情報更新

 

ツイート検索

 

@tw5bot
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このユーザーのTwitterアカウントは削除されているか凍結されているため、ツイートの記録を停止しています。
凍結解除後に記録を再開するには、ページ右上の「最新の情報に更新」ボタンをクリックしてください。

 

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

Stats Twitter歴
2,662日(2010/04/10より)
ツイート数
350,979(131.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2015年06月12日(金)14 tweetssource

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

DHAとEPAはいずれも、白身や赤身の魚よりも青い魚に多く含まれています。EPAはハマチ、イワシ、マグロ(トロ)、サバの順に多く含まれ、DHAはマグロ(トロ)、マダイ、ブリ、サバ、ハマチの順に多く含まれています。> bit.ly/11hkPdK

posted at 12:40:54

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

DHAとEPAは似た効果が多いですが違うこともあります。例えばEPAは脳の入口を通過できませんが、DHAには可能なので脳の血栓や脳梗塞を予防したり。頭の回転が早くなると言われます。「魚を食べると頭が良くなる」と言われますよね。> bit.ly/11hkPdK

posted at 12:30:54

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

DHA・EPAいずれも血液をサラサラにして血栓や動脈硬化を予防する効果があります。またその他いろんな生活習慣病を予防にも効果が期待できます。肉を減らして魚を多くしたらいいですね。> bit.ly/11hkPdK

posted at 12:20:55

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

DHA、EPAはオメガ3系不飽和脂肪酸で、魚類、特に青魚に多く含まれています。日本人は昔は毎食のように魚を食べていたのですが、最近の欧米化した食生活ではあまり魚を食べなくなって摂取量が不足気味になっているといえるでしょう。> bit.ly/11hkPdK

posted at 12:10:55

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

オレイン酸は一価不飽和脂肪酸でオリーブオイルやナッツ類に多く含まれます。他の脂肪酸と異なり酸化しにくい特徴があり発がんの危険性がある「過酸化脂質」をつくりにくいのが特徴的です。高血圧や動脈硬化など生活習慣病の予防効果もあります。> bit.ly/11hkPdK

posted at 12:01:01

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

不飽和脂肪酸は酸化しやすい特徴があり、酸化で出来た過酸化脂質は老化を早めたりシミを作ったり発がんのキケンもあると言われます。二重結合の数が多いほうが酸化しやすいので、一価より多価、n-3よりn-6が酸化しやすく注意が必要です。> bit.ly/11hkPdK

posted at 11:50:58

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

リノール酸は植物油やマーガリンなどに利用されています。50年ほど前の研究でコレステロールを下げる働きが報告され健康的油として使われていましたが、その後の研究で悪玉だけでなく善玉のHDLまでを下げてしまうことがわかっています。> bit.ly/11hkPdK

posted at 11:40:57

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

不飽和脂肪酸の一価オレイン酸には悪玉コレステロールを下げる働きがある。n-3系のDHA、EPAは中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす。n-6系は悪玉を下げてくれるが善玉も下げてしまう。というそれぞれの特徴があります。> bit.ly/11hkPdK

posted at 11:30:59

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

不飽和脂肪酸は主に植物油や魚に多く含まれ、エネルギーとしても使われますが、身体の構成成分となったり中性脂肪やコレステロールの調節を助ける働きがあります。一部の多価不飽和脂肪酸には脳神経の発達を助けるなど有効な働きもあるのです。> bit.ly/11hkPdK

posted at 11:20:57

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

飽和脂肪酸の摂り過ぎは健康の問題に悪影響を及ぼすので日々の食生活で減らすようにするのがいいでしょう。でもとにかく脂質を減らせばいいわけでなく、脂質にも種類がって増やした方がいいものもあります。それが不飽和脂肪酸です。> bit.ly/11hkPdK

posted at 11:10:57

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

■ここからの時間はダイエット教室からの内容をつぶやきます。ダイエット教室とは健康的に痩せるための基礎知識を広めるために行っています。ダイエットの参考にしてください(^O^)/

posted at 11:00:58

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

毒素を排出するための器官は腎臓や肝臓です。身体の老廃物などを尿にして体外へ出してくれるのですが、しかしそもそも人間の身体に存在し得ない有害ミネラルをろ過する機能は腎臓にはないんです。だから有害金属は出しにくく溜まりやすいのです。> bit.ly/15PCCY1

