情報更新

last update 06/26 12:03

ツイート検索

 

@y_takefield
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

Stats Twitter歴
2,537日(2010/07/17より)
ツイート数
6,168(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月23日(金)2 tweetssource

6月23日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

JBAの発表によれば、今後の男子日本代表の予定は7月3日から強化合宿を開始。7月下旬に国内で国際強化試合を開催(調整中)。その後スペインに遠征し、8月8日~20日までアジアカップ(レバノン)を戦う。ワールドカップ1次予選は2017年11月、2018年2月、6月。

posted at 13:30:56

6月23日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

【日本代表】JBAは男子代表の新アシスタントコーチに佐古賢一が就任したと発表。またもう一人のアシスタントコーチには、アルゼンチン人のエルマン・フリアン・マンドーレの就任を発表した。新ヘッドコーチに決定しているフリオ・ラマスは現在アルゼンチンリーグでプレーオフ中。終了次第、来日。 pic.twitter.com/67KzwdjhzT

posted at 13:23:06

2017年06月22日(木)3 tweetssource

2017年06月21日(水)3 tweetssource

6月21日

@y_takefield

矢野 良子@ryokoyano

ご声援有難うございました。
Australia、Ukraina共に勝利出来ませんでした。予選敗退しましたが私個人としては収穫のあるWCになりました。これからユイのスキルチャレンジの応援します‼︎アップ中を隠し撮り!今日誕生日なので自身で優勝して貰いBDP獲得して貰いましょ! pic.twitter.com/WzmI2qhoJB

Retweeted by 小永吉陽子 Yoko Takeda

retweeted at 11:35:06

2017年06月20日(火)7 tweetssource

6月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

(サウスカロライナ大の来日は楽しみで、ステイリーHCのチーム作りを見たかったのですが、その時期はU19ワールドカップの取材で不在なので、この対戦は見ることができず。ぜひ後追い取材したい。現役時代にマッチアップした原田裕花(@yuka_harada )さんの感想など聞きたいですね)

posted at 19:56:21

6月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

そのステイリーが日本と戦ってどんな感想を持つのか聞いてみたい。同時に日本はアメリカ代表にスカウティングされることになる。でもそんなことは当たり前。すでに遠征ではヨーロッパ各国と戦っているし、今後はリオ五輪以上にスカウティングされるが、その上でいかに力を出せるかが東京五輪への課題。

posted at 19:53:44

6月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

ステイリーは今年からアメリカ代表のヘッドコーチに就任。昨年のリオ五輪までは代表のアシスタントコーチで、五輪で金メダル3つ獲得しているポイントガード。日本は96年アトランタ五輪と98年世界選手権でステイリーと対戦ありで、いつも小さな日本の戦い方をリスペクトしてくれる人だった。

posted at 19:51:53

6月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

昨日、女子代表の公開練習にてホーバスHCから発表があった「NCAAトーナメント覇者サウスカロライナ大vs女子代表」の練習ゲーム。7月上旬に都内で対戦とのこと。サウスカロライナ大は新チームが来日するようだけど、すごく楽しみ。理由の一番はヘッドコーチがドーン・ステイリーであること。

posted at 19:50:14

2017年06月17日(土)3 tweetssource

2017年06月11日(日)3 tweetssource

6月11日

@y_takefield

バスケット・カウント@basket_count

中長期的視野に立った各カテゴリーの代表チーム強化を束ねる東野技術委員長に総括いただき、収穫と課題をじっくりと語ってもらいました!|東野智弥技術委員長が語る「東アジア選手権」、「指揮官の引き継ぎ」そして「東京オリンピック開催地枠」
basket-count.com/article/detail pic.twitter.com/NprPGL19Nq

Retweeted by 小永吉陽子 Yoko Takeda

retweeted at 21:13:00

6月11日

@y_takefield

バスケット・カウント@basket_count

今回の代表の中でもバリバリに存在感が出まくっていた橋本選手、ずっとナショナルトレセンで孤独な戦いをしていたのが実りました!|東アジア選手権で存在感を示した橋本竜馬、日本代表の新たなリーダーになるためのステップの大会に
basket-count.com/article/detail pic.twitter.com/S8ISOMsCe8

