情報更新

last update 07/30 17:16

ツイート検索

 

@FujiiACC
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

  • 9フォロー
  • 69,267フォロワー
  • 602リスト
Stats Twitter歴
3,741日(2011/05/05より)
ツイート数
7,484(2.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年07月30日(金)2 tweetssource

21時間前

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫は飢餓に弱い動物で食欲不振による低エネルギー状態では体脂肪が肝臓に動員されて処理しきれず肝臓が障害を起こします。例えばフードの変更や、環境の変化による食欲不振であっても1日食べなかっただけで異常を起こすこともあります。全く食べない場合には様子を見ずに好物を与えるか病院の受診を。

posted at 07:46:37

21時間前

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

少しでも長生きをしてもらいたい動物たちですが、長生きの秘訣は健康管理につきると思います。治療も大切ですが人と同様、普段の生活に、歯磨き、食事体重管理、各種予防、定期検診をして健康な生活を維持することが長生きの秘訣です。歯磨きは毎日する事で寿命を約2〜3年長く出来ると言われています。

posted at 07:45:24

2021年07月29日(木)2 tweetssource

7月29日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

太めの猫は可愛いですし、食べ物を要求されると与えてしまいがちですが、糖尿病、脂肪肝そしてあまり知られていませんが関節炎などの原因になります。特に高齢になるとよりリスクは高くなります。飼育環境が良い子の寿命が平均18歳と延びてますので体重のコントロールは若いうちから取り組みましょう。

posted at 07:31:39

7月29日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

生後1歳までの人の赤ちゃん約400人の調査で犬を飼っている家庭ではペットを飼っていない家庭より31%高い確率で健康でいられ、猫を飼っている家庭ではそれが6%高いという結果が出ています。犬は散歩で雑菌を家に運んで来たり、赤ちゃんは犬猫と接する事で雑菌に接して免疫力を高めるのかも知れません。

posted at 07:30:58

2021年07月28日(水)2 tweetssource

7月28日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

米国の調査結果で、避妊去勢する事での寿命の違いが出ています。猫の去勢雄では未去勢より62%長く、避妊雌では未避妊より37%長いという結果です。これには外に出る子も入っているので未去勢の雄は事故や喧嘩、感染症が関係してます。犬では、去勢雄は10%長く、避妊雌で17%長いという結果です。

posted at 09:37:10

7月28日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬の誤飲による異物で、手術後に飼い主さんが食べたことに驚く物は、髪毛を止めるゴム、シュシュ、スニーカーソックス、下着などです。これらは飼主さんの臭いが付いている物だからです。犬は飼主さんの臭いを求めて臭いの付いた物を見つけると喜びを感じます。まさかと思うものでも注意して下さい。

posted at 08:42:47

2021年07月27日(火)2 tweetssource

7月27日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の認知症は早い子だと8歳ぐらいから出始めると言われています。初期の症状は、突然、高い声など変わった声で泣き出す、家の中で迷ったり、ぼーっとしていつもの所にいない、トイレを失敗する、急に人懐こくなる、毛繕いが過剰になる又は疎かになる。こう言った症状が出始めたら病院に相談しましょう

posted at 08:06:26

7月27日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

毎日犬猫と見つめ合ってください。眼や周囲の異常に気付く事が多いです。まぶたの一部が膨らんだり、イボはないか、赤眼になっていないか、眼の中が白く濁っていないか、瞳の形とラインが左右対称でくっきりとしているか、目は見えているか?目を追うかなど、毎日のアイコンタクトはとても大切です。

posted at 08:01:18

2021年07月26日(月)2 tweetssource

7月26日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫に脂の多い食餌は気を付けて下さい。高齢動物は、高脂血症で、肝臓、胆のうや膵臓を悪くする子が多いです。少しだからと思って与えても、体重比に換算すると多いことがしばしばです。また犬は塩味を強くは認識しません、猫は甘味を認識しにくいので脂肪分と一緒にとり過ぎる事で弊害が起こります。

posted at 08:08:42

7月26日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

高齢の猫の病気に、甲状腺機能亢進症があります。症状は活発になり、そして食事に貪欲になり、怒りっぽくなりしますが、体重は減っていき心臓が悪くなります。猫では多い病気です中高年になったら定期検診で毎年甲状腺のホルモン検査を受けることが大切です。早期発見であれば食事管理で治療可能です。

