Twilog

 

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

Stats Twitter歴
2,347日(2010/07/06より)
ツイート数
63,180(26.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2016年12月06日(火)4 tweetssource

14時間前

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

「徘徊タクシー」文庫ゲラ直し完了。こちらは「蠅」とアルテリ第2号に掲載している「避難所」という二本の短編も一緒に収録されます。来春発売予定。巻末には再来週に行われる養老孟司さんとの対談も掲載されます。

posted at 16:40:00

19時間前

@zhtsss

京都精華大学 seika∞sekai@seika_sekai

【京都精華大学デザイン学部「デザインの可能性」】12/9は、坂口恭平(建築家/作家/芸術家/音楽家)× 角田純(アートディレクター/美術作家/ イラストコース教員)による「デザインと建築を信じられるか?」。18時~、風光館F-331。www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/ext pic.twitter.com/xpvbhNDKk8

Retweeted by 坂口恭平

retweeted at 11:33:38

21時間前

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

ポパイの連載原稿のためのスケッチも終わり、これにて今年の連載仕事は終わりー。おつかれさまでした。

posted at 09:30:25

2016年12月05日(月)17 tweetssource

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

2013年からとりかかっている「ふなねずみ」も完成させたいのですが、書いていると、いつもまた新しいのを閃いてしまうので、なかなかできあがりません。450枚もう書いているのですが、家族の哲学も現実宿りもふなねずみの派生しているようなのです。また書こうとすると別の作品が生まれるのかも

posted at 20:42:42

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

著作も「現実宿り」で19冊。来年1月に発売される新作「発光」でとうとう20冊目。さらに来年出版される新作「しみ」も脱稿しました。12月はさらに新作「けものになること」を書き下ろす予定(果たしてできるのかはわかりませんが・・・)来年は現実宿りよりも長い物語も書きたいなと思ってます。

posted at 20:35:24

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

「幻年時代」文庫本が今年最後の出版物になります!今年もいろいろ出ました。独立国家のつくりかた英語版、ゼロから始める都市型狩猟採集生活文庫本、アフリカの印象挿絵本、書き下ろし現実宿り、そして幻年時代。また来年もがんばりたいと思います!幻年時代はターニングポイントになった本です。ぜひ

posted at 20:30:17

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

というわけでポパイ大学の連載原稿を脱稿。これで年内の連載仕事は終了。残る原稿仕事は12月10日からの十日間ぶっ通し新作執筆だけとなりましたー。これで集中できる。

posted at 18:26:58

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

異能の人。石牟礼道子さんもそうだ。そういう人の声をちゃんといいスピーカーを通すように現実空間に流すのは、ぼくの仕事の一つであると思っている。

posted at 17:13:46

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

先祖が忍者だった人とかいたら教えてください。会いにいきまーす。きっと山奥じゃなくて、町の真ん中にいるはず。忍者は。穴丑だった人が一番気になってます。

posted at 17:08:45

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

吉田松花堂は日本で二番目に古い薬屋で、一番古いのはこの青木流芳院だそうだ。鹿児島は忍者も多いから気になっている。忍者と薬師。最近気になってます。調べたい。文献調べるのは好きじゃないから足で見つけたいー。いまは忍者に会いたいです。 pic.twitter.com/Wo71kHUvIv

posted at 16:51:04

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

僕の家から徒歩5分なのにまったく謎だらけの取材でした。。とになく近所を歩いて取材を重ねろってことかな。忍者なのではないかと思いました。そう言うとただわらっておられましたが。。

posted at 16:46:17

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

インド行くときもアフリカ行くときも僕は吉田松花堂さんの諸毒消丸を持っていくのですが、本当に一度も腹を壊したことがありません。翼の王国インドのコルビュジエ篇のときにそのことを、書いたのだが注文が数件あったらしくお礼を言われました笑。いや、これは本当なのである。すごい薬なのです。

posted at 16:40:56

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

ポパイ大学の取材のため、熊本にあるシーボルトの弟子吉田氏が文政年間につくりだしいまもまだ同じ製法で作られ続けている諸毒消丸を作っている吉田松花堂へ。次号ポパイお楽しみに。いやーすごかったー pic.twitter.com/vRuql5Iz8k

posted at 16:28:18

12月5日

@zhtsss

ıɥs ǝʞɐʇ ıɥɔn ɐʎıɯ Z@powwow

『EGO20 EGO-WRAPPIN’ 1996-2016』二人のインタビューはもちろん、満島ひかり・知久寿焼&佐藤良成・稲葉俊郎&坂口恭平・中原昌也らをゲストに迎えた対談・鼎談、いとうせいこう・大根仁・川上つよし諸氏による書きおろしコラムなど読み応えバッチリの内容です! pic.twitter.com/LcvnSIWmNd

Retweeted by 坂口恭平

retweeted at 13:24:34

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

12月10日から書きはじめる書き下ろし新作「けものになること」のための創作ノートも書き続けている。主人公はドゥルーズと名乗る男。哲学者ドゥルーズなのか、ケルアックが書き続けた本人似のジャック・ドゥルーズなのかまた別の人間なのかわからないが今回は主人公がフランス系の男性である。

posted at 12:22:44

12月5日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

朝から月刊スピリッツ連載原稿最終回8枚を書き終えて、今から橙書店でポパイ大学の連載原稿第22回。この連載ももうすぐ丸2年。あと1年で単行本になる。毎月新しい人を見つけるのは至難の業だがもう少し続けてみるか。。がんばろっと。

posted at 12:20:36

2016年12月04日(日)6 tweetssource

12月4日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

これ今日ポアンカレでたまたま買ったけどまじでいま一番必要な文献だったかも。ありがてー。エピグラフやばい。
死んじゃぁいても ダウンはしないぞ
ポプュラーソングって。。。 pic.twitter.com/DBwQo8sJKB

posted at 18:16:16

12月4日

@zhtsss

野原燐@noharra

#現実宿り 読了666999.info/noharra/2016/1
始めての体験だ。こんな小説は他に無い。
実験的な小説は作者が実験しているが、この小説は実験していない。意図に因って構成されている現実というものを忌避しているので、実験などもってのほかだ。では一体何があるのだろう。砂だ

