情報更新

last update 11/24 17:23

ツイート検索

 

@take_all_a
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

Stats Twitter歴
2,960日(2009/10/19より)
ツイート数
31,506(10.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年11月24日(金)21 tweetssource

11月24日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

しかし、春日原住宅地区だけでは需要を賄いきれず、周辺にも米軍将兵用の住宅が多数建設された。1972・S47年に春日原住宅地区が返還された後、地区内の建物は解体されたが、周辺の住宅は一定数が現存している(推定で50戸程度)。企画展はこの周辺の方を紹介するもの。 pic.twitter.com/c5BSuK8VbU

posted at 00:00:37

11月24日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

なお、春日原住宅地区の跡地は春日市役所や公園、公団(現UR)住宅、航空自衛隊春日基地などになっている。画像は「今昔マップ」のキャプチャで、左は1967〜1972年の地形図、右は現在。この画面のURL ktgis.net/kjmapw/kjmapw. pic.twitter.com/lW1V5W3eg1

posted at 00:05:02

11月24日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

大野城市に現存する比較的原形を維持している米軍ハウスの模型。木造平屋建て、モルタル塗り、切妻屋根、セメント瓦葺き、掃き出し窓が無い、出窓を設ける、室内も土足、といった特徴がある。 pic.twitter.com/ZfJ3hCXAB8

posted at 00:15:46

11月24日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

会場のキャプションによると左の柱は給水塔とのこと。おそらく頂部にタンクが載っていたのだろう。こういう周辺の米軍ハウスは、あくまでも春日原住宅地区に入るまでの仮住まいだった。基地の組織「オフベースハウス課」が要請して土地所有者(日本人)が建設した。図面は米軍側が提供したようだ。 pic.twitter.com/HZdP0dioX1

posted at 00:28:26

11月24日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

米軍ハウスは旧来の日本家屋と比べるとグレードが高かった。これらを各地に建設させられたことが、国内産業の復興や技術の進展に寄与したという。この辺の話は『占領軍住宅の記録』(小泉和子・内田青蔵・高薮昭、住まいの図書館出版局)が詳しい。

posted at 00:39:20

11月24日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

完成した米軍ハウスの外壁には IAB の符号と番号が記された。IAB は Itazuke Air Base(板付基地)の略。現存住宅でもこの表記はほとんど残っていない。なお、春日原住宅地区は Itazuke Air Base Annex 。 pic.twitter.com/N7yLgvK6yh

posted at 00:50:40

11月24日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

私も数年前に春日市の米軍ハウスを見に行ったことがあるが、下調べせずに行き当たりばったりで歩いたので、あまり発見できなかった。ネットで照合すると、この住宅は米軍ハウスで間違いないようだ。 pic.twitter.com/jewBszkYas

posted at 00:58:24

13時間前

@take_all_a

木村岳人@kimuratakehito

琵琶湖疏水を船で下る試乗会に参加してきました。風が強くて少し寒かったですが、めっちゃ楽しかったです。疏水沿いの紅葉もキレイ。来年度から事業開始とのことで、桜のシーズンはもっと素晴らしいのでしょうな。 pic.twitter.com/6wY6QKjReL

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 14:02:07

13時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

>RT 有名住宅のコピーは前例がないわけではない。レーモンドの住宅は私が知る限り3件のコピーが国内に存在する。井上邸(群馬)、津端邸(愛知)、医療福祉施設(佐賀)。

posted at 14:37:33

12時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

また、大分大学建築学コースが学内に「白の家」「住吉の長屋」「イームズ邸」を再現している。そう、住吉の長屋は既にコピーがあるのだ。もっとも、教材としてあえて未完成部分を残しているらしいが。

posted at 14:44:18

12時間前

@take_all_a

@884si

@take_all_a レーモンドが3つもコピーされてるのは凄いですね!私からは伊東豊雄建築ミュージアムのシルバーハットもあげさせていただきます。

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 15:06:50

12時間前

@take_all_a

@884si

@take_all_a セルフコピーの場合は移築したかったけどコスト的技術的に断念して再建。というパターンもあるかと思います(シルバーハットについて聞いた話)

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 15:15:15

2017年11月23日(木)18 tweetssource

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

11月23日

@take_all_a

エヌビー@enuenuenubi

山口県の最狂トンネル、佐波川トンネル。触れるもの皆傷つける、思春期の精神性をそのまま具現化したかのような尖りに尖ったトンネルである。検索しても心霊スポット以外の情報が全く出てこない。なんでこんな風になったんだ。 pic.twitter.com/MsoMC6DUq2

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 19:35:29

11月23日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

九州大学箱崎キャンパス(福岡市東区)の近くにある同大の集会施設で近代和風建築の「三畏閣」について、一般公開が近々行われる予定との情報をキャッチしました。解体は不可避の情勢につき、おそらく最後の機会です。詳細が分かり次第、改めてお知らせします。 www.kyushu-u.ac.jp/ja/university/

posted at 21:51:00

11月23日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

先日、「米軍ハウスの世界 〜あのころ、春日のまちにアメリカがあった〜」を見てきた。福岡県春日市や大野城市に現存するかつての駐留米軍の将兵用住宅に関する企画展だ。主催:春日ベース・ハウスの会、会場:春日市奴国の丘歴史資料館、会期:2017/11/4〜23。 #米軍ハウス pic.twitter.com/efxIhST0O4

posted at 23:57:31

11月23日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

歴史を簡単に説明すると、戦前から戦中、春日市に小倉造兵廠春日製造所という軍需工場があった。戦後、進駐軍(米軍)がここを接収して板付基地のための住宅地区(春日原住宅地区)にした。板付基地とは旧陸軍席田(むしろだ)飛行場を米軍が接収した後の名称で、現在の福岡空港である。 pic.twitter.com/jHJ5Gkjk25

posted at 23:58:15

2017年11月22日(水)12 tweetssource

11月22日

@take_all_a

desean takahashi@desean97

9月に北京の大学から来た留学生、「日本に来て久々に現金に触りました!」「寮に暖房がないので、こんなに寒い冬は久しぶりです!」等々、中国の一昔前の生活を日本で満喫している模様。

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 17:49:27

11月22日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

例のクリスマスツリーの件で、21世紀の日本にプラントハンターを名乗る人がいることに、けっこう驚いた。もともとは17〜20世紀に世界中で植物の苗や種子を採集してヨーロッパに持っていった人達のこと。今は検疫や自然保護、乱獲防止の問題などいろいろ複雑だと思うけど。

posted at 18:10:43

11月22日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

かつてのプラントハンターの活躍で植物学が進展したのは事実。ロンドンのキュー植物園のコレクションも彼らが集めた。ただ、現代社会においてそれを名乗るのは危ういよね。無自覚なのか、意図的なのか。

posted at 18:19:01

このページの先頭へ