posted at 08:07:44

2021年07月25日(日)2 tweetssource

7月25日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫にも化学物質に触れることによって起こる皮膚炎があります。プラスチックのお皿などを使用し、接触している部分に皮膚炎が起こり痒くなります。またプラスチックの器は傷などがつきやすく衛生的でないことと、発ガン性のある物質が含まれる事があるためガラス、ステンレス、陶器の器をお勧めします。

posted at 08:35:02

7月25日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

夏場は特に動物の異臭で病気に気付く事も多いです。毎日各部位の臭いを確かめて下さい。耳、目、鼻、口やお尻周り、脇の下、内股など、感染を起こすと臭いが変わります。特に耳、口、足裏、肛門腺は異臭がします。手入れの時に匂いのチェックを忘れずに。臭いと思ったら病院に相談して下さい。

posted at 08:34:48

2021年07月23日(金)2 tweetssource

7月23日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

動物も高齢化が進んでいると言われていますが、2頭目を考えた事はありますか?同居の犬猫が増える事で先住の子は病気や認知症になりにくくなり、食欲や元気が増す様です。ライバルができ毎日の生活に張りが出る様です。10才を過ぎたら、保護施設等からの新しい子を迎える事も考えてみて下さい。

posted at 10:14:31

7月23日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

高齢猫の疾患で多いのが関節炎です。猫は本能的に痛みを隠しますので、よほどのことがない限り足を引きずる等の痛そうな様子は見せません。その代わり爪がとげていない、高いところに上らない、今までと違う所で眠る尿の失敗など、行動の変化として症状が出ます。飼主さんが気付きにくい疾患の1つです

posted at 10:13:26

2021年07月22日(木)2 tweetssource

7月22日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫の個体識別用のマイクロチップは、皮膚の下にうめる米粒のような形をしたチップのことです。チップには15桁の番号が入っており、チップをいれて日本獣医師会の機関に登録すれば、この番号をもとに犬猫の身元照会が可能となります。盗難、迷子、災害時の対策も含め早めに入れることをお勧めします。

posted at 08:12:28

7月22日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫が移動すると付いて来ることありませんか?例えばトイレやお風呂が終わるのを待っていたり仕事をしていると邪魔したり、これは猫の愛情表現の一つです。受け入れて下さい。しかし離れようとすると腕や袖に噛みついたり爪でまとわりついて離れない等の過剰な表現は問題行動の1つとも言われています。

posted at 08:11:05

2021年07月21日(水)2 tweetssource

7月21日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の体調不良や老化を比較的早く表すものに毛づやがあります。通常は光沢がありなめらかですが、変化が起こるとつやがなくぱさぱさになり、小さな毛玉ができます。腎機能、肝機能の低下など全身疾患は勿論、口内炎や外耳炎などでもこういった症状が出ます。同時に爪が全部研げているか確認して下さい。

posted at 07:28:11

7月21日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

高齢犬や大型犬が夏の夜、食後に散歩をして暑いので水を沢山飲むと胃の中で食べ物が発酵してガスが発生してしまい致死的な胃拡張胃捻転症候群にかかることがあります。症状は白い泡を吐いて、げっぷを繰り返し、お腹の周りが膨れて、喘ぎ苦しみます。お腹が腫れたら、救急で動物病院に行ってください。

posted at 07:24:26

2021年07月20日(火)2 tweetssource

7月20日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

暑くなり猫の肥満や糖尿病が増えています。猫のダイエットはフード全体を10%減らしましょう。出しっぱなしのフードを止めて、時間で与えます。おやつはメインフードのカロリーの10%までをおやつと交換してください。赤みの肉や鳥ささ身等はよいです。リンゴやキュウリも食感で食べる子には有効です。

posted at 07:38:13

7月20日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

夏休みですね。犬を連れて出かける方は熱中症に十分注意して下さい。水分補給と体温測定を2時間毎に、また犬の睡眠時間は人より長く成犬で12から14時間、成長期の犬や老犬で16から18時間必要です。起きている時間が長いと体調を崩しますので連日の外出は気をつけてください。帰宅後は休ませましょう。

