情報更新

last update 10/23 02:11

ツイート検索

 

@yatagarasusuke1
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

  • 270フォロー
  • 193フォロワー
  • 0リスト
Stats Twitter歴
455日(2016/07/26より)
ツイート数
1,668(3.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年10月22日(日)3 tweetssource

21時間前

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

今年は、本当に台風に振り回される…
 自称「無敵の雨男」ながら、これだけ振られると堪らん

でも、昨日朝から原因不明の腰痛が忍び寄ってきたので、休息も良し かな…

posted at 09:15:54

21時間前

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

10/22(日)少々迷ったが、結構雨が強くなってきたので、本日の練習と明日の朝練をOFFに。昨日の合奏である程度仕上がってきたこともあり、無理をしないと判断。頂いた時間でたまっている残務と、アンサンブル編曲の続きを片付けることにします。
(ご期待頂いた皆さん、どうもすみません…)

posted at 09:12:48

2017年10月21日(土)8 tweetssource

10月21日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→木管・打8重奏は、今朝に楽譜をもらったばかりゆえ、さすがにいきなり曲にならない。でも、曲のたたずまいが何とか分かる程度には、無理やり譜読みを進める。なかなか先は長そう…。

さて、今日学んだことが明日朝に1・2年生だけの合奏で発揮できればGoodなのだが、どうなることやら…

posted at 22:41:21

10月21日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→3年生を気持ち良く見送って、1・2年生で初めてのアンサンブル練習。まずは金管7重奏と木管打楽器8重奏を指導。セッティング、サインの出し方、バランス、表現等、アンサンブルの基本を説明。金管はメロディが自然に歌えていないので、曲にならない。まずしっかりと曲の流れをつかむとことだ!→

posted at 22:36:03

10月21日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→「シング・シング・シング」は1回目の通しでほぼOKだったが、そのまま終わってしまうのも名残惜しいので、無理やりもう一度通す。演奏に余裕が出てくると、中学生でも貫禄を感じさせるサウンドが出て来るものなんだ。もったいない気持ちになるが、今日のベストサウンドが出たところで、合奏終了!

posted at 22:33:22

10月21日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→金管はフルメンバーがそろったので、結構本気のサウンドになる。1・2年生の完成度が上がると、3年生のサポートで音が自然に立ち上がってくる。前回テナードラムの3年生が今回はティンパニ担当ゆえ、打楽器は全員パート変更なので少し手間取る。3人がぴったり合うとゾクッとするビートになる。→

posted at 22:32:04

10月21日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→文化発表会以来の参加の3年生の出来を心配。合奏基本練習はなかなかクリアなサウンドが出なかったが、しだいに透明度アップ。「フェスティボ」は3年生は1年半近くのブランクだったが、さすがに叩き込まれたものは体に染み付いている。合わせてみると、割りとスムーズに進んでいくではないか!→

posted at 22:31:11

10月21日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

10/21(土)守口市音楽会に向け3年生加入の合奏。3年生は希望者のみの出演としたので、何人集まるか相当心配だったが、10人中8人の参加が確定。これだけ集まれば「カルメン」も出来たやんと思いながら、世代交代促進のためには次につながる曲として「フェスティボ」にしたのは絶対に正解。→

posted at 22:30:36

10月21日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

ようやく木管打8重奏の楽譜のアレンジ終了!フィナーレの基本的操作をようやくつかめてきた。この編曲作業で他の仕事がほぼ機能停止状態だった…でも、終わって少し一段落。正直、ちょっとホッと一息。

エエ!もう日付変わったかあ!
明日(というか今日)やっとアンサンブルの練習にかかれるわ。

posted at 00:38:20

2017年10月18日(水)3 tweetssource

10月18日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

10/18(水)最終下校時刻が今週より17時15分。部活にとってかなり強烈に厳しい活動条件。しかも今年はアンサンブルに挑戦、(流動的だが)本番数も増えそうなだけに、常々から先を見通した練習計画を組まないとエラいことになる。短い時間をいかに効率良く使うか、「頭脳勝負」になってきた。

posted at 21:30:52

10月18日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

500m全力走(2:20前後)+200mジョグを6本のインターバル走。疲れがたまっているせいか、先週よりキレが悪い。タイムが上がらない…小雨も振ってきたので、早めに切り上げる。

posted at 21:03:30

2017年10月15日(日)6 tweetssource

10月15日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

BGMの「ワルツ・フォー・デビイ」のピアニストの名前が出てこない…脳の衰えをあらためて実感してしまった。ヤバい。でも、カミさんも忘れてたから、変にホッとしてしまう老夫婦であった。