Retweeted by 坂口恭平

retweeted at 13:08:49

2016年12月03日(土)22 tweetssource

12月3日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

いつもは毎年12月は目一杯鬱なのですが、今年はどうも不思議な展開です。もしや躁うつ寛解したのではないかと思ってはいますが、油断は禁物ですので、ほどほどにテキトーに仕事します。といいつつ350枚書き下ろし&養老さん対談&保坂さん対談と結構ヘビーな師走です。みなさんも体に気をつけて

posted at 21:16:18

12月3日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

「現実宿り」昨日久しぶりに数ページ読み返してみたが僕が書いたと思われる箇所がほとんどなくびっくりした。ほんと何度、ページ開いても不思議な感覚です。よく本になったなあと。そして、よくぞ他の人が読んでくれてそれぞれにいろいろ僕にくれたもんだなあと。僕に主題がないどころか僕が書いてない

posted at 21:12:39

12月3日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

折坂悠太くんの「鳥よ」を熱唱するゲン。。。折坂くんは1・11の渋谷WWWでのライブでオープニングアウトもやってくれます。アルバム「たむけ」いいですよー。ぜひ。

posted at 21:08:13

12月3日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

アルテリ3号は渡辺京二さんの「現実宿り」論も読めるみたいですよ!来春発売予定。お楽しみに〜。

posted at 21:06:34

12月3日

@zhtsss

野原燐@noharra

〈現実〉というものが、我々が信じているのとは全く別次元の多様で不可思議な〈現実〉と実際に共存する形で存在している。そのように、坂口は報告している。上記で「継続」が禁じられているのは、「継続」によって「我々が信じている現実」の文脈だけが支配する現実に変化してしまうからだ #現実宿り

Retweeted by 坂口恭平

retweeted at 21:03:57

12月3日

@zhtsss

ぷうこ@remonsummer

生きているのに、そうでないものの世界から見た世界が開示されていて、読みさえすれば誰でもその世界にふわっと魔法の絨毯に乗って行くことがてきる。なんだか、なに言ってんだかわかんなくなってきたけど、凄い、本。

Retweeted by 坂口恭平

retweeted at 21:03:33

12月3日

@zhtsss

ぷうこ@remonsummer

「現実宿り」みたいに「誰の目線か?」っていうのが目眩するように変わっていくのが読んでるうちにどんどんせつなくなってくるんだけどそれはやっぱり記憶や想念がモノやヒト関係なく偏在し、ただ単に自我で区切られている嘘の世界(でも人間にとってはこっちが現実)が追憶のように見えて、

Retweeted by 坂口恭平

retweeted at 21:03:30

12月3日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

12月10日からこもって新作執筆なので、それまでに年内のすべての仕事を終わらせておきたいー。ポパイ大学原稿もあるのか。。できるかな。。

posted at 20:54:54

12月3日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

あとは月刊スピリッツ連載最終回用の原稿5枚。こちらは来年書籍化されるかもです。長年の連載仕事が終わり、感慨ひとしお。と言いつつ、物語は完結してないのですが笑。。。

posted at 20:53:50

12月3日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

猿回し見たり、橙書店に行ったり、文鳥みたり、バッティングセンター行ったり、江津湖横切ったり、団子屋に立ち寄ったり、して、ようやくゲンが満足したらしいので、家を出て、ニュースカイホテルで原稿執筆。アルテリ3号用の短編「誰もいない動物園」10枚。速攻で書き終わり久子に送信。

posted at 20:52:00

12月3日

@zhtsss

折坂悠太@madon36

▼1月11日(水) 渋谷WWW
「現実キャンプ」

坂口恭平と村人たち(p.寺尾紗穂 / b.厚海義朗 / dr.菅沼雄太)/ opening act:折坂悠太 / 平賀さち枝

予約¥2,500 当日¥3,000(ドリンク代別 / オールスタンディング) pic.twitter.com/plVJOaClcE

Retweeted by 坂口恭平

retweeted at 14:16:44

12月3日

@zhtsss

Sonoda Takeru@ricetakeru

坂口恭平さんの『現実脱出論』を再読した。以前は何だか新鮮な文章と思って読んだだけだった。今回はその感覚の痛快さにゲラゲラ笑いがこぼれた。生きるや死ぬやとない交ぜだけどコミカルで、されど怒濤の大真面目な彼の実感がこれでもかと押し寄せた。普段感じてた憂鬱さが吹き飛び多幸感に包まれた。

Retweeted by 坂口恭平

retweeted at 10:08:56

2016年12月02日(金)10 tweetssource

12月2日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

次をつくれば、次が見える。というわけで迷ったら新作を書くという方法がぼくの場合は一番楽な操縦法のようです。つくらんとわからん。あーだこーだ言ってるくらいなら新作を書くほうが健康的でカオスもまた少しだけ膨張してくれる。迷って悩むと結局気楽な方法として感覚をカットしちゃう。ビバ混沌

posted at 13:02:57

12月2日

@zhtsss

坂口恭平@zhtsss

新作「しみ」第二稿脱稿!212枚 81186字。全16章。来春出版予定。お楽しみに。はー、疲れた。さて、次はアルテリ用の短編「誰もいない動物園」書きまーす。

posted at 12:57:07

このページの先頭へ