情報更新

last update 02/16 18:55

ツイート検索

 

@EconomistWeekly
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

このユーザーはTwilogに登録されていません

最新100件のツイートのみを表示しています。
自動的にツイートを記録するには、こちらから新規登録してください。
現在表示されているツイートは、取得してから1時間だけTwilogのサーバに保持されます。最新のツイートを取得したいときは、右上の「最新の情報に更新する」ボタンを押してください。

 

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

Stats Twitter歴
2,958日(2011/01/12より)
ツイート数
5,272(1.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年02月15日(金)1 tweetsource

2019年02月13日(水)6 tweetssource

2月13日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

呉座勇一氏の『応仁の乱』(中公新書)が爆発的に売れて以来、中世の戦乱ものの本が多く出されている。坂井孝一著『承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱』(中公新書)、本郷和人著『承久の乱 日本史のターニングポイント』(文春新書)…同名同期刊の珍事?=今谷明 weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 16:07:00

2月13日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

中国の電気自動車(EV)関連メーカーのインド進出が加速している。特に、電動二輪・三輪車を重点分野と位置付け、地場企業との提携を通じた販路拡大のほか、現地に工場を設置する動きも出ている。:インド 中国EV進出加速 二輪・三輪車に商機=中島政之 weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 16:02:35

2月13日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

「これまでは会社と社員の利害はおおむね一致していたが、司法取引はその関係を破壊する。結果、既存の内部通報制度も機能しなくなるということに、企業はもっと気付くべきだ」と指摘するのは元検事で企業の危機管理対応に詳しい渥美坂井法律事務所の早川真崇弁護士 weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 15:53:14

2019年02月12日(火)5 tweetssource

2月12日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

集団訴訟を提起したい被害者と案件を引き受ける弁護士をつなぐオンラインサービス「enjin(円陣)」。士業の潜在需要を発掘する可能性を持っています。
進化する弁護士・会計士・弁理士:士業からの起業 弁護士編 伊澤文平クラスアクション社長 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 18:22:24

2019年02月09日(土)1 tweetsource

2019年02月08日(金)6 tweetssource

2月8日

@honda_hiroshi

本田 宏@honda_hiroshi

拡散‼️
 だが、長年競合してきたメーカーが柵を超えられるか、電力会社が再編をリードする腹を据えられるかどうか。再編への道のりは険しい。
エコノミストオンライン:原発輸出ゼロでも再編はない 日立・東芝・三菱の袋小路=宗敦司 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

Retweeted by 週刊エコノミスト編集部

retweeted at 23:34:48

2月8日

@okcmahoo

虎之助@okcmahoo

エコノミストリポート:中国・高性能ドローンの脅威 日本の国土が丸裸にされる日=山崎文明 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190ドローンをすべて禁止せよと言いたい。便利なドローンは悪用する側にとっても便利である。悪用による害が大きすぎる。中国製だけの問題ではない。

Retweeted by 週刊エコノミスト編集部

retweeted at 23:34:37

2月8日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

民主主義は非常に脆弱であり、冷戦後も独裁者は民主主義的な選挙によって容易に出現する。米ハーバード大学教授である著者たちは、未来の独裁者の特徴を四つ挙げる。 Book Review:『民主主義の死に方 二極化する政治が招く独裁への道』 評者・田代秀敏 weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 19:51:53

2019年02月05日(火)6 tweetssource

2月5日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

エコノミスト2月12日(2月4日発売)号は「緊急特集 マーケット総予想」。年末年始に急激に悲観に傾いた金融市場から実体経済への悪影響はどう波及するのか。日米株、金利、ドル・円、原油、金といった金融市場と日米実体経済の動向を専門家が予想します。www.weekly-economist.com pic.twitter.com/z9yFxDoFNR

posted at 11:27:17

2月5日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

エコノミスト2月12日(2月4日発売)号は「緊急特集 マーケット総予想」。年末年始に急激に悲観に傾いた金融市場から実体経済への悪影響はどう波及するのか。日米株、金利、ドル・円、原油、金といった金融市場と日米実体経済の動向を専門家が予想します。www.weekly-economist.com pic.twitter.com/fTMgY3TEyQ

posted at 11:10:38

2019年02月04日(月)3 tweetssource

2月4日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

ドローンの市場シェアの約8割を握る中国に対し、国家安全保障の観点から懸念の声が出ています。サイバーセキュリティの専門家、山崎文昭氏の解説です:中国・高性能ドローンの脅威 日本の国土が丸裸にされる日=山崎文明 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 12:00:48

