情報更新

last update 08/20 13:00

ツイート検索

 

@123fude
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

  • 10フォロー
  • 1,271フォロワー
  • 47リスト
Stats Twitter歴
2,899日(2011/09/13より)
ツイート数
39,791(13.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年08月20日(火)1 tweetsource

50分前

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[紫金9]
新しき御代(みよ)のはじめの辰(たつ)の年、現(あ)れ出でましぬかくれいし神。幽(かく)り世(よ)も顕(うつ)し御国(みくに)の一筋(ひとすじ)の光の国と咲き初(そ)めにけり。

posted at 12:27:43

2019年08月19日(月)8 tweetssource

19時間前

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

祓(はら)へ給(たま)え清め給ふことを、よしはらへ、あしはらへ給ひて弥栄(いやさか)の御代(みよ)とこそ幸(さき)はえ給へ幸はえ給へ。
◯一二三四五六七八九十百千万歳万歳。

posted at 17:20:45

19時間前

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

大(おほ)つ辺(べ)に居る大船(おほふね)を舳(へ)ときはなち艫(とも)とき放ちて大海原(おおうなばら)に押しはなつ事(こと)の如(ごと) く、 のこる罪(つみ)も穢(けがれ)もあらじと、

posted at 17:20:42

19時間前

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

かく聞(きこ)し召してば、天(あめ)の国(くに)顕(うつ)し国共に罪という罪はあらじと科戸(しなど)の風の吹き放つことの如(ごと)く、朝風(あさかぜ)夕風(ゆうかぜ)の吹きはらふ如く、

posted at 17:20:40

19時間前

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

天地祝詞(あめつちのりと)の二十祝詞言(ふとのりとごと)をのれ、かくのらば神祇(かみ)はおのもおのもの岩戸を押しひらきて伊頭(いづ)の千別(ちわ)きに千別き給ひて聞(きこ)し召(め)さむ、

posted at 17:20:37

19時間前

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

下津岩根(したついわね)に宮柱(みやばしら)二十敷(ふとしき)建(た)て高天原(たかあまはら)に千木(ちぎ)高知(たかし)りて、伊都(いづ)の神宝(みたから)の大御心(おおみこころ)のまにまに千蔵(ちくら)の置蔵(おきくら)におき足(た)らはして、

posted at 17:20:35

19時間前

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[紫金1]
高天原(たかあまはら)、おのころに神祇(かみ)つまります、すめむつカムロギ、カムロミのミコトもちて、千万(ちよろづ)の神祇(かみ)たちを神集(かむつど)へに集へ給ひ、神はかりにはかり給ひて、

posted at 17:20:32

22時間前

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[極め2]
青玉の水江の玉ゆいよよ栄へむ。天地咲(え)む神の礼白(いやしろ)臣(おみ)の礼白(いやしろ)、天(あま)つ神の寿言(よごと)のままに八十岩(やそいわ)開けぬ。

posted at 14:33:10

8月19日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[極め1]
宇都志(うつし)水に天津(あまつ)水添え奉(たてまつ)らむを。夕陽(ゆうひ)より朝日照るまでフトノリトせむ。火結(ほむすび)神の実秀答(ミホト)焼かへて岩戸(言答/一八十)とざしき。

posted at 12:05:20

2019年08月18日(日)19 tweetssource

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

曇りなく、今を祝詞す、幸(さき)はへたまへ。
奉る、歌きこし召せ、幸はへ給へ。
ひふみよい、むなやここたり、ももちよろづう。

かのととりの日。

posted at 13:04:40

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

祝詞せば、誰か和し居り、波の寄す如(ごと)。
のりと申す、わが魂に、呼ぶ何かあり。
御(おん)まへに、額(ぬか)づきあれば、波の音(ね)きこゆ。
悔ゆるなき、一日(ひとひ)ありけり、夕月に歩(ほ)す。

