情報更新

last update 08/12 15:14

ツイート検索

 

@BungakuReport
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

Stats Twitter歴
1,709日(2017/12/08より)
ツイート数
55,935(32.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年08月12日(金)21 tweetssource

6時間前

@toritugi_yagi

こちら神田村取次八木書店店売所@toritugi_yagi

【8/10発売】好評出荷中!
#文学通信『俳句がよくわかる文法講座 詠む・読むためのヒント』(井上泰至・堀切克洋)

*詩の言葉、文語のヒミツをマスター!読むうちに文法への心構えと注意点が身に付く
bungaku-report.com/books/ISBN978-
試し読み
hanmoto.tameshiyo.me/9784909658791

#めえめえ新刊案内 pic.twitter.com/G6AUxQBQ0I

Retweeted by 文学通信

retweeted at 12:12:53

6時間前

@musako_n

くまざわ書店武蔵小金井北口店@musako_n

【新刊】『俳句がよくわかる文法講座』井上泰至 堀切克洋(文学通信)様式から美を生み出す俳句。そこには文語というヒミツがある。いまなお文語を使い続け、俳句を詠む/読むために文語文法が必要とされている理由を詳しく説明し、詩の言葉、文語のヒミツをマスターする、とっておきの文法講座、全14章。 pic.twitter.com/RMLWMb3V90

Retweeted by 文学通信

retweeted at 12:10:39

2022年08月11日(木)48 tweetssource

19時間前

@sQOc1kNCMBYF8Ch

どこでもドア@sQOc1kNCMBYF8Ch

【お知らせ😊】
8/27(土).28(日)、内田さんと渡辺さんが「#としまえん ののりもの」テーマに思い出や裏話を語るトークショー&ランチ開催!!
※定員:各日先着50名

【要予約】
予約開始日:8/19(金)
受付時間:10~18時
電話:042-566-6411 #BIGBOX東大和
www.seibu-leisure.co.jp/web/toshimaend

#としまエンドレス展 pic.twitter.com/2B44KFWmxN

Retweeted by 文学通信

retweeted at 23:21:04

22時間前

@sC0R9EG12j13cRU

しかくま@sC0R9EG12j13cRU

漢文…

・なんのために学ぶのか
・いっそのこと中国語を学んだほうが
・訓読のしかたに偏ってしまう

教えるモチベーション、学ぶモチベーションをどうやって上げたらいいのか

この本が気になるなあ

古典は本当に必要なのか、否定論者と議論して本気で考えてみた。 amzn.asia/d/9HhsSH3 #Amazon

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:29:01

22時間前

@redfield_ken

Chris Redfield Ken@redfield_ken

オンラインでよく参加してる知り合いの読書会があって今日も参加したのだけれども、前回も一緒に参加していた高校教員の方に『高校に古典は本当に必要なのか』を買って読んでいただけたようで望外の喜びを噛み締めておる
ありがとうございます🙇‍♂️ twitter.com/redfield_ken/s

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:28:35

22時間前

@toritugi_yagi

こちら神田村取次八木書店店売所@toritugi_yagi

【8/31発売】ご予約受付中!
#文学通信『人はなぜ神話〈ミュトス〉を語るのか 拡大する世界と〈地〉の物語』(清川祥恵・南郷晃子・植朗子編)

*いままで語られてきた「神話」は何を伝えうるのか。今、新たにどのような「神話」が求められるのか。
bungaku-report.com/books/ISBN978-

#めえめえ新刊案内 pic.twitter.com/F7zLDiwL3z

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:27:32

22時間前

@BungakuReportEN

BungakuReportEN(文学通信 海外版)@BungakuReportEN

先日読んだ『10年目の手記 震災体験を書く、よむ、編みなおす』(生きのびるブックス)で収録されている震災体験を語ろうとする試み、語ることへのためらい/「資格」についての手記に触れたばかりだったので、とくにこの段落が、印象的でした。
www.ikinobirubooks.co.jp/syuki/

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:25:58

22時間前

@masaki_kito

紀藤正樹 MasakiKito@masaki_kito

マスコミ全体であえて旧ってつけることは実態にあっていません。私はマスコミでの発言には一貫して旧はつけていません。そもそも海外での報道は、日本のメディアも含め、少ない例外はありますが、ほぼ一貫して"Unification Church"です。
NHK→www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ne
日経→asia.nikkei.com/Politics/Unifi twitter.com/shiikazuo/stat