2019年02月01日(金)8 tweetssource

2月1日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

パッケージを開けるときのワクワク感、思ってもみなかったスタイルを発見できる楽しさ…プロのスタイリストから自分のために提案してもらえ、自宅で試着でき、手持ちの衣類と合わせてみることができるのもポイントとか:スティッチフィックスの個人向けスタイリングサービスweekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 16:01:36

2月1日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

ベトナム中部ダナンは、何しろ北朝鮮からアクセスしやすい距離にあり、そして中国の隣国でもあります。ベトナム戦争の禍根を乗り越え、和平をPRするには格好の場かな、と思われます

posted at 11:13:23

2月1日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

2017年11月開催のAPECの会場もダナン。トランプ大統領も出席しました。APEC首脳会議の会場となったのが、ダナンのインターコンチネンタル・ダナン・サンペニンシュラ・リゾート。南シナ海に小さく突き出た半島にあり、警備もしやすいんです

posted at 11:10:09

2019年01月31日(木)9 tweetssource

1月31日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

世界の株式時価総額は、日米欧3中央銀行の総資産と連動する――。気鋭の相場研究家、市岡繁男さんが、発売中の #週刊エコノミスト(2月5日号)の #グラフの声を聞く で指摘しています。FRBが資産圧縮ペースを緩めるとの見方が広がりますが、株価はどうなるでしょうか
weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 16:31:01

1月31日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

天皇陛下在位30周年の記念式典と、普天間飛行場の辺野古沖移設を問う沖縄県民投票は、くしくも同日。春の統一地方選は波乱含みで、福岡県知事選は分裂選挙、福井・島根でも異変が起きています。地方の政治情勢を、毎日新聞の人羅格・論説副委員長が分析します。
weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 15:56:22

1月31日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

恒例となった今週の #コレキヨ さん、行きまーす。米相場に手を出して失敗し、心を入れ替えて官僚の途を選ぶことに。文部省を1カ月で辞めろ、農商務省に「高級官僚」で迎える、と言われて出仕してみると……
小説 高橋是清 第29話=板谷敏彦 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 15:50:15

1月31日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

世界一の経済大国、米国でも、道路は意外にガタガタ。突起物も多く、タイヤのパンクも起きてしまう……。インフラの足元はお寒い状況で、整備や維持のための資金捻出が大きな課題になっています。
ワールドウォッチ ワシントンDC=川上直 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 15:40:03

1月31日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

金融機関が今、神経を尖らせるのが、今年10月から予定されるFATF(金融活動作業部会)の第4次対日相互審査。金融庁は取り組みが遅れているとされる信金・信組への「模擬検査」に躍起ですが、信金・信組側の本音は別のところにありそうです……
週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 15:34:34

1月31日

@Shincho_N

新潮社Nチーム【出版企画部】@Shincho_N

今週の週刊エコノミストで『宇宙の覇者 ベゾスvsマスク』を取り上げていただきました! 評者は東京大学教授の柳川範之さん。「宇宙開発の実態が、多くの人が考えているであろうものと、かなり乖離してきていることがよく理解できる」――プラットフォーム構築へ 激突する巨額の投資競争 pic.twitter.com/1pERFFmE1i

Retweeted by 週刊エコノミスト編集部

retweeted at 15:22:35

2019年01月30日(水)5 tweetssource

1月30日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

今週の「挑戦者」は #日本酒応援団@WeLoveSake)社長の古原忠直さん。日本酒のあるライフスタイルを世界へ広めたいという古原さんに、酒造りにかける思いを聞きました。

挑戦者2019:古原忠直 日本酒応援団社長 理屈抜きに旨い日本酒を世界へ | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 21:44:29

1月30日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

頑張って仕事をした後の一杯は格別。
次に呑みたいのは、岡山県・鴨方(かもがた)町にある丸本酒造さんと #日本酒応援団 が造る大吟醸「KAMOGATA」。もちろん純米・無ろ過・生・原酒。
日本酒応援団の六つの酒は、造りに纏わるエピソードも味わえます。

