情報更新

last update 09/29 04:14

ツイート検索

 

@toshify
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

Stats Twitter歴
4,341日(2009/11/11より)
ツイート数
7,281(1.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年09月26日(日)1 tweetsource

9月26日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

エサシトモコ+薄井崇友展「或る男の肖像」動物から学べそして襟を正せ(ぎゃらりー由芽、9月26日まで)を観た。金太郎という犬の繊細な表情をとらえた薄井の写真とエサシのユーモラスな彫刻。放射線量の数値を重ねた風景、反原発運動のコラージュなどの写真で、3.11以後を駆け抜けてきた記憶を甦らす。

posted at 20:12:40

2021年09月24日(金)1 tweetsource

2021年09月21日(火)2 tweetssource

9月21日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

第15回 shiseido art egg「重力の光 石原海」(資生堂ギャラリー、10月10日まで)を観る。ある教会に集う老若男女が、多難に満ちた人生を振り返り、イエスの受難を演じる様子を映し出す。素人臭くコミカルにも見える劇が却って人間味を引き立て、信仰による救済という重たいテーマへと肉薄する。

posted at 16:44:29

9月21日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「秋山祐徳太子と東京都知事選挙」(ギャラリー58、10月9日まで)を観る。ポップ・ハプニングの前衛美術家・秋山祐徳太子(1935-2020)は、政治のポップアート化を目指し、1975・79年に都知事選へ立候補した。当時のポスターや選挙グッズ、新聞・雑誌、写真などの資料で、泡沫候補の奮戦を伝える。

posted at 16:18:47

2021年09月20日(月)1 tweetsource

9月20日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

『文化経済学』第18巻第1号(2021年3月)に「書評:河島伸子・小林真理・土屋正臣著『新時代のミュージアムー変わる文化政策と新たな期待』ミネルヴァ書房、2020年」寄稿。ミュージアムのあり方を政策や価値という観点から再検討、文化政策として考えることは多様な価値を活かすことであることを示唆。

posted at 21:30:23

2021年09月14日(火)1 tweetsource

9月14日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

府中市美術館「アートスタジオ☆WEB」配信プログラム(公開型ワークショップ)「つくって!つなげて!あそんで!ペーパーブロック」(講師:林瑠璃)を公開しました。厚紙からできたパーツを組み合わせ、立体作品をつくって遊びます。ぜひ自分でも試してみましょう。
www.city.fuchu.tokyo.jp/art/event_arts pic.twitter.com/RdVpG2dEgQ

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 10:50:16

2021年09月13日(月)1 tweetsource

9月13日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「久野和洋の世界展」(池田20世紀美術館、10月12日まで)を観る。立軌会中心に発表してきた洋画家。古代エトルリアを訪ね歩いた経験から生まれた、見はるかす緑の大地に道が続く《地の風景》シリーズなど画業の全貌。ジオットに惹かれ、探究した静謐な画面構成。静物や地面を凝視する眼差しに魅了。

posted at 18:10:03

2021年09月08日(水)1 tweetsource

9月8日

@edanoyukio0531

枝野幸男 ?変えよう。?立憲民主党@edanoyukio0531

「政権発足後、初閣議で直ちに決定する事項」を発表しました。法改正を要する事項などを含まず、文字どおり「直ちに」できることのみ掲げました。
今後発表する政権公約に掲げる各政策・法案・予算措置なども、順次実施します。政権が変わったら、政治は確実に変わります。 #政権取ってこれをやる pic.twitter.com/asDDbF1WIu

