情報更新

last update 04/15 18:09

ツイート検索

 

@siskw
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@siskw

siskw@siskw

Stats Twitter歴
4,307日(2009/07/02より)
ツイート数
93,618(21.7件/日)

ツイートの並び順 :

2012年09月29日(土)58 tweetssource

9月29日

@siskw

siskw@siskw

ハッシュタグ誘導→ #AF0929 RT @orihihs0y: RT @archiforumOSAKA: 第1回:2012年9月29日(土) 17時~19時(開場16時30分) テーマ:「スタディの可能性」  ゲスト:長谷川豪(建築家) コーディネーター:香川貴範(建築家)

posted at 16:57:42

9月29日

@siskw

siskw@siskw

今年の第一回はスタディの可能性。ゲストとコーディネーターによるレクチャーのあと、対談です。 #AF0929

posted at 17:02:21

9月29日

@siskw

siskw@siskw

まずはスペーススペースの香川さんから。二階建ての住宅。一階の階高がすごい高い。元々は店舗併用住宅で、一階が店舗、二階が住宅。また敷地のキワで用途地域が変わっているというコンテクスト。 #AF0929

posted at 17:04:24

9月29日

@siskw

siskw@siskw

断面図のスタディから。家族条件と斜線制限をスタート条件としている。断面に3階と6階同居させたが、施主からコンクリートを使って欲しいという条件がついて小さくさせる方向に。 #AF0929

posted at 17:07:11

9月29日

@siskw

siskw@siskw

南側に隣地、北側に道路があることもあり、太陽光を南側から隣の家越しに入れる検討を始める。しかし、実際は正午しか明るくならないことがわかり、室内環境を中心に断面の模索が続く。 #AF0929

posted at 17:11:11

9月29日

@siskw

siskw@siskw

二階と一階をはっきりとふたつに分け、一階の階高を高くすることで、室内により光を入れる。合わせて一階の床を山型に盛り上げることで、光を内部の床に当てることに決めた。 #AF0929

posted at 17:16:27

9月29日

@siskw

siskw@siskw

また、敷地は都市計画道路を横切ってるので、壊すところと壊さないところをそれに合わせて作っていた。 #AF0929

posted at 17:23:12

9月29日

@siskw

siskw@siskw

単身用の20〜30m2の住宅は大抵4x8程度になるが、ここでは2x16のようにすることで住戸内の床を有効利用しながら、奥行きのある平面にした。 #AF0929

posted at 17:26:38

9月29日

@siskw

siskw@siskw

賃貸の集合住宅の検索サイトを覗き、そこにある検索条件にできるだけ多く当てはまるようにしている。また、住戸の平面は必ずサイトに出るので、U字型の平面は目立つことになった。 #AF0929

posted at 17:28:52

9月29日

@siskw

siskw@siskw

次は郊外の薬局。薬局のシステムは更新があるため、外構の表現を書き換えられるトラフィックペイントを使っている。 #AF0929

posted at 17:30:29

9月29日

@siskw

siskw@siskw

今回のテーマはスタディだが、スタディする際に、集合住宅なら検索サイト、住宅なら室内環境のように、その建築が扱うべき問題を少しずつ絞るようにして、スタディしている。(香川さんのレクチャー終了)#AF0929

posted at 17:33:16

9月29日

@siskw

siskw@siskw

続いて長谷川さんのレクチャー。香川さんは塚本研のふたつ上の先輩で、スタディを見せろということで、未発表や新作の物を中心に4作品紹介します。まずは経堂の住宅。 #AF0929

posted at 17:35:05

9月29日

@siskw

siskw@siskw

敷地は周りは5つ同時に分譲されているので、信用ならないが、北側に少し広めの庭がありそこは信用できた。また、施主は編集者で多い蔵書にどう対応するのかも大切なテーマになっていた。 #AF0929

posted at 17:37:15

9月29日

@siskw

siskw@siskw

閉じながら開く、を考えて開口部をスタディしていた。予算の問題もあり、規制の規格寸法を使うというのもテーマになっていた。 #AF0929

posted at 17:38:52

9月29日

@siskw

siskw@siskw

(最終案の断面の絵)一階は風通しのよい床下、二階は小屋のよう。それに合わせて一階を3.6mを4枚割、二階を3.6mの3枚割とパネル割りを上下で変化させたエレベーションが決まった。 #AF0929

posted at 17:41:15

9月29日

@siskw

siskw@siskw

もうひとつ、屋根の形は重要だと思っていた。街並みを作ったり風景を作るから。しかし、普通の木造の屋根だとどうしても屋根が住人に帰属してしまいすぎる気がしていたため、できるだけ薄い(6cm!)屋根にすることで、屋根をもっと街の風景に参加させられると思った。 #AF0929

posted at 17:44:01

9月29日

@siskw

siskw@siskw

(屋根の端部のディテール)キーストーンプレートの両面に鉄板を溶接している。屋根の表面は鈍い反射の亜鉛のものにした。モックアップを作り、溶接跡やボルトの確認。 #AF0929

