情報更新

last update 12/15 04:26

ツイート検索

 

@tweeting_cows
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

Stats Twitter歴
3,117日(2009/06/04より)
ツイート数
9,758(3.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年12月14日(木)2 tweetssource

17時間前

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

@baikunan わ、「クロニクル」や「エージェント・ウルトラ」でも知られる脚本家のマックス・ランディスは、ジョン・ランディスの息子だったのですね!知らなかったです!

posted at 19:41:47

19時間前

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

シカゴが舞台の『ビッグ・シック』試写。素晴らしい映画だった。パキスタン出身の駆け出しコメディアンと、偶然彼のステージを見たエミリーが惹かれ合うも、やがて彼女は病に倒れ緊急搬送。互いの家族を絡めつつ、異文化カップルが試練を越えていく実話を描く。今の時代が欲する処方箋のような作品。 pic.twitter.com/ARBTj4e2rY

posted at 17:38:48

2017年12月12日(火)7 tweetssource

12月12日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

@kakehi_maxxxaya 確か「未知との遭遇」のクライマックスでも同じような手法で、猿に着ぐるみ着せようとして廃案になったことがあったような(結局、幼い少女たちに宇宙人服を着せて演じさせたんですが)。子供の頃に魅了された作品の裏側で、こんな大人たちの苦労があったのかと今更ながら感心、感動させられます。

posted at 19:29:25

12月12日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

ちなみに、1984年公開作の米興収ランキング1位から10位は、ビバリーヒルズ・コップ、ゴーストバスターズ、インディ・ジョーンズ2、グレムリン、ベスト・キッド、ポリス・アカデミー、フットルース、ロマンシング・ストーン、スター・トレック3、スプラッシュ。11位にはパープル・レイン。

posted at 17:55:14

12月12日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

@kakehi_maxxxaya パペット使ってあの手この手でクリーチャーの機微を表現しているあの質感がたまらないですよね。CGでは絶対に表現できない!実は第一作目の製作の初期段階で、猿にマスクをかぶせて演じさせようと試したこともあったそうです。でも猿がパニクったのでやめたとのこと。

posted at 17:45:41

12月12日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

一方、ジョー・ダンテ監督は「クリスマスが舞台の映画をクリスマスに公開したなら、それは単なる季節限定モノになってしまうだろう」と語っていて、それもまた「なるほど」と頷ける話。ちなみに『グレムリン』の日本公開は、米(6月8日)の半年後の1984年12月8日だった。

posted at 17:40:02

12月12日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

グレムリンはもともと1984年のクリスマスシーズンの米公開を予定していたそうで、それを前倒しする形で(米では)6月8日にセッティングされたそうだ。もしもクリスマス公開であったなら、より爆発的なヒットが見込めた気もするのだが。

posted at 17:27:04

12月12日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

@kakehi_maxxxaya 確かに「グレムリン3」(リメイクなのかリブートなのかわからないのですが)の話ありますよね。まだ脚本を開発中のようで、もっとダークになるとか、ファウンドフッテージものになるだとか、あまりあてにならないニュースを見かけます。具体化するにはまだまだ時間がかかりそうな。

posted at 16:53:14

12月12日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

1984年は映画豊作の年。中でもホラーとファンタジーとコメディを融合させた『ゴーストバスターズ』と『グレムリン』がアメリカで同じ6月8日に封切られたのは興味深い。どちらも甲乙つけがたいが、米興行的にはゴーストバスターズが勝利。

posted at 15:30:13

2017年12月08日(金)3 tweetssource

12月8日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

ひどい頭痛を抱え寝ていてふと気付くと、遊びに来ていた生後6ヶ月の姪が「アウー」「ブハー」「ギュルルル」などと、一生懸命しゃべりかけてくれていた。

posted at 16:56:34

12月8日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

映画『猫が教えてくれたこと』を観ながら、イスタンブールに滞在した時の記憶が蘇ってきた。確かにあの街の猫は悠々自適で、それを見守る人々の目線も温かだったような気がする。猫はある意味、この街の歴史を見つめ続けてきた一つの視座のような存在なのかも。一方、泥だらけの野良犬もよく見かけた。

posted at 16:48:35

2017年12月07日(木)1 tweetsource

12月7日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

@baikunan そうなんです!しかも、どちらもチャニング・テイタムが出演しているという共通項もあり、面白いものだなと思いました!ちなみに今回の「キングスマン」は本拠地イギリスを離れ、ケンタッキー州へと赴く内容になっており、「カントリーホーム」の響きが変化球的に郷愁を誘います。