posted at 08:33:55

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ビタミンとミネラルは似た働きをしまうが全く違うもので、ビタミンは動植物が体内で合成してつくられる有機化合物で、ミネラルは土壌や水のなかに存在する無機物です。ビタミンは全部で13種類、人に必要とされる必須ミネラルは16種類です。> bit.ly/ZbynWU

posted at 08:03:54

6月12日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

06/11のツイートまとめ: tw5bot 06/10のツイートまとめ: tw5bot 06/09のツイートまとめ: tw5bot 06/08のツイートまとめ: tw5bot 06/07のツイートまとめ:… dlvr.it/B9wFT7 (ほめこのブログ)

posted at 03:34:32

2015年06月11日(木)34 tweetssource

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

男性は栄養が偏るとこんな症状が出てきます。抜け毛が気になる、目がかすむ、口臭が気になる、歯茎から出血する、息切れがする、身体がだるい、イライラしやすい、胃腸が弱っている、太った、腰が痛い、精力減退、筋力が落ちる> bit.ly/14zP164

posted at 23:33:55

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

そもそもダイエットは余分な脂肪を落とすことです。しかし体重が減っても体脂肪がそれほど落ちていないことはよくあるのです。ダイエットが出来た人で「体重が何kg減った」と言えても「体脂肪が何kg減った」と把握してる人は少ないでしょう。> bit.ly/WRWzr6

posted at 23:03:54

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

良くないことを減らすより、新しい良い習慣を増やすことのほうがカンタンです。「これをやめよう」 「これはガマンしなければ」と思うのはツライけど、新しいことをはじめるのは期待感を持って楽しく出来たりするものです。> bit.ly/12IMeQD

posted at 20:40:53

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

お菓子やスナックを食べることがやめられない人は、もっとヘルシーなおやつ、例えば果物やドライフルーツを用意するとか、野菜だって工夫をすれば間食になります。そういった別のものに置き換える工夫をしてみてもいいんじゃないでしょうか。> bit.ly/12IMeQD

posted at 20:30:51

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

染み付いた古い習慣をやめるのは大変です。毎日食べていたお菓子を禁止するのは寂しいでしょうし、お酒を急にやめるとストレスになったりするでしょう。禁止するのは大変なのです。でも何か新しい習慣を加えることは意外に簡単なんです。> bit.ly/12IMeQD

posted at 20:20:51

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

行動パターンをつくる要因には「生活環境」や「好み」が関係することも多いです。仕事柄外食が多いとか、帰宅が遅く食事が遅くなる、薄味より濃い味が好み、肉が好き、野菜が嫌いなど、環境や好みを変えることは難しいことでもあります。> bit.ly/12IMeQD

posted at 20:10:54

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

長年にわたって形成された生活パターン、染みついた癖というのは抜けにくいものです。無意識にやってしまっていることも多くあるでしょう。でも変えようという意識を持ちつづけ繰り返し何度もチャレンジしながら変えていくものなんですね。> bit.ly/12IMeQD

posted at 20:00:51

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

太ってしまう原因は4つの項目に集約されるでしょう。「摂取カロリー過剰(食べ過ぎ)」「消費カロリー不足(運動不足)」「基礎代謝低下」「自律神経の乱れ」これらの原因につながる生活習慣を改めていくことが大切です。> bit.ly/12IMeQD

posted at 19:50:55

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

「子供の食べ残しを食べる」「こってりが好き」「ファーストフードの新商品は必ずチェック」「スーパーの惣菜を利用することが多い」「休日は家でゴロゴロしている」など肥満につながる行動パターンは複数が重なっているものです。> bit.ly/12IMeQD

posted at 19:40:56

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

仕事が終わったら必ずお酒を飲むとか、食後に必ず甘いものを食べるなど、人それぞれいろんな行動パターンがありますが、毎日の生活の中には、自分自身では気づくことはなくやってしまっている肥満につながる行動パターンが必ずあるのです。> bit.ly/12IMeQD

