Twilog

 

@spearsden

和田浩明/Hiroaki Wada@spearsden

Stats Twitter歴
1,640日(2011/02/06より)
ツイート数
92,570(56.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2015年08月03日(月)175 tweetssource

5時間前

@spearsden

あふらん(アイコンに偽りあり)@pinwheel007

このツイをしたら、冷笑のような@が来ました。東電に対する怒りは怒り。でも、今、廃炉に向けて作業している人たちへの感謝は感謝。私の中では矛盾しない。廃炉に向けて前進することがうれしくない人たちがいるのですね。残念なことです。
twitter.com/pinwheel007/st

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 12:14:01

5時間前

@spearsden

フォーリン・アフェアーズ・ジャパン@foreignaffairsj

アメリカの知的資本の根幹が揺るがされている。政府機関は、研究助成全般を縮小するとともに、米国家安全保障に関連がある(と彼らが考える)領域に助成を限定しつつある。いまやアカデミックな研究は政治的な「文化戦争」の標的にされている。
bit.ly/1KsZsco FAR

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 12:12:20

5時間前

@spearsden

山猫 だぶ(育児中)@fluor_doublet

ニワカ評論家が跳梁跋扈し、ホンモノの専門家にからんだ挙句、プロはあきれていなくなってしまい、周囲が貴重なプロの情報や視点を拝聴する機会を失ってしまう。こういうのをずいぶん見てきた。プロの活動ステージはウェブではないので、時間を割く意味が無ければいなくなる。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 12:07:10

5時間前

@spearsden

Ishimaru Jiro@ishimarujiro

今日の磯崎首相補佐官の参考人質疑もNHKは放送予定なし。どうかしていると思っていたところ、東大の醍醐聰さんよりご連絡。
「NHK視聴者センター(0570-066-066)に磯崎補佐官の参考人招致を含む今日13時からの参院特別委を中継するよう、意見発信をお願いします」

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 12:06:53

5時間前

@spearsden

かすとるちゃん@castormercury

安保法に反対でも反原発でもいいと思うんだよ。
むしろ反対意見が言えないような世の中じゃ困る。
心配してるのはね、得体の知れない団体に傾倒してしまうことなんだよ。
必ず利権や金や政治利用なんかが絡んでるんだから。
学生ちゃん、ホント変な団体に傾倒したり入ったりしないでよ。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 11:56:26

5時間前

@spearsden

炒飯@GENTHALf

冨永 格(@tanutinn) が、あやまちを認めた時に、ツイート削除、英語、フランス語での訂正ツイートを素早く行ったことは評価しないといけないんだよ。これを正しく評価してあげないと「謝ったって結局損じゃねえか」って開き直られると非常に厄介。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 11:35:10

6時間前

@spearsden

赤城毅@akagitsuyoshi

@RASENJIN 昔、講義でナチズム外交と第二次大戦開戦史をやっていたとき、このくだりになる「893の事務所に連れ込まれたようものですねー」と、たとえを言い添えると、学生諸君はみんな妙に納得していました。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 11:01:35

6時間前

@spearsden

Хаями Расэндзин@RASENJIN

ナチ・ドイツによるチェコスロヴァキア併合の際、ヒトラーと会談したチェコ大統領ハーハは併合要求をつきつけられて気絶したところに強心剤を打たれ、無理矢理併合宣言にサインさせられたという話は「肉体労働者政治家」のなかでもかなりひどい部類に入るエピソードだ。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 11:01:27

7時間前

@spearsden

@xx_kyrie_xx

あと、子供に安易に「他者を一方的に裁く快楽」を教えてはいけないと思うし、それを肯定しちゃいけないと思うのよ。経験値が少ないし視野も狭い子供に、そんなこと覚えさせちゃいけない。
自分が正しいと高揚している時こそ、慎重に違う意見を聞くように教えてあげないといけないのよ、大人は。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 10:18:10

7時間前

@spearsden

片瀬久美子@kumikokatase

高校生を子供扱いするのはどうかと思うけれど、正義感だけで突っ走らずに対立意見も慎重に検討する様に教えるのも周囲の大人の役目でしょうね。若いうちから、政治問題にも関心を持つのは悪いことではないです。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 10:12:32

7時間前

@spearsden

和田浩明/Hiroaki Wada@spearsden

「イランは我々の旗を燃やしている。なぜ核合意を受け入れなければならないのか」という画像つきプロモが、結構RTされている。なりふり構わない感、甚だしい。

posted at 09:54:56

7時間前

@spearsden

松本創@MatsumotohaJimu

前RT>日本っぽいかどうかは知らんけど、おっさんげやなあとは思う。「自分が認める(つまり自分に賛同するような)方向と方法」で若者が政治に関心を持つのはいいが、それ以外だと「嘆かわしい」となる。まあ別に政治どうこうの話に限らんのだろうが。知らんけど。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 09:50:29

7時間前

@spearsden

和田浩明/Hiroaki Wada@spearsden

仮に、日本が核の傘から抜けると明言しても(そして、それはとてつもなくデカイifだけれども)、他の国際的・国内的な環境因子が変わらない限り、米国の核軍縮は進まないでしょ。それを分かっていて…

posted at 09:39:51

8時間前

@spearsden

千葉望@cnozomi

この『AERA』には私も寄稿しました。「ここが私の記憶の灯台」と題し、表参道交差点で創業124年を迎えた山陽堂書店さんについて執筆しました。昭和20年5月25日深夜から26日未明にかけて行われた米軍の「山の手大空襲」はじめ、地域の変化を見守りながら書店を営んできた家族の歴史です。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 09:11:53

10時間前

@spearsden

orangeflower08@orangeflower08

先日、ジンバブエで雄ライオン・セシルが米国人ハンターにより命を奪われるという悲劇が起きたが、「その残された子ライオンたちを、セシルの兄弟が他のライバル・雄ライオンから守っている」という。

www.buzzfeed.com/davidmack/the- pic.twitter.com/CpuVPMcUAh

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 07:23:54

10時間前

@spearsden

山猫 だぶ(育児中)@fluor_doublet

自分がそれに腐心して、あるいは熱中してるからといって、他の人がそうかというと、ちっともそうではなかったりするのね。こういうことはよくあって、人の気持ちを汲んで考えないとこの断絶に気付けない。自己中心的発想は他人を下に見るから、いよいよこの傾向が強くなるものらしい。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 07:23:34

10時間前

@spearsden

山猫 だぶ(育児中)@fluor_doublet

およその人は自分の経験や知見を基準に他人を判定するから、知らず知らずのうちに「オレもそうなんだから相手もそうに違いない」という落とし穴に落ちがちなものらしい。でも、実はそんなことはない。理解の範疇を超える話も相手もいっぱいある。視野狭窄が進むと、それに気づかない。不幸な話だ。

Retweeted by 和田浩明/Hiroaki Wada

retweeted at 07:23:30

10時間前

@spearsden

和田浩明/Hiroaki Wada@spearsden

「アメリカの核軍縮の足を日本がひっぱっている」という主張、それはご自由だが…。同盟国の防衛だけが、核保有の理由ではない。世界最大級の核兵器国には、核軍縮の「特別な責任」がある。それは彼らが認めていることでしょう。日本の世論を動かそうとして罪悪感を煽る手法は、私は共感できない。

posted at 07:03:17

このページの先頭へ