*ちなみに、正解はビル・エバンス。やっぱりエエ演奏。でも実は一番好きなのはベースのS.ラファロ。

posted at 20:47:50

10月15日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

当然スマホを持って走ってないので、ランタスティックの入力は極めて適当。実際はもう少し早いペースだったけど、正確ではないので、この程度にしておきます。
それにしても、コスパのランニング・マシーンは10kmを越えると勝手にクールダウンし始めるので、ラッキーな(?)途中休憩だった!

posted at 19:57:53

10月15日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

あいにくの雨のため、屋外でのランを断念。数年振りにコスパでマシーン相手にトレーニング。長い距離を初めてマシーンで走ったが、何とも走りにくい。とにかく単調なのはたまらん…しかし左右のアンバランスや給水時の対応等、マシーンでないと気がつかないことも多く、有意義だったな。

posted at 19:54:14

2017年10月14日(土)6 tweetssource

10月14日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→さすがに疲れたなあ…でも意外なことに2年生中心に居残り自主練。数えてみると2/3近くが残留、ほとんどがソロ曲検討のため。不思議なことに今まで錦中では、こうした自主練がほぼ皆無(何と!)だったので、今年の2年生のカラーだろう。チャラい練習も多かったが、今日は意欲だけは評価しよう!

posted at 23:42:20

10月14日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→この曲ではとにかく自分の音に責任を持つこと。そして基本に忠実に中身の濃い音を出すこと。発音、支え、鳴り、音色、そしてバランス―出来そうで出来ない。予想されることとは言え、リズムのミスがあまりに多すぎ。全体がサウンドとして響いてこない。確かに実質2回めの合奏ではあるが、もう一息→

posted at 23:40:19

10月14日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

10/14(土)テスト明け&世代交代後の初・長時間合奏。「フェスティボ」に絞ってひたすら仕上げ。残り10日程で完成させねばならないので、結構な急ピッチかつハイテンション。午前中はこの時期に必ず教え込むべきことを、ギャグも交えながら刷り込む。午後からは気合いで一気の通しを2回。→

posted at 23:37:57

10月14日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

久し振りに5kmタイムトライアル。最初の1kmを4:27、5kmを23:35で走る。自分的にはまずまずの好タイム。24分を切れたのは自信になる。後半の粘りが出てきたのはGood。後はケガをせず、距離耐性をさらにアップさせるべし。

posted at 22:39:31

10月14日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→でも自分に(もちろんNSKも)とっての重要課題は「常に余裕を持つこと」。「余裕=手を抜くこと」ではない。どこかで客観的に自分自身やクラブ全体を俯瞰することが出来ないと、最後は煮詰まってくる。「責任をもって全力で取り組む」という今年の目標は、決して「燃え尽きること」ではないはず。

posted at 00:00:29

2017年10月13日(金)3 tweetssource

10月13日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→アンコン出場するとなると、ソロコンの練習と合奏練習のスケジューリングを相当緻密にしていかないと回らない。そのことは冒頭に全体へ投げかけた。クラブ懇談会の開催、老健施設の訪問演奏、その合間に1年生のスキー実習はあるし、あっという間に「真冬のバンドフェスティバル」もやってくるぞ…→

posted at 23:59:15

10月13日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→金6は3曲楽譜見ながら、音源を聴いて絞り込む。(自分の)予想が的中、明るくノリの良い曲に自然と意見がまとまる。スコアも含めて早速楽譜配布。
打3は鍵盤主体の癒し系の曲に内定、楽譜を即時発注。助っ人1年生がどこまで食い下がれるか楽しみなチャレンジ。結構時間がかかり合奏は出来ず…→

posted at 23:58:21

10月13日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

10/13(金)テスト明けで練習再開。まずアンコンの曲目決め。木打8、金6、打3で編成は決定。木打8は四中時代にその昔使った曲を再編曲、久しぶりにフィナーレを立ち上げる。勘を取り戻すのに相当時間がかかり、今日には間に合わず。しかし、老眼乱視進展につき長時間の作業が困難、困った…→

posted at 23:56:44

2017年10月12日(木)1 tweetsource

10月12日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

葛飾北斎展(ハルカス)にやっと行けた。90歳の晩年(もはやこの言葉も似合わない)まで進化(どころか新化・深化)を遂げたことに感服。「富士越龍図」「雪中虎図」の神々しさ、そして何より「上町祭屋台天井絵」の迫力に圧倒された…凄い! pic.twitter.com/8Ww1XQjdGK

posted at 20:05:05

2017年10月11日(水)8 tweetssource

10月11日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

@neko_rappa 早速ありがとうございます!当面はまず子どもたちが自分たちでペースを作れるように取り組んでいこうと思っていますが、何分、自分のストック情報が不足しているゆえ、滑り出しで躓く可能性が大です…また緊急SOS発信が近々あると思いますので、その時は何卒よろしくお願い致します!

