情報更新

last update 06/25 16:24

ツイート検索

 

@zoutchatjp
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

  • 0フォロー
  • 3フォロワー
  • 0リスト
Stats Twitter歴
309日(2016/08/22より)
ツイート数
2,051(6.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年04月03日(月)1 tweetsource

2017年04月02日(日)2 tweetssource

4月2日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

上記地図、見てたら、イタリアが能登半島に見えてきた。

日本列島は世界地図の雛型。ってのが、あるんで、
画像を反転、回転させてみた。

posted at 17:02:36

2017年03月24日(金)1 tweetsource

2017年03月23日(木)46 tweetssource

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙のどこからかマイケルソン&モーリー実験装置存在平面を見下ろすカメラアイ視点を四面体頂点として、

まずはミンコフスキー過去円錐底面を見ている気分を味わおう。

これから、ミンコフスキー大先生の時空図を改造し、2000年を超える空間認識のパラダイムシフトへ向かう。 pic.twitter.com/eKc1oCvcZr

posted at 21:35:42

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙のどこかから太陽と地球を見たら、ある時刻、太陽の真上に地球が見えた。t=0。

このとき光線を太陽から地球にマイケルソン&モーリーが発射したのが見えた。

1秒後、地球だけが右に30kmずれた。光線が地球に届いた。地球の鏡が光線を太陽へ反射させる。

だと、問題あるので、 pic.twitter.com/U1L7Cr0pbe

posted at 21:01:25

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙船から地球に向けて光線を放った。

宇宙船と地球は同じ慣性系。太陽に対し毎秒30km平行移動。

宇宙のどこからの俯瞰視線は太陽と同じ慣性系のようだ。

太陽を絵図に固定した基準慣性系風景内で、光線が斜めに進んでいる。

ここがトリック。 pic.twitter.com/BzynejcK1U

posted at 20:53:58

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙のどこかから太陽と地球を見たら、ある時刻、太陽の真上に地球が見えた。t=0。

このとき光線を太陽から地球にマイケルソン&モーリーが発射したのが見えた。

1秒後、地球だけが右に30kmずれた。光線が地球に届いた。地球の鏡が光線を太陽へ反射させる。

だと、問題あるので、 pic.twitter.com/zaN1lcfhDZ

posted at 20:50:48

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

スクリーンだけで考えてたから、ローレンツ収縮だの、慣性系毎に時の流れが違うだの、の、幻想論理で、辻褄を合わせてきた、この100年。

相対性って、レールの上を走る列車と、線路の相対性だけじゃないんだぜ。

見てる俺が、線路に対して、赤点列車に対して、 pic.twitter.com/1BvCyDbHu5

posted at 20:33:21

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

水平方向のズレだけじゃなく、線路と列車を描いた平面へ、奥行き方向への近付き度合いも考慮しなきゃ。

光行差やドップラー効果のときに考える相対性を最初っから組み込まなきゃ、ガリレオ相対性原理のときと違って、電磁現象世界の相対性概念は語れない。

posted at 20:26:47

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

スクリーンだけで考えてたから、ローレンツ収縮だの、慣性系毎に時に流れが違うだの、の、幻想論理で、辻褄を合わせてきた、この100年。

相対性って、レールの上を走る列車と、線路の相対性だけじゃないんだぜ。

見てる俺が、線路に対して、赤点列車に対して、 pic.twitter.com/HbgCpFQUYi

posted at 20:24:15

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

カメラの場合は、被写体を含む線路区間がカメラレンズ口径を、角度情報を持った光子群が通過し、焦点に集まり、撮像素子群スクリーンで量子力学相互作用をし、表示画面で、縮尺拡大してる。

これだけの操作してるのに、光景の同時性を、ガリレオ相対性原理の数学幾何技法で、同時性補正しないで、 pic.twitter.com/Wsf909f5xy

posted at 20:13:28

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

正面に見たものを平行移動した気分でキャンバスに描く。これって建築設計3面図の正面に対象の進行方向側面、描いたもの。

キャンバス(英語: canvas)とは、帆布であり、油絵具やアクリル絵具を用いて描かれる支持体に使用される。wiki pic.twitter.com/zRgwxYiJlv