posted at 13:04:35

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

大き日に、真向ひ呼ばん、神の御名(おんな)を。
道端の、花の白きに、祈る人あり。
拍手(かしわで)の、ひびきて中今(いま)の、大きよろこび。
悔(く)ゆるなく、御(おん)まへに伏し、祝詞(のりと)申すも。

posted at 13:04:30

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

狭田長田(さたおさだ)、ところせきまで、実のらせ給へ。
神々の、血潮(ちしほ)とならん、このに生き行く。
言(こと)さやぐ、民ことむけて、神にささげん。
にぎてかけ、共に歌はば、イワトひらけん。

posted at 13:04:25

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

と心の、雄(お)たけび天も、高く鳴るべし。
まさ言(ごと)を、まさ言として、知らしめ給へ。
たな肱(ひぢ)に、水泡(みなわ)かきたり、御稲(みとし)そだてんを。
むか股(もも)に、ひぢかきよせて、たなつつくらむ。

posted at 13:04:07

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

かへりごと、高ら白(もう)さんと、今日も死を行く。
追ひ追ひて、山の尾ことに、まつろはさんぞ。
追ひはらい、川の瀬ことに、曲(まが)なごめなん。
みことなれば、天(あめ)の壁(かき)立つ、極み行かなん。

posted at 13:04:03

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

あな爽(さや)け、みたみ栄(はえ)あり、神ともに行く。
さあれ吾(あ)の、生命(いのち)尊し、吾(あ)を拝(おろが)みぬ。
みづくとも、苔(こけ)むすとても、生きて仕えん。
いゆくべし、曲(まが)の曲こと、断(た)たで止むべき。

posted at 13:03:59

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

走りつつ、今海出(い)づる、大き月に呼ぶ。
みみかくし、生命(いのち)と生(あ)れて、遠つ祖神(おや)さか。
神々の、智は弥栄(いやさか)え、此処(ここ)に吾(あ)れたつ。
みたみ皆、死すてふ(ちょう)ことの、ありてあるべき。

posted at 13:03:52

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

ひたすらに、みことかしこみ、今日に生き来(き)し。
言霊(ことたま)の、言(こと)高らかに、太陽(おおひ)にとけな。
天に叫び、吾(あ)れにむちうち、今日に生き来し。
あらしとなり、天駈(あまか)けりなば、この心癒えむか。

posted at 13:03:49

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

大まえに、伏すもこしこし、祈る術(すべ)なし。
今はただ、いのちの限り、太道(おみち)伝へむを。
祈りつつ、限りつくさん、みたみなり吾(あ)れ。
いのち越え、大きいのちに、生きさせ給え。

posted at 13:03:42

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

抱き参らせ、大御心(おおみこころ)に、今ぞこたえむ。
言(こと)いむけ、まつろはしめし、みことかしこし。
ただ涙、せきあへず吾(あ)は、御(おん)まえに伏す。
ささげたる、生命(いのち)ぞ今を、神と生(あ)れます。

posted at 13:03:38

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

天地(あめつち)も、極まりここに、御代(みよ)生まれ来ん。
大き日の、陽(ひ)にとけ呼ばん、くにひらく道。
みことのり、今ぞ輝き、イワトひらけん。
宮柱(みやばしら)、太(ふと)しき建てて、神のまにまに。

posted at 13:03:33

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

高鳴るは、吾(わ)が祖(おや)の血か、みつげ尊し。
吾れあらじ、神々にして、祈らせ給う。
天地(あめつち)も、極まり泣かん、この時にして。
かつてなき、大みつげなり、立たで止(や)むべき。

posted at 13:03:28

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

天地(あめつち)の、光となりて、みふで湧き出づ。
一つ血の、みたみの血今、湧きて止まらず。
大みこと、身によみがえる、遠つ祖神(おや)の血。
すでに吾(わ)れ、あるなし神の、辺(へ)にこそ生きん。