posted at 07:37:01

2021年07月19日(月)2 tweetssource

7月19日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫の唾液や毛は喘息やアレルギーを引き起こす原因の一つと言われていますが、人が生後2歳までに犬と一緒に成長すると、免疫システムが強くなり、喘息に関係するアレルギーのリスクを軽減するという報告があります。免疫システムは複雑です。動物が免役に良い影響を与える事もあるのだと思います。

posted at 08:10:27

7月19日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

子供が怖い経験をした後は、友達と居るより動物と一緒にいる方が心が落ち着くという調査結果があります。また大人もストレスや孤独感を感じた時には動物と一緒にいて犬猫の身体を撫でる事で改善されるという調査結果があります。動物達がいつも傍にいてくれたら少し幸せにれる様な気がします。

posted at 08:09:53

2021年07月18日(日)2 tweetssource

7月18日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫を飼っている高齢者と飼ってない方の調査(2万人、65~74歳)では、主観的健康感が維持され、二年後生存率と累積生存率も維持されるという結果が出ています。また別の調査では動物を飼っている人の腸内細菌数は飼ってない人に比べて多く、それにより免疫力が高いと言われています。触れ合う場機会を。

posted at 08:20:46

7月18日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫の正常な目ヤニは、眼の鼻側にたまります。目ヤニは白や灰色、黒いものは正常に認められるものです。黄色の目ヤニが出た時は細菌感染や強い炎症を疑います。眼の全周に黄色い目ヤニが付いている場合には、角膜の傷やドライアイが疑われます。目ヤニの位置、色を見て、気になる場合は病院へ相談を。

posted at 08:15:01

2021年07月17日(土)2 tweetssource

7月17日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

湿度が高い日に動物と車で出かける方は体温計を持参しペットの熱を測りましょう。40.0度を超えたら、すぐに休憩して、水を飲ませて、体を濡らして氷で首の後ろを冷やす等して、38.5℃以下になるまでお休みして下さい。日中の移動はなるべく控え朝早くと夕方過ぎに移動を。

posted at 07:33:31

7月17日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫は病院の待合室では高い位置にカゴを置き飼い主さんを見下ろす形が安心をすると言われています。しかしそう言ったスペースの無い待合室では、隣の席に置くか、膝の上に置いて待ちましょう。待っているときは床や低い位置にはなるべく置かないようにしましょう。恐怖心を感じて怖がってしまいます。

posted at 07:31:58

2021年07月16日(金)2 tweetssource

7月16日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬に生野菜をそのまま与えても、栄養素を吸収できません。ダイエットのカサ増しなら良いですが、野菜は細胞壁が強いために犬は消化が出来ないのです。すり下ろしてスムージー様にすると大丈夫です。一度温めるとより良いです。アボカド、ブロッコリーやアロエは大量に摂取すると体に良くありません。

posted at 07:43:06

7月16日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

東京近辺はお盆でゆりの花を見ます。猫にはゆりは毒で、球根から葉、茎、花、花粉や活けていた花瓶の水まで毒性があります。症状はよだれや嘔吐、食欲不振が見られ、24時間以降に腎機能の低下がはじまり、急性腎不全に陥り、最悪の場合死に至ります。お家にもゆりが増える時期です。気をつけて下さい。

posted at 07:42:09

2021年07月15日(木)2 tweetssource

7月15日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の糖尿病にはインスリンを作れないタイプⅠと作れるが分泌が弱っているタイプⅡがあります。猫はⅡが80%です。これは食事や体質の改善をすることで治癒可能ということです。症状は多飲多尿、多食と体重減少が起こり中には後ろ足が弱ってくるなどの症状が出ます。早めの検査と治療開始が必要です。

posted at 08:04:29

7月15日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬を癌から守るには、月一回の体重測定、毎日の適度な運動や散歩そして体をマッサージしながら触りしこりチェック、太陽には長時間当てない。野菜ジュース等含むバランス良い食事管理、煙草の副流煙、化学物質、工事現場、解体現場などに近づけない。異常を見つけたら早く診察、そして定期検診を。

