情報更新

last update 01/18 17:33

ツイート検索

 

@346freed
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@346freed

s-furuta@346freed

  • 233フォロー
  • 424フォロワー
  • 51リスト
Stats Twitter歴
4,154日(2009/09/06より)
ツイート数
6,286(1.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年01月17日(日)1 tweetsource

1月17日

@346freed

s-furuta@346freed

やりたい・たのしいと思えば自分でやればいいけど、やらないといけない・頑張らなきゃと感じた日は別途頼る、っていう切り替え

posted at 04:53:31

2021年01月16日(土)1 tweetsource

2021年01月13日(水)4 tweetssource

1月13日

@346freed

s-furuta@346freed

味噌汁作る時に残ったかぶの葉の根元の部分や、1/4の中かぶを、新しいきゅうりと共にぬか床に。楽しみ♪

posted at 13:17:11

1月13日

@346freed

s-furuta@346freed

「健康味噌汁」を参考に、合わせ味噌に赤だしにりんご酢を混ぜて味噌汁作ったら美味だった。

posted at 13:15:41

2021年01月10日(日)1 tweetsource

1月10日

@346freed

s-furuta@346freed

「エミール」(byルソー)の頻出用語である「自然」の定義について改めて疑問。「自由」も併せて再考する必要性を感じる。これらは「個別最適化」のあり方を考えるときの手がかりにもなりそう。

posted at 10:20:17

2021年01月09日(土)1 tweetsource

1月9日

@346freed

s-furuta@346freed

正義感や使命感を奮い立たせるために「かわいそう」を強調するのは有効なこともあるだろうけど、なんか違う。

posted at 07:17:45

2020年12月25日(金)1 tweetsource

12月25日

@346freed

s-furuta@346freed

圧倒的に読む時間が減っている(目を通す感覚が増えている)。すると自分の中の言葉も減っていく。

posted at 15:22:44

2020年12月24日(木)1 tweetsource

2020年12月15日(火)1 tweetsource

2020年11月25日(水)1 tweetsource

11月25日

@346freed

s-furuta@346freed

時間をかけて質の高い動画を準備したり学習者同士が十分議論できるようZoomで高度な技術を駆使すれば満足感も高くなると思うものの、持続可能性の観点からみると疑問で、結局学習機関格差は縮まらないような気もするため、個人的には学習効果も満足度も高いオンデマンドを追求したいところ。

posted at 16:27:52

2020年09月28日(月)1 tweetsource

9月28日

@346freed

s-furuta@346freed

自分の中の世界が狭くなってきているのに気づき、広げたり深めたりしたくなってきているのを感じる。いま本当に集中すべきこと(ジャンルが全く異なるが)が明確な状態だからこその気づき。

posted at 16:33:06

2020年09月08日(火)1 tweetsource

9月8日

@346freed

s-furuta@346freed

しんどい人に寄り添いたかったら、自分がその苦しみを解放する力をもとうと頑張ると逆効果で、むしろ周囲にうまく甘えて積極的に他者の手を借りる姿勢と機転が必要かも。

posted at 01:10:42

2020年09月02日(水)2 tweetssource

9月2日

@346freed

s-furuta@346freed

なにげなく眺めた2・3年前の自分の写真は、これからの自身の過ごし方をいろいろ考えさせる、最強のフィードバック素材なのかもしれない。

posted at 09:47:36

2020年09月01日(火)2 tweetssource

2020年08月20日(木)3 tweetssource

8月20日

@346freed

s-furuta@346freed

命の現場など、スピード勝負の職種のベテランや、その仕事を支える仕事をしている人たちは、どこまで先のことが(意識的に/無意識的に)見えているのだろうか。最近なぜか「判断・技術」「経験」「時間」の関係が気になる。

posted at 14:56:25

8月20日

@346freed

s-furuta@346freed

最近何故か頭を幾度もよぎる師の言葉「薬師寺東塔は1000年以上維持されているが、それは宮大工が何百年も先のことを考えて仕事していたからだ。鉄筋のスカイツリーは果たして1000年もつだろうか?」

posted at 14:50:48

2020年08月19日(水)1 tweetsource

2019年11月23日(土)1 tweetsource

11月23日

@346freed

s-furuta@346freed

「深い学び」の追求は、つまるところ、学習者にとっての「最近接発達領域」を模索することそのものだ。「あの子には無理」という考えは「深い学び」の追求の妨げとなる。

posted at 02:46:13

2019年11月14日(木)1 tweetsource

11月14日

@346freed

s-furuta@346freed

大学が立地する地域のものを題材に、学内の異分野のベテラン先生方がコラボして科研に応募され、複数分野の視点から研究されていたことを思い出し、ぜんぜん違う分野の人とコラボして仕事をしたい意欲が再びムクムク。

posted at 12:00:22

2019年11月13日(水)1 tweetsource

11月13日

@346freed

s-furuta@346freed

ショッピングモール内や駅前、市役所の近くなどに、ラーニング・ビジネスセンター・カフェ(託児スペース有り)とかあると、地域振興が活性化するのではと思ったりするけど、どうかな。

posted at 10:19:17

2019年03月12日(火)1 tweetsource

3月12日

@346freed

s-furuta@346freed

育児中の大人やその子どもが、お互いの姿を確認できる状態で、大人の自習時間を確保するということは不可能なのだろうか。そういう自習用カフェを作ってみたいとふと思ったけれど、、

posted at 11:10:44

2018年11月29日(木)1 tweetsource

2018年09月05日(水)1 tweetsource

9月5日

@346freed

s-furuta@346freed

「改良」「改善」は手間がかかる。しかし、世の中に一発勝負の仕事も多いことを考えると、改良させてもらえることはありがたいことだ。

posted at 12:40:04

2018年08月17日(金)2 tweetssource

8月17日

@346freed

s-furuta@346freed

満腹より栄養バランスを重視するべき、、だけど、時間のコントロールがうまくできていないときにとりあえず満腹を優先させてしまうという自分の思考は、管理能力に欠けていると思う。

