Twilog

 

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

Stats Twitter歴
1,458日(2011/04/01より)
ツイート数
67,757(46.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2015年03月27日(金)31 tweetssource

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

それによぉ、今の日本のバスケちゃ、どういうことをして行けば、状況を一変できるかの答えちゃ、たぶん見つかってない状況やし、各チームがアリーナ建設とかの大きな理想よりも、現実とすり合わせる方向で考えていくんやろうのう。

posted at 01:17:27

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

NBLの状況も調べとったら、男女でダブルヘッダーしとるとこもあるし、様々な手法を取っとられると、結構関心するとこはあるがいど、そのNBLやbjの方々のやり方を尊重しつつもよぉ、新しいものを取り入れていく感じがいいかのう。

posted at 00:53:45

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

川淵さんがおっしゃるような改革ちゃ、別に反対もせんし、いいと思える部分もあるけど、アリーナ建設とかなると、自治体ごとの経済状況とか、建設地選定の問題があってよぉ、簡単に動けるわけやないし、統合は5年、10年先の話になりかねんちゃね。

posted at 00:33:18

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

秋田ほどのバスケ熱があるとこやと、作ってあげるのが理想やけど、急な方針変更ちゃ、自治体が首を傾げるのは仕方がない話やし、難しいちゃね。スタジアム一つにしても、地表調査とか目立たん作業もせんなんし、何でもかんでも急にできるわけやないしのう。

posted at 00:26:09

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

バスケで言うアリーナの概念ちゃ、体育館やなくて、むしろ両国国技館に近い感じやないかのう。吊り屋根の部分に、全方面対応の電光掲示板を置けるイメージで考えると、やっぱし今の体育館よりは、格段に見やすくなるちゃね。

posted at 00:23:19

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

なんで地元のチームのスポンサーをやってくれるが?と考えたらよぉ、「宣伝効果」やったり、「地元への貢献」やったり、「コネクション」やったりするけど、「福利厚生充実」の視点で見たら、企業さんは特をしないと思うちゃ。

posted at 00:14:02

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

様々な会場で開催することによってよぉ、県全域で多くの企業が小さなお金を出しあって運営できるようになっとられると思うがいど、ホームタウン以外の地域の企業にとっちゃ、メリットが減ることも懸念されると思うちゃ。

posted at 00:08:02

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

ホームアリーナを作るのちゃ、必然的にそのアリーナでの開催が原則になるがで、地方のチームのように、様々な会場を渡るスタイルでやっとるとこは、急激な方針変更に迫られるちゃね。

posted at 00:04:45

3月27日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

日本にバスケのアリーナを作らせるためにちゃ、明確なサンプルになるようなもんが必要やと思うがで、お金を出せる余裕があるとこが、率先して創ることが必要やないかのう。自治体や県民にしても、分からないもんちゃ、なかなか銭を出しづらいからのう。

posted at 00:02:44

2015年03月26日(木)35 tweetssource

3月26日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

そもそも国際大会とかになると、覆面のサポーターとか、カメラで抜かれるくらいやけど、特定できないとか、セキュリティの面とかで言うと、Jリーグよりも、W杯の方が厳しくなってもおかしくないはずやけどのう・・・。

posted at 23:54:48

3月26日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

#よくわかるサッカー用語解説
「川淵三郎」

Jリーグ初代チェアマンにて、日本サッカー界のアントニオ猪木やちゃ。地域密着を掲げて、ナベツネとの抗争で、数々のサッカーファンをヒートさせて、Jリーグブームに大きく貢献した人やちゃ。次はバスケでどのようなプロレスを演じるがか実物やちゃ

posted at 11:18:54

3月26日

@torepan_sensei

とれぱむ先生@torepan_sensei

#よくわかるサッカー用語解説
「芝田貴臣」
明治大時代の長友を指導したフィジカルのスペシャリストやちゃ。赤帽・岸野靖之監督のタッグパートナーやちゃ。恵まれた体格と暑苦しいキャラで、存在感は赤帽さんに引けを取らんレベルで、まさに日本サッカー界の山本小鉄と言ってもいいくらいやちゃ

posted at 08:19:20

このページの先頭へ