情報更新

last update 06/22 12:43

ツイート検索

 

@DTMSchool
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

Stats Twitter歴
3,532日(2011/10/22より)
ツイート数
2,425(0.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年06月21日(月)2 tweetssource

6月21日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@holyworks これ良いですよね…!
Ozoneのも凄く良い!
「音がダメになる」と言っている人いましたね。「コンプは良いけれど、」とそれはどうかと思いました。どうしてそういうことになるのか(苦笑)
コンプと同じで、完全に使いこなしの問題だから、ブーメランですね…

posted at 19:00:56

6月21日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@holyworks まさに〜!本当に大事なことだと思います。
個人的には、ER、長さもさることながら、ミックス本体に合わせて過激にEQすることが重要かなと思っています。lexiconが混ざり易いのも実はレンジ狭く高域がジェントルだからですし…ルームやアンビ用のマイクと同じ扱いで、高域と低域はかなり削ってます。

posted at 12:34:45

2021年06月20日(日)8 tweetssource

6月20日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@sakurasakukawab @sZkTeru @6studio_dtm あ、あとは、できれば、サブウーファーは2基ペア、4基が良いと思います。

部屋のセンターだとバランス崩れがちなので…あくまで個人的な感想ではあります…。結局、色々自分の環境で試してみるのが一番かなと思ってます〜。

posted at 17:05:26

6月20日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@sakurasakukawab @sZkTeru @6studio_dtm DSPの補正が優秀なのでクリエイター宅ではそれが良いかなと思っています。(Sonar WorksとかTrinnovなど)

アクティブベーストラップも優秀なので良いと思います。(ボブカツも使ってたりしますしね)

自分の作曲用の部屋や編集室にはGENELECのペアを置いています。制作では充分かなと感じています。

posted at 17:01:05

6月20日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@sakurasakukawab @sZkTeru @6studio_dtm 今はメインはB&Wの801を使っているので、そっちではサブウーファー要らなくなってしまったのですが、GENELECやそれより前はYAMAHAを改造して使っていました。
機種も大切だと思うのですが、クロスオーバーと、埋め込みでは無い場合は補正が大切だと思います。昔は測定して調整してましたが、今は

posted at 16:55:43

6月20日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@sakurasakukawab @sZkTeru @6studio_dtm とにかく低域の音決めが脅威的にスピーディーになりました。
基本的に聴いたままバランス良ければ良いバランスになる(ミックスで何もしなくてもバランス取れるの)ので、エンジニアさんだけでなく、むしろクリエイターの方にこそお勧めしたいと感じてます。

フルレンジで互換性取れば完了ですしね。

posted at 16:47:58

2021年06月19日(土)4 tweetssource

6月19日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@fixerhpa それは凄く感じています。
手軽は良いことですが、自宅でも業務レベルを追求しないと水準が保てないと思っています。

飲食でも普通は、自宅で仕事でやるなら、家庭用キッチンではなく改装して業務用の厨房を作りますよね。

音楽だとそこまで大掛かりにならないのは不思議…どうしてででしょうかね…

posted at 23:42:22

6月19日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@fixerhpa 今どきのローは20〜50Hzの表現が重要になって来ていますが、ここをきちんと再生できる環境で、しっかり耳と体で体感して創作したりジャッジできているクリエイターが果たして何人いるのだろうと思っています。
個人的に好みでは無いのですが、近い将来、そこでの作り込みは生命線になると思ってます。

posted at 03:40:47

6月19日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@fixerhpa 仕事用の15inchウーハーの付いたスピーカー、乗っていた物体は確かに振動ですぐ落下しました。

制作時も、スタッフ全員サブウーファーは必ず使ってもらっています。
作る人がローを鳴らして音を認識していないと、ローの3D的な空間配置、前後、過渡特性は作り込めないし、創作するのは難しいですね。

posted at 03:25:37

6月19日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@fixerhpa 仰る通りだなと思います。業務用レベルで使用するなら、制作段階で6.5inch以上、マスタリングなら15inchは欲しいところ。
音楽系のメジャー大手のスタジオでも、映像系スタジオのダビングステージでも、業務レベルだとそこからモニタリングが基本ですよね。
他者の楽曲を評価するなら尚更ですよね。

posted at 03:12:21

2021年06月16日(水)4 tweetssource

6月16日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

色々な意見があることが大切。

そして自分の両方の耳で検証する。

色々な人とディスカッションすることが、何より大切だと改めて学びを得ました。

沢山の方からご指摘を頂きました。

全てのパターンを出来るだけ試して、条件を揃えて検証すること、論理的にも、感覚的にも、評価する大事さを実感。

posted at 11:42:25

6月16日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

スピーカー周りの検証といえば、やっぱり【吸音】と【拡散】は大切。

吸音、拡散パネルも、各社本当に丁寧に検証して作られていて凄い。

可愛らしいサイズのアクセサリーよりも誰でも分かる劇的な違いがある。

個人的にはモニターよりも録音の際に響き調整に。プラグインより良く効いてありがたい。 twitter.com/dtmschool/stat

posted at 09:37:32

6月16日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

スピーカー周りのグッズ、有志で持ち寄って、色々正確に検証会。他、材質や質量も変え、身の回りの物から、念のため神社仏閣などの可能性も裏を取りつつ行いました。SNSでは伝えきれないので割愛しますが、発見が多かったです。 pic.twitter.com/yoN4y0lai9

posted at 00:05:46

2021年06月15日(火)6 tweetssource

6月15日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@masteringyuiyui お返事頂きありがとうございます。ディザーを入れる位置、印象が割と変わってくるので参考になりました。MAATのディザーはまだ検証していなかったのでチェックしてみます。ありがとうございます!