posted at 20:04:47

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

科学者、特に理論物理学者は、自分の腕時計の事、忘れてる。

自分が存在する位置が、ミンコフスキー時空図に描かれてる事、忘れてる。

まだ、説明が、最適角度のを見せびらかしていないんで、もやもや感あるだろうけど、

平面で考えるのでなく、3次元空間内にある平面で考えよう。

posted at 19:58:07

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

正面奥行き方向とか、上空から実験装置や、実験線路区間を見てるよ。

塹壕線現場状況を、戦場情報将校は光学映像絵観察して、視線距離から近接作用による情報遅延度求めて、各地からの映像情報を補正して、現場の同時な時刻群で、歴史地図。自分の、今収集した情報と、戦況推察妄想、王に報告した。 pic.twitter.com/Rvxx7ApAEc

posted at 19:55:32

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

どう見たって、1秒後の無蓋車床上反射鏡に光線がぶつかってる。たった1秒で、鉛直方向に1進んで水平方向にも移動した光線。

物理的にあり得ない絵図見て、

ミチオカクは、無蓋車輪郭線内部区間では、時間の流れが違う。アインシュタインはすげー、とか言ってるが、オツム大丈夫? pic.twitter.com/GEpqaPRopU

posted at 19:46:06

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

アインシュタイン氏は、宇宙で、いかなる慣性系を座標に描いても、物理知見と同じ、光速一定にしようと提唱した。

アインシュタイン氏自身は先駆者だから、頭の中が混乱するのは仕方がない。20世紀の理論物理学者達は別だがね。

posted at 19:42:09

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

偏差射撃しなきゃ、無蓋車にポール(青柱)で支えられたピンク反射鏡にぶつかるわけないし、

宇宙のどこかから見て、偏差射撃は斜めだから、床穴通過後1秒後に光線が反射するわけじゃないし、

光子は、無蓋車慣性系空間じゃなく、太陽基準慣性系だし。 pic.twitter.com/AQd3Rgevdw

posted at 19:38:01

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙のどこかから見た太陽を線路に見立てよう。

宇宙のどこかから俯瞰すると太陽が静止して見えた。
これを、宇宙のどこかから線路側面を正面に見た図に、「東晃史の90度回転」する。

イメージの視線方向角度を90度回転させて、トリックに気付くを試みる。 pic.twitter.com/pXQZ1rM1aP

posted at 19:25:42

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙船から地球に向けて光線を放った。

宇宙船と地球は同じ慣性系。太陽に対しtで毎秒30km平行移動。

宇宙のどこからの俯瞰視線は太陽と同じ慣性系のようだ。

太陽を絵図に固定した基準慣性系風景内で、光線が斜めに進んでいる。

ここがトリック。 pic.twitter.com/zibNf4bZwI

posted at 19:08:21

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙のどこかから太陽を見ると動いていない。
地球が1秒間に30km 右に等速直線運動してるように見えた。

よく見ると、太陽近傍に、宇宙船が見えた。
この宇宙船が地球と同じで、1秒間に30km 右に移動。

宇宙船から地球に向けて光線を発射した。

面倒なんで地球から宇宙船距離1 pic.twitter.com/7lhympGRjt

posted at 19:02:02

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙のどこかから太陽と地球を見たら、ある時刻、太陽の真上に地球が見えた。t=1。

このとき光線を太陽から地球にマイケルソン&モーリーが発射したのが見えた。

1秒後、地球だけが右に30kmずれた。光線が地球に届いた。地球の鏡が光線を太陽へ反射させる。

だと、問題あるので、 pic.twitter.com/AjVMjaPEPi

posted at 18:57:44

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙のどこかから太陽と地球を見たら、ある時刻、太陽の真上に地球が見えた。t=1。

このとき光線を太陽から地球にマイケルソン&モーリーが発車したのが見えた。

1秒後、地球だけが右に30kmずれた。光線が地球に届いた。地球の鏡が光線を太陽へ反射させる。

だと、問題あるので、 pic.twitter.com/XUyRMW8BO8

posted at 18:54:32

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

宇宙のどこかから地球を見たら、1秒間に30km移動した。直線で。真っ直ぐな線分距離。

ホントは太陽を回る回転運動だけど直線と見做す。
ホントのホントは、「地球と太陽」系の複数原子の重心を中心にした万有引力とか、三体問題だけど、軌道は。無視する。 pic.twitter.com/VmBQopbUQm

posted at 18:02:16

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

失敗作とタイトルに書いてあるのは、実は重要な事柄を書き出したもの。

それに対して、これは途中放棄。これから再度、まとめ直して要点の見せびらかし前のもの。

posted at 17:20:44

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

同時存在している3つの原子を見ている。

正対している先生と生徒の間に、透明ガラス窓を用意して、そこに個別性を持った原子を3つを描くと、観察者を原子に見立てると、光学異性体による四面体ができた。

posted at 17:04:21

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

光学異性体というのは、3次元空間内に存在する複数原子と違って、個別性のある原子3つを結んだ三角形が存在する平面て、3次元空間を2分割したどちらの空間からの具体的視線方向を必要とする。