@WeLoveSake
weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190 pic.twitter.com/12qIsNuqVK

posted at 18:05:03

1月30日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

こちらこそ旨い酒を、ありがとうございました!
これからのむ予定の「KAMOGATA(鴨方、丸本酒造」「KAKEYA(掛合、竹下本店←#竹下登 元首相の生家)」「NOTO(能登、数馬酒造)」「NAGAOKA(長岡、長谷川酒造)」「AGEO(上尾、北西酒造)」も楽しみです!
@WeLoveSake

weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190 twitter.com/WeLoveSake/sta

posted at 17:49:30

1月30日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

「衝撃的に旨かった」(記者)の「KUNISAKI」。#日本酒応援団 と大分の #萱島酒造 さんが一緒に造る純米・無ろ過・生・原酒です。ヴィンテージが分かるものユニーク。「日本酒は早く飲みきる」は誤解。きちんと保存すれば何十年後でも楽しめるそうです。
@WeLoveSake
weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190 pic.twitter.com/dhx5ptC9uD

posted at 16:21:09

1月30日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

#日本酒応援団 社長の古原忠直さんに取材。日本酒の取材は数年前にお会いした #獺祭 の蔵元、旭酒造さんの桜井社長以来。日本酒好きの記者には、非常に楽しい取材でした!
試飲させてもらった大分の「KUNISAKI(国東)」は激ウマ!
@WeLoveSake
weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190 pic.twitter.com/iaw1K0YsLH

posted at 16:07:16

2019年01月29日(火)8 tweetssource

1月29日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

昨今の株安は、景気を反映したものではなく、過度な不安心理によるミスプライシングといえる。ただし、理由はどうあれ、ひとたび株価が急落すれば、それ自体が景気後退の引き金をひく恐れがある独眼経眼:景気後退の回避策がバブルの芽に=渡辺浩志 | weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 12:52:36

1月29日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

自前の醸造所を持たず蔵元に製造委託する「ファブレス」による日本酒造りを展開…手掛けている酒は、掛合(島根)、能登(石川)、上尾(埼玉)、国東(大分)、長岡(新潟)、鴨方(岡山)の6蔵と造る独自銘柄:古原忠直 日本酒応援団社長 理屈抜きに旨い日本酒を世界へ weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 12:49:48

1月29日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

「グッチ」や「バーバリー」「シャネル」などの高級ブランドから「ザラ」「H&M」「ユニクロ」といったファストファッションまで、衣料品や靴・バッグなどに毛皮を使わない「ファーフリー(脱毛皮)」の動きが急速に拡大している…
エシカル・ファッションの衝撃=松下久美 |weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 12:33:23

2019年01月28日(月)17 tweetssource

1月28日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

アマゾンのベゾスやテスラのマスクだけでなく、ヴァージンのブランソンやマイクロソフトのアレンも宇宙開発を目指したのは、将来のプラットフォームになりうる可能性を感じた結果でもありました。
Book Review 『宇宙の覇者 ベゾスvsマスク』 評者・柳川範之 | weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 17:13:24

1月28日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

特集を校了した後の1月25日、宮崎県の宮崎都城信金と南郷信金も20年1月に合併すると発表しました。静岡や三重にとどまらず、再編はまだまだ続きそうです……
地銀に負けない信金・信組:静岡・三重の決断の裏側 まだ続く合併・再編=大澤昌弘 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 17:02:22

1月28日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

全261信金の財務ランキングで、①総資産 の特徴として感じたのは、まさに二極分化が進行していること。総資産が1000億円に満たず、経常損益が赤字の信金もありました……。信金は地域経済の下支え役でもありますから、何とか頑張ってもらいたいですね
weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 16:48:14

1月28日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

データをまとめている最中にインフルエンザになってしまうも、何とか仕上げた全261信金の財務ランキング! 今までありそうでなかった信金の素顔が見えます!
地銀に負けない信金・信組:全261信用金庫財務ランキング(2018年3月期) | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 16:40:42

1月28日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

#信金・#信組 って、ほんとにさまざまで、面白いですねー。まさに地域によって、個々の信金・信組によって取り組みに違いが出ます
地銀に負けない信金・信組:オリガミペイにさるぼぼコイン キャッシュレスの普及拠点へ=小島清利/花谷美枝 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 16:39:01

1月28日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

「水戸の梅まつり」は毎年50万人の観光客が訪れる。今年は2月16日~3月末の梅まつりの期間中、水戸市内でオリガミペイを使ったキャッシュレス決済の実証事業が始まる。地銀に負けない信金・信組:オリガミペイにさるぼぼコイン キャッシュレスの普及拠点へweekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 15:15:44