posted at 17:41:11

6月15日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@masteringyuiyui こんにちは。ビットを落とす場合、一段目と二段目では、どちらかにディザーを入れていますか?または、両方とも入れている、両方とも入れていない、でしょうか?両方とも無しで、ディザーは別で入れる場合もあるかとは思いますが。私は両方ともオフで、曲に合うディザーを入れるか、二段目です。

posted at 13:43:16

6月15日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

ナッシュビルのBlackbird Studioのツアー動画…貴重な楽器、機材、そして良く調整された部屋。Studio Cは、ATCによる空間オーディオ(ドルビーアトモス)、ジョージマッセンバーグが監修に参加していて、音の拡散に焦点を当てた設計が良い音で、今後の在り方の参考にもなる…

youtu.be/H1M3oSyVXJ0

posted at 01:54:01

6月15日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@paul_shiitake @KOITA_SWK おお!お詳しい!
これ、ディスクリートの様な雰囲気醸し出してますよね。実際見ると意外とすっきりしていたという…。
オペアンプも適切な設計されていると音良いですよね。あとは、大体電圧高いと音が良い(笑)設計者の方に感謝です!

またぼちぼち色々投稿してみます〜!ありがとうございます!!

posted at 00:26:55

6月15日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@paul_shiitake @KOITA_SWK おお〜!まさにAD2です!
大抵の機材はレギュレータの熱が凄いことになって、ファンが回るのは煩いし、音優先で電源余裕持たせて旧Lavryみたいにヤカンになっても自滅しますし、、、Prismは放熱板を筐体に上下接続してよーく考えられていたんですねぇ。素敵なレポート参考になります〜。

posted at 00:23:29

6月15日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@holyworks ilok1壊れたので新しいのにしたら全部入りました(笑)ilok不便ですが、用途別に持ち出し用ライセンス入れていて結局使うんですよね〜。ハブがごちゃごちゃするのが悩みですが…

posted at 00:06:35

2021年06月14日(月)23 tweetssource

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@rei5962 そうですね。AKMは大惨事でしたね。本当に悲劇です。
チップを軸に、周辺のアナログ回路や電源でサウンドがかなり変わりますね。RMEは改造してみたら色々と発見がありました。
あの件は事故ではありましたが、今はどこのメーカーも原材料調達が難しく厳しい様です…

posted at 16:58:12

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@holyworks クリエイターで恐縮すが3本使っています。(iLok2と3、eLicenser)
ただ、ハブの配線がぐちゃぐちゃする、持ち出した際にすぐ壊れれるのが悩みですねぇ。。

posted at 16:11:04

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@raiteisabota 妻が横で「楽しみにお待ちしております!」と言っております!コロナ落ち着いたら是非遊びにいらして下さい。お待ちしております!とりあえずお茶届いたら感想DM致しますm(_ _)m

posted at 16:05:46

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@raiteisabota 家で慎ましくしっぽりとやりましょうw
お茶好きな仲間で持ち寄ってテイスティングも楽しそうです。
テイスティングカップは8脚くらいあるので、色々飲み比べ大会しましょう!

posted at 15:11:53

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@raiteisabota おお〜!
セレクトボックスで全部試すスタイルですねw
リーフルは店で茶葉の香りは一部確かめられるけれども試飲ができないのがちょっと寂しいですね。中川先生みたいに全部買って試すしかないw

ファーストは、年によってやはりバラつきありますか〜!全部買ってるわけではないので、説得力が凄いw

posted at 15:07:07

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@raiteisabota ああ!仰る通り、リーフルは香りや品ですよね。

ベルガモットの着香ですら、紅茶興味ない人にも分かる美味しさも出しつつ、シングルオリジンで貫いて、なおかつ気品がありますよね。

本物を知り尽くしてから、分かりやすさにも落とし込むスタイル。素晴らきリーフルクオリティですね〜!

posted at 14:51:04

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@raiteisabota ああ!わかります!わかります!
ファーストフラッシュは全部飲んでみたくなるけれど、余らすとフレッシュさが飛んでもったいないですねぇ!どんどん水出しにして作曲の養分にしますw

本当今度こちらこられた時お茶しましょうw

この間買ったネパールの白茶も美味しかったので、飲んで頂きたい!

