情報更新

last update 02/24 20:29

ツイート検索

 

@wtsurumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

Stats Twitter歴
2,383日(2011/08/18より)
ツイート数
9,480(3.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年02月23日(金)8 tweetssource

2月23日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

うわべだけの言葉、社交辞令、愛想笑いなどを嫌っていたので、長い間「会話」がまるでダメだった。のちに、会話なんて弾んだ状態を楽しんでるだけなのだから上っ面でいい、本音の話などたまにすればいいと割り切ると、様々な人とつながれる別世界が開けた。あるものは失ったが、このほうがまあ楽。

posted at 23:17:14

2月23日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

自宅が仕事場でもある自分の場合、住居にかかる費用(家賃・固定資産税、電気、ガス、電話、NHK、修理費など)の70%を必要経費にできると、相談した弁護士に言われた。ずっとそれで申告しているが問題ない。|フリーランスの確定申告の実態 どこまで経費に計上する? headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018

posted at 22:19:08

2月23日

@wtsurumi

モダンギャルド modern-garde@moderngarde

番組はデンマークのヒュッゲを特集していて、相席食堂(相席レストラン)で見知らぬ人と友達になって会話を楽しむ場面が出てくるけれど、自分がデンマークに住んでいたら相席食堂は確実に行くわー。今から高円寺に行くのは複数の人に会うのが目的なので、ヒュッゲに近いかも。 www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 21:30:28

2018年02月22日(木)7 tweetssource

2月22日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

特定の人物を一斉に崇めるような状況になると、自分はいつも引く。スポーツ選手に限らず、ミュージシャンでもそう。そうすると変に気持ちよくなるのは人類にもとからある癖のようなものだろうが、自分が理想とする方向とはまったく逆なので。

posted at 23:05:46

2月22日

@wtsurumi

きか☄@Susie_Mei

マイケルさんから聞いた、香港の所有者のわからない空き地で野菜や果物を育て、苗を無料で配る達人の話が好き。リトル宮下ガーデンが台車に野菜のコンテナを積んで、渋谷の共同炊事の場に行くと、野菜作りのコツを教えてくれる方がけっこういる。実家は農家で俺は四男で、みたいな話をしてくれる。 twitter.com/susie_mei/stat

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 21:05:06

2018年02月21日(水)7 tweetssource

2月21日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

平日昼の地域の活動に入っていけないのは、高齢者ではない男だと、仕事しないで何やってるんだと見られるというのはある。が、それよりも大きな障壁は、その健全さというか、ちゃんとしている感か。それに馴染めない人間が、ずっと地域からはじかれねばならないなら、大きい問題だ。

posted at 22:46:55

2月21日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

平日昼の中央公民館に行くと、3階にわたってぎっしりあるすべての学習室で、囲碁、料理、工作、パステル画、落語、音楽、麻雀(大人気)まで、様々なグループ活動が盛り上がっている。メンバーは高齢者か主婦?。こんなふうに不適応者たちも集まれればいいのだが、ここに入っていくのは自分でも無理。

posted at 22:15:05

2月21日

@wtsurumi

hoge tapes@hogetapes

2018年2月18日 ほげ0円ショップ ずっと風が吹いていて芯まで冷えた一日 先月も来てくれたTさんとYさんが今回も参加 京都マラソン効果で結構人がいました 持込みがあったりリピーターさんと出会ったりといいカンジ カイロをビンに貼って中に酒を入れるも温まらず 最後はみんなで白湯を飲む始末 pic.twitter.com/DSZ4e42PZi

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 20:32:35

2018年02月20日(火)6 tweetssource

2018年02月19日(月)5 tweetssource

2月19日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

お金を一切使わなかったドイツ人女性ハイデマリーのドキュメンタリーの日本語版。彼女の人生は、毎日が住み込みの交換労働。ゴミも拾うし、シェアも駆使する。#0円で生きる はマーク・ボイルよりハイデマリーに近いかも。www.dailymotion.com/video/x1q8uob
本も出ている。www.amazon.co.jp/%E9%A3%9F%E8%B

posted at 23:58:51

2月19日

@wtsurumi

神長恒一@nogawaanarchy

だめ連ラジオ「熱くレヴォリューション!」26回 前半 ’17 忘年会、アップしました~。
遅くなりましたが今回は、12月におこなっただめ連忘年会のようすです。毎年恒例「私の一文字」で、豪華メンバーがそれぞれの2017年を振り返りました。その前半です。ヨロシク~。
www.youtube.com/watch?v=hkFjoI