posted at 13:15:54

8月17日

@346freed

s-furuta@346freed

戦争が勃発しそうになったら、関係者全てが赤ちゃんに返るという魔法はないだろうか。そんなことを考えもしなかった頃が、誰にでもあったはず。。と考えてみたが、赤ちゃん(返りした関係者)の親は既に年老いてしまっているから養育が大変か。。。

posted at 13:03:06

2018年08月08日(水)3 tweetssource

8月8日

@346freed

s-furuta@346freed

元々やる気がある人のパフォーマンスを引き上げたところで、引き上げた人の能力や専門性が高いとは思えない。

posted at 16:49:57

8月8日

@346freed

s-furuta@346freed

観点別評価計画の「C」の欄に、できていないことが書かれているという状態をよくみかける。つまり、「C」だけ到達目標になっていない。何をできるようになる必要があるが、何が課題だと思われるからこういう支援が必要だと考えられる、という形で書くよう心がけたい。

posted at 14:12:13

8月8日

@346freed

s-furuta@346freed

【行動目標】授業担当者以上に授業内容にハマった学生さん(20枚上の大作レポートを書く)の傾向から、「こういう人におすすめ」「こういう学び方をすれば深く学ぶことができる」ということを整理して、次年度用のシラバスを修正する。

posted at 13:04:20

2018年08月07日(火)1 tweetsource

8月7日

@346freed

s-furuta@346freed

学力調査の結果だけとりあげてどうこういうよりも、学力調査と同時に学校教育への支援や各家庭への行政支援がどれだけできいるかなども同時に調査して、その結果と掛け合わせながら実態を解釈したほうがよいのでは。。

posted at 16:32:54

2018年06月26日(火)5 tweetssource

6月26日

@346freed

s-furuta@346freed

手書きの御礼状は、手間がかかるけど、書くとスッキリする。失礼にならないように!という気持ちも大事だけど、感謝を字にすることで、関係を築こうとする(執筆者=自分の)心の持ちようにも影響していると思う。

posted at 14:34:58

6月26日

@346freed

s-furuta@346freed

「自分にとって発信したくなるときとは?」「誰かに相談したくなるときとは?」:「発表」「発信」に対してあまり良いイメージを持っていないとき、どのようなときに話を聞いてもらいたいと思うか、発信したくなるかを改めて考えて行動目標をつくるための問い

posted at 11:26:34

6月26日

@346freed

s-furuta@346freed

「事例」「すぐ使えるもの」「だれでも使えるもの」を求めすぎるのはどうかなあと思っていたが、ニーズはある。苦労の末に生み出されたものも、一時流行って風化するため、生産し続けなければならないのは辛いところだが、そもそもこういう時代のアイデアは賞味期限が短い。

posted at 09:53:50

2018年06月06日(水)1 tweetsource

6月6日

@346freed

s-furuta@346freed

実習から帰ってきた学生さんが「こんなおもろい授業をした!」と目をキラキラさせながら語り合っている姿を見ることができて嬉しい。

posted at 17:54:19

2018年06月04日(月)3 tweetssource

6月4日

@346freed

s-furuta@346freed

知識基盤社会。いかなるときも学び続けなければならないという時代。育児でそれを実感。例えば駄々っ子モードを解消するポイントの有効期限は短く、子どもによって多様。知識そのものに価値があるというよりも、知識を生み出し続けることで研究能力や生産力を上げることが重要。

posted at 21:06:21

6月4日

@346freed

s-furuta@346freed

「気になること」「やりたいこと」「関心のあること」がわからないのに、それを深掘りさせられるのは苦痛という反応も。学ぶ楽しさから遠ざけてしまっている感じがする。

posted at 19:27:04

6月4日

@346freed

s-furuta@346freed

こんなに宿題を出す授業はこの授業くらい、というフィードバックを学生さんから頂戴した。

posted at 19:22:00

2018年05月18日(金)2 tweetssource

5月18日

@346freed

s-furuta@346freed

大手新聞社の無料ネット記事は、複数の要素を組み合わせて整理して記述された有料の印刷版と違って、小さなネタを分散して公開されたものなんだな。

posted at 13:40:26

5月18日

@346freed

s-furuta@346freed

授業準備のときはものすごく頭使って悩んでいるけれど、教材研究の過程で学ぶことが多いから面白い。

posted at 10:22:15

2018年05月12日(土)2 tweetssource

5月12日

@346freed

s-furuta@346freed

諸国の人材不足の解消方略の中には、AIを積極的に取り入れようとするパターンと、難民を受け入れ職能訓練の機会を提供するパターンとがあると思われるが、前者の日本が今後仮に後者に転じたとしたら、教育政策がさらにごろっとかわりそうな予感。

posted at 01:58:44

5月12日

@346freed

s-furuta@346freed

学生さんとのやりとりの中で、大事なことをいろいろ思い出しつつある。「気持ち」に今一度丁寧に向き合うことにしよう。他者の気持ちも、自分の気持も。

posted at 01:43:37

2018年02月28日(水)1 tweetsource

2018年02月11日(日)1 tweetsource

2018年01月31日(水)3 tweetssource

1月31日

@346freed

s-furuta@346freed

修業期、見習い期に給与を支払うことは重要だと思う。その前提として、人材育成プログラムが必要。それぞれの専門職に適する育成方法を、一定期間or複数回数職場に入って一緒につくる&実験するという事業は可能?

posted at 09:55:21

このページの先頭へ