Twilog

 

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

Stats Twitter歴
2,634日(2010/02/07より)
ツイート数
46,947(17.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年04月23日(日)9 tweetssource

9時間前

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

5ドル程度で立派なチャーシューの乗ったラーメンや、牛丼玉子みそ汁付きが食べられる。40ドル程度でバストイレ冷蔵庫無線LAN朝食付きホテルに泊まれる。
しかもチップは不要で充分なサービスが受けられる。こんな安くて快適は国は旅行は良いけど、海外から働きにきたくはないかも。

posted at 19:19:55

11時間前

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

日本がお金持ちで海外豪遊できたのは昔の話。中国も物価が上がり日本人が安いと感じるのは開発途上国に限られてきたと思う。中国やタイからは安くて安全な日本が人気の観光地。日本は安いが人件費も安く経済回らないから出稼ぎ外国人も減少。日本お金持ち幻想抱いている人今もいそうだけどね。

posted at 17:36:05

11時間前

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

日本の映画料金は安くはないけど、高い高いと外国の料金を例に出してくるパターンは、デフレ経済で感覚がおかしくなってるのではないか。所得が増えて物価も上がれば、映画料金の据え置き感にびっくりするわ。

posted at 17:22:17

4月23日

@tsukiyono_

島の映画やさん@awajicinema

映画上映やってて思うのは子どもって本当にポップコーンが好きです。そして親御さんからは子どもが退屈してきたときに間をもたせる道具として人気です。音小さめ、匂いなし、長持ちする、と三拍子揃ったポップコーンは保護者目線のニーズにかなりかなったフードと言えるのではないでしょうか。

Retweeted by 月夜野

retweeted at 03:33:15

2017年04月22日(土)31 tweetssource

4月22日

@tsukiyono_

エターナル総書記@kelog21

中国はコツコツと、ガリガリと成長してるんだよ。
かつて栄華を誇った日本企業も中国企業が次々買収して
「日本の安くて勤勉な労働力は魅力的。」
なんて中国人社長が言い出すのも時間の問題。

延々とフィギュアのパンツを塗るような仕事が中国の山奥からお前らに返ってくる。

よろこべ。

Retweeted by 月夜野

retweeted at 20:28:33

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

イマーシブサウンドデコーダーでどれが音が良いのかな~。大差なさそうだけど興味ある。
日本にはimm sound、Auro 11.1、DOLBY ATMOS、dts:xの4種。それぞれに独自のシネマプロセッサーが用意されている。

posted at 08:05:48

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

@toosway 確実に産廃なんですけど、2m・70kg以内は回収できるようなのです。映写機としか書いていないので個人所有の映写機をサイズ内に解体して出せば…と悪いことを考えてしまいますψ(`∇´)ψ

posted at 06:35:34

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

5.1と7.1の切り替え忘れたのかリアサラウンドから音が出てない的がっかり上映に遭遇したことがあるので、AVアンプみたいな音声フォーマット自動認識機能があればいいのにと思ってます。

posted at 03:48:35

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

言い換えると5.1chのDCPは5.1ch以上にも以下にも基本的にはなりません。劇場の設備に合わせるためアトモス版、7.1ch版、5.1ch版と複数フォーマットが作られます。オリジナルファイルの作りが各々専用だから互換性無し。アトモス館にアトモス版が来ない理由は知りません。

posted at 03:40:44

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

ドルビーアトモス館にアトモスDCPが来ない件。理由は知りません。
映写現場から申しますと、DCPの音声はディスクリートのためフォーマットが明確に分かれています。そのフォーマットでしか再生できないのが基本です。SRD-EXとSRDの互換のような仕組みがないのです。

posted at 03:36:20

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

知る限りでは海外展開中の日系シネコンはない。中国系は万達やGSCやCathay、韓国系はCGVなど国外で存在感を示している。市場規模が違う…。

posted at 01:28:49

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

映画業界で脅威と言えるのが万達集団。レジェンダリーを35億ドル、AMCを26億で買収。この規模は日本企業はできないだろうし、IMAXが追加150スクリーン、ドルビーが100スクリーン展開で万達と契約済。IMAXの売上の3割は中国と言われ、日本もそろそろ飲み込まれるかもね。

posted at 01:16:26

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

制作機材のほうは知らないけど、映画館機材は中国製品が増えてきていると思う。シネマプロジェクターやシネマプレーヤーは中国製造があるしこれらの精密機器を組み立てる技術も凄い。4DXやmasterimage 3Dシステムは韓国だ。映画業界での中国韓国の存在感は相当あると思う。

posted at 01:07:29

4月22日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

映画業界も中国の存在感が凄い。映画館英国最大手UCI、米国大手AMCとカーマイク、映画製作会社レジェンダリー、AV技術のTHX等の名だたる企業が中国資本下にある。シネマサーバーのGDCは中国が本拠で技術力もある。ハリウッドも中国マーケットと資本力なくしては成り立たない時代に。 twitter.com/bci_/status/85

posted at 01:00:44

4月22日

@tsukiyono_

たま@密猟者絶許殺すきりん@tamacco

そいえば、映写技師も、映画見れる楽な仕事だとか言われたことあるけど、確かに上映中点検で画面見ることもあるけど、映写機の音でかき消されてるし映写窓狭いし全然わかんないのに最後の方は終映の準備のために見とかなきゃいけなくて見たい映画はネタバレされるんだぞ!