posted at 14:28:36

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@raiteisabota おお〜中川先生の目利きなら間違いなさそう!ちょっと漁ってきます!
シャングリラのは、個人的には標準のリーフルクオリティの専用のブレンドでした。おそらく、わざと様々な料理、シチュエーションに合う様にしていると思いました。その観点では、ですが、高次元で提供されていると感じました!

posted at 14:23:19

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@raiteisabota おお!中川先生、お返事ありがとうございます!是非お茶しながらお話ししましょう!
リーフルはシャングリラホテルとかにも個別のブレンド出していますね。でも家で飲むのが一番w

バリ軍団コンプリートですか!
それは強者ですね!山田先生のヤマダバリも素敵ですがサングマタルザムは至高ですね〜!

posted at 14:15:03

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

この間、CRANESONGを注文したのですが、こちらも半年以上待ちました。かなり大変な時代かもしれないです。
必要なのにすぐ手に入れられなくて困ることも出てきそうです。もし「ここのメーカー納品状況がヤバい」という情報があれば、ご存知の方いらっしゃれば是非情報共有させて下さいm(_ _)m

posted at 14:11:07

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@raiteisabota こんにちは!
リーフル良いですよね〜!
基本シングルオリジンなのでよく買ってます。

一昨年ピュアティップスという世田谷のショップを発見して、なかなか良かったです!

バイヤーの知り合いもいるので、コロナ後もしジャパンティーフェスティバル行ける機会があったら是非ご一緒させて下さい〜。

posted at 13:59:11

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

ノイマンの価格が高騰していて、投稿見て買った方からお礼のメッセージ頂いてしまいました…。凄い価格です…私も駆け込みで日常使い用にステレオペア買ったのですセーフでした。

今重要なメーカーも世界的な原材料調達難で止まっていると伺いました。今注文して半年以上かかるメーカーも。 twitter.com/dtmschool/stat

posted at 13:22:04

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@paul_shiitake @KOITA_SWK 良いですよね〜!
トランス積んでるのとは違って重心は低くなくて良い時の、必須アイテムになってます。(自分の場合は、大体重心低くなくて良い時の弦用です〜。)

これ、旧型の方が回路シンプルで好きなんですよね〜!ありがとうございます!また是非とも絡んで下さい〜

posted at 12:56:31

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@KOITA_SWK @paul_shiitake ありがとうございます!
中身見ると思想が分かってやはり楽しいですよね〜!

先日、ちゃんと比較してないとご指摘も頂いてしまったので、中身も音もクリアに技術者の想いも分かる様に共有したいなぁと。

音の方も正確に(ラウドネス値も合わせて)共有して、機材ネタ投稿していこうかなと思います〜

posted at 12:53:08

6月14日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@KOITA_SWK これはmillenniaのHV3でした!
出力トランスないからすっきり!ロータリスイッチの抵抗とシンプルさが素敵ですね!
私は電気は簡単なことしかできないので…真空管変えたり、トランス、コンデンサー、ダイオード、抵抗、配線材変えたりくらいしかできないので、設計屋できる方は本当に尊敬します!

posted at 01:11:28

2021年06月13日(日)2 tweetssource

6月13日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

もちろん、それだけではないけれど、多くの部分は、一つのタネをどの様に展開していくか、別のタネの扱いをどの程度組み合わせていくか?否か?に落ち着くケースが多い。
これはどんなジャンルでも。

だから【フレーズのボキャブラリー】【展開の手法】…ストーリー作り【演出】が何より大切に思う。

posted at 11:09:05

6月13日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

クラシックの曲には、その作曲家の前の世代に作曲されたメロディのフレーズがよく出てくる。

ジャズも同じフレージングが出てくる。

インドのポップスが同じ様に聴こえるとしたら、日本のポップスも海外から見ると同じに聴こえる。

フレーズが共通だから。

著作=フレーズの創造的構成と展開作り。

posted at 11:04:50

2021年06月12日(土)3 tweetssource

6月12日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@TomoyaJuku クロスオーバーは、ウーハーのものを使わず、DSP上で切るか、ProtoolsなどのDAWにテンプレを組んで最初から上下を分けて出力する様にすると良いと思います。

実験として、分けたサウンドをITBでサミングして聴いて原音と一番近いものをクロスオーバーとして頂くとベストかと思います。

posted at 01:52:59

6月12日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@TomoyaJuku DSPの補正は、まだあまり普及していないので、誤解も多いです。

DSPが苦手という方、人工的で本来の音ではないという方が多い気がしています。

私も通さない方が音好きな感じなのですが、通した方が冷静な音がします。

オンオフできるので、単純に必要に応じて使えば良いと思っています。

posted at 01:49:35

6月12日

@DTMSchool

Az / A to Z Studio@DTMSchool

@TomoyaJuku 良いですね〜。
もしスピーカーに20Hzくらいからの再生能力がないなら、現行サウンドを作る場合には、サブウーファーは必要だと思っています。
1個だけでなく、左右に2個がベストだと思います。4個でも良いです。
DSPで補正するTrinnov、アクティブのベーストラップも活用すると良いかと思います。

posted at 01:45:42

このページの先頭へ