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 07:56:39

2021年09月06日(月)1 tweetsource

2021年09月05日(日)4 tweetssource

9月5日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

2021年4月宇フォーラム美術館で開かれた個展の記録『原田丕 Landscape 2020-』(2021年9月)に、「知覚不能の闇に囲まれて生きる私たちの警告」寄稿。西多摩に暮らし、都市と自然の交わる場所で描き続ける。現代社会に広がる危険な闇の存在を、絵筆を用いて可視化させる原田の絵画についての考察。

posted at 06:51:21

9月5日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「ファッション イン ジャパン 1945‐2020―流行と社会」(国立新美術館、9月6日まで)を観る。発信と受容の両面から、戦後日本のファッション史をほぼ10年単位で回顧。実物の衣服のほか、雑誌や広告のメディアも使い、社会背景とあわせて捉える。サステナブルを課題とする近未来に、関係者の証言も。

posted at 06:33:03

9月5日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

ポコラート世界展「偶然と、必然と、」(アーツ千代田3331、9月5日まで)を観る。障害の有無に関わらず人々が出会い、相互に影響し合う場を作るポコラート事業10周年記念。22か国から50作家を紹介。自分と宇宙の関わりを6テーマで展示。生きるための表現が他者にとって驚異的作品に。崇高さを思う。

posted at 05:50:10

2021年09月04日(土)1 tweetsource

9月4日

@shiikazuo

志位和夫@shiikazuo

《気候危機を打開する日本共産党の2030戦略》
IPCCの累次の報告書に盛られた科学的知見を踏まえ、日本の環境団体・専門家の研究を踏まえ、半年がかりでまとめた政策提言です。
2030年までに大規模な脱炭素・省エネ・再エネを推進する総合的プランを提案しました。
www.jcp.or.jp/web_policy/202

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 16:15:24

2021年08月27日(金)1 tweetsource

8月27日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「寺田小太郎 いのちの記録ーコレクションよ、永遠に」前編「起源」(多摩美術大学美術館、9月20日まで)を観る。地権者として東京オペラシティ再開発で美術館設置を推進。収集の原点に遡り、難波田龍起・史男、東洋的抽象、黒&白、日本的なるもののテーマで展示。コレクターの美学の大本を探る。

posted at 19:23:23

2021年08月24日(火)5 tweetssource

8月24日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「諸星大二郎展 異界への扉」(三鷹市美術ギャラリー、10月10日まで)を観る。SFやホラーに始まり、民俗学、考古学、神話学、文化人類学などを横断する、独自の世界を切り拓いた漫画家・諸星大二郎(1949-)。デビュー50周年を記念し、代表作の原画のほか、内容に関係する作品や資料をあわせ展示。

posted at 23:13:01

8月24日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

第八次椿会「このあたらしい世界」(資生堂ギャラリー、8月29日まで)を観る。杉戸洋、中村竜治、Nerhol、ミヤギフトシ、宮永愛子、目[mé]の新メンバー。触発をテーマに近年の収蔵作品から選び、自己の作品に組み合わせて展示。作品の見方、ものの見方を変えることで新しい世界を予感させる企み。

posted at 22:56:02

8月24日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

上村洋一+エレナ・トゥタッチコワ「Land and Beyond|大地の声をたどる」(ポーラミュージアムアネックス、8月29日まで)を観る。知床に関わる2作家。上村は、流氷のフィールドレコーディングで、水に振動を与える作品など。トゥタッチコワは、土地に生きる人々と自然の物語を、写真や映像で綴る。

posted at 22:37:40

8月24日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ」(東京ステーションギャラリー、9月26日まで)を観る。父の下12歳から彫り始め、阿寒湖畔で制作を続けた藤戸竹喜(1934-2018)。熊や狼のような獣から海洋生物、人物までを写実的な木彫で表現。連作による物語に、アイヌの精神世界を読みとる。

posted at 16:06:58

8月24日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」(SOMPO美術館、9月12日まで)を観る。コロー、ドービニー、ブーダン、モネ、ルノワールなど。自然主義から色彩の解放へと進む、近代フランス風景画の展開。ガラス版印刷クリシェ・ヴェール、エッチングなどの版画も興味深い。

posted at 16:02:41

2021年08月21日(土)1 tweetsource

2021年08月20日(金)2 tweetssource

2021年08月17日(火)2 tweetssource

8月17日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「アナザーエナジー展 挑戦しつづける力ー世界の女性アーティスト16人」(森美術館、9月26日まで)を観る。半世紀以上のキャリアのある女性作家。フェミニズムに限らず社会派もいれば、抽象絵画もあり多様。国情を反映して虐殺、暴力などへ告発の表現も見所だが、解説は遠回しで終始明るい演出。