posted at 13:03:20

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

神の子ぞ。みたみぞ今の、この幸(さち)になく。
国原は、大波うちて、みふみを拝(はい)す。
天もなく、地もなく今を、みことに生きん。
大みつげ、八百万神(やおよろずかみ)も、勇みたつべし。

posted at 13:03:15

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

堪(こら)へに堪へし、三千年の、イワトひらけぬ。
したたみも、いわひもとほり、神に仕へむ。
大稜威(おおみいづ)、あぎとふ魚(うお)も、ひれ伏し集(つど)ふ。
かむながら、みことの朝を、みたみすこやかに。

posted at 13:03:08

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

まさに今、神のみことを、このみみに聞く。
三千世界、救ふみわざぞ。言(こと)ただし行(い)かな。
大神の、しきます島の、八十島(やそしま)やさか。
天(あま)かけり、地(くに)かける神も、みひかりに伏(ふ)す。

posted at 13:03:01

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

ひふみゆら、ひふみゆらゆら、ひふみゆらゆら。
かけまくも、かしこけれども、歌たてまつる。
御(おん)まへに、歌たてまつる。弥栄(やさか)み歌を。
世を救う、大みゐわざぞ。みことかしこし。

posted at 13:02:52

8月18日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[黄金44]
奉(たてまつ)る歌書かしておいたに何故(なぜ)読まんのぢゃ。大き声で読み上げよ。歌うたい呉(く)れと申してある時来ているぞ。歌でイワトひらけるぞ。皆歌え唄え。各(おの)も各も心の歌つくっね奉(まつ)れよ。歌結構ぞ。

posted at 13:02:49

2019年08月17日(土)16 tweetssource

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

百取(モモトリ)、さらに、百取の、机の代(シロ)に、足らはして、横山の如、波の如、伊盛(いもり)、栄ゆる、大神の、神の御前(みまえ)に、まつらまく、こひのみまつる、畏(かしこ)みて、まつらく白(まお)す、弥(いや)つぎつぎに。

posted at 16:38:33

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

神直日(かむなほひ)、大直日(おほなほひ)にぞ、見伊直(みいなほ)し、聞き直しまし、祓ひまし、清め玉ひて、清(スガ)々し、清(スガ)の御民(ミタミ)と、きこし召し、相諾(アイウズナ)ひて、玉へかし、玉はれかしと、多米津(タメツ)もの、

posted at 16:38:31

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

ひざ折り伏せて、大まつり、まつり仕へむ、まつらまく。生きとし生ける、まめひとの、ゆくりあらずも、犯しけむ、罪やけがれの、あらむをば、祓戸にます、祓戸の、大神達と相共に、ことはかりまし、

posted at 16:38:28

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

時めぐり来て、一筋(ひとすじ)の、光の御代(みよ)と、出(い)でませし、めでたき日にぞ、今日の日は、御前畏(みまえかしこ)み、御饌御酒(みけみき)を、ささげまつりて、海山野(うみやまぬ)、種々珍(くさぐさうづ)の、みつきもの、供えまつりて、かごぢもの、

posted at 16:38:25

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

忍び堪(た)えまし、波風の、その荒々し、渡津海(ワタツミ)の、塩の八百路(やほじ)の、八汐路(やしほじ)の、汐(しお)の八穂合(やほあ)い、洗われし、孤島(こじま)の中の、籠(こも)らいし、籠り玉いて、畏(かしこ)くも、この世かまいし、大神の、

posted at 16:38:21

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

思い浮かべば、天地(あめつち)の、始めの時に、大御祖神(オオミオヤ)、九二十九立(クニトコタチ)の、大神伊(オオカムイ)、三千年(みせとし)またも三千年の、もまた三千年、浮きに瀬に、

posted at 16:38:17

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

流れ流れて、月速(つきはや)み、いつの程にや、この年の、冬も呉竹(くれたけ)、一(ひ)と夜(よさ)の、梓(あずさ)の弓の、今とはや、明けなむ春の、立ちそめし、真玉新玉(またまあらたま)、よろこびの、神の稜威(みいづ)に、つらつらや、

