情報更新

last update 11/26 03:22

ツイート検索

 

@BungakuReport
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

Stats Twitter歴
1,085日(2017/12/08より)
ツイート数
34,105(31.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年11月25日(水)52 tweetssource

15時間前

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

●木場貴俊の新・怪異学入門、完結です!
ぜひご覧ください!

第一回 怪獣大談義
第二回 政(まつりごと)
第三回 産女が姑獲鳥に変わるとき
第四回 ばけものばなし話してた。
第五回 河内屋可正とは何者か
第六回 すごい男も語っていた
第七回 昌平黌の古賀侗庵を探ります
bungaku-report.com/kaiitsukuru.html pic.twitter.com/hi2qprStio

Retweeted by 文学通信

retweeted at 22:45:04

15時間前

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

試し読み公開。序文全文掲載中!

説話文学会編『説話文学研究の最前線 説話文学会55周年記念・北京特別大会の記録』(文学通信)

2018年11月3日〜5日の3日間、北京の中国人民大学(崇徳楼)で開催された説話文学会五十五周年記念・北京特別大会の報告集。

bungaku-report.com/books/ISBN978- pic.twitter.com/2adY6NiiWr

Retweeted by 文学通信

retweeted at 22:41:31

15時間前

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2020年10月

『二十四節気で読みとく漢詩』
古川末喜 著/文学通信/税込3,080円
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

中国の古典詩は、季節をどのように詠っているか。詩に詠われた真の季節を探り、制作年代をも明らかにする。 pic.twitter.com/eObrQvHB0w

Retweeted by 文学通信

retweeted at 22:41:10

16時間前

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

推薦文到着!!

●大場利康(某大規模図書館員)

読書好き、活字好き向けの小説は数あれど、和本・漢籍・朝鮮本のモノとしての面白さを伝える書誌学小説は類を見ない。これぞ真の「書物愛」小説。主人公たちの活躍と共に、古典籍を支える素材と技の魅力もご堪能あれ。

bungaku-report.com/books/ISBN978- pic.twitter.com/nkJ8bwMnfG

Retweeted by 文学通信

retweeted at 21:30:17

16時間前

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

青春小説であり、書誌学入門でもあるという、本邦初の「書誌学入門」ノベル!
書誌学が小説という器にのり、その学問は自由に羽ばたき、猛烈な興味をかき立てるものに変貌します! 圧倒的な書物への愛が溢れ出した、いままでになかった本です。
付録として「浅利先生の書誌学講座」(全10講)を完備。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 21:29:12

16時間前

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

代々続く書医(書籍のお医者さん)の家に生まれた大学一年生のあずさは、早世した兄・葵に代わり、家業を継ぐことを決意する。しかし書籍について知識のなかったあずさは、見ただけで紙の原料がわかるふしぎな力を持った双子の妹・さくらとともに、修行に邁進してゆく――。(続)

Retweeted by 文学通信

retweeted at 21:29:04

16時間前

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

推薦文到着!

●纐纈くり(大屋書房)

書物の形態、紙の種類など〈装訂〉からその本の魅力を知る〈書誌学〉という学問の入門書。現物を知るからこそ描ける書物愛に満ちた〈書誌学〉青春ラノベが誕生です。あなたも書物文化の世界に触れてみませんか。

bungaku-report.com/books/ISBN978- pic.twitter.com/doOp4QQrgs

posted at 21:23:18

17時間前

@chuuseimonjyo

中世文書の料紙@chuuseimonjyo

後醍醐天皇側近の僧侶、直筆文書 高野山・西南院で確認 「南朝との関係考える貴重資料」 /和歌山 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20201
⇒ 「高野山大文学部(高野町)の坂口太郎講師(日本中世史)は、後醍醐天皇(1288~1339年)の側近だった僧侶、文観房弘真(1278~1357年)の

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:32:03

17時間前

@yhkondo

yhkondo@yhkondo

@shimojizemi はい、学会そのもの、そして学会を越えて、そういうネットワークが構築される未来が見えてきているように私も思います。なにかの時にはよろしく御願いいたします。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:31:34

17時間前

@shimojizemi

九州大学下地ゼミ@shimojizemi

@yhkondo 国境を超えて,研究者とその周りに学生が集うというタイプの,大学の起源に近いネットワークの構築が,コロナを機に進んでいくと思います。学会も,この流れを見据えて,発表スタイルや交流の仕掛けを先取りで考えていくと面白いかな,とワクワクしています。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:31:25

17時間前

@shimojizemi

九州大学下地ゼミ@shimojizemi

@yhkondo 私の私塾では、方言研究の有名な学者や中堅のスペシャルゲスト、海外のゲストを呼びまくって、若手の発表を聞いてもらったり、いろいろな仕掛けを作ってます。こういう人脈作りの場はオンラインならではですね。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:31:19

17時間前

@shimojizemi

九州大学下地ゼミ@shimojizemi

@yhkondo コメントありがとうございます。まさにここに意見の分かれ目があると思っています。私は、「人脈作り」の概念そのものを変えていける可能性があると見ています。例えば方言の若手の間では私が主催する毎週のオンライン勉強会も含め、これまでにない全国の若手の交流の場ができてきています。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:31:17

17時間前

@yhkondo

yhkondo@yhkondo

@shimojizemi 横から失礼いたします。若い研究者の方は、これからの人脈作りのためにむしろ従来の現地開催(飲み会があったり)を好むのではないかという見方もありますが、それについてのご意見がおありならお教え下さい。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:31:14

17時間前

@shimojizemi

九州大学下地ゼミ@shimojizemi

オンラインの学会運営は,本当に大変だけれども,実際関わってみて,このやり方は今後もっと無駄が減り,洗練されていくと思うので,ぜひ続けてほしい(というか,続けるように意見を言える機会があれば言っていくつもり)。年に2回ある学会なら,少なくとも1回はオンラインで,というやり方がいい。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:31:10

20時間前

@rekihaku

国立歴史民俗博物館(歴博)@rekihaku

✔「 #ニコニコ美術館 」で「 #性差(ジェンダー)の日本史 」を生中継!
今週末11月28日(土)18:00~「ニコニコ美術館」で、展示プロジェクトメンバーの当館教授と和田彩花さんが一緒に、企画展示「性差(ジェンダー)の日本史 」を生中継します。
詳細はこちら → live2.nicovideo.jp/watch/lv329020

Retweeted by 文学通信

retweeted at 17:43:24

11月25日

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

ブラックと言われるけれど…なぜ教員になりたいの? 教育実習生が語った決意|高校生新聞オンライン【私のクラスに教育実習生の北村先生(私立大学文学部4年、国語担当)がやってきました。なぜ高校の教員を目指そうとしているのか、国語を選んだのはなぜかなど、取材…】www.koukouseishinbun.jp/articles/-/7028

posted at 13:30:32

11月25日

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

全米図書賞の翻訳部門を受賞した柳美里『JR上野駅公園口』の功労者は誰か【これは「ダイバーシティ」の名の元に起きている変化であることがわかる。裏を返せばつまり、今まで軽視されてきた女性やLGBTなど、マイノリティーの作家による作品が評価されるようになっているのだ】 hon.jp/news/1.0/0/30120

posted at 13:26:00

このページの先頭へ