は美徳だとは言われますが、それも時と場合によります。「過剰な寛容」は、邪悪の横行をもたらす「巨悪」の一種なのです。「政の哲学」

posted at 16:30:20

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

政治家に対する批判を一切含まない政治的議論なんてありえない。褒めることもあるのかもしれませんが、批判することも当然あるわけです。批判を封じるのは、「政治について議論するのはやめろ。日本人は政治をしなくてもいい。政治は俺だけがする」と言っているに等しいですよ。「日本破滅論」

posted at 15:42:03

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

つまり、我々は、競争なんてなくたって、
真っ当なことを、いくらでもできる存在なのであって、
それが、現実の人間の姿なのです。
つまり、我々人間は、
彼等のモデルが仮定するような完璧なる
利己的存在
なのではなく、多かれ少なかれ、
倫理的存在
でもあるわけです。(三橋経済新聞)

posted at 15:02:01

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

そもそも全体主義は、それが全体主義である以上、必ず「破滅」へと結びつきます。言うまでもなく、「思考停止」に陥った人々は、目をつむりながら高速道路を運転するドライバーのごとく、破滅以外の結末を迎えることはできないのです。goo.gl/A5LjEU

posted at 13:41:55

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

政治家という存在は、
彼を応援する国民が居なければ
政治的な権限は得られないわけですから、
特定の政治家を応援するのも、
また逆に批判するのもまた、
メッチャメチャに重要な「政治活動」だ、
なんてのは当たり前の話ですよね。urx2.nu/he6J

posted at 13:01:31

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

「俺らもうあかん、何やってもあかんねん…だけど、だからこそより一層がんばろう!」というような、どこか晴れ晴れとするようなニヒリズムもある。
つまりニヒリズムを超絶に受け止めて、全て飲み込んで、虚無の中で、虚無だからこそ全てを出し尽くそう、という発想が立ち現れる事もある「政の哲学」

posted at 12:15:10

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

石に噛り付いてでも、まちを良くしたろう、この国を良うしたろうと思うて努力し続けるんですよ。そうすると大阪とか関西とか蘇らないわけないじゃないですか。絶対蘇りますよ。何故か。蘇るまで頑張るんですよ。キレてブチッと潰したらあかんのですよ。goo.gl/i47EJq

posted at 11:41:52

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

もうちょっと、今の日本人は、「ナントカとミソを同じに扱うようなデタラメな発言」に対しては、目くじらを立てて怒るようになっておかないと、トンデもない事になってしまうでしょう。「政の哲学」

posted at 11:30:16

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

哲人は、政治なんて大っ嫌いなんだけど、この世のおぞましさを見るに見かねて、自分だけしか正しい道を指し示してやることができないーと感じて、「嫌なんだけど、しゃあないー、死ぬほど嫌なんだけど、万やむを得ずしゃあないなぁ…」と考えて、政治の現場に降り立っていくわけです。「政の哲学」

posted at 11:01:10

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

【藤井聡】国の出先機関を廃止して良いの?~地方整備局と広域連合~
「明確に地方整備局があれば助かる命が、地方整備局がなければ死ぬ命が絶対にあるんですよ。
と言うことは、整備局を解体するということは人殺しと同じなんですよ。」 youtu.be/pc8Q0-qPLNc

posted at 09:01:32

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

熟成した議論が成立するためには、その議論に参加する人々全員が一定程度の認知的複雑性と誠実性の両者を持たねばならないのです。いずれか一方でも欠けてしまえば、そして、そういう人々がその議論にたった一人参画しているだけでも、真っ当な議論というものは成立しない(三橋経済新聞)

posted at 08:01:44

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

プラグマティズムの作法 
一つに、何事に取り組むにしても、その取り組みにはいったいどういう目的があるのかをいつも見失わないようにする。
二つに、その目的が、お天道様に対して恥ずかしくないものなのかどうかを、常に問い続けるようにする。

posted at 07:30:28

6月25日

@satoshifujiibot

藤井聡名言集@satoshifujiibot

万人にとって絶対にできない事の一つは、自身の理性に基づく主張が正しいということを自身の理性だけでもって証明することです。なぜならその主張は彼の理性の「全て」を投入した上でなされたからです。『〈凡庸〉という悪魔』

posted at 05:41:46

このページの先頭へ