posted at 17:47:09

9月29日

@siskw

siskw@siskw

(内観写真)一階はかなり低い本に囲まれた空間。二階は屋根が鈍く周りを(水面のように)映し出す小屋裏の空間。 #AF0929

posted at 17:49:30

9月29日

@siskw

siskw@siskw

次はインテリア。時間がないので急ぎで説明。建物の内部を敷地のように捉える。照度計を買って、各階を計測。基準階平面だが上のフロアからグラデーションで暗くなっている。 #AF0929

posted at 17:50:57

9月29日

@siskw

siskw@siskw

そこで、下の階から上の階にかけて、床の高さを上げていった。照度の変化に対応させるだけでなく、床と窓の関係もフロアで変わる。 #AF0929

posted at 17:52:36

9月29日

@siskw

siskw@siskw

最上階に蔵書を引っ張り出してきてお客さんも使えるライブラリと、社員が自分たちで企画を行えるようなイベントスペースを作った。ライブラリには巨大な丸テーブル。 #AF0929

posted at 17:54:37

9月29日

@siskw

siskw@siskw

次は石巻の鐘楼。本も出てます。ギャラリー間で展示を行うにあたり、そこだけで終わるのではなく石巻の幼稚園に移築できる物を作ろうと考えた。ただ、そこのためでなく周りも含めた場所のためにと考えた結果、鐘楼を作ることにした。 #AF0929

posted at 17:57:26

9月29日

@siskw

siskw@siskw

設計は、移築のこともあるので、2人で持てるような部材サイズ(なんとか工法、聞き逃した…(>人<;))で作った。一部始終を写真家の方に撮影してもらってます。(詳しくは本で) #AF0929

posted at 17:59:53

9月29日

@siskw

siskw@siskw

(敷地周りの連続立面写真)うなぎの寝床のような敷地です。まずはヴォリュームスタディから。(白模型の写真)駐車場の位置の検討。前に停めるのがいいのか、中にガレージを作るのがいいのか。結果は… #AF0929

posted at 18:02:44

9月29日

@siskw

siskw@siskw

最終的には、うなぎの寝床に対して、道路に面する側を狭く奥が広くなるような、ラッパ型の平面形になった。屋根は勾配と棟の高さを揃えている。(道路側立面は鉛筆みたい(; ̄O ̄)) #AF0929

posted at 18:06:05

9月29日

@siskw

siskw@siskw

(断面模型)一階はスタジオ、二階に個室群、三階は勾配屋根の変化の下に広がるリビングダイニング。 #AF0929

posted at 18:07:41

9月29日

@siskw

siskw@siskw

(道路側から奥に向かってのプロポーションが変化する断面図)(ミケランジェロのカンピドリオ広場の図面)スタジオは壁が斜めに並走しているため、奥行きに対してパースのつき方が普通と違う。 #AF0929

posted at 18:11:05

9月29日

@siskw

siskw@siskw

(1/10の内観の光を見るための模型、光の変化を確認する内観写真3枚)今は内観の光量を確認している段階です。以上です。 #AF0929

posted at 18:12:58

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:長谷川さんと言えば大学で階の構成を研究してたこともあって、断面の人だと思っていて、経堂の住宅以前では意味を単位にした空間構成の部位があったように思う。(五反田の住宅とか)。そこにはわかりやすいダイナミズムがあったりした気がする #AF0929

posted at 18:17:31

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:経堂の住宅以降は、規格品を使うみたいな、ものづくり的な側面が現れているように思うんだけど。長谷川:これまではヴォリュームで考えてるところが強かった。今でもヴォリュームスタディは行うが、それが少し窮屈に感じ、どう作るかに興味が出てきているのかなと。 #AF0929

posted at 18:19:39

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:以前はその敷地にどういうヴォリュームが効くかというところから、逆算していたけど、部位の組み上げ方から考えると出来上がる物が違うということに気づいた気がします。 #AF0929

posted at 18:21:32

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:ヴォリュームで考えると、どうしても一度殻を作ってからどう開くかという風に感じた。極端な例でいうと、ヴォリュームで考えると軒が出せない。部位から考えると軒が出せるんですよ。 #AF0929

posted at 18:22:50

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:それはうまいディテールというわけではなくて、空間のアッセンブルへのアプローチが変わったのかなと。 #AF0929

posted at 18:23:32

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:周辺や街への関わり方はいつも大切なんですけど、部位からアプローチするとそれが少し変わるんです。香川:経堂の住宅の屋根の説明で「薄いと街のものになる」とか、言葉の使い方が変わってきたな、という感じがします。 #AF0929

posted at 18:25:38

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:これまでの住宅は、見て何をやりたかったのかわかったけど、経堂の住宅はパッと見てもよくわからなかった。その辺りのクリアさについては。つまり、わかりやすい発明があったのに対してのイメージがあるのか #AF0929

posted at 18:27:33

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:練馬くらいから、わかりやすい、ストーリーが強いということに距離を取ってるかなー、と。 #AF0929