posted at 13:07:18

2017年12月06日(水)3 tweetssource

12月6日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

『キングスマン2』ではハリー・ポッターの校長先生役でおなじみのマイケル・ガンボンが”アーサー”役を演じていて驚いた。ジョン・デンバーの楽曲が印象的に流れるのも大きな特徴。

posted at 20:34:19

12月6日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

ボンド氏が6月に亡くなり、『パディントン2』のキャストやスタッフたちもどれほど心を痛めたか知れない。それでも続編は素晴らしいイマジネーションに満ちた絶品に仕上がった。英国コメディの伝統を継ぐ可笑しさと、胸がポカポカする温かさが一杯。ボンド氏も天国で喜んでおられることだろう。

posted at 20:14:27

12月6日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

映画『パディントン』の一作目には、原作者のマイケル・ボンドもカメオ出演している。若きクマ紳士が、ブラウン一家と共にタクシーでロンドン市内を巡るシーンにて。その瞬間、パディントンも思わず帽子を脱ぎ、窓越しにご挨拶。 pic.twitter.com/k60jb3dLjZ

posted at 19:55:48

2017年12月02日(土)1 tweetsource

2017年11月28日(火)1 tweetsource

2017年11月26日(日)1 tweetsource

11月26日

@tweeting_cows

kaya@tweetKaya

私事ですが、コーヒー愛が行き過ぎてしまい、この度地元川越のお寺でコーヒーフェスティバルを開催することになりました。12月9日・10日の週末です。川越はなかなかの観光地ですので、この機会にコーヒー片手に散策してみてください!I will have my first Coffee Festival in my hometown!! Come!!! pic.twitter.com/VH7UsBjMsP

Retweeted by 牛津厚信

retweeted at 13:31:50

2017年11月22日(水)2 tweetssource

11月22日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

子供の頃、ハロッズ内で迷子になり、エスカレーターを何度も昇り降りして親を探した記憶を思い出した。あの時はこの世の終わりのような気がした。

posted at 16:34:05

2017年11月21日(火)1 tweetsource

11月21日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

『ジャスティス・リーグ』が観たい。ちょっと体調が弱っているので、無条件に心と体を活性化させてくれる映画だったら嬉しいな。

posted at 18:34:35

2017年11月20日(月)1 tweetsource

11月20日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

良かれと思って下した判断が、芋づる式に裏目に出ていく男の物語『まともな男』。この主人公、ごく一般的な”まともな男”なのに、ああ、それなのに、なぜにこれほどのトラブルを呼び込んでしまうのか。運命?そういう人相?日々の報い?困った顔で苦悶し続ける哀しき彼が、無性に愛おしく思えたりも。

posted at 14:08:48

2017年11月15日(水)1 tweetsource

2017年11月09日(木)1 tweetsource

11月9日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

@ryo_wood おー!ありがとうございます!嬉しいです!あのインタビューの紙面から伝わる人柄よりも、100倍くらい、素敵な人でした。すべてのしがらみから解放されて、一旦リセットした中から積み上げられていく新たなウェブ・ワールド。自由で、心地よく、温かく、本当に心に沁み込んでくる作品です。

posted at 13:34:57

2017年11月04日(土)1 tweetsource

11月4日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

『シンクロナイズドモンスター』、これまでにない怪獣映画で非常に面白かった!このような企画を面白がるだけでなく、主演までしてしまうアン・ハサウェイ。有名になればなるほど同じ系統の役柄が続く映画界で、自らのカラーを突き破る姿が勇ましい。そしてやっぱり世界はどこかで繋がっている。

posted at 13:58:34

2017年11月03日(金)5 tweetssource

11月3日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

アル・ゴアとトミー・リー・ジョーンズがルームメイトだったのは有名な話だが、最近初めて知ったのは、ジェイソン・ブラム(パラノーマル・アクティビティやゲット・アウトの製作)とノア・バームバックがルームメイトだったという話。

posted at 22:41:56

11月3日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

近所のイオンシネマで二度目の『マイティ・ソー バトルロイヤル』。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のような祝祭的なノリで楽しめる一作。意外な名作が踏襲されている部分にもニヤリとさせられる。ちなみに素顔は拝めないが、コーグ役はワイティティ監督自身が演じている。

posted at 22:36:05

2017年11月02日(木)1 tweetsource

11月2日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

発売中のEYESCREAMで『gifted ギフテッド』のマーク・ウェブ監督のインタビュー記事を手掛けております(102P)。ズバリ聞きにくいことから単刀直入に切り込んでみましたが、ウェブ監督は虚勢をはることなく自然体の優しい口調で答えてくださいました。感謝。映画も素晴らしいです