posted at 08:02:06

2021年07月14日(水)2 tweetssource

7月14日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の病気の早期発見は飼主さんとのコミュニケーションにあります。猫は体を触ると色々な臓器まで触りやすい体を持っています。撫でる事で、違いに気付いてあげられます。被毛の光沢、皮膚の張り、口の臭い、爪の研ぎ具合、パットの堅さ、耳の臭い、瞳の色、形、さらに普段嫌がらない事を嫌がるなどです

posted at 07:33:49

7月14日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

高温多湿の日が増えます。犬は暑い日に水を多量摂取する子が多いため心不全の犬の呼吸困難の症例が増えています。今の時期は水を沢山飲んで心臓に負担がかかり、肺水腫になり、命取りになります。心雑音があると言われたら、とにかく早く心エコー検査を受けて現在の病気のステージを理解してください。

posted at 07:31:30

2021年07月13日(火)2 tweetssource

7月13日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬に名札付けていますか?犬鑑札と注射済票は装着義務があります。迷子になっても飼主がわかります。これら以外の名札の場合は最低限、犬の名前と最新の電話番号が必要です。マイクロチップが入っていればその番号も記載しましょう。犬がストレスを感じない様に動いて音が鳴らない様に固定して下さい。

posted at 08:09:39

7月13日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫のフードは様々なものがありますが、ライフステージに合わせて主食を選んでください。おやつは1割までで、その分主食を引いてください。子猫は子猫用の色々な種類の味、硬さ、形状のものを試すことで、好みが固定されないのでお勧めします。しかしどんな場合でも必要カロリー以上は与えないで下さい

posted at 08:09:27

2021年07月12日(月)2 tweetssource

7月12日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫のコミュニケーションで舐め合う行動があります。この行動をよくみると首から上を舐め合う事が多いですが、これは自分では舐めることができない位置です。我々も手の届かない所、背中や肩、など背側が気持ちいいですよね。犬猫も同様で、撫でる時は頭、首、背中の上の方を撫でてあげてください。

posted at 07:41:34

7月12日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

暑くなると猫は脱水気味になります。ドライフードより缶のウェットフードが良いです。違いは水分量です。ドライは水分10%前後、缶は80%近くもあります。缶のウェットフードも食べる様でしたら出しっぱなしには出来ませんが缶を与えて、ダメなら水を飲む様に努力して下さい。猫の脱水は万病の元です。

posted at 07:38:57

2021年07月11日(日)2 tweetssource

7月11日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬も人間と同様にレム睡眠のときに夢をみると言われています。寝ている時に、ぴくぴく足を動かしたり、鳴き声をあげたり、呼吸が速くなったりしているのを見たことがありますか?おそらく夢を見ているところです。犬は通常16時間程度寝る動物です。1日中遊んだときは睡眠を十分取らせてください。

posted at 08:12:05

7月11日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

外に出る猫の平均寿命が短い一つの理由は交通事故です。事故にあった猫の特徴は、通常返ってくる時間に帰って来なかった。帰ってきた後、寝床でじっとしている。毛に黒い油で汚れている跡がある。脚の爪が割れている。などです。大きな事故では帰宅することができません。屋内飼いにし猫を守りましょう

posted at 08:11:12

2021年07月09日(金)2 tweetssource

7月9日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

新しく猫を受け入れる時は猫の数の1.5倍のトイレと水場を食事場の数を用意しましょう。さらに先住猫のテリトリーを侵害しないように、新猫をしばらくはケージに置いておき、先住猫がその臭いに慣れてきたら、先住猫が普段居ない部屋へ新猫を放し、徐々に新猫の活動範囲を広げていくようにしましょう。

posted at 08:12:41

7月9日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

コロナ禍では、車の移動でアウトドアが盛んになってきました。夏場は車内での熱中症が多く発生します。犬の車移動の時には十分な水、車内の日差しをカットするサンシェードそしてエアコンが必須です。それでも2時間に1回の休憩は必須です。さらにバーベキューでの異物や毒物の誤食には注意してください