posted at 16:38:14

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

太日月㊉(オオヒツキクニ)、皇神(スメカミ)の、御前畏(みまえかしこ)み、謹(つつし)みて、うなね突貫(つきぬ)き、白(まお)さまく、ことの真言(マコト)を伊行(いい)く水。

posted at 16:38:11

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

十九立(トコタチ)まし、大九二(オオクニ)の、十九立大神、十四九百(トヨクモ)ヌ、十四(トヨ)の大神、瀬織津(せおりつ)の、ヒメの大神、速秋(ハヤアキ)の、秋津(アキツ)ヒメ神、伊吹戸(イブキド)の、主(ヌシ)の大神、速々(ハヤバヤ)の、佐須良(サスラ)ヒメ神、これやこの、

posted at 16:38:08

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[春3]
掛巻(かけまく)も、畏(かしこ)き極(きわ)み、九二(くに)つ千(ち)の、清(すが)の中なる大清(おおきよ)み、清みし中の、清らなる、清き真中(まなか)の、よろこびの、其(その)真中なる、御光(みひかり)の、そが御力(みちから)ぞ、綾(あや)によし、

posted at 16:38:04

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

世界一家の大業(たいぎょう)は、地の上(うえ)ばかりでなどかなる、三千世界大和(だいわ)して、ただ御光に生きよかし、生まれ赤児(あかご)となりなりて、光の⦿の説き給う、(マコトの道を進めかし、)マコトの道に弥栄(やさか)ませ。

posted at 11:43:15

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

善いさかえば悪なるぞ、善悪不二(ふじ)と言いながら、悪と善とを区別して、導く教えぞ悪なるぞ、ただ御光(みひかり)のその中に、喜び迎え善もなく、悪もあらざる天国ぞ、皆一筋の大神の、働きなるぞ悪は無し、

posted at 11:43:12

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

⦿(かみ)の心は弥栄ぞ、本来悪も善もなし、ただ御光(みひかり)の栄ゆのみ、八股大蛇(やまたおろち)も金毛(きんもう)も、邪鬼(じゃき)も皆それ生ける⦿、⦿の光の生みしもの、悪抱(いだ)きませ善も抱き、あななう所に御力(みちから)の、輝く時ぞ来たるなり、

posted at 11:43:08

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

三千年の昔から、幾千万の人々が、悪を殺して人類の、平和を求め願いしも、それははかなき水の泡、悪殺しても殺しても、焼いても煮てもしゃぶっても、悪はますます増えるのみ、悪殺すてふ(ちょう)そのことが、悪そのものと知らざるや、

posted at 11:42:57

8月17日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[海5]
今日(こんにち)までの御教(みおし)えは、悪を殺せば善ばかり、輝く御代(みよ)が来るという、これが悪魔の御教えぞ、この御教えに人民は、すっかりだまされ悪殺す、ことが正しきことなりと、信ぜしことの愚かさよ、

posted at 11:42:52

2019年08月16日(金)15 tweetssource

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

狭(さ)き国は広く峻(さか)しき国は平に。日のみかけ百島(ももしま)千島(ちしま)おつるくまなく。青雲のたなびく極み座(し)きます宝座(みくら)。甘菜辛菜(あまなからな)地の極みまで生(は)ひて尚生ゆ。見はるかす四方(よも)の国みなえらぎ賑(にぎ)はふ。

posted at 21:13:32

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

巫(かむなぎ)の大御心(おおみこころ)のまま弥栄へむ。千木千木し瑞(みづ)の御舎(みあらか)仕へまつらむ。御宝前(おんまえ)に宇豆(うづ)の幣帛(みてくら)たたへまつ栄。大神の咲(ゑみ)に弥栄(やさか)ゆ生国(いくくに)足国(たるくに)。