posted at 22:01:54

10月11日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→梶本先生曰く
「本気で頑張れる期間は3年間。この3年間を人生のどこで使うか。」
それゆえ、「若いうちに頑張り過ぎるとダメ。残りの人生のために、この3年間を取っておくべし」という論。なるほど説得力あるな。

posted at 21:57:56

10月11日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→60%の力で70%の成果を挙げることが疲れない仕事の仕方。
余った40%を脳疲労の回復に向ける。
充実した生活は余裕のある時間に支えられる。
人間に限らず動物すべて、100%の努力を続けることはできない。→

posted at 21:56:03

10月11日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

《読書メモ》
「すべての疲労は脳が原因3<仕事編>(梶本修身/集英社新書)

究極のアンチエイジングは、自律神経を休めること。
仕事を効率化する最善策は「脳が楽」でいること、脳疲労をためないこと。
情報を俯瞰する脳の力「メタ認知」を習慣にする。→

posted at 21:52:59

10月11日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

アンサンブルの練習のため、楽譜借用・購入、読み込み、さらには編曲も必要になってきた。それこそ20年振りぐらいのチャレンジゆえ、情報が不足。まさに「泥縄」状態。にわかに立て込んできたな…

posted at 21:42:43

10月11日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

持久力アップのためにインターバルトレーニングを決行。500mダッシュ(80%)+150mつなぎジョグを5本、最後に1kmを全力走。4:29/kmまで上げられたので、ベストに近いペースまで上がってきた。

posted at 21:11:13

2017年10月10日(火)1 tweetsource

2017年10月09日(月)1 tweetsource

2017年10月08日(日)10 tweetssource

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→アンケート集計をしていたら、あらためて3年生が引退した重い現実がのしかかってきた。ここから新2年生の再スタートが始まる。この演奏会で頂いたパワーを、これからにつなげていかないと。この3連休を良き「助走」期間にして、テスト明けからスタートダッシュしないと、「待ったなし」だな…

posted at 22:09:42

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→また、樟風中や庭窪中の吹奏楽部の皆さんから多くのエールを頂きました。互いに切磋琢磨できる音楽仲間がこんなに近くにいることは、本当に幸せなこと。錦中の子どもたちはとっても恵まれていますね。
今後も多くの人々との出会い・支えを大切にしていきたいと思います。ありがとうございました!→

posted at 22:05:36

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→数多く頂いたメッセージは到底ここで網羅できませんが、小編成でも迫力とサウンドが出せていたこと、多くの皆様に評価を頂きました。今回最大のチャレンジだった第2部の演出も、大変好評でした。
何より引退する3年生へのねぎらいの言葉を多くの皆様から頂戴しました。ありがとうございました!→

posted at 22:04:57

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→でも、実は堂々の第3位は、
「全曲」(27名)でした!
そのお気持ちはありがたく、そして謙虚に受け止めていきたいと思います。
ありがとうございました!→

posted at 22:03:23

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→524先生曰く「錦中はアンコールに新曲をやるので、アンコールが“聴きもの”になってますね」。そう言われれば、確かにまだ未完成な曲は本プロに入れるのを躊躇するので、アンコールに初物が入ることが多い。
今回はアンコールに3年生ソロがあるので、思い入れが強くなったことが大きいかな。→

posted at 22:02:37

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→<印象に残った曲>:
第1位「カルメン・ファンタジー」ぶっち切りの74名
第2位「シング・シング・シング」35名
第3位「メリー・ゴー・ラウンド」24名
第4位「ルパン三世」22名
第5位「糸」14名
何とアンコール2曲がベスト5入り、これはちょっぴり複雑…→

posted at 22:01:57

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

→<どのくらい楽しんでいただけましたか>
155名のうち、
「とても楽しかった」122名、
「楽しかった」11名で、
聴衆満足度は(ほぼ)100%!
 *無記入22名
本当にありがとうございました!
(正直ホッとしました…)

posted at 22:01:11

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

今頃になってようやく定演アンケート集計完了。何しろ155枚ものアンケートを分析していくとなると、半端ない労力が必要。これだけの数のアンケートを寄せて頂いたことに、改めて感謝を申し上げます!
今回は10代のお客様が多かったのが特徴。確かに反応がストレートで部員もノリやすかったかな→

posted at 21:59:30

10月8日

@yatagarasusuke1

一ノ瀬 英剛@yatagarasusuke1

25kmを5:30~6:00/km(平均5:45)で最後まで走り切る。あともう4km粘る予定だったが、左足がつりかけたので、大事をとって、キリの良い25kmでフィニッシュ。25kmでは2:23:56-これは自己最高にあと6秒というかなりの好タイム。やはりケイレン対策が必須だな…

posted at 20:48:08

このページの先頭へ