1月28日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

地域に根ざした協同組織として今、各地の信用金庫や信用組合がキャッシュレス決済の地域への普及やベンチャーの起業支援に力を入れています。取り組みの最前線を取材しました。地銀に負けない信金・信組:オリガミペイにさるぼぼコイン キャッシュレスの普及拠点へweekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 07:18:54

1月28日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

「グッチ」や「バーバリー」「シャネル」などの高級ブランドから「ザラ」「H&M」「ユニクロ」といったファストファッションまで、衣料品や靴・バッグなどに毛皮を使わない「ファーフリー(脱毛皮)」の動きが急速に拡大しているエシカル・ファッションの衝撃=松下久美 weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 07:16:32

2019年01月24日(木)2 tweetssource

1月24日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

ドイツでは2018年の年間平均就業者数が4480万人となり、1990年の東西統一以来最高の水準に達した。好景気の今後について活発な議論が行われている。:ドイツ就業者数が統一後最多 20年以降の労働力不足を懸念=熊谷徹 | 週刊エコノミスト Online weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 17:55:53

2019年01月23日(水)11 tweetssource

1月23日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

インドネシアの配車アプリ大手ゴジェックが、東南アジア域内での事業拡大を本格化している。二輪タクシーの配車サービスで知られ、今では飲食物の配送や電子決済サービスにも事業を拡大。出前や荷物配達を含めた配車サービスの国内シェアで79%=六角耕治 | weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 12:27:47

1月23日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

欧州を訪れる外国人向けに販売されている鉄道周遊券「ユーレイルパス」の発行会社は1月2日、これまで利用対象外だった英国内の鉄道にも利用範囲を拡大するなどの改革を発表した。ワールドウォッチ:英国 ユーレイルパス対象圏に シニア割引なども導入=酒井元実 weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 12:25:26

1月23日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

「人生100年時代…65歳以降の老後は40年を見据えておく必要がある…年代が増すにつれて、株式の比率を減らし、債券の比率を高める…リスクを抑えるよう調整する…時間を見方にしてお金に働いてもらのである:バフェットに学ぶ 複利でお金を働かせる=尾藤峰男 | weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 10:24:27

1月23日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

「今の超低金利下、預金や保険に入れていては、お金は働かない。長期で持てば、複利効果を最大限に発揮できる。実は資産運用での最大の着目点は、この複利効果である」。負けない投資信託2019:バフェットに学ぶ 複利でお金を働かせる 人生100年時代の投資=尾藤峰男 weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 10:20:47

2019年01月22日(火)11 tweetssource

1月22日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

CPU不足解消にはまだ時間を要する見通し。これがメモリーなどの在庫をだぶつかせ、メモリーメーカーの増産投資意欲を鈍らせ、半導体市況を下振れさせる遠因になっているとの指摘もある。図解で見る電子デバイスの今:米インテル製「CPU」が不足 微細化技術の遅れ原因にweekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 16:29:34

1月22日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

投資情報を提供する「フィスコ」の株価予測AI(人工知能)の情報を基に、今春の投資テーマを掲載した。株価上昇の確度が高い「総合精度スコア」が50以上と判断されたのは、「5G」「介護」「バイオ」など13テーマ。 負けない投資信託2019:AIが選ぶ今春の投資テーマ weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 11:55:32

1月22日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

イタリアの小売り最大手、イタリアコープが16年12月、ミラノにオープンした「未来のスーパー(Supermercato del Futuro)」は、顧客に長居してもらおうと、指を指すと商品の産地などの情報がモニターに表示!:キャッシュレスだけじゃない未来型スーパーの新潮流=藤原裕之 |weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 09:57:31

1月22日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

投信ブロガーが選ぶファンド上位20は? 三菱UFJ国際投信の代田秀雄・常務執行役員は「ノーロード(販売手数料無料)のインデックスファンドに業界全体で推計3800億円の資金が流入…17年の4倍」と。
負けない投資信託2019:米国株ファンドに支持 低コスト競争は激化weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 09:47:37

2019年01月21日(月)1 tweetsource

1月21日

@EconomistWeekly

週刊エコノミスト編集部@EconomistWeekly

数多くの種類がある半導体のなかで、人間の脳に相当するのがCPU(中央演算処理装置)…このCPU市場で2018年夏から供給不足、具体的にはインテル製CPUの不足が問題になっている。図解で見る電子デバイスの今:米インテル製「CPU」が不足 微細化技術の遅れ原因に=津村明宏 weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190

posted at 13:55:48

このページの先頭へ