posted at 18:03:12

8月17日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「ボイス+パレルモ」(埼玉県立近代美術館、9月5日まで)を観る。ボイス(1921-86)と教え子パレルモ(1943-77)を並行展示。シリアスなボイスに対し、素材や形態に共通性はあってもパレルモは楽観的。ボイスは第二次大戦を経た冷戦下ドイツの影を感じさせる。絵画への不信と憧憬の相剋を考える。

posted at 14:27:44

2021年08月15日(日)1 tweetsource

8月15日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

第22回「JAALA国際交流展」2021(アートフォーラムあざみ野、8月16日まで)を観る。日本はじめ東アジア、中東、ラテンアメリカなどから120作家以上。世界のクルド人作家、シリア難民の子ども、アボリジニの作品など多彩。小林はくどう代表の「アートはflatであり、分断があってはならない」が生きる。

posted at 19:09:50

2021年08月11日(水)2 tweetssource

8月11日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

第10回「九条美術展」(東京都美術館、8月12日まで)を観る。2004年6月に発足した九条美術の会による第10回展。発起人の野見山暁治氏はじめ176人が出品。コロナの影響からか小さい作品も増えたが、逆に意欲作を出す人もいて、美術を通して平和を多彩に発信。九条を守り、活かす決意を新たにする。

posted at 18:34:28

8月11日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「SDGs×ARTs」十七の的の素には芸術がある(東京藝術大学大学美術館、8月31日まで)を観る。藝大の学生・卒業生・教職員による、社会課題に取り組む22のアートプロジェクト。多国籍美術展、漂流物造形、縄文文化活用、子育てのケア、海洋調査船、障害者環境解決、ヤギの飼育など、ユニークな試み。

posted at 18:33:52

2021年08月07日(土)1 tweetsource

2021年08月04日(水)4 tweetssource

8月4日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「画廊からの発言 新世代への視点2021」(8月7日まで)を観る。衣真一郎の童心に還る素朴な風景、吉田花子の手堅い抽象、小野ハナの語りかける筆線など、一見古風な絵画群が印象に残る。芦川瑞季の版画、豊海健太の漆画、加藤佑一の鋳金は方法の妙。和賀碧、クニトの立体は、さらなる展開を期待。

posted at 19:51:47

8月4日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

会田誠展「愛国が止まらない」(ミヅマアートギャラリー、8月28日まで)を観る。2年前発表して話題になった痩せこけた日本軍兵士の亡霊が宙を舞う巨大ハリボテ。壁には白い台に置かれた赤い梅干しを描いた新作絵画。北東アジア3国の漬物が競いあう話など浅薄なナショナリズムへの風刺をきかせる。

posted at 15:02:06

8月4日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「縄張りと島 加藤翼」(東京オペラシティアートギャラリー、9月20日まで)を観る。巨大な構造物を人々で引き倒したり、引き起こすプロジェクトの映像。暴力性と熱狂は革命を望む大衆の欲望のよう。地下のプレーリードッグが鳴らす鐘、互いに縛られた人が演奏する国歌に分断社会への鋭い眼差し。

posted at 14:29:16

8月4日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「工藤礼二郎展」(宇フォーラム美術館、8月1日まで)を観た。黒または白の大きなキャンバスが並ぶ。どれも微妙な色調のニュアンスを湛えるが、星影のようなものが描かれる場合以外、具体的対象物はない。画面は明るい光と暗い闇に満ちて見えることで、観る者の心中が映し出される感覚に囚われる。

posted at 11:26:18

2021年08月01日(日)1 tweetsource

8月1日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

【8月1日(日)】淺井裕介さんの公開制作5日目。白く塗られた動物の立体への筆による色つけが進んでいます。黄土色、赤茶色、こげ茶色など、さまざまな土の色のようです。生きている獣の表情がだんだんとあらわれてきました。下記にてライブ配信中です(13:00~16:00)
www.youtube.com/watch?v=Byfwph pic.twitter.com/Rp6eYwS7o2

