情報更新

last update 07/07 06:31

ツイート検索

 

@FujiiACC
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

  • 9フォロー
  • 52,923フォロワー
  • 514リスト
Stats Twitter歴
3,352日(2011/05/05より)
ツイート数
6,737(2.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月06日(月)2 tweetssource

7月6日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の砂箱は猫の数の1.5倍と言われています。数頭までは猫の数プラス1で良いですが多くなるとより多く必要になります。サイズは猫が入って回転ができるサイズが良いです。お手洗いをする時に猫が位置を選べることです。また砂自体は好みがあるので数種類用意して好みが有ればそれを選択して下さい。

posted at 07:52:26

7月6日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫が歯周病で顎が侵されているのは疼痛も酷くとてもかわいそうです。なるべく早く治療をして下さい。無麻酔の歯石処置では絶対に見落とされますので動物病院で確実な画像診断を受けてから処置してもらってください。参考までに以前作った動画です。顎の骨が溶けています。www.youtube.com/watch?v=gFBRBj

posted at 07:42:42

2020年07月05日(日)2 tweetssource

7月5日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

暑い日の散歩の後、熱中症対策に水や氷で首周りや脇の下を冷す事は良いですが、氷水や氷などを大量に与えないで下さい。急に冷水が大量に胃に入ると、下痢嘔吐の原因になるばかりか、冷たさで胃は突然動きを停止して、大型犬では胃拡張胃捻転症候群に、小型犬は低体温症を引き起こす可能生があります。

posted at 08:31:38

7月5日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫では腎臓の病気が多くみられますが、現在では早期発見で効果がある薬があります。飼主さんは尿が出ていれば大丈夫と思われている方が多いですが、慢性腎臓病は通常尿量は増え薄い尿が出ます。飲水量増えて、尿量が増えてきた場合は、尿検査を受けましょう。腎臓病の治療に間に合う様にして下さい。

posted at 08:31:30

2020年07月04日(土)2 tweetssource

7月4日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫同士の喧嘩が始まったら、大声を出して直接仲裁に入らずに離れたところから、水を入れたスプレーボトルで一直線のストリームにして猫に向かって噴霧するか?鍵などを入れた缶を振って大きな音を立てることで猫の気をそらすことが大切です。引き離そうと手を出すと怪我をしたり返って危険です。

posted at 07:32:37

7月4日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬の行動で楽しい時に尻尾を振るというのは皆さんご存知だと思いますが、本当に嬉しい時は尻尾を右側で振り、愛想笑いの時の様な緊張しているときには左側で尻尾を振るようです。犬同士はそれを認知しています。初対面の犬が寄って来たときや、公園などに犬が集まっている時に観察してみて下さい。

posted at 07:32:03

2020年07月03日(金)2 tweetssource

7月3日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬の旅行や環境の変化で起こる急性の下痢では、水だけを与えて少し食べ物を与えないことも役立ちますが、半日程度の絶食の後に消化しやすい低脂肪のたんぱく質、卵、カッテージチーズ、豆腐、などとつぶしたバナナ、すったリンゴなどとお米のご飯を混ぜて与えるとお腹の調子を回復しやすくなります。

posted at 07:47:24

7月3日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫は暑さには強いと言われています。適温は25℃から30℃ぐらいの範囲ですが、室温が30℃を超える日は暑いようです。しかしながら暑くても平然として我々が気づく様な症状は見せません。飲水量の少ない猫は暑さで脱水して感染症や尿石症にかかりやすくなります。水分補給を積極的にさせて下さい。

posted at 07:47:15

2020年07月02日(木)2 tweetssource

7月2日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

雨のひどい日は気圧が下がってきますと、犬猫も影響を受るこが有ります。嘔吐・下痢・呼吸器症状・関節の痛みなど様々な症状を起こしますが、特に 注意したいのは発作持ちの子で、気圧の変化が発作の誘引因子になることがあります。風、雷、豪雨そしてこれからの梅雨時期は体調管理に注意して下さい。