Retweeted by 文学通信

retweeted at 20:18:53

8月11日

@kazuhityamada

山田和人@kazuhityamada

第5回コテキリの会「くずし字教材はじめの一歩」を開催します。第1部基調講演はラウラ・モレッティー「原本と向き合う力と悦び」、第2部「超入門!和本・くずし字のトリセツ」、第3部「一緒に作ろうモジュール教材」=3つのルームに分かれて短時間、1回完結の教材作りの現場。kotekiri20.wixsite.com/cdemcjl/events-4

Retweeted by 文学通信

retweeted at 17:29:29

8月11日

@kotekirinokai

古典教材の未来を切り拓く!|コテキリ【公式】@kotekirinokai

✅第3部 意見交換会 
「《参加型》一緒に作ろうモジュール教材」

概要◉3つのブレイクアウトルームに分かれ、試作のモジュール教材(1回完結型の教材)に関する意見交換を行います。比較的少人数でざっくばらんに教材についてお話ししませんか?各ルームは以下の通り。→

Retweeted by 文学通信

retweeted at 15:30:58

8月11日

@kotekirinokai

古典教材の未来を切り拓く!|コテキリ【公式】@kotekirinokai

✅第2部 基礎セミナー 
「超入門!和本・くずし字のトリセツ」
●加藤 弓枝(名古屋市立大学)
●山田 和人(同志社大学)

概要◉そもそもくずし字って何? 和本を取り扱う際の注意点って? 実際の授業などで和本やくずし字を取り上げる際に知っておくとよい基本的な知識についてお話しします。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 15:30:56

8月11日

@kotekirinokai

古典教材の未来を切り拓く!|コテキリ【公式】@kotekirinokai

→今までの実績を紹介しつつ、教育の実態と未来を考えたい。

経歴◉研究分野は日本近世文学。著書に『Pleasure in Profit. Popular Prose in Seventeenth-Century Japan』(Columbia University Press, 2020)など。2014年以降和本リテラシーを学ぶ「ケンブリッジ大サマー・スクール」を開催している。

Retweeted by 文学通信

retweeted at 15:30:52

8月11日

@kotekirinokai

古典教材の未来を切り拓く!|コテキリ【公式】@kotekirinokai

✅第1部 基調講演「原本と向き合う力と悦び」
ラウラ・モレッティ(ケンブリッジ大学)

概要◉活字化されていない多種多様な原本を読むことで、日本の学会でも通用する研究が生まれる。だが、海外の学習者にはハードルの高い目標だ。ケンブリッジ大学ではこの目標に近づくための手助けをしている。→

Retweeted by 文学通信

retweeted at 15:30:50

8月11日

@kotekirinokai

古典教材の未来を切り拓く!|コテキリ【公式】@kotekirinokai


和本やくずし字を使って、古典の魅力を伝える教材を一緒に考えてみませんか❓


📕同志社大学古典教材開発研究センター
第5回コテキリの会「くずし字教材はじめの一歩」
日時 2022年9月11日(日)14時~17時
場所 Zoom
定員 150名(無料)

✅申込はWEBサイトから
kotekiri20.wixsite.com/cdemcjl/events-4

Retweeted by 文学通信

retweeted at 15:30:46

8月11日

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

第3回 分断は超えられるとする思考への苛立ち――逢坂みずき『まぶしい海』・近江瞬『飛び散れ、水たち』(2022年5月11日公開)

第4回 幾度も「戻されながら」詠うこと――梶原さい子『リアス/椿』(2022年6月11日公開

posted at 13:42:41

8月11日

@BungakuReport

文学通信@BungakuReport

【過去記事はこちらです】
第1回 言葉にいったい何ができた(る)のか――吉川宏志『燕麦』・柏崎驍二『北窓集』(2022年3月11日公開)

第2回 災害の普遍性・〈わたし〉にとっての特殊性――伊藤一彦『待ち時間』・道浦母都子『はやぶさ』(2022年4月11日公開)

posted at 13:42:40

このページの先頭へ