posted at 08:06:51

2021年07月08日(木)2 tweetssource

7月8日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の命を脅かす病気の一つに糖尿病があります。肥満の猫だけと思いがちですが、猫は元々肉食の動物ですので、蛋白質をある程度のレベル必要です。そのため炭水化物を多く与えたり、多く含まれているキャットフードを与えると糖尿病になりやすくなります。キャットフードは良質のものを選びましょう。

posted at 07:42:31

7月8日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

高温多湿の時期は犬の耳に酵母菌の繁殖が起こりやすくなります。日常の手入れが大切です。正常な耳は週に2回ほど市販の液体イヤークリーナーか、自作で水とリンゴ酢を1:1に混ぜた液体をコットンにしみこませて、指の届く範囲で軽くふいてください。汚れをしつこく取ると耳を傷めます。痛がる時は病院へ

posted at 07:42:00

2021年07月07日(水)2 tweetssource

7月7日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫用の避難袋はありますか?最低約3日分のフードと水、ペットシーツそしてウンチ袋、散歩に必要なもの、マイクロチップや迷子札、持病のある子はお薬などをまとめて袋で管理しておくといざというときに役立ちます。ケージやクレートの中で大人しくしている訓練も日頃から心がけている事が大切です。

posted at 07:56:54

7月7日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

初めての猫が緊張して警戒心をあらわにしている時の姿勢は、すぐにでも動き出せる姿勢で、中腰でつま先立ちの様な姿勢です。警戒心が薄れてくると、うつぶせ、そして横たわり、足の裏を見せます。足の裏を見せてくれれば、心を許してくれています。それでもゆっくりと鼻先からアプローチして下さい。

posted at 07:37:55

2021年07月06日(火)2 tweetssource

7月6日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫が年を取るのが人間より早いことは皆さんよく認識されていますが、検診の時に異常が出ても様子を見てしまう方が多いです。半年間悪いところを放置すると我々だと2~3年放置したことになり、取り返しのつかなくなる事があります。腫瘍は大きさも体に対しての比率も人より大きくなるので要注意です。

posted at 09:23:13

7月6日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

今の時期はとうもろこしの芯の異物誤食が多いです。異物は糸状の異物にも要注意です。犬がタオルを引き裂いて食べてしまうケースや、猫が糸にじゃれて、ざらざらの舌で飲み込んでしまうケースなどがありますが、腸の蠕動運動によって腸が裂けてしまうという恐ろしい自体になり、緊急手術になります。

posted at 09:17:01

2021年07月05日(月)2 tweetssource

7月5日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬猫のノミ、マダニの予防をしてください、屋内飼育でも必要です。実際に屋内のみの猫でもノミが発生したり、外出しない犬にダニ寄生も多いです。犬猫のダニが媒介させる人間で致死率の高い重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が関東で発生しました。屋内飼育でも予防を忘れずに。www.nikkei.com/article/DGXZQO

posted at 07:40:22

7月5日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

真夜中や早朝に猫に遊びの要求を受けた経験はないでしょうか?猫は本来夜行性です。昼間は寝ていることが多い猫ですが、夜寝る様にするには、昼間遊んであげる、窓から外を見れる場所を作る、もう一頭、相棒猫を飼うなどが昼型にするいくつかの方法です。昼間留守にするお宅は考えてみて下さい。

posted at 07:40:16

2021年07月04日(日)2 tweetssource

7月4日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

犬の鼻が渇いてひび割れるのは、匂いを嗅いで情報を得る犬には都合がよくありません。原因は自己免疫性疾患、アレルギー、日焼け、または鼻のつぶれた犬種でよくみられます。身体に問題が無いのでしたら、鼻にココナッツオイルやオリーブオイルを毎日塗ることで改善することがあります。獣医師と相談を

posted at 08:40:55

7月4日

@FujiiACC

藤井動物病院FVMC(WBC動物病院グループ)@FujiiACC

猫の下痢はには様々な原因があります。子猫なら寄生虫疾患も多いですが、成猫の場合は環境や気候の変化、食餌の変更、ストレスなどが考えられます。しかし二日以上の下痢や血が混ざる下痢は診療が必要です。症状や原因によって治療は様々ですが、長い間様子を見ると悪化傾向になることがほとんどです。

posted at 08:39:37

このページの先頭へ