posted at 07:33:36

7月2日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

痛みを感じている猫は、痛い部分を触られるとシャーと威嚇したり、パンチをしたりします。普段おとなしく触らせてくれる猫が、あまり近づいてこなかったり、人前に出てこなくなります。無理やり抱き上げたり、撫でたりすると怒る場合は、体調不良や痛みが原因のことがあります。そんな時は動物病院へ。

posted at 07:33:29

2020年07月01日(水)2 tweetssource

7月1日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫が感じられる味覚は、塩味、酸味、苦味と言われており、甘味はあまりわからないようです。しかしケーキなどの甘い生クリームは脂肪分が多いため舐めてしまう子も多いようです。いたずらに与えてしまうと急激な甘いものの多量摂取になり糖尿病を発症するきっかけになりますのでご注意して下さい。

posted at 07:34:46

7月1日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

高齢者が犬や猫と暮らすと1ヵ月程で、軽度の健康上の問題が半減すると言われています。例えば、関節痛、不眠症,不安、便秘、風邪、疲労、動悸、息切れ,腰痛、頭痛などです。これは動物を気遣う気持ちと動物からの貰う癒やしの効果からくるものです。高齢者の動物の飼育は家族のサポートが必要です。

posted at 07:24:03

2020年06月30日(火)2 tweetssource

6月30日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

高齢の犬猫が食事を要求する時に吠えたり、鳴いたり、起き抜けに部屋をうろうろと歩き回る時間が長くなったり、狭いところでじっとしていたり、夜中に鳴くことが増えてきたら、認知症の始まりです。特に寝ている時間が長いと症状が進みます。散歩に行ったり、話しかけたり脳への刺激を増やして下さい。

posted at 08:20:41

6月30日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

目ヤニの色に注意して下さい。犬猫の白や黒色、茶色の目ヤニは、通常生理的な目ヤニの色です、やさしく拭き取ってあげてください。乾いてこびりついている場合には、少し湿らせてふやかしてあげると取れやすくなります。ただし、黄色や黄緑色の目ヤニは感染や炎症が疑われますので、ご相談ください。

posted at 08:19:47

2020年06月29日(月)2 tweetssource

6月29日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

腎不全は猫では犬の7倍の罹患率で、最も代表的な猫の死亡原因でもあります。この病気は早期発見がとても大切で、腎不全の初期に発見できれば、その後約2から3年の余命と言われていますが、病状が飼主さんに分かる様になってからの発見では半年も生きられない事があります。尿検査がとても有効です。

posted at 08:18:06

6月29日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

寿命が短い動物は老化が速く進みます。発がん物質の影響を受け癌になるスピードや、痛みを持って過ごす時間も数十日であっても我々の数ヶ月に相当して身体にダメージを与えます。日常動物が困っている事、歯石での歯周病、耳の痛み、身体の痛みや痒みは放置せず早めに病院へ行き取り除いてあげましょう

posted at 08:16:35

2020年06月28日(日)2 tweetssource

6月28日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫が最近お腹をなめ壊したりマーキングなどの異常行動をしていることはないですか?これは環境の変化によるストレスが原因のことがあります。新しい猫を飼う、家の改装、赤ちゃんが生まれる、お客さんの出入り、外で猫に触る機会が増えた等です。考えられる問題を除去しても治らない場合は動物病院へ。

posted at 08:55:41

6月28日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

高齢犬は、人同様に嚥下する能力が落ち、食べ物を誤嚥して肺炎になる事があります。誤嚥性肺炎は、重篤になる事が多いので注意が必要です。予防は水分の多いフードを少しずつ与える事、頭を持ち上げた位置に食べ物を置いて与える等、そして肺炎の原因菌の口腔内を常に歯磨きして清潔に保ちましょう。

posted at 08:54:57

2020年06月27日(土)2 tweetssource

6月27日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

湿度が上がると外耳炎が増えます。外耳炎はほぼ間違いなく痛みを感じており、約半数が恐怖心または不安を感じています。耳の痛みは、顔に近いため歯の痛みや、頭痛に近い痛みと言えます。毎日付き合って行くにはとても苦痛です。多くの耳の感染症は適切な診断と治療が必要です。放置しないでください。