posted at 21:13:25

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[龍音2]
八束穂(やつかほ)の十束穂(とつかほ)とこそ実らせ給へ。みかのはらみて並べてぞ天地(アメツチ)の座に。御服(みそ)輝(かが)し明妙(あか)照妙(てる)和妙(にぎ)荒妙(あら)風のまにまに。

posted at 21:13:19

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

千木(ちぎ)高知(たかし)り美頭(みづ)の御殿(みあらか)咲(ゑ)み仕へなむ。許々太久(ここたく)の罪はあらじな大岩戸あく。四方(よも)の国咲(ゑ)み集うらし真中(まなか)の国に。よきあしき皆はらひませ科戸(しなど)の風に。

posted at 18:24:06

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

言霊(ことたま)の栄ゆる御歌(みうた)にはらひてましを。みそぎして祝ふ生命(いのち)ぞ弥栄ましませ。安国(やすくに)の瑞穂(みづほ)の国(くに)と御(しら)し給ひぬ。八重雲(やゑぐも)の十重雲(とゑぐも)千別(ちわ)き千別き天降(あも)りぬ。

posted at 18:24:03

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

高低(たかひき)の伊百理(いほり)かきわけきこし召すらむ。罪と言ふ罪はあらじな神の子なれば。ひふみ百千万(ももちよろず)と咲(ゑ)ます元つ太神。八十伴男(やそとものを)百足(ももた)り足りて仕へまつらむ。行く水に清めて仕ふ極みの宮殿(みあらか)。

posted at 18:24:00

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[龍音1]
言(こと)やめて草の片葉(かきは)も陽(ひ)にのび行かな。八十隈手(やそくまで)ゆ行きにし神は今かへります。素盞鳴(スサナル)の命(ミコト)しらせる海原ぞやよ。天ヶ下(あめがした)おつるくまなく照らす大神。

posted at 18:23:58

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

海原(うなはら)の辺(へ)にも沖(おき)にも神つまります。天(あめ)の壁(かき)、地(くに)の退(そぎ)立(た)つ極み手伸(たの)しき。八十八綱(やそつな)を百綱(ももつな)とかけてささし給はむ。

posted at 14:31:49

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

四方(よも)の御門(みかど)五方(いつも)とひらき宇都幣帛(うづみてくら)を。御巫(かむなぎ)の辞(こと)竟(お)へまつる生足(いくたる)御国(みくに)、塩沫(しほなは)の留(とどま)る限り皇国(みくに)弥栄(やさか)ゆ。

posted at 14:31:47

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

[星座25]
手長(たなが)手伸(たのし)堅磐(かきは)常磐(ときは)に祝ふ御代(みよ)なる。生井(いくゐ)栄井(さかゐ)津長井(つながゐ)阿須波(あすは)波比支(はいき)たたへましを。底(そこ)つ岩根(いわね)千木岩(ちぎいわ)高く瑞(みづ)の御舎(みあらか)。

posted at 14:31:44

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

【アイウエオ祝詞】

ン⃝㋒うアイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミムメモ ヤヰユヱヨ ラリルレロ ワヰウヱヲ㋒ン⃝

posted at 10:52:55

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

【いろは祝詞】

□□□いろは□にほへとち□りぬるをわかよ□たれそ□つねならむ□うゐのおくやま□けふこ□えてあさき□ゆめみしゑひもせすん

※一音一音、拍手と共に。□は拍手のみ。

posted at 10:52:52

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

【ひふみ祝詞】

□□□ひふみ□よいむなや□こともちろらね□しきる□ゆゐつわぬ□そをたはくめか□うおえ□にさりへて□のますあせゑほれけ

※一音一音、拍手と共に。□は拍手のみ。

posted at 10:52:50

8月16日

@123fude

一二三(日月神示)@123fude

【天地(あめつち)の数歌(かずうた)】

ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここノ、たり。
ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここノ、たり。
ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここノ、たり、もも、ち、よろづ。

posted at 10:52:48

このページの先頭へ