posted at 20:59:08

2017年11月01日(水)2 tweetssource

11月1日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

"Eagle vs Shark"(07)は、内気な男女二人が動物のぬいぐるみを着て、TVゲーム対戦をするという、奇妙奇天烈な恋愛コメディだった。俳優でもあるワイティティ監督は『グリーン・ランタン』(11)に脇役出演した経歴もあり。

posted at 20:17:52

11月1日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

『マイティ・ソー』最新作について書きました。今回の監督には、07年の東京国際映画祭に"Eagle vs Shark"を出品した経歴もあるニュージーランド出身のタイカ・ワイティティを大抜擢。その持ち味が大舞台でも堂々と炸裂しています。 eiga.com/movie/84136/cr

posted at 16:40:29

2017年10月23日(月)1 tweetsource

2017年10月22日(日)2 tweetssource

10月22日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

@baikunan @AkaneSaito コメントありがとうございます!シールの素顔は見たことがありませんでしたが、終盤になると似てくるのですね!さすが、トムなりに役柄を生きる過程で自ずとリアルな「シール」が浮かび上がってきたのでしょうか。トムもリーマン監督も普段から操縦するらしく、飛行シーンもこだわりたっぷりでしたね!

posted at 13:00:26

2017年10月19日(木)1 tweetsource

10月19日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

@AkaneSaito ドーナル・グリーソン、良かったですよね!あと、義理の弟役のケイレブ・ランドリー・ジョーンズも!『ゲット・アウト』に引き続き、彼にしかできないニッチな役柄を的確にこなしてますよね。

posted at 04:03:48

2017年10月18日(水)2 tweetssource

10月18日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

『バリー・シール』のレビューを執筆しました。やっぱりトムはこうでなくっちゃ!という描写が満載の快作です。個人的には、ダグ・リーマンがよくぞこの時代性にあった映像質感を生み出したものだなと感心。この二人のタッグなら、3作目も観てみたい。eiga.com/movie/86389/cr

posted at 16:56:58

2017年10月17日(火)3 tweetssource

10月17日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

真夜中に『パージ』を観ていて、この監督ってどんな人なんだろうな、と確認すると、前に東京国際で来日して直接会ったこともあるジェームズ・デモナコだった。立派になったなあ、としみじみ。

posted at 11:07:19

2017年10月16日(月)1 tweetsource

2017年10月12日(木)1 tweetsource

10月12日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

『ギフテッド』マーク・ウェブ監督にインタビュー。すごくすごくいい方だった。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズがキャンセルになった時の心境や、今回の新作が彼にとってどんな存在なのかも含めて、いろんなお話を聞いてきました。常に自然体。彼の周囲には終始気持ちのいい風が吹いてる。

posted at 15:32:53

2017年10月01日(日)2 tweetssource

10月1日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

『ドリーム』に心を熱く震わせた方は『ライト・スタッフ』(83)もお忘れなく。まさに同時代、ものすごく近い場所で共に宇宙を目指した人々にスポットを当てている意味で、数十年の時を経て完結した2部作のようにも思えてくる。

posted at 16:04:17

10月1日

@tweeting_cows

kaya@tweetKaya

10月1日はコーヒーの日♡国際的に定められているそうです。日曜日ですし、お天気だし、美味しいコーヒー楽しんで下さいね。そこで、美味しいコーヒーってなに?という記事をグルメサイトRettyに書かせていただきました。是非、お読み下さい♪ retty.news/34581/

Retweeted by 牛津厚信

retweeted at 12:28:31

2017年09月30日(土)1 tweetsource

2017年09月28日(木)1 tweetsource

9月28日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

ラッセ・ハルストレム監督作『僕のワンダフル・ライフ』のレビューを執筆。単なる少年と愛犬の友情物語かと思いきや、実はかなりの変化球モノ。W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説が原作です。愛犬家の方もそうでない方も是非ご覧ください。eiga.com/movie/86388/cr

posted at 21:25:44

2017年09月27日(水)1 tweetsource

9月27日

@tweeting_cows

牛津厚信@tweeting_cows

『ゲット・アウト』は見ているこちらの予想の上の、そのまたさらに上をいく異色ホラーだった。コメディで培った力量をかつてない形のホラーに注ぎ込んだジョーダン・ピール監督。その持ち味がジェイソン・ブラム(製作)と融合するとこんな化学変化が巻き起こるのか。

posted at 15:13:49

このページの先頭へ