情報更新

last update 08/20 20:01

ツイート検索

 

@y_takefield
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

Stats Twitter歴
2,593日(2010/07/17より)
ツイート数
6,432(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年08月20日(日)19 tweetssource

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

ただ、イラン×韓国は見ごたえがあったけれど、お互いにターンオーバーが多かった。全体的にこのアジアカップはハイスコアゲームが多いけれどディフェンス面では粗い印象…。

posted at 05:40:24

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

現在イランはこれまで牽引してきたバハラミが代表から退いているけれど(本人は代表選手としてプレーしたい意志はある)、将来的には8ベーナム・ヤクチャリが得点でも精神的にも、バハラミのあとを継いでエースになるのではと個人的に思う(ポジションは違うけれど)。日本でいえば大学4年の22歳。

posted at 05:37:19

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

5、8、13のアウトサイド3人は2012年日本で開催したアジアカップ(現アジアチャレンジ)で代表デビューし、以後、FIBAのほとんどの大会に出続けて独り立ちした選手。8ベーナム・ヤクチャリは2月に札幌で日本と対戦したときに来日していたが、ケガで出ていない。

posted at 05:34:14

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

イランはC15ハダディにキレがなかったが、やはり高さで存在感を出していたのと、PF14カゼミがミスのない得点で支えていた。またSG8ヤクチャリ、SF13ジャムシディ、PG5マシャイエキの外からの得点が効いた。ヤクチャリとマシャイエキの2人がゲームコントロールできる点も大きい。

posted at 05:30:36

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

韓国はここまで3-2ゾーンなどのチェンジングが成功して惑わせてきたけれど、これまでの代表のように、タイトなディフェンスからゲームに入らないところが世代交代したばかりで成熟していないところ。ただ能力ある若手が多いので彼らが経験を積むと、高さもオフェンスの破壊力もあるだけに怖い。

posted at 05:23:07

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

韓国は何度も逆転したけれど、最後にフロアリーダー不在なゲームだった。高さに対して本来PGではない2チェジュニョンを後半起用。41オセグンと3イジョンヒョンのいい2対2もあったが最後は攻め急ぎ。またC32イジョンヒョンがアキレス腱痛めたことでハダディに対して一枚足りないのも響いた。

posted at 05:20:17

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

4Q出足でオセグンが4つ目のファウル。2mチェジュニョンのPGは継続中。KBLでもほとんどやらないのに。ディフェンスではPGについていたことはあるけれど。(同じチームにPG9キムソニョンがいるため)

posted at 04:18:02

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

3Q 韓国 61-57 イラン
韓国が41オセグン、33イスンヒョンの正確なミドルで二度2点差まで詰めると、イランは8ヤクチャリのスリーで突き放し、一時は8点リード。しかし韓国は3イジョンヒョン、6ホウン連続スリーで同点→逆転。イランは13ジャムシディと8ヤクチャリの外角のみ。

posted at 04:16:11

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

前半 イラン39-33 韓国
出足ソフトに入ってしまった上に、大黒柱オセグンが負傷で下がった韓国は簡単にゴールを決められて一方的な展開で1Qは30-13。イランは速攻練習かのような1Q。2Qはディフェンスを立て直し、オセグンの復帰で韓国が何とか盛り返す。2QはイランのTO目立つ。

posted at 03:58:11

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

オセアニア同士の準決勝は、オーストラリア(Boomers)がニュージーランド(Tall Blacks)を106-79で下して決勝進出。AUSはケガのために帰国した13アンダーソン以外、全員出場、全員得点。NZは主力ガードのイリが負傷退場?してしまったのが悔やまれるところ。

posted at 02:27:10

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

オーストラリア×ニュージーランド。AUSは序盤はいつも様子見で、後半畳みかける。QFの中国戦も後半のプレスで一気に差をつけた。しかし準決では最初からプレスで圧倒しインサイド支配。22-2と一気に開き、1Qで31-10。2QからNZは前から当たって立て直して46-33で前半終了。

posted at 01:13:40

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

イランはリバウンド平均46本で1位。韓国は37.4本で8位なのでリバウンドではイラン優勢。だがイランは主力依存で、韓国はKBL選手11人起用できる選手層がある(一人は育成枠の大学1年)。また今回は3-2の変形ゾーンが効いているので、イランがこのゾーンを崩せるか。