Retweeted by 月夜野

retweeted at 00:45:20

4月22日

@tsukiyono_

木村晶彦@basedonfacts_ak

もっと映画館を増やせばいい。
シネコンを減らして単館を増やすの。

映画を街中に持ってくるの。
商業施設に押し込めるんじゃないの。

デジタル化で
上映コストも維持コストも下がった。
手軽に気軽に上映できるんだから。

配給権や著作権の問題さえ
クリアできればOKでしょーが。

Retweeted by 月夜野

retweeted at 00:34:44

4月22日

@tsukiyono_

おとてつ@ototetsu_kan

現在のTOHOシネマズ海老名はヴァージンシネマズ海老名として開業しました。スクリーン1は開業当時、常設映画館では国内最大でしたし、全館THX認定というのも「史上最強の映画館」に相応しい内容でしたね。 p.twipple.jp/hlfiR

Retweeted by 月夜野

retweeted at 00:29:39

2017年04月21日(金)31 tweetssource

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

シネマサンシャイン下関6番にDTS:X。下関と姶良どちらが国内初!?
6番はドルビーアトモスなので併用なのかな。

posted at 21:48:26

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

@zubonturi 差が激しいだけに競争も熾烈な感じがしますね。最近は海外空港に降り立つとSamsung、LG、ファーウェイ、Lenovo…日本の影も形もないです~。

posted at 21:43:49

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

日本が中国に置いてけぼりになっているなどとはまったく思っていない(思いたくない)層がたくさんいるから日本すごいのニュースが多いのだろうね。アジア諸国の発展と中国や韓国の影響力は絶大なのに日本が君臨してると盲目してる。

posted at 20:42:00

4月21日

@tsukiyono_

椚座 くにゅくにゅ/// 淳介@kunukunu

日本が中国に置いてけぼりにされているというのは事象全体のある側面に過ぎず,日本が20年ほど停滞している間にも世界は成長を続けていたので,結果として世界全体から置いてけぼりにされていると認識するのが正しい。その中でも特に勢いのある中国が目立っている,といのが,この話の本質だよね。

Retweeted by 月夜野

retweeted at 20:39:32

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

@amecha923 奏でられる箱はごく少数ですよね。劇場寸法から始めないと…。部屋が理想的なら音も心地よく振る舞うと考えているので、調整でゴリゴリやらなくてよい映画館があればいいなあと思います!

posted at 18:35:28

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

@amecha923 EQに頼らずに室内音響だけでそこそこの音を出せるのが基本ですよね。専用設計で巨額を注がないと難しいけど。部屋で制御していれば調整もスイスイできそう。低音の素性が全体のイメージを作るから調整大変そうですね。

posted at 13:53:26

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

125Hz~250Hzの残響時間を適切に制御しつつ高域の残響時間を保ち、ステージをフラットに、サブウーハーの50~80Hzをがっしり鳴らせられたらそれだけでかなりの音場感を得られると思います。映画館の音質は建築グレードで大方の勝負がつくと思ってる。調整はその後の話。

posted at 05:19:38

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

どんなに音響が良い映画館でもほとんどが125Hzは残響時間オーバーで、響きが全体に濁りを出したり低音過多の原因と思う。50Hz付近を頂点に125HzにかけてLFEはスパーンと切るのと良いと思うしここは無駄な響きが一番欲しくないけど建築対応は物理的に無理があるね。

posted at 05:16:22

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

DMEとかSoundwebなどを使っていたらそこらへんも対応が必要だったりするのでインストーラーに仕様変更してもらいましょう。

posted at 01:41:34

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

じゃあ7.1ch上映対応劇場はどこ…正確なところは分かりません。ドルビーのwebに対応劇場が掲載されていますが、すべてでは無さそうなので、劇場に確認するしかなさそうです。劇場でも把握していないかもしれません(⌒-⌒; )

posted at 01:31:14

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

自動上映のために7.1chのチャンネル切り替え信号を作成して再生リストに仕込んで完成。リアはLRサラウンドと等しく82dBなのでアンプ追加しなければ特段の再調整は不要です。7.1chは5.1chとシステム的に完全互換だから対応可能ならしたほうがベターかと。

posted at 01:25:41

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

機材要件はCP650以上のプロセッサー、CP650の場合はデジタルI/Oボードと入力カード、7.1chピン配置のケーブル、ファームウェアのバージョンアップ。機材面をクリアしていればスピーカードライブ配線を入れ替え(必要に応じてアンプ追加)てリアを独立させればできます。

posted at 01:18:20

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

5.1chから7.1chのアップグレードについてご質問があったので。
基本的にシネマサーバーは7.1ch対応済ですので音響機器側の対応が必要。フィルム6ch対応館は容易に適用できます。5.1ch館もサラウンドアンプ1台とかの仕様以外は比較的容易に対応できることが多いでしょう。

posted at 01:12:30

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

映画館のシステムもコンピューター技術の進化で、意外にフィルム時代よりシンプルになってきました。フィルムのデジタル7ch初期頃が機械も複雑で多かったと思います。
コンピューター化でスマートになったけど、どこもかしこも電脳になってしまい故障するとお手上げでもあります…。

posted at 00:43:39

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

古くは5.1ch音響、近年ではデジタルシネマとか3Dとか4Dとか3D音響設備を投入するのってもうね、物凄い度胸と技術力に思うのですよ。システムがポシャると営業自体ができなくなりますから。触ってみたいけど怖いのが本音です。

posted at 00:35:43

4月21日

@tsukiyono_

月夜野@tsukiyono_

映画はメディアアート。最新のテクノロジーを映画館に導入するのは自然なこととはいえ、現場としては未知のシステムに不安も大きいし、会社としても多額の投資です。新機軸を導入する劇場は本当に凄いと思います。

posted at 00:30:26

このページの先頭へ