posted at 19:30:55

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

「肥満につながる行動パターン」がある人はなかなか痩せることが出来なかったり、痩せたとしてもまた太ってしまうのです。自分の生活習慣を見なおして以前とは違う生活習慣に変えないといけないのです。> bit.ly/12IMeQD

posted at 19:20:54

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

リバウンドにもいろんなパターンがあります。無理なダイエットでなくてもリバウンドすることはあるのです。ダイエットをやめたあとに以前と全く同じ生活習慣に戻したら、体重だってやがて戻ってしまうのは当然なのです。> bit.ly/12IMeQD

posted at 19:10:58

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

★気を抜くとすぐ太ってしまうという人もいらっしゃるでしょう。たぶん太りやすい習慣をお持ちなのだと思います。ここからの時間は「肥満につながる行動パターン」という話題をつぶやきます。(^O^)/ homeyase.net/?p=202

posted at 19:00:54

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

■ここからの時間はダイエット教室からの内容をつぶやきます。ダイエット教室とは健康的に痩せるための基礎知識を広めるために行っています。ダイエットの参考にしてください(^O^)/

posted at 17:33:53

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

血液がドロドロになると老廃物の排泄もしづらくなりますから、例えばむくみやすくなったりもしますし、老化が早くなります。血管の老化は20代から始まっているのです。ドロドロ血液は血管の老化を早めてしまうんですね。> bit.ly/ZjbISC

posted at 17:03:53

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

健康のために運動しているのに人が活発に動くと活性酸素が大量に発生しちゃう。その矛盾を解決するには発生した活性酸素を除去する力「抗酸化力」を高めることにあります。そのためにはビタミンなどの抗酸化物質が必要なんですね。> bit.ly/Y17j86

posted at 16:33:52

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

運動不足だと骨も弱くなります。骨がもろくなると体を支えられなくりさらに運動不足になるなど悪循環が起きます。骨が弱くなると骨折のリスクが高まりますが、それだけでなくストレスに弱くなったり、キレやすくなったりもするのです。> bit.ly/Z4RMpw

posted at 16:03:52

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ダイエットはただ体重を落とすだけでなく、筋肉などを落とすのでなく余分に増えてしまった体脂肪を落とすことであり、体脂肪を減らした結果として体重が落ちるのが理想です。体脂肪率が適正の範囲内で維持させるることが大事ですね。> bit.ly/11899dW

posted at 13:33:53

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

テフロン加工のフライパンを使うなど、なるべく炒め油が少なくなるよう気をつけましょう。使う油はなるべく健康的なもの例えばサラダ油をごま油やオリーブオイルに代えるのがいいでしょう。> bit.ly/VByFl9

posted at 12:40:56

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

揚げ物は脂質の摂取が多くなります。なるべく少なくがいいです。揚げ物をするときには・素材を大きく切る・衣を少なくする・高温の油であげる など、食材への油の吸着率を意識するようにしましょう。> bit.ly/VByFl9

posted at 12:30:49

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスを良くしたいですから、主菜のおかずは肉類を少なくして魚を多くするようにするのがいいでしょう。加工品や惣菜は美味しいことが優先です動物性の油脂、飽和脂肪酸が多いと思っておきましょう。> bit.ly/VByFl9

posted at 12:20:54

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

過食になれば必然的に脂質摂取が増えます。腹八分目の食事を習慣にしましょう。よく噛んで時間をかけて食べる。夜遅く食べないようにする。薄味に慣れるようにする。そういったことも大事だと思います。> bit.ly/VByFl9

posted at 12:10:54

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ミルクたっぷりの珈琲や紅茶、ウインナーやフランクフルトなどの加工肉、ケーキ、アイスクリーム、ドーナッツ、菓子パン、あんまん、肉まん、その他お菓子類は脂質も多いです。揚げてあるスナックやクッキーなどの洋菓子類も意外に多いですね。> bit.ly/VByFl9

posted at 12:00:54

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ラーメン、フライドチキン、唐揚げ、とんかつ、コロッケ、ハンバーガー類、ハンバーグ、ルーを使ったカレー、肉団子、焼き餃子、春巻き、etc、脂を多く使ったこってりした料理も飽和脂肪酸が多いです。控えめにするのがいいでしょう。> bit.ly/VByFl9