posted at 00:37:53

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

イラン×韓国。今回の韓国は4人のインサイド(ストレッチ4含む)が安定していることが4強の要因。フィリピン戦では超トランジションゲームを展開する中で、3ポイント16/21本(76.2%)と恐るべき高確率。攻撃の手を緩めなかったことで、フィリピンが先に切れて大味になってしまった。

posted at 00:28:36

8月20日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

アジアカップ準決勝はイラン×韓国、オーストラリア×ニュージーランド。

今大会はここまでの平均得点がオーストラリア92.5、韓国91.4、イラン87.8点とハイスコア。予選Rで大量スコアを叩き出したのもあるが、一日おきの試合なので、パフォーマンスが落ちないことも影響あるのでは。

posted at 00:26:46

2017年08月19日(土)6 tweetssource

8月19日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

アジアカップ5-8位決定戦、レバノン×フィリピン。フィリピンのドイツ系の帰化選手STANDHARDINGERはマニラに帰国したようですね。レバノンのエルハティブは前半だけで22得点。現在大会得点王。準々決勝で敗れてしまったけれど、自国開催の今大会にすべてをかけていますね。

posted at 22:55:19

8月19日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

@3upfat @el_baloncesto CSにも加入しているので日本戦はテレビで観戦。準決以降はテレビ中継があるので今晩からはテレビで見ます。ただ実況も解説もアジアの選手を知らない中で話しているので、面白味に欠けます。大画面で見たいのでテレビで見ますが、うーんといった感じ。DLできるのでしょうか?まだ試していません。

posted at 16:46:35

8月19日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

@3upfat @el_baloncesto 今回は残念ながら現地取材できず、LIVE BASKET~ をPCで視聴。超夜型なので見たい試合は何時でも生観戦するのですが、LIVEではまずまず綺麗。寝不足のため昨日はVODで見ましたが、皆さん言うように映りが悪かったです。今VOD見たところまずまず綺麗。なぜでしょうね?

posted at 16:42:32

2017年08月18日(金)1 tweetsource

2017年08月17日(木)18 tweetssource

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

レバノンは38歳の英雄“タイガー”こと15ファディ・エルハティブと若きエースガード7アラクジの2枚看板。エルハティブは39:09出場でゲームコントロールしながら18点するも3Q中盤から息切れ。4Qは7アラクジのシュート頼みになってしまった(24点、5R、4A、4ST)

posted at 05:42:20

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

イランはSF13ジャムシディが3P 6/7本、SG8ヤクチャリも3P 3/5本とアウトサイド陣が好調。懸念材料は主力依存。15ハダディと14カゼミのフロントラインは40分。13ジャムシディ38:42、8ヤクチャリ38:57とほぼフル出場。中1日空くから可能な出場時間ではあるが。

posted at 05:40:46

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

レバノンの大観衆が応援する中で西アジア因縁ゲーム。2月の西アジア選手権ではレバノンが、大黒柱15ハダディ抜きのイランに勝利して優勝している。ハダディは直前までアジアカップに出ないと言っていたが、結局出場。万全とは言えないがフル出場。最後はバテながらも23点、20R、3BLK。

posted at 05:38:18

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

アジアカップ準々決勝 試合終了
イラン 80-70 レバノン

イランが勝利でセミファイナルのカードは韓国×イランに決定。残りの準々決勝2試合は明日の深夜(日本時間)。オーストラリア×中国、ニュージーランド×ヨルダン。

posted at 04:46:00

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

フィリピンは後半の選手起用がよくわからなかったし、荒いままで後半切れてしまった。テレンス・ロメオとカストロ(ウィリアム)の2ガードが軸だけど、これまでのような強烈なインサイドの軸がない。ドイツ系の帰化選手Standhardingerが入ったけれど、今後も彼を存続させるのだろうか。

posted at 02:59:39

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

またこの大会はPGの9キムソニョンが、ヤンドングンとキムテスルのあとを継ぎ、司令塔として一皮むけたことが大きい。日本戦でも活躍した大黒柱の41オセグンとキムソニョンは中央大の黄金時代を築いたコンビ。大学時代もフィリピン戦のような高速バスケをしていたので、とてもやりやすそう。

