情報更新

last update 09/25 07:14

ツイート検索

 

@15seconds_man
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

  • 70フォロー
  • 1,332フォロワー
  • 66リスト
Stats Twitter歴
3,829日(2010/04/03より)
ツイート数
4,127(1.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月12日(土)1 tweetsource

2020年03月31日(火)2 tweetssource

2020年03月21日(土)1 tweetsource

3月21日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

俺が俺がの我を捨てて
お陰お陰の下で生きる。

いよいよラストウィーク。
終わりであり、始まりでもあります。

私も、しっかり繋ぎます。

posted at 01:41:17

2020年03月13日(金)2 tweetssource

2020年03月09日(月)1 tweetsource

2020年02月29日(土)1 tweetsource

2020年02月25日(火)1 tweetsource

2020年02月22日(土)3 tweetssource

2月22日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

明日、3年ぶりに落語やります。やると言った以上、覚悟を決めてやるのです。日本屈指の社会人落語家を集めてのドリーム寄席。長崎の落語好きの皆さん、これ見ておかないと後悔しますよ。 pic.twitter.com/JtVseOwstL

posted at 17:03:01

2020年02月16日(日)1 tweetsource

2020年02月15日(土)2 tweetssource

2020年02月09日(日)1 tweetsource

2019年12月18日(水)1 tweetsource

2019年12月07日(土)1 tweetsource

2019年11月30日(土)1 tweetsource

2019年09月15日(日)2 tweetssource

9月15日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

理想と現実は、夢を見るだけでは済まない大人が分からないといけない事情。

でも、涙。涙。

勿論、現実に敵役なんていないけれど、君嶋の思いにぐっときて、俺も出来ることを頑張ろうと思える珠玉のドラマでした。

posted at 23:21:35

2019年09月03日(火)1 tweetsource

2019年09月02日(月)1 tweetsource

2019年08月16日(金)1 tweetsource

8月16日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

解説は今年で退きたいという突然のお申し出。何とか来年もとお願いしましたが、御意志は固く。本当に残念です。
約40年間もの長きにわたりお世話になりました。とても寂しいお盆になりました。

posted at 01:53:06

2019年07月28日(日)1 tweetsource

2019年07月27日(土)3 tweetssource

2019年07月25日(木)1 tweetsource

2019年05月17日(金)5 tweetssource

2019年05月16日(木)1 tweetsource

2019年05月15日(水)1 tweetsource

2019年05月14日(火)6 tweetssource

5月14日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

去年の落語社会人大会でアナウンサー初入賞という記事を見て、むむ、今年はリベンジだ!って思っていたら、今年も本業の関係で参加はお預け。残念。来年こそは頑張るぞ。

posted at 01:52:21

5月14日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

最近読んだ本に共感。スマホを含めネットを使いこなしている人は、世の中みんながそうなのだと誤解しがち。SNSは原則、同好の士と繋がっているコミュニティだと思って企画しないと様々な事を見誤る。

posted at 01:44:56

2018年12月23日(日)3 tweetssource

2018年12月17日(月)1 tweetsource

2018年12月05日(水)4 tweetssource

12月5日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

今回、講談に挑戦した理由の一つは、講談は描写が多くスポーツ実況に近いと思ったから。落語は演劇との親和性が高く、登場人物を通じて空間を感じさせますが、講談は伝え手が描写する話芸だと感じます。

posted at 01:42:33

12月5日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

松之丞さんに触発されて、97年にラジオ用に書いた講談を高座で上演。当時、いい企画だと、犯科帳を会社のライブラリーに揃えてくださった方が来場してお誉めいただいた。21年の時を経て陽の目を見た気がする。公演前日は深堀に墓参り。
www.youtube.com/user/tyorakutei

posted at 01:19:22

12月5日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

成熟した民主社会は
主張の異なる人同士が合意形成を目指して互いに歩み寄れること。
言いっ放し、対立だけでは先に進めない。まして、声が大きかったり、多数の意見が通ったりする社会は歪んでいく。

posted at 01:14:13

12月5日

@15seconds_man

林田 繁和@15seconds_man

視野が広いっていうのは
「共感できることが素晴らしい」だけではなく、「共感できないことにも素晴らしいことがある」と気づけること。

posted at 01:12:01

このページの先頭へ