Retweeted by 小永吉陽子 Yoko Takeda

retweeted at 02:50:08

6月11日

@y_takefield

バスケット・カウント@basket_count

「勝ちました」「負けました」で終わりでは成長ナシ。収穫と課題が出ているので整理して次につなげましょう。2020年なんてすぐ!|【大会総括】優勝できなかった東アジア選手権、「Bリーグでの習慣=代表戦に結び付ける必要性」を実感した大会に
basket-count.com/article/detail pic.twitter.com/gaX0k6ORVa

Retweeted by 小永吉陽子 Yoko Takeda

retweeted at 02:49:24

2017年06月06日(火)12 tweetssource

6月6日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

韓国の19本のスリーポイント(35本中、54%)もすごかったが、中国の19本のオフェンスリバウンドからの勝負も見ごたえがあった。

17番のチョンジュンボム、数年前のジューンズカップで韓国がモービス単独で出場して優勝した時に、日本戦で3Pを(確か)驚異的に決めた選手です。

posted at 19:05:54

6月6日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

3Qは中国がリバウンドを粘ってインサイドを支配。13番胡金秋のミドル、7番赵岩昊のドライブで一気に逆転。13、7番はCBA浙江廣厦のチームメイトで中国代表候補、期待の19歳。韓国は3Pが当たらず困ったところで、もう一枚のシューター17番チョンジュンボムが4連続スリーで再逆転。

posted at 18:05:25

6月6日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

出足は中国の高さに苦戦した韓国だが、9/14本の3P(64.2%)でリズムをつかむ。日本戦にほとんど出なかったPG4番イジェド(日本戦はケガ)が入ってから中国のゾーンを崩しているのが効いている。韓国はカンサンジェがFトラブルのため、Cはほぼイジョンヒョン一人なのが後半どう響くか。

posted at 17:36:40

2017年06月04日(日)5 tweetssource

6月4日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

@el_baloncesto 中国の13胡金秋と7赵岩昊(ともにCBA浙江、今年20歳)の2人は、すでに2019年ワールドカップを目指した強化をするA代表候補に入っています。昨日のツイートでは来日組の中でA代表候補が2人と書きましたが、15朱荣振(CBA山東、18歳)もA代表候補でした。

posted at 23:11:30

6月4日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

U19WCに出てくる相手はチェコよりも格上なのだけど、昨年のOQTで日本はチェコに敗れたわけで、この高さには慣れる必要があるので、いい対戦だったと思う。チェコのHCは日本に走られたことが悔しかったようで、相当、選手たちに奮起を促していた。明日も練習試合をするとのこと(非公開)。

posted at 21:42:47

6月4日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

新加入の八村塁&榎本新作選手の動きは「合流して日が浅いので、まだまだ覚えることがたくさん」とロイブルHCは言うものの、八村の積極性と榎本のドライブは日本の武器になる。このあと海外遠征を経て、あと1ケ月でどこまで伸びるか楽しみ。キャプテンはU18に引き続き、三上侑希選手が務める。

posted at 21:21:43

6月4日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

日本U19 vs チェコU19の公開試合は91-52で日本の勝利。チェコには移動疲れがあったと思うけれど、それを差し引いても、日本のゴールアタックが目立った試合。

沖縄市体育館:観客数 2750人
八村24点、杉本19点、榎本16点、西田13点、三上6点 pic.twitter.com/62rEUH7oVi

posted at 21:20:13

2017年06月03日(土)17 tweetssource

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

大会初日が終わって見えたことは、この大会に臨む各国の姿勢がまちまちだということ。また、どこの国もリーグ終了後、体ができていない中でシーズンの初戦を迎えている。このままいけば、準決勝は日本×チャイニーズ・タイペイ、韓国×中国。

posted at 21:57:59

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

中国は一生懸命やるチーム。10代の育成には定評ある厳しいファンビンHCの下、手を抜かない。中国は昨年のU18アジアのQFでイランに敗れ、今年のU19WCに出ない。そのため、U19世代をこの大会で強化している。A代表候補が2人。(大会後に日本U19と練習試合してほしいくらい…)

posted at 21:55:41

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

中国96-63チャイニーズ・タイペイ
取材で1Qが見られなかったけれど、中国が1Qに21-8でスタートダッシ。メンバーの顔触れだけ見てもだめですね。タイペイはこの大会に向けて調整できていない。確かに世代交代中で戦力は定まっていないが、キャリアある選手もいるのにチームがグダグダ…。