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 21:38:03

2月19日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

複数人と同時交際「ポリアモリー」な女性たちが急増中  mdpr.jp/column/detail/|「関係性を隠さず、全員がすべての関係に合意している」「順位をつけず、すべての人を誠実に愛している」。アメリカ都市部で増加中だと。男女一対一という関係のあり方まで緩くなる傾向。同性愛は言うまでもなし。

posted at 00:06:15

2018年02月18日(日)7 tweetssource

2月18日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

「夫婦のみ」の世帯は戦後増え続けて、今や「夫婦と子供」世帯数に迫っている。未婚男女同居を入れたら追いついているんじゃないかと思うほど。行政にまるで相手にされていないので、はるかに少ないのかと思ってしまう。行政が思い描く古い家族像は崩壊している。www.garbagenews.net/archives/19545

posted at 23:53:33

2月18日

@wtsurumi

芳賀竜也@mainichi_haga

駆け込み乗車にご立腹の車掌さんが「山手線は3分間隔で運転しております。駆け込み乗車で電車が止まりますと、運転再開まで3分以上かかります。よって、お急ぎの場合は駆け込み乗車をせず、後続の電車をご利用いただいた方が速いことになります」という華麗な三段論法を披露してちょっとびっくり。

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 22:38:29

2月18日

@wtsurumi

柳美里@yu_miri_0622

本屋の開業準備を進めて、本屋さんのご苦労が身に染みる。
1冊の本のうち、出版社の取り分が約70%(著者印税、印刷代、装丁デザイン、編集者や営業の給与、会社の家賃など)、取次約8%、書店約22%。
22%はあくまで粗利で、運営費や人件費を引いた純利益は平均1%。千円の本の場合、十円!

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 21:57:45

2月18日

@wtsurumi

柚季@raim2005

鶴見済『0円で生きる』は町内レベルくらいでできることが多く書かれていたな〜という印象なので(まだ1回しか通読してないんだけど)、ゆるい繋がりというのは必要なんだわ モノの共有とか活発にしやすいのは田舎なんじゃないかなーと思う(元々基盤があるので)でも人が集まりやすいのは都会なんだよなぁ

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 21:11:00

2018年02月17日(土)7 tweetssource

2月17日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

伝統的な社会から今に至るまで、地縁、血縁など、縛りのきつい人間関係は、どんどんゆるくなっている。晩婚や離婚もそう。学校や職場にも同じ傾向がある。軽く人間関係を結びなおせる社会を、人は求めてきたし、自分もそれを強く願う。

posted at 23:40:33

2月17日

@wtsurumi

モダンギャルド modern-garde@moderngarde

迫りくる貧困・介護問題とひきこもり女子 ひきこもりフェス開催へ! 生きづらさを語り合う news.yahoo.co.jp/byline/iijimay 2月25日開催の「ひきこもりUXフェスvol2」はひきこもり当事者のみならず、ひきこもりや生きづらさに関わるすべての人を対象に開かれる。会場は東京・表参道の東京ウィメンズプラザ。

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 20:57:59

2018年02月16日(金)1 tweetsource

2018年02月15日(木)13 tweetssource

2月15日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

自分にとって最大の寒さ対策は、外でもうちでも、ボタンのあるシャツを着て、ボタンを一番上までとめること。それでも首元が緩いシャツは格段に寒いので、首元の締めがいかに大切かがわかる。

posted at 23:52:42

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2月15日

@wtsurumi

モダンギャルド modern-garde@moderngarde

ドイツが公共交通機関を無償化か。大気汚染を食い止める本気の取り組み ideasforgood.jp/2018/02/15/ger 無償化の背景には、欧州でも深刻な問題である大気汚染への懸念がある。ドイツは、欧州委員会が今年1月末までに求めた大気汚染の対処に関する水準を満たさなかったため、危機感が続いていたとみられる。

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 20:23:04

2月15日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

94年時点での生きづらさなど、それ以後の苦しさに比べれば大したことはない、と言わんばかりのコメントと記事。他人や他世代の生きづらさの軽視は本当に嫌なものだ。ある世代の人たちに多く見られる。|『リバーズ・エッジ』 あの時代の空気感は今の若者に伝わるのか www.premiumcyzo.com/modules/member

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 20:11:02

このページの先頭へ