Twilog

 

@tigers_1964

Ryusuke IMURA@tigers_1964

Stats Twitter歴
2,534日(2010/05/24より)
ツイート数
58,834(23.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年04月30日(日)17 tweetssource

2017年04月29日(土)62 tweetssource

4月29日

@tigers_1964

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

気象庁は、この窪地の外側では「小さな噴出現象」さえ起こらないとゆってるのね。アホか。水蒸気を始めとする火山ガスは窪地の外側ですでに大量に出てる。

Retweeted by Ryusuke IMURA

retweeted at 07:42:04

4月29日

@tigers_1964

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

@tigers_1964 その窪地は、400年前に硫黄山溶岩を流したときの火口だろうが、とても小さい。次の噴火がこの窪地を使うとは思えない。もっと広い範囲に火口が開く可能性が同じようにある。硫黄山の火口という呼び名でこの窪地を指して、それにとらわれるのは、不幸な結果をもたらしそうでいやな感じだ。

Retweeted by Ryusuke IMURA

retweeted at 07:27:13

4月29日

@tigers_1964

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

噴火しなかったら記録はしない。一般に、火山はめったに噴火しないから、(四分割表で考えると)予知なし噴火なしがほとんどだ。予知の評価は、残り3つ(予知あり噴火あり、予知あり噴火なし、予知なし噴火あり)の比率で決める。

Retweeted by Ryusuke IMURA

retweeted at 07:20:52

4月29日

@tigers_1964

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

まあ、とにかく、現時点で気象庁は、霧島山えびの高原で噴火が起こりそうだとは言ってない。このことは、はっきりさせておく。(結果責任はとってね)

Retweeted by Ryusuke IMURA

retweeted at 07:20:38

4月29日

@tigers_1964

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

気象庁が使う「規模」は災害の大きさだ。火山の振る舞いはいっしょでも、道路が渋滞して車が数珠つなぎになっていれば被害は大規模になる。きのうまでは小規模でも、今日からの大型連休中に起これば大規模になるんだけど。3年前の御嶽山で気象庁は学習したかと思ったけど、まだなのね。

Retweeted by Ryusuke IMURA

retweeted at 07:20:34

4月29日

@tigers_1964

Ryusuke IMURA@tigers_1964

1317mの尾根筋を連ねて下さい。1317mの点は南東火口縁にあたる。噴気の1番激しいところは、この点から7.5時の方向、50mのところ。なお硫黄山から1kmを言う時の中心は、硫黄山火口の中心ではなく、この1317mの点。 pic.twitter.com/XKZm64Xghp

posted at 07:18:56

4月29日

@tigers_1964

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

気象庁はこう言ってる。「火口内では、火山灰、噴気、火山ガス等の規模の小さな噴出現象が突発的に発生し、硫黄山南西側にある登山道などにも影響する可能性があります。 」

「規模の小さな噴出現象」とゆってる。火山灰が噴出したら、噴火ではないのか。ここでも「規模」の特殊な使い方だ。

Retweeted by Ryusuke IMURA

retweeted at 07:04:24

4月29日

@tigers_1964

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

なるほど。火山ガスがたくさん出ているから中毒すると危ないとだけしか認識できてないのか。火山ガス増加は、地面の隆起とあいまって、(3年前の御嶽山のような)突然爆発するかもしれないと心配なのだ。専門家はこう考える。3年前の御嶽山はレベル1で起こって63人が死んだ。

Retweeted by Ryusuke IMURA

retweeted at 07:04:19

このページの先頭へ