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 12:56:33

2021年07月31日(土)1 tweetsource

7月31日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

【7月31日(土)】淺井裕介さんの公開制作4日目。ジェッソや土を混ぜた白い塗料でおおった動物の造形物に、茶色いテラコッタ粘土で細部を作り込みました。残った水色のスタイロフォームを使って、新しい形を生み出しています。下記にてライブ配信中です(13:00~16:00)
www.youtube.com/watch?v=sEb00R pic.twitter.com/1teAD4amTM

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 13:00:34

2021年07月30日(金)1 tweetsource

7月30日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

【7月30日(金)】淺井裕介さんの公開制作3日目。スタイロフォームを使った大きな2つの動物の立体に、ジェッソや砂を混ぜた白い塗料を塗っていきます。細かな部分の造形も浮かび上がってきました。下記にてYouTubeライブ配信中です(13:00~16:00)。
www.youtube.com/watch?v=UQw9iJ pic.twitter.com/hsbB4IZc88

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 12:52:36

2021年07月25日(日)1 tweetsource

7月25日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

【7月25日(日)】淺井裕介さんの公開制作2日目。スタイロフォームを使った大きな動物の立体が2体、部屋の中に立ち上がってきました。素材を削っては貼りつけることをくり返しながら、自然な形を生み出していきます。下記にてYouTubeライブ配信中です(13:00~16:00)。
www.youtube.com/watch?v=99xE8Q pic.twitter.com/peyH0PrllM

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 13:19:22

2021年07月24日(土)1 tweetsource

7月24日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

【7月24日(土)】今日から淺井裕介さんの公開制作「種を食べた美術館」が始まりました。前日に厚手の合板とスタイロフォーム(断熱材)を搬入しました。ジグソーで曲線を切り出し、組み合わせて大きな立体物を作っています。何ができるのでしょうか。下記にてライブ配信中。
www.youtube.com/watch?v=fNdpHp pic.twitter.com/bPzPtbeoTt

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 13:52:07

2021年07月15日(木)1 tweetsource

7月15日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

杜の会会報「杜」50号(2021年6月)に、第25回「杜賞」選考委員講評「メディアの多様化と着想やテーマの重要性」寄稿。第69回東京藝術大学卒業・修了制作展での同窓会主催「杜賞」審査。受賞は、後藤利光《ネオ・シシ》、宇川開《白のあわい》、滝川友里子《モノの境界録》、田口薫《東亜の聖母》。

posted at 07:20:46

2021年07月14日(水)2 tweetssource

7月14日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「FUSION~間島秀徳 Kinesis/水の宇宙&大倉コレクション~」(大倉集古館、8月15日まで)を観る。変化する水をテーマに和紙に顔料や墨でダイナミックに描く日本画家が近年の大作と、日本の中世から近代に至る収蔵品を並べて展示。水を巡るイメージの広がりを通して、時を超えた山水の本質に迫る。

posted at 17:47:40

7月14日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「宇佐美圭司 よみがえる画家」(東大駒場博物館、8月29日まで)を観る。戦後日本を代表する画家、宇佐美圭司(1940-2012)。絵画だけでなく、彫刻やレーザー光線を使った再現作品など、新しい表現に意欲的だった作家の姿を立体的に提示。2017年廃棄事件の反省の上に立ち、仕事の意義を振り返る。

posted at 17:47:23

2021年07月13日(火)3 tweetssource

7月13日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

府中市美術館アートスタジオ「つくって、あそぶ!あそぼっくす!」 8月22日(日)14:00~16:00 小学生以上12人(抽せん)500円。どんな場所でも遊べる箱を作って自分たちの「楽しい」を作る。講師:山と水の図工室、申込:8月12日(木)までに、往復はがきまたは電子申請
www.city.fuchu.tokyo.jp/art/event_arts pic.twitter.com/FPFSkT97jv

