情報更新

last update 11/17 08:13

ツイート検索

 

@Elis_ragiNa
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

Stats Twitter歴
3,639日(2009/12/01より)
ツイート数
118,244(32.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年11月16日(土)29 tweetssource

13時間前

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

10月のロンドン・ツアーの触りだけですが、レポートを書きました。

UKの音楽におけるDIYと公的サポートの距離についての話です。

DIYという言葉は美しい:新しい音楽の学校・ロンドンツアー19レポート(柳樂光隆)|New School of Music | 新しい音楽の学校 #note note.mu/nsom/n/nbec081

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 22:32:17

17時間前

@jaykogami

ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)@jaykogami

「新しい音楽の学校 HR Summit 2019〜大手レコード会社3社と「音楽と仕事の明日」を考える」

11/30(土)開催が決定しました!

「アーティスト・ファースト」な音楽文化と産業に必要な仕事を考えるイベント。来日ゲストの話は今の日本の音楽業界に必要な話かと思います。

nsom-hr-2019.peatix.com

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 18:23:55

18時間前

@scentofmatin

tomoka watanabe@scentofmatin

「電柱は広告塔の役割を果たしており、電力会社は別会社を設立し無数の広告代理店を通して莫大な利益を得ている。つまり災害国家における障害物によって利益を得ているのだ」生活クラブの『生活と自治』、藤原新也さんの連載より。他の国で進んでいる無電柱化が日本で進まない理由。

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 17:25:04

20時間前

@Spelunker_RD

スペランカー内藤@Spelunker_RD

自分で音楽聞くようになってからボサノバに出会ったのは多分ハイスタのMaking The Roadのインストの曲。当時のメロコアの人たちは結構ボサノバっぽい曲やってた気がする。または同時期にテレビで流れてたリップスライムの楽園ベイベー twitter.com/Elis_ragiNa/st

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 15:52:38

21時間前

@Shintaro_Kuzu

Shintaro Kuzuhara / Festival W@Shintaro_Kuzu

現状の日本と比較すると「人を育てる」ことへの社会的なウェイトがまるっきり違うのかも。

『政府や行政からのサポートを受けた教育プログラムが育んだ新しいパンク・ムーブメントを目の当たりにして、音楽を取り巻く理想のようなものを目にした気がした』

nsom.org/n/nbec0819d31eb

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 14:39:18

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

23時間前

@yuji_mumu

Niga-Chang@yuji_mumu

2016年3月の記事たまたま見つけた。
橋本徹(SUBURBIA)×柳樂光隆(Jazz The New Chapter)×山本勇樹(Quiet Corner)対談
すごい分量ですが頷きまくり。
とりあえず半分読んだ。
フリーソウルのライナー、Bounceの記事は教科書だったなぁ
『Ultimate Free Soul 90s』座談会 -www.universal-music.co.jp/compilation/fr

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 12:50:23

23時間前

@NatGeoMagJP

ナショナルジオグラフィック日本版@NatGeoMagJP

ウナギとワカサギの激減、殺虫剤が原因か、宍道湖: グラフを見るとよくわかります。EUが使用を禁止したネオニコチノイド系殺虫剤の水界生態系への影響を初めて検証した研究結果が発表されました。山室真澄氏らの研究成果です。 dlvr.it/RJNkYR #ナショジオ

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 12:36:24

11月16日

@masasihosino

星野真志@masasihosino

たしかにイギリスでジャズのライブ行くとMCで「このツアーはアーツカウンシルの助成を受けてます」とか言ってることもあったし、ミュージシャンたちは空き時間に助成金に応募する話をしていたりして、サポートの手厚さを感じた。緊縮財政で削られてるとはいえ、まだまだ福祉国家の名残りはあるなと。 twitter.com/Elis_ragiNa/st

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 11:46:09

11月16日

@jukali_m

jm@jukali_m

ここに出てくるアーツ・カウンシル・イングランド、調べたらなんと1946年に経済学者ケインズが設立したと。ナチスによる芸術の政治的利用への批判から政府とは距離を置く独立した芸術支援団体を作ったそう。そこに文化政策として政府が予算をつけていることも面白いなあ。

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 11:45:12

2019年11月15日(金)26 tweetssource

11月15日

@takutrumpet

Takuya Kuroda@takutrumpet

{追加出演者発表}
今年もやります!渋谷WWXで行われるaTak音楽大忘年会12/27
なななんと、田我流の参戦が決定いたしました!
9月末に行われたKOE HOTELのイベントでのaTak Band x 田我流のコラボでも爆発的パフォーマンスで会場を沸かせた彼の参戦で今年も劇盛り上がり必死でございます! pic.twitter.com/mNU2ayLx9o