posted at 11:50:57

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

脂ののった牛肉はほぼ半分が脂質です。しかも飽和脂肪酸ですからね。焼肉を食べに行ったら1日の脂質摂取の目安量は簡単にオーバーしてしまうでしょう。時々ならいいけど頻繁にならないよう注意する必要がありますね。> bit.ly/VByFl9

posted at 11:40:59

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

動物性脂質(飽和脂肪酸)と植物性脂質(不飽和脂肪酸)の摂取の割合は「1対2」くらいが望ましいといわれます。メインのおかずは魚の回数を多くして、時々肉にするのがいいでしょう。> bit.ly/VByFl9

posted at 11:30:57

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

脂質の適正量はその人の1日の適正エネルギーの20%程度がよいとされます。ダイエット中は脂質の量は少し抑えたいですから15%程度が良いと言われますね。1600kcalの食事なら、320kcal、35.6gです。> bit.ly/VByFl9

posted at 11:20:58

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

飽和脂肪酸の摂取の目安は厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によると、18歳以上の男女で、1日の摂取カロリーの、4.5%以上、7%未満です。1600kcalの食事なら、112kcal、12gが飽和脂肪酸の目安です。> bit.ly/VByFl9

posted at 11:10:59

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

■ここからの時間はダイエット教室からの内容をつぶやきます。ダイエット教室とは健康的に痩せるための基礎知識を広めるために行っています。ダイエットの参考にしてください(^O^)/

posted at 11:00:58

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

体内の水分は尿や便、汗をかいたり呼吸をしたりすることで昼夜問わずどんどん失われていきます。1日に平均2.5リットルほどは身体の外に出ていくんです。ですから当然そのくらいは補給をしなくてはいけないんです。> bit.ly/ZrT2lf

posted at 08:33:56

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

毒素は普通に生活していて入ってくるものです。土壌からはダイオキシン、タバコの副流煙、ピアスや化粧品やシャンプー、歯の詰め物には水銀、毎日口にする飲食物からの有害ミネラルや残留農薬、そして食物添加物、毒がいっぱいなのです。> bit.ly/12QQEL2

posted at 08:03:53

6月11日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

06/10のツイートまとめ: tw5bot 06/09のツイートまとめ: tw5bot 06/08のツイートまとめ: tw5bot 06/07のツイートまとめ: tw5bot 06/06のツイートまとめ:… dlvr.it/B9KlFz (ほめこのブログ)

posted at 03:37:03

2015年06月10日(水)35 tweetssource

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

お酒1単位の目安は、ビール:中瓶1本、日本酒:1合、焼酎:0.6合、ウィスキー:ダブル1杯、ワイン:グラス2杯、缶チューハイ:1.5缶(約520ml)です。1~2単位が適量と言いますがダイエット中は1単位が良いでしょう。> bit.ly/126YV8D

posted at 23:33:58

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

「便秘にならないようにする」ということは非常に重要なことですが、便秘になっていなければそれだけでデトックスができているというものでもありません。便と一緒にできるだけ毒素を多く出しちゃいたいのです。それがデトックスです。> bit.ly/ZOmxxI

posted at 23:03:53

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

朝起きたら軽く体を動かして、朝食を食べて、日中は活発に活動して、夜はあまりカロリーを摂らずゆっくり休む。そのような規則正しい生活をすることも停滞期を長引かせないようにしたり、リバウンドをしにくくさせるためによいことです。> bit.ly/12ILZF7

posted at 20:40:55

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ダイエットで食事制限をしているときは、特に栄養バランスに気をつけないと必要な栄養素が不足してしまうのです。サプリメントなどを利用して栄養が偏らないような配慮をするのもいい方法です。> bit.ly/12ILZF7

posted at 20:30:52

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

例えば単品ダイエットをしたり、それがいいと聞いてバナナやトマトばっかり食べるなど、特定の食品に偏ると栄養バランスは悪くなります。ダイエット中でもいろんな食品を少量ずつ食べながら全体のカロリーを下げないといけないのです。> bit.ly/12ILZF7

posted at 20:20:55

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

摂取カロリーは基礎代謝以下にしないのがいいですが、カロリーが足りてても偏ってはよくないです。カロリーのバランスは 糖質:タンパク質:脂質=6:2:2が理想で、他にもビタミンやミネラルや食物繊維などもしっかり摂りましょう。> bit.ly/12ILZF7

