情報更新

last update 01/29 12:04

ツイート検索

 

@AmberFeb201
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

  • 595フォロー
  • 1,635フォロワー
  • 42リスト
Stats Twitter歴
3,410日(2013/09/29より)
ツイート数
45,430(13.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年01月29日(日)3 tweetssource

11時間前

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

冒頭、まる子が静岡駅を歩いていて絵描きのおねえさんと出会う冒頭のシークエンスは、その足取りのいかにも頼りなさげな雰囲気が素晴らしかったですね。しかしこの素朴なお話でしっかりこちらの心を動かすのはえらい。ソフト化されてアクセスしやすくなったのはほんとよいことです。

posted at 10:39:00

11時間前

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』をみてたんですが、ウェルメイドなお話に湯浅政明らが手がけた作家性バリバリのミュージックビデオが挿入されていく不思議な味わいの映画で、たいへんよかったです。大瀧詠一や細野晴臣の仕事の恐るべき普遍性ですよ。しかし湯浅政明は30年前からすごかった…

posted at 10:36:12

2023年01月28日(土)6 tweetssource

1月28日

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

マーティン・マクドナー監督『イニシェリン島の精霊』、おもしろかった!親友に唐突に絶交されたおじさんの右往左往をミニマルに映していて、舞台は100年前のアイルランドですが、閉塞的な場所と中年の危機という主題はある種の普遍性があるように思います。コリン・ファレルのおじさん的佇まい、よさ

posted at 11:11:24

2023年01月27日(金)2 tweetssource

2023年01月26日(木)3 tweetssource

2023年01月25日(水)5 tweetssource

1月25日

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

やわな美少年が数年後に筋肉モリモリの殺戮マシーンになってるの、すごいインパクトだった。しかし全編仄暗い曇り空の下で鬱鬱とした展開を語り切る横綱相撲ぶりはすごいですね。力強いドラムが本能を揺さぶる劇伴よ素晴らしい!

posted at 22:43:47

1月25日

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

『ノースマン 導かれし復讐者』、おもしろかった!10世紀のアイスランドを舞台にして語られる神話的復讐劇、極めてシンプルな筋なんですけど主演のアレクサンダー・スカルスガルドの筋骨隆々の肉体美がそれに圧倒的な説得性を与えていて偉すぎる。

posted at 22:37:13

2023年01月24日(火)5 tweetssource

2023年01月23日(月)5 tweetssource

1月23日

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

鶴瓶の家族に乾杯で岡崎が取り上げられてるんですが、YouTuberゆかりの地として訪ねてくる人が結構いるっぽいの、カルチャーショックです。警察に捕まり始めているんじゃないのかよ

posted at 20:19:32

2023年01月22日(日)4 tweetssource

2023年01月21日(土)2 tweetssource

2023年01月20日(金)5 tweetssource

2023年01月19日(木)3 tweetssource

1月19日

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

@kanose 確かに、映画館の普通のスクリーンより断然「みえる」感あるので改めてビビりますね…。『閃光のハサウェイ』は劇場鑑賞の際に普通のスクリーンで見てしまったので、有機ELで再見して腰を抜かしました。

posted at 07:42:26

2023年01月18日(水)7 tweetssource

1月18日

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

誠実なほうがえらいのか?というのはもちろんあるし『秒速』のラストで踏切の向こうに運命の人が待っていたら本当に見るに耐えんフィクションになっていたという気もする。『君の名は。』は再会するけど見るに耐えんフィクションにはなってないからいいのかもしれない

posted at 20:19:41

1月18日

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

いま思うと夢の中で束の間邂逅した運命の相手と再会してしまう『君の名は。』より、運命の相手などいないんだということを受け入れる『秒速5センチメートル』のほうが人生に対してとても誠実じゃないですか?

posted at 20:18:03

1月18日

@AmberFeb201

ねりま@BOOTHで個人誌頒布@AmberFeb201

有機ELのテレビを買って一年近く経ちます。最初はみる作品みる作品すげえ!すげえ!と度肝を抜かれていたんですが、最近はそれが当たり前になってしまってさほど感動しなくなり、慣れって怖いわ…となる

posted at 19:46:38

このページの先頭へ