posted at 07:20:55

6月27日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫が全く食べない日があるのはよくありません。猫は飢餓に弱い動物で、エネルギーが食事から摂れ無くなると体脂肪が肝臓に導引され処理できなくなり体調不良が悪化します。嘔吐、下痢、発熱等での食欲不振はもちろんフードの変更時の食欲不振でも起こる可能性があります。食べない時は早めに病院へ。

posted at 07:20:49

2020年06月26日(金)2 tweetssource

6月26日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

今日は湿度が高く暑い日になりそうです。動物と車で出かける方は体温計を持参しペットの熱を測りましょう。40.0度を超えたら、すぐに休憩して、水を飲ませて、体を濡らして氷で首の後ろを冷やす等して、38.5℃以下になるまでお休みして下さい。日中の移動はなるべく控え朝早くと夕方過ぎに移動を。

posted at 07:50:32

6月26日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫に付くマダニに刺されたり、触れることで人間に感染し死亡率の高い「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」が猫から人への感染の報告が犬より多いです。西日本から北上しています。ダニ予防をしていると、蔓延することはありません。既にマダニの時期です予防を忘れずに。ダニを見ても触らないで病院へ

posted at 07:45:42

2020年06月25日(木)2 tweetssource

6月25日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫の体表のしこりには注意して下さい。分泌腺や脂肪がたまった良性のものから悪性腫瘍まで様々です。どんなしこりであっても、細胞診という簡単な検査をしましょう。飼主さんは1年以上前からあるからとか、触っても痛がらないと言う理由で腫瘍を見逃してします。動物の1年は人での4-5年になります。

posted at 08:39:45

6月25日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

この時期に犬の胃腸内の異物で増えてくるのは、トウモロコシの芯です。皆さんバーベキューなどをしている時につい芯ごと与えてしまったり、ゴミに芯を捨ててそれを食べられてしまったり。芯は消化されずに腸に入り、消化管内異物としてお腹を切って手術で取り出される事が多いです。気を付けて下さい。

posted at 08:39:32

2020年06月24日(水)2 tweetssource

6月24日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫はキレイ好きな動物なので、よく毛づくろいをします。個体差もありますが、半日グルーミングを行っている猫もいます。猫の毛艶が悪くなり、毛玉ができたら、口腔内疾患、身体の痛み、体調不良や高齢などが原因になっていることがあります。体重、爪の研ぎ具合なども含めて日頃チェックをして下さい。

posted at 08:20:06

6月24日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬に手作り食を与えている方で、野菜の栄養や繊維を与えたいと思う方は、なるべくみじん切りや、ミキサーにかけて与えるのが良いです。犬は野菜の細胞壁を消化出来ないため、大きいままで与えても栄養が上手く吸収できません。予めなるべく細かくしておくこと、もしくは加熱することが大切です。

posted at 08:19:47

2020年06月23日(火)2 tweetssource

6月23日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬は味覚を感じる細胞数が人間の5分の1程度しかないため、食物を丸呑みします。そして味覚の大部分が酸味を感じるもので腐った肉を見分けるためです。甘味は感じますが塩味の味覚は全体的に欠けているため塩分の味付けは必要ありませんし汗をかかないため塩分の摂取は心臓や腎臓の負担になります。

posted at 07:30:43

6月23日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫のトイレ砂箱の横にフードや水飲み場を設置するのは止めましょう。猫は感染などの防止からテリトリーの外側の端で排便をします。またマーキングも同様にテリトリーの端にマーキングします。そのため砂箱と食事場を一緒にするのはかなりの苦痛になります。食事はテリトリーの一番内側でさせて下さい。

posted at 07:28:53

2020年06月22日(月)2 tweetssource

6月22日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫は血便をする事は多いですが、大腸癌は非常にまれです。排便時に、血便や下血があると、つい悪い事を想像しがちですが、大抵は大腸の粘膜からの出血です。しかしミニチュアダックスでは大腸ポリープが多く、洋猫では出血性の大腸炎が多く見られます。大便は正常でも血が周りに付く時は早めに受診を

posted at 09:38:40

6月22日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の砂箱以外での排尿の原因の多くは、猫の下部尿路疾患が原因と言われてます。特に温度差が激しい時はに多いです。予防はこまめに水を飲ませる事ですが、これは脱水させず、尿を濃くしないためです。猫は流れている水や蛇口の水を好みます。ウエットフードも脱水を防ぐ方法の一つです。試して下さい。

