情報更新

last update 06/23 12:15

ツイート検索

 

@y_shiozaki
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

  • 496フォロー
  • 2,823フォロワー
  • 99リスト
Stats Twitter歴
3,068日(2009/01/29より)
ツイート数
20,459(6.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月23日(金)4 tweetssource

2017年06月22日(木)8 tweetssource

2017年06月21日(水)4 tweetssource

2017年06月20日(火)3 tweetssource

2017年06月19日(月)3 tweetssource

2017年06月18日(日)14 tweetssource

6月18日

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

腰に鍼。腰は楽になったけど、連動して痛みがある両足はなかなか楽にならない。明日は、夜の7時からPTAのトリムバレーの練習に参加予定。腰が良くなっているといいのだけれど……。

posted at 11:07:39

6月18日

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

3) 怒るどころか、そんな甘いことを言っているんじゃない!!と、批判してくるのが今の日本の教育状況。私なども、30年間、おかしい!!と言い続けてきて、30年間、 "だから教師は甘い!!" と言われ続けてきました。

posted at 06:08:43

6月18日

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

1) 『休憩せずに大人が子どもと接している……、このことについてもっと「恐ろしさ」、危機感を』という部分について、肯定的なご意見をたくさんいただきました。たとえば、手術をするお医者さんが休憩をとっていなくて、疲れ切っていらいらしている医者だったら、と考えてみてください。

posted at 06:08:03

2017年06月17日(土)9 tweetssource

6月17日

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

5) とりあえずは、職員の数を増やすこと。教師一人当たりに指導する子どもの数をできる限り減らしていくこと。そのことをベースに次のことを考えていかないと先に進めないと考えます。

posted at 13:45:27

6月17日

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

4) 三つめは、上記の中で、説明責任、危機管理のための事務処理の割合が多すぎる。時間のメインは、子どもの指導とその準備にあてなければなりません。では、具体的にどうしたらよいのでしょうか。

posted at 13:44:49

6月17日

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

3) 二つ目は勤務時間のほとんどが子どもといるわけですので、会議や事務処理、指導の準備時間は勤務時間外にやることが当然になっていること。これでは当然超過勤務になる。勤務時間内に、子どもの指導も、会議も事務処理も、指導の準備もできるような「働き方改革」をしていかなければなりません。

posted at 13:44:17

6月17日

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

2) 休憩せずに大人が子どもと接している……、このことについてもっと「恐ろしさ」、危機感を感じなければなりません。体罰や、その他の不祥事も、このこととは無関係ではないでしょう。

posted at 13:43:23

6月17日

@y_shiozaki

塩崎義明(しおちゃんマン)@y_shiozaki

1) 教師の働き方改革を考えるために、教師の仕事の特徴を考えてみましょう。一つは、「休憩時間」がないこと。給食指導の時間も含めて子どもたちとずっといるわけですから「休憩時間」という概念がないのです。

posted at 13:43:10

2017年06月16日(金)6 tweetssource

このページの先頭へ