posted at 20:10:53

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ダイエットの成功のためには心身ともに健康な状態でいることも大切です。例えば病気や体調不良で身体がキケンを感じて代謝を落とすこともあるし、心が不健康でイライラすると脂肪がたまりやすいんです。> bit.ly/12ILZF7

posted at 20:00:57

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

基礎代謝とは心臓を動かしたり、体温を維持したり人が生きていくために必要なエネルギーですから1日の摂取カロリーをそれ以下にしないようにしましょう。個人差はありますが目安は女性は1200kcal、男性は1700kcal程度です。> bit.ly/12ILZF7

posted at 19:50:54

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

極端に食事を減らすと身体が「飢餓が来た」と思ってしまいます。目安は基礎代謝以下にしないことです。1日3回の食事をバランスよく食べてダイエットをするようにしましょう。> bit.ly/12ILZF7

posted at 19:40:56

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ホメオスタシスが最大限に働くのは1カ月で5%以上体重が減ったときと言われます。60kgの人であれば3kg/月 50kgの人であれば2.5kg/月 です。それ以上のダイエットはリバウンドをしやすくなってしまいますよ。> bit.ly/12ILZF7

posted at 19:30:56

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

命の危険を冒してまでダイエットしようなんて思っていないはずです。しかし身体はダイエットで危険を感じてしまってダイエットを中止させようとするわけです。あなたの思う危険と身体が感じる危険にギャップがあるんですね。> bit.ly/12ILZF7

posted at 19:20:55

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

身体がホメオスタシスという機能が働いて、消費エネルギーを下げたり、空腹感を感じさせたり、ダイエットを邪魔しようとするのは身体がキケンを感じてしまうからなのです。つまり無理のない正しいダイエットをしないといけないんですね。> bit.ly/12ILZF7

posted at 19:10:57

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

★せっかくダイエットしてもリバウンドしてしまう人が多いのですが、どうしたらリバウンドを防ぐことが出来るでしょう。ここからの時間は「リバウンドしないために」という話題をつぶやきます。(^O^)/ homeyase.net/?p=195

posted at 19:00:57

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

食べる環境は制限したほうがいいです。通常は食卓が食べる場所でしょう。その他の場所、例えばリビングのソファなどでは食べないと決めてしまうなど、食べる場所を一定にしてしまうと、ダラダラ食いの防止になります。> bit.ly/18STAqd

posted at 17:33:55

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

体内に比較的多いカルシウム、リン、カリウム、イオウ、ナトリウム、塩素、マグネシウムの7種類を主要ミネラルといい、必要量が微量な鉄、亜鉛、銅、セレン、ヨウ素、クロム、マンガン、モリブデン、コバルトの9種類を微量ミネラルといいます。> bit.ly/ZbynWU

posted at 17:03:56

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

歩数計を用意して、朝起きたら歩数計をポケットに入れて夜まで、1日に自分がどのぐらい歩いているのか測定してみてください。今までの通り普段通りの生活で3日間くらい測定してみるといいでしょう。その歩数は一つの目安になります。> bit.ly/12lqlXo

posted at 16:33:55

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ダイエット中は有酸素運動だけでなくスロトレなどのレジスタンス運動を併用するのがいいです。有酸素運動は脂肪を使う効果はありますが、筋力アップの効果はあまり期待できないので有酸素運動だけでは筋肉が落ちてしまうのです。> bit.ly/10NpAsG

posted at 16:03:56

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

良くないことを減らすより、新しい良い習慣を増やすことのほうがカンタンです。「これをやめよう」 「これはガマンしなければ」と思うのはツライけど、新しいことをはじめるのは期待感を持って楽しく出来たりするものです。> bit.ly/12IMeQD

posted at 13:33:56

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

太るか痩せるかということは消費カロリーと消費カロリーのバランスなのです。「消費が大きければ痩せる。」「摂取が大きければ太る。」理屈は単純にそういうことです。> bit.ly/15KNUOw

posted at 13:03:49

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ちなみに飽和脂肪酸の摂取量の目安に下限が設けられているのは摂取量が少なくなりすぎると脳出血が増えるという報告があるからです。肉は良くないと思いすぎて全くゼロにするのはあまりよくないのです。何事も適度がいいということです。> bit.ly/11lRXAa