posted at 09:37:28

2020年06月21日(日)2 tweetssource

6月21日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬が高齢になったという理由で散歩を控えたり、遊んであげなかったり、何かを覚えさせるのを止めないでください。歳を取ると寝ている時間が長くなり、散歩も控えめになり、認知症や筋肉ロス等は進む方向になります。高齢になっても、時間帯をみて積極的に散歩に出て遊んであげて老化防止と健康維持を。

posted at 14:30:25

6月21日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫をガンから守る方法は、ほぼ人間同様です。毎日の運動をする。肥満にさせない。栄養バランスの良いフードを与える、喫煙の副流煙に気を付ける。洗剤など家庭にある化学物質に近づけない。長時間の日光浴を避ける。毎日全身を触る。歯磨きをする。年に2回以上の動物病院での検診を受けるなどです。

posted at 14:30:18

2020年06月19日(金)2 tweetssource

6月19日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬は人間ほどまばたきをしません。その理由は犬には瞬膜と呼ばれる第3のまぶたがあり、これにより角膜を保護しているため人間のようにまばたきをしなくても眼が乾きにくいのです。犬がまばたきをするときは別の意味があり、「相手に敵意はない」という争いを避ける気持ちを表していると言われています

posted at 07:41:04

6月19日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

梅雨寒で猫は体調を崩す子が多いです。朝方涼しい日は暖房を入れましょう。25度ぐらいの設定で朝夕方入れるといいと思います。また夏に向けて長毛の猫をサマーカットに短く刈り込む方がいますが、これも体調を崩す原因になりますので、ブラッシングで毛玉をほぐして、丸刈りをするのは避けましょう。

posted at 07:39:22

2020年06月18日(木)2 tweetssource

6月18日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫が変な物を舐めたり口にしたら注意して下さい。砂、土、壁、金属部分を舐めるなど、または猫ではビニール袋、毛糸を舐めるなどの行動をします。これは異嗜(いし)といって、精神的な理由の時や、消化器や肝機能の異常、貧血など様々な悪い原因のことがあります。早めに病院に相談をして下さい。

posted at 07:53:47

6月18日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

日本では、多くの犬猫はペットショップで購入されていますが、欧米の動物飼育の先進国では犬猫を飼おうと考えた時にシェルターを選ぶ方が多くいます。日本でも増えていますが犬猫を飼いたいと思ったらシェルターを検討してみて下さい。春生まれの子や既に成犬猫は相性の良い子に会える可能性もあります

posted at 07:51:58

2020年06月17日(水)2 tweetssource

6月17日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

暑さで猫の下部尿路疾患、砂粒症が増えています。猫は飲水が少ないので脱水します。体質的に尿に石を作りやすい子、高齢などで、腎臓機能が衰えている子は、一気に病気が悪化する可能性があります。水場を増やす、ウエットフードにする、水をスポイトで与えるなど、強制的な投与も考えてください。

posted at 09:12:48

6月17日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

晴天のときは、アスファルトの温度に注意が必要です。無風状態で気温25度の日照りで、アスファルトの表面温度は52度に、気温30度では57度に、さらに31度を超えると60度以上になります。52度でも1分で皮膚にダメージが起こることがあります。散歩は朝早くか土の上を歩かせて下さい。足を痛めます。

posted at 09:11:41

2020年06月16日(火)2 tweetssource

6月16日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の性格は父猫からの遺伝が大きく関わるとと言われていますが、同時に仔猫は生後8週までに人との関係が構築されその部分がとても重要だといわれています。毎日15分以上触られた仔猫は人に対する警戒心が少なくなり、生後8週までに様々な人に猫を会わせると人に慣れる猫になりやすい様です。

posted at 08:09:12

6月16日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫の眼のチェックは上瞼を上げて白眼が赤くないか?瞳の形と大きさ、不正、左右の非対称は異常です。光の下で瞳が小さくならないのも異常です。眼の機能が衰えていたり、見えていない可能性があります。小さな綿の玉を作り顔の右左で落としてみて下さい。目で追わない時は病院に行かれた方が良いです