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 12:03:57

7月13日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

府中市美術館「中学生のためのギャラリーツアー」 7月30日(金)①10:00~12:00、②13:00~15:00 常設展示室ほか、無料(市外中学生は観覧料が必要)、美術作品を美術の先生の案内で鑑賞。市内中学生は「美術鑑賞の手引き」「学びのパスポート」等持参。当日直接会場へ
www.city.fuchu.tokyo.jp/art/event_arts pic.twitter.com/NodhgPM2tQ

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 12:03:51

7月13日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

府中市美術館公開制作82 淺井裕介「種を食べた美術館」 7月24日(土)~11月28日(日) 観覧無料。半立体の支持体を作り、四つ足の動物から芽が生え木々が茂り、小さな生き物が集まっていく様子を室内に展開。制作日ライブ配信予定。会期中ワークショップ、作家トークあり。
www.city.fuchu.tokyo.jp/art/koukaiseis pic.twitter.com/uKIfqZjRj8

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 12:03:44

2021年07月09日(金)2 tweetssource

7月9日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「長谷光城個展」(枝香庵Flat、7月8日まで)を観た。白い木や布を構成したレリーフ状の絵画や箱形のインスタレーション。大胆にして繊細。斎藤義重に師事、教員をしながら福井県若狭町を拠点に活動。素材を活かした軽やかな表現に、もの派の知性と80年代の感性がつながる、北陸アヴァンギャルド。

posted at 19:27:07

2021年07月07日(水)1 tweetsource

7月7日

@FuchuArtMuseum

府中市美術館@FuchuArtMuseum

アートスタジオ通信プログラム「わたしのなんでだろう?ありえない世界を妄想!」 8月2日(月)10:00~12:00 小学生以上16人(抽せん)無料。日常生活での疑問をもとに想像したものを描いたり、作ったり、話したり。講師:ひろば100、申込:7月22日(木)までに電子申請
www.city.fuchu.tokyo.jp/art/event_arts pic.twitter.com/eCqazCNvUh

Retweeted by 武居利史 TAKEI Toshifumi

retweeted at 13:06:27

2021年07月05日(月)2 tweetssource

2021年06月26日(土)4 tweetssource

6月26日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

都美セレクショングループ展2021(東京都美術館、6月30日まで)を観る。「体感A4展」は、中之条で滞在制作したグループが各自A4テーマに制作。「暗くなるまで待っていて」は、投射された映像の仮象性が印象に残る。「版行動 映えることができない」は、ある物故作家に触発された版表現の広がり。

posted at 20:51:56

6月26日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「イサム・ノグチ 発見の道」(東京都美術館、8月29日まで)を観る。「彫刻の宇宙」「かろみの世界」「石の庭」の3部構成。冒頭の和紙と竹による明かりの彫刻に始まり、鋼板など量塊感の薄い彫刻を経て、自然に回帰する牟礼の石彫へと至る道筋を描き出す。日本的美意識と親和するノグチ像を提示。

posted at 20:30:57

6月26日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「コレクター福富太郎の眼:昭和のキャバレー王が愛した絵画」(東京ステーションギャラリー、6月27日まで)を観る。鏑木清方から始めた美人画の収集は、繊細で妖艶な表情や肢体の描写にとどまらず、画家の創意が発揮された大胆な画題や構図が魅力。戦争画周辺の作品にも同様の美意識が貫かれる。

posted at 20:11:59

6月26日

@toshify

武居利史 TAKEI Toshifumi@toshify

「隈研吾展:新しい公共性をつくるためのネコの5原則」(東京国立近代美術館、9月26日まで)を観る。国立競技場はじめ、日本を代表する建築家。孔・粒子・ななめ・やわらかい・時間の5観点で、公共建築を中心に68件を展示。ネコの視点から、ハコで覆い尽くされた都市空間に求められるものを探る。

posted at 19:51:12

このページの先頭へ