posted at 21:52:50

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

日本が韓国に国際大会公式戦で勝利したのは2009年東アジア競技大会の予選ラウンド。韓国はB代表が出場し、日本は小野秀二HCのもと石崎、竹内兄弟世代が中心となった大会。FIBA大会だと1997年のアジア選手権2次ラウンドまで遡らなくてはならない。(だが最終的に両大会とも韓国が優勝)

posted at 18:07:11

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

日韓戦。もう少し点差をつけたいところだったけれど、勝ち切れたことはよかった。PGの層の差が効いたと思う。富樫がファウルトラブルでも橋本が落ち着いてゲームをまとめた。韓国のPGは大学生のホフン一人。フンの交代は2番タイプのガードだった(イジェドというPGがいるのだけどあまり出ず)。

posted at 18:05:11

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

韓国の代表ヘッドコーチはこれまでKBLのHCと兼任だったが、昨年から専任制になった。HCのホジェは現役時代「韓国の大統領」と呼ばれるほどの技量を持つ選手だった。2009、2011年に次ぐ3度目の代表HC就任。6ホフンはヘッドコーチの次男。延世大4年で、今年の李相佰盃代表。

posted at 14:14:43

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

初代表組で注目したいのは、20歳の新鋭、7ソンギョチャン。高卒後プロに進んで2年目の今季は「技量発展賞」を受賞。2015年U19ワールドカップのセルビア戦で40得点。2mで走って跳べる選手。(大学1、2年、高3世代にはU17、U19で世界大会を経験した195㎝~2mの選手多し)

posted at 14:13:06

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

そんな中でも注目はフロントライン。KBLルーキーシーズンを終えた黄金世代3人が務める(32イジョンヒョン、13カンサンジェ、20パクインテ)。イジョンヒョンは2014年ワールドカップでブロックショット王。一方、日本のインサイドは30代キャリア組+永吉選手。この対決はどうなるか。

posted at 14:11:54

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

【東アジア選手権・韓国情報】
3連覇中の韓国。「若手強化と優勝のどちらも得たい」とホジェHCは語るが、顔ぶれだけ見ると12名を決定してから6名がケガ等で辞退したりと、チーム作りのコンセプトが曖昧に見える。初代表は6名。国際大会のキャリアが浅い選手が多く、どんなチームになるのか?

posted at 14:09:35

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

@celticskun はい。最下位はアジアカップに出場できません。まだ大会が終わってないので、上位5ケ国はFIBAランキングによって抽選されました。なので最下位のマカオが抽選では除外されています。当然、マカオが5位以内に入ればアジアカップには出場できます。組合せ抽選を先にやるなんておかしいですよね。

posted at 13:34:10

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

チャイニーズ・タイペイは世代交代中ではあるが、昨年のアジアチャレンジに出場した選手7名に帰化選手のクインシー・デイビス&ベテラン2人の布陣なので、日本と状況が近い。チャイニーズ・タイペイとは8月のアジアカップ、11月のワールドカップ予選でも同組なので前哨戦となるか。

posted at 12:04:10

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

韓国は平均24歳で世代交代中。今回はKBLファイナルに出場した選手と兵役中の選手は除外(軍入隊選手に2m級が数名いる)。さらに12名が決まってから怪我等で6名が辞退したため、初代表6名という顔ぶれ。中国はさらに若く、昨年のU18アジア選手権に出場した4選手含む平均19歳が来日。

posted at 12:03:17

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

「大会で結果を出し、成長しているところを見せないといけない。一つの大会、一試合一試合すべてが大事」と東野技術委員長。選手たちも「ホスト国として勝たなければならない大会」ときっぱり言う。

posted at 11:56:32

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

東アジア4強の顔ぶれを見ると、中国と韓国は若手メンバー。日本とチャイニーズ・タイペイは現状できるかぎりベスト布陣で臨む。今大会は上位5チームに入ればいいため若手で臨むチームがある中で、日本がリーグ中から準備をして臨む理由は、やはり五輪出場権が絡むから。

posted at 11:55:48

6月3日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

【男子 東アジア選手権】本日、長野のホワイトリングにて開幕!

6チーム中、上位5チームに入ると8月のアジアカップの出場権が得られる大会。東アジア選手権→アジアカップ→ワールドカップ予選→2019年ワールドカップ→2020年東京オリンピックへとつながっている。

posted at 11:55:09

このページの先頭へ