posted at 18:28:24

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:最後のスタジオ住宅は住宅規模でヴォリュームスタディをやった結果生まれたものだと思う。僕は住宅規模ではヴォリュームスタディをあんまりしないのだけど、経堂でのヴォリュームスタディはどうだった? #AF0929

posted at 18:30:33

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:経堂の住宅は周囲が信用できなかったところがあったので、それゆえに自律的なものになったのかなと。 #AF0929

posted at 18:32:03

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:香川さんはレンダリングでスタディしてますけど、レンダリングは視点を決めてしまう気がします。模型の方が疑問を持ち続けられるかなと。 #AF0929

posted at 18:34:14

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:僕はレンダリングよりモデリングに時間をかけていて、模型では作れない精度(制度)できちんとものをみていける。塀の高さを細かく測って入力する、環境を調べて入力する、そういった作業が並行して進めていけるのがコンピュータの利点かなと。 #AF0929

posted at 18:37:55

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:ヴォリュームスタディをする妹島さんや西沢さんの事務所は、実施設計の期間がすごい短い気がしますよ。ヴォリュームでディテールを見ているところがある。最近構造の大野さんとやるようになってから、部材の組み上げに対して時間をかけるようになってきている気がします。 #AF0929

posted at 18:40:48

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:屋根の薄さにそこまで意味を求めてないのだけど…長谷川:プロポーション的な美学として薄くしているわけではないですよ。 #AF0929

posted at 18:42:25

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:長谷川さんは本でスタディとは問いをたてることである、と書いてるんだけど、それは必要なパロメーターを見出すということなのか、(藤村さんのように)都市や経済のような広範囲な建築の問題を見出すことなのか。長谷川さんは周辺環境や建築に向きすぎかなという気がする。 #AF0929

posted at 18:45:13

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:問いをたてるということが、(床、壁、天井と建築に内在する言葉という意味でも)部位に偏ってるのかなと思うのだけど。長谷川:基本的には考えられてきたことを考えたいと思っていますね。検索システムとか法規とか、変化する気がしてます。建物と庭、集合住宅と戸建住宅とか #AF0929

posted at 18:48:16

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:そういった建築に内在されている言葉に向かいあっていたい気がします。香川:屋根とか床とか、建築に蓄積されてきたものを重視したいということだと思います。僕は社会の中で建物が逆に変わってきていることを重要だと思っているというか→ #AF0929

posted at 18:50:42

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:建築の外部の変化の力を使って、建築に蓄積されたものを変化させていけると思っているから、根底は同んなじなのかなとも思う。長谷川:今日の香川さんの話だと僕が建築に閉じこもってるみたいじゃないですか笑 #AF0929

posted at 18:52:35

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:建築の建築性をずっと考えていくのは大切だと思うけど、建築の本質に逃げ込んでいくようで、微差になってしまうのかなと。(やっぱり部分を綺麗に見せすぎなんじゃないか)長谷川:洗練させるためにしているわけじゃないですよ。 #AF0929

posted at 18:57:12

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:今日みた感じでは、やっぱり変わってきている気がしますよ。長谷川:香川さんが長谷川さんらしさと言ってくれてる練馬までのものは、もうちょっといいかな、という気がしてます笑。かといって思考は連続しているので、言語化できるようにしていきたいですね #AF0929

posted at 18:59:34

9月29日

@siskw

siskw@siskw

質問:島田さん。今日のプレゼンを見て、意味より物の即物性(目地とか組み立て方)に興味が出てきたのかなと思いました。長谷川:五反田の住宅はすごくいいんですけど、最近は最後建物が真っ白になってしまうという異常さ、白以外の抽象さを考えたいと思ってます。 #AF0929

posted at 19:03:03

9月29日

@siskw

siskw@siskw

質問:米津さん。長谷川さんが模型の情報を包括的に判断してるのに対して、香川さん時系列的に情報を扱っているように思いましたが、情報の扱い方に意識はあるのですか?長谷川:スタディを説明するの無理ですよね。香川さんのプレゼンはプロセスでスタディとは違いますし→ #AF0929

posted at 19:06:01

9月29日

@siskw

siskw@siskw

長谷川:→やっぱりスタディは葛藤の連続で、なかなかこういう場で伝えられないですよね。問題が立ち上がってくるのを待ちたいので、いじるパラメータを絞りたくなくて、それがモデリングとの差の気がします。 #AF0929

posted at 19:07:18

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:スタディとプロセスは違うという含蓄のある言葉をいただきましたね。長谷川さんも言ってましたけど、敷地で何をやったら面白いのか、長谷川さんが問いをたてるというけど、僕は枠組みをたてると言っていて、考えていることは一緒なのかなと→ #AF0929

posted at 19:09:27

9月29日

@siskw

siskw@siskw

香川:→そう思いながらも、東工大は近いことをやってると思われてるけど、僕としては今日はけっこう違うことを再認識できたのが面白かったですね。 #AF0929

posted at 19:11:08

このページの先頭へ