posted at 02:56:03

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

韓国は今大会で世代交代完了といっていい。いつものことだがケガ人いない時の韓国は強い。軸になっているのはシュート力と機動力ある4人のインサイド。この4人が今まで揃ったことなかったし、経験積んだ選手から若手まで揃った。今日は日本戦で活躍した32イジョンヒョンを休養させるほど層が厚い。

posted at 02:54:51

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

アジアカップ準々決勝
韓国 118-86 フィリピン。韓国がベスト4一番乗り!

韓国は初戦のレバノン戦でコンディショニング失敗、敗戦から入ったけれど、2戦目のカザフスタン戦での修正からオフェンスが上昇。日本戦4Qからのシューティングの好調さを存続させ、終始主導権を握って圧勝。

posted at 02:10:37

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

前半で韓国の3Pは7/10本(70%)、フィリピンの3Pは7/13本(53.85%)。韓国のチームオフェンスの破壊力もすごいが、フィリピンはロメオ一人で22得点。3P 6/9本、2P 2/3本と止まらない。2014年アジア競技大会でハイスコアゲームを韓国が制した名勝負を思い出す。

posted at 01:16:05

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

日本戦と一転してトランシジョンゲーム。フィリピンのピックアップが甘くて韓国が1対1や3P、合わせやアリウープでディフェンスを切り裂いて2Q途中で40点超え。そこまでフィリピンはPGロメオの得点だけだったが、カストロを入れて2ガードにして的を絞らせなくして韓国を荒らして乱打戦に。

posted at 01:15:13

8月17日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

フィリピンのレジェンド、ジミー・アラパグがツイートしているように、韓国とフィリピンはずっとアジアのライバルだった。フィリピンは韓国の壁を何度も何度もチャレンジして破り、アジアのファイナルまで勝ち進んだ。楽しみな一戦!日本がこの舞台に立ちたかったけれど。 twitter.com/JAlapag3/statu

posted at 00:31:58

2017年08月16日(水)6 tweetssource

8月16日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

要所の3Pを決めた増田はU19では4番を務めてディフェンスではかなり苦労したけれど、オフェンスでは3番をやることもあり、U24でも3番としても、シューターとしても手応えあり。当たりの強さはU19で慣れたはず。即U24に入ってもやれる試合慣れは、U19での経験が大きいと思う。

posted at 20:56:12

8月16日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

U24代表はジョーンズカップ9戦、アジアパシフィック5戦、国際試合を14ゲームしたことで、負けながらもチーム力をつけてきた。力がないのなら準備。チームを作り込むことなんだと思う。これだけ映像が出回るとユニバではスカウティングされるから、その対策の上をいけるよう頑張ってほしい。

posted at 20:54:23

8月16日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

◆アジアパシフィック大学チャレンジ 全試合のスタッツ
www.koreabasketball.or.kr/servlets/org/f

日本は予選ラウンドでフィリピン(単独大学)と韓国(ユニバ代表)に勝利し、台湾(ユニバ代表)とロシア(ユニバ代表)に敗れて2勝2敗。優勝決定戦のロシアに83-77で勝利して優勝。

posted at 20:52:00

8月16日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

アジアパシフィックチャレンジ。日本がロシアとの優勝決定戦で83-77で勝利!予選では48-61で負けた相手。チームディフェンスで追い込み、前半は安藤と原、後半は増田とベンドラメの3Pで突き放した。Rは43-22で負けるも、3P 15/29本(52%)とスティールで上回った。 pic.twitter.com/QPzygvL33y

posted at 20:44:59

8月16日

@y_takefield

小永吉陽子 Yoko Takeda@y_takefield

アジアカップ。決勝トーナメント1回戦(ベスト8決め)

中国81-79シリア。3Q終了時点で12点リードしていたシリアだが、4Qに25-11のスコアで中国が逆転。残り1.4秒、シリアがフリースローを得るが、2本とも外してゲームセット。中国がベスト8に進出。

posted at 02:28:04

このページの先頭へ