posted at 08:06:23

2020年06月15日(月)2 tweetssource

6月15日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫が毛玉を吐くのはご存知だと思いますが、毛玉が慢性の嘔吐や腸閉塞の原因になることもあります。この毛玉をコントロールする方法で一番良いのは、毎日のブラッシングです。長毛の子には特に効果的です。次に繊維質の多いフードまたは毛玉用フードです。そして猫草を置いておくこともとても重要です。

posted at 07:34:26

6月15日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

今年もぶどうを見る様になりましたが、犬にぶどうがだめなのをご存じですか?ぶどうは甘くて美味しいですが、犬にはよくありません。急性腎不全を起こすことがあります。意外と知られていないので、与えたことのある方も多いと思います。干しぶどうも同様です。盗食いなどで食べすぎると大変です。

posted at 07:33:56

2020年06月14日(日)2 tweetssource

6月14日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

雨のひどい日は気圧が下がってきますと、犬猫も影響を受るこが有ります。嘔吐・下痢・呼吸器症状・関節の痛みなど様々な症状を起こしますが、特に 注意したいのは発作持ちの子で、気圧の変化が発作の誘引因子になることがあります。風、雷、豪雨そしてこれからの梅雨時期は体調管理に注意して下さい。

posted at 07:53:50

6月14日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

コロナの自粛や雨でお宅で過ごしている方が多いかもしれません。嵐の時は低気圧の影響や、風の音、雨の音で犬猫は不安になりますので、なるべくくっついていてあげて、コミュニケーションをとりましょう。この機会に目、耳、口そして全身を触ってチェックしてあげて下さい。我々も落ち着くと思います。

posted at 07:51:06

2020年06月13日(土)2 tweetssource

6月13日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫は排泄物を砂などをかけて埋める習性があります。これは自分の居場所をより強い動物に知られないようにするための行為のようです。排泄物を埋める行為は猫以外でも行う動物はいます。しかし猫科であっても大型のライオンやトラなどはこの習性がありません。自分より強いものがいないからでしょうか?

posted at 07:57:06

6月13日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫の小さなしこりは、通常の診察より、飼主さんやトリミング中に見つかることも多いです。また長毛の子は病院に来ると飼主さんがそのしこりの位置を見失ってわからないことが多いです。しこりを見つけたら油性マジックで色を付けて来院して下さい。針生検という検査で腫瘍か否かのチェックをします。

posted at 07:48:48

2020年06月12日(金)2 tweetssource

6月12日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

未去勢、未避妊の動物では、生殖器の腫瘍は比較的早く発生します。メスの場合は前足の脇の下から後ろ足の内またまで乳首に沿って触ってみましょう。小さなしこりはありませんか?オスの場合は、睾丸の左右を一緒に触ってみましょう。左右の大きさと硬さは同じでしょうか?気になる時は診察を。

posted at 08:02:07

6月12日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

暑いので、散歩に行きたがらない高齢犬が多いと思います。朝の涼しい時間帯に出かけるようにして下さい。外に出ない習慣が、部屋で寝ている状況を増やして、皮膚炎、消化器疾患、そして食欲不振などを起こしてしまいます。中には認知症などを発症してしまいます。負担にならない適度な運動が必要です。

posted at 07:57:07

2020年06月11日(木)2 tweetssource

6月11日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

猫が鳴くのが止まらない時は何らかの理由があります。発情が起こっているとき、病気のとき、例えば甲状腺機能亢進症、身体の痛み、腹痛、高齢の認知症、過敏症などが考えられます。もちろんお腹が空いている時や遊んで欲しくて泣き続ける子もいますが、普段鳴かない子が鳴いている時は注意が必要です。

posted at 07:40:08

6月11日

@FujiiACC

藤井動物病院(FVMC動物病院グループ)@FujiiACC

梅の実などの誤食が増えています。犬で散歩中に落ちているものを食べない様に訓練をすることが必要です。散歩中に短い言葉やカチカチと音のするクリックを使って、直後にとっておきのおやつを与える訓練です。普段からこれをやっておき実際何かをくわえてしまった時に実施します。躾にも応用可能です。

posted at 07:38:03

このページの先頭へ