posted at 12:40:52

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

飽和脂肪酸の摂取の目安は18歳以上の男女で、1日の摂取カロリーの、4.5%以上、7%未満という目安があります。1日に1600kcalの食事をするなら112kcalが飽和脂肪酸のカロリーで、重さにすると、12グラム以下が目安です。> bit.ly/11lRXAa

posted at 12:30:59

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

動物性タンパク質を多く摂ると人間の成長が早くなります。最近の子供の成長が早いのは動物性タンパク質が増えたためと考えられています。でも成長が早いということは老化が早いということです。ある程度の歳になったら肉は控えめがいいですね。> bit.ly/11lRXAa

posted at 12:20:58

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

肉を食べるとパワーが出ると思っている人がいますが、それはそんな気がするだけで科学的な根拠はあまりないようですよ。でも動物性タンパク質を多く摂ると人間の成長が早くなります。植物性より動物性タンパク質は身体が利用しやすいのです。> bit.ly/11lRXAa

posted at 12:10:58

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

血圧が上がる原因は血液の問題だけでなく血管にもあります。コレステロールの沈着などで血管が狭くなったり、老化をして硬くなったり、血栓ができて流れにくくくなっても血管内の圧力(血圧)は上がります。肉を食べ過ぎても上がるのです。> bit.ly/11lRXAa

posted at 12:01:06

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

塩分を摂り過ぎると高血圧になることはよく知られています。これは塩をとり過ぎて血中のナトリウム濃度が上がるとそれを薄めるために血液中の水分が増えます。つまり血液の量そのものが増えて圧力が高くなるのです。> bit.ly/11lRXAa

posted at 11:50:59

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

飽和脂肪酸は常温で固形です。また動物は人間より体温が高いです。だから肉類を食べ過ぎていると身体の中でも固まりやすく脂質が動脈の壁にくっついて動脈が厚く硬くなります。それが動脈硬化で心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくします。> bit.ly/11lRXAa

posted at 11:40:59

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

飽和脂肪酸は摂取が過剰になると、肝臓でコレステロールの合成を促進し血中コレステロール値を上げてしまいます。悪玉のLDLコレステロールや中性脂肪を増やしやすく脂質異常症になりやすいのです。> bit.ly/11lRXAa

posted at 11:31:02

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

タンパク質や糖質のエネルギーは1グラム当たり4kcalですが、脂質は倍以上の9kcalです。脂肪分の多い食事は当然カロリーが高い。高ければ使い切れないエネルギーが多く脂肪の蓄積も多い。脂っこい料理は太りやすいのです。> bit.ly/11lRXAa

posted at 11:20:59

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

健康のためには肉類からの脂質の摂取を減らして魚を増やすほうがいいのですが、でも大事なことは「バランス」です。ある特定のものからばかりから同じ脂質をとるのではなく、色んな種類の脂質をとることが大事なのです。> bit.ly/11lRXAa

posted at 11:11:01

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

■ここからの時間はダイエット教室からの内容をつぶやきます。ダイエット教室とは健康的に痩せるための基礎知識を広めるために行っています。ダイエットの参考にしてください(^O^)/

posted at 11:01:02

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ダイエットの目標をとても厳しくしたとします。最初はがんばれるかもしれませんが、そのうち目標にそって進まないことにイライラしたり、焦って無理をしちゃったり、辛い毎日を過ごさないといけなくなって、やがて挫折しちゃうでしょう。> bit.ly/YB8w5A

posted at 08:34:00

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

ホメオスタシスという生体恒常性の機能はダイエットするときも影響してしまうんです。あなたはダイエットをして体重を落としたいと思っていても、身体は現在の体重を維持してしまうように働いてしまうんです。> bit.ly/12ILHOD

posted at 08:03:57

6月10日

@tw5bot

ほめこ@tw5bot

06/09のツイートまとめ: tw5bot 06/08のツイートまとめ: tw5bot 06/07のツイートまとめ: tw5bot 06/06のツイートまとめ: tw5bot 06/05のツイートまとめ:… dlvr.it/B8l65f (ほめこのブログ)

posted at 04:06:04

このページの先頭へ