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 23:45:59

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

もうひとつ、Steam Down。

こんな感じでカリビアンの国だなって感じの曲も挟まれたり。レゲエが多いけど、カリプソっぽいのとか、セッションでもそんな感じ。だから、ソウル/ファンク/ジャズのリズムは少なかったですね。ロックはある。

今のUKジャズがあんな音なのと同じ感じでしたね。 pic.twitter.com/X5Iqyb3oWx

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 22:01:03

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

僕が観に行ったロンドンで最も盛り上がってるセッションのイベント Steam Downはこんな感じ。

イギリスのカルチャーって感じがする音楽ですね。とりあえず出演者も観客も若くて、みんなずっとこんな感じで盛り上がってました。とりあえず騒いで踊るイベントでした。 pic.twitter.com/yUVFjluUgv

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 22:01:00

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

黒人ミュージシャンが多いことや学校を始めとした音楽教育の話が何度も出てくるけど、両方ともアメリカとイギリスでは意味や文脈や内実が違うことは音楽からも聴き取ってましたが、改めてある意味で「福祉」的なサポート・システムみたいなものだとわかったのでそのことを。
twitter.com/elis_ragina/st

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 22:00:57

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

ロンドンでUKのジャズを中心とした音楽シーンの若手たちが受けている様々な(無料の教育プログラムなどの)サポートと助成金などのことを見ていると明らかにある種の優れた文化に対する国策なんだけど、それと彼らが口にするDIYという言葉との関係を考えてみました。
twitter.com/elis_ragina/st

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 22:00:51

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

10月のロンドン・ツアーの触りだけですが、レポートを書きました。

UKの音楽におけるDIYと公的サポートの距離についての話です。

DIYという言葉は美しい:新しい音楽の学校・ロンドンツアー19レポート(柳樂光隆)|New School of Music | 新しい音楽の学校 #note note.mu/nsom/n/nbec081

Retweeted by 柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》

retweeted at 22:00:46

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

というわけで、今までUKのジャズは他の人ががんばってくへたらいいかなと思ってたのと、仕事来なかったからやってなかったけど、新しい音楽の学校シリーズのためにやる必要が出てきたので、がんがんインタビューとかもやっていこうかなと。若林さんにも手伝ってもらおうかな、とか。

posted at 21:48:23

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

もうひとつ、Steam Down。

こんな感じでカリビアンの国だなって感じの曲も挟まれたり。レゲエが多いけど、カリプソっぽいのとか、セッションでもそんな感じ。だから、ソウル/ファンク/ジャズのリズムは少なかったですね。ロックはある。

今のUKジャズがあんな音なのと同じ感じでしたね。 pic.twitter.com/X5Iqyb3oWx

posted at 21:37:19

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

僕が観に行ったロンドンで最も盛り上がってるセッションのイベント Steam Downはこんな感じ。

イギリスのカルチャーって感じがする音楽ですね。とりあえず出演者も観客も若くて、みんなずっとこんな感じで盛り上がってました。とりあえず騒いで踊るイベントでした。 pic.twitter.com/yUVFjluUgv

posted at 21:30:04

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

黒人ミュージシャンが多いことや学校を始めとした音楽教育の話が何度も出てくるけど、両方ともアメリカとイギリスでは意味や文脈や内実が違うことは音楽からも聴き取ってましたが、改めてある意味で「福祉」的なサポート・システムみたいなものだとわかったのでそのことを。
twitter.com/elis_ragina/st

posted at 21:09:26

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

ロンドンでUKのジャズを中心とした音楽シーンの若手たちが受けている様々な(無料の教育プログラムなどの)サポートと助成金などのことを見ていると明らかにある種の優れた文化に対する国策なんだけど、それと彼らが口にするDIYという言葉との関係を考えてみました。
twitter.com/elis_ragina/st

posted at 21:06:09

11月15日

@Elis_ragiNa

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》@Elis_ragiNa

すげー話だな

☞ 11/9 天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」。公的イベントのようだが、政府は関与していない。

主催は「天皇陛下御即位奉祝委員会」と超党派の議員連盟。

この委員会は「日本経済団体連合会」「日本商工会議所」「日本会議」の3団体が中心となっている組織。
www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi

posted at 20:34:42

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

このページの先頭へ