3次元空間内の、どっちの方向から見ているのかという具体性が生じている。

posted at 11:20:35

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

塹壕線をフランス側から見ているのか、ドイツ帝国から見ているのか。具体性が求められている。

空間内の位置。

数学者の身体は3次元空間から疎外されてるけど、
物理観察観測装置は、3次元空間内のどこかに存在する。

光学異性体を意識すると、 pic.twitter.com/jvcadPPTqB

posted at 11:18:56

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

光学異性体というのは、3次元空間内に存在する複数原子と違って、個別性のある原子3つを結んだ三角形が存在する平面て、3次元空間を2分割した視線方向が関係する。

3次元空間内の、どっちの方向から見ているのかという具体性が生じている。

posted at 11:11:28

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

同じ存在している3つの原子を見ているのに、互いに
正対している先生と生徒の間に、透明ガラス窓を用意して、そこに個別性を持った原子を3つ置いて、観察者を原子に見立てると、光学異性体による四面体ができた。

posted at 10:50:37

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

教室黒板に描かれたxy座標は、裏がない。

だけど、3次元空間内に存在する3つの原子に固有名、三角と十字と四角を与えたら、

黒板が、先生と生徒の間に移動して透明になった感じだ。

先生を頂点とした三角形底面で、四面体ができた。
生徒を頂点とした四面体で、光学異性体ができた。 pic.twitter.com/yADGryNZaP

posted at 10:38:32

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

スタジオの生徒さん達、それぞれの位置が違うので、音声情報と光映像情報のズレ度が違う。

広島に落とした原爆映像の音は、キノコ雲が大きくなる光映像情報より後。本物は。

稲光と雷鳴。

ま、そんなことは、どうでもよくて。今は。

posted at 10:26:09

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

床屋さんでは、鏡に映った時計の針の回転方向。

ジムではエアロビのインストラクターの右手が、自分の左手。

インストラクターの先生は、右手を上げながら、左手上げてと、音声情報を送ってくる。音も近接作用だから、遅れる。

光情報の方が早く着くので、真似っこするのがズレる。

posted at 10:20:26

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

ここでの本題。光学異性体の話をしよう。

3つの原子で、具体的な三角形イメージを頭の中で描いた。

3つの原子み個別性を付与した。
三角と十字と四角。

赤三角に注目した後、時計回りで次に注目すると、アレレ。 pic.twitter.com/r70Ylr9c5b

posted at 10:15:16

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

「見かけ」ていうのは、影絵。

平行光線群による投影や、点光源による投影によって形が変わる。地図作成技法では、球体の地球を平面地図にする。

影絵のスクリーンは、平面でなくてもいい。ゾートロープのような円筒でも、プラネタリウム内壁面のような球面でもいい。「見かけ」の形が変わる。

posted at 09:11:05

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

3つの原子を結ぶ辺の長さが同じ正三角形であっても、見る位置。方向によって、いろいろな形に見える。これが「見かけ」

まだ数学の抽象空間だから、電磁現象世界の近接作用による情報遅延が、見られるものと見るものとの視線距離に比例するとか考えなくていい。

posted at 09:05:20

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

目を閉じて頭の中のイメージで観る「3次元空間内の3つの原子」は、オリオン座の3つ星や、重なって1つに見えないときは、三角形に見える。

これは知識。具体的にイメージすると、どんな三角形なのか、イメージしなきゃ、となる。

正三角形だったり、2等辺三角形だったり、3つの長さバラバラ pic.twitter.com/LAUFmzl1yn

posted at 09:01:01

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

目を閉じて3次元空間内の3つの原子は、オリオン座の3つ星や、重なって1つに見えないときは、三角形に見える。

これは知識。具体的にイメージすると、どんな三角形なのか、イメージしなきゃ、となる。

正三角形だったり、2等辺三角形だったり、3つの線長さがバラバラだったり。

posted at 08:50:38

3月23日

@zoutchatjp

zoutchatjp@zoutchatjp

ビックバン仮説を、俺は支持しないが、まあ、そんなことはどうでもいい。

1流の物理学者であるジョージ・ガモフ。そして桁違いの天才、ただし、言ってることが正しいとか正しくないとかじゃなく、発想の。東晃史博士の続きを、同時という観点から整理したら、わかっちゃった。というだけ。相対性。

posted at 08:25:48

このページの先頭へ