情報更新

last update 03/24 16:41

ツイート検索

 

@Gbutyou
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

  • 497フォロー
  • 372フォロワー
  • 22リスト
Stats Twitter歴
3,357日(2010/01/14より)
ツイート数
2,058(0.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年03月24日(日)1 tweetsource

2019年03月23日(土)1 tweetsource

3月23日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

2歳8ヶ月の娘が「うんちしたよー♡」と朝。
もうすぐおトイレで出来るのかな?

ママのおっぱいも、めでたく昨日で打ち止めらしく。
娘が「枯れてるー笑」と、
ママのおっぱいと、パパの前髪を指して言う。
心に来るからよしなさい笑 (つ∀`*)

成長って早いなー💦

posted at 10:19:26

2019年03月22日(金)5 tweetssource

3月22日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

左ハムストリングが硬いお客様。
左前脛骨筋、左外側広筋、左大腿直筋で大分改善。

繋がり的に、左胸鎖乳突筋〜左耳介筋?
そういえば、昨夜耳栓が左だけ入らなかったそう。

左耳穴←拮抗→後耳介筋。
聴覚範囲が整い、身体バランス整う。

名探偵コナン(笑)
・・・小難しいワードでゴメン (つ∀`*)

posted at 22:19:44

2019年03月21日(木)6 tweetssource

3月21日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

最近親子でのご来店、
特に中学生のお子様をトークセン施術するケースが多い。

反響音は教えてくれる。
ストレスだなー大変なんだなー💦

私自身も親になった事で、
親御さんやお子様の施術を頼まれるケースが増えた。

施術後、優しい表情で帰られるのを見ると、
この仕事してて良かったと思う。

posted at 22:24:47

3月21日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

TVでアンパンマンが「自分より大切な誰かの為に」
と言いながら頭を食べさせるシーンで、
「いい?まず自分を大切に。アンパンマンの様になっちゃ駄目よ。」
と娘に言い聞かせるママ。

そのママに施術してもらってる、
昨日の施術でがっつり受けちゃったパパ (′A`)←アンパンマン
塩風呂なう💦

posted at 09:10:29

2019年03月20日(水)2 tweetssource

3月20日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

夜間頻尿スパン15分のお客様が3時間に。
取れなかった脈も元気脈に。
生きる以外の目的が沢山出来たそう。

お世話になった施術者の1人に入れてもらえ、
感謝頂きました!嬉しい! (*′∀`)

きょうは むすめが はじめて
といれで うんち しました うれしい (*′∀`)

#二ヶ国語でお送りしてます笑

posted at 17:51:43

2019年03月19日(火)2 tweetssource

2019年03月18日(月)2 tweetssource

2019年03月16日(土)2 tweetssource

3月16日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

保育園登園前、2歳半の娘が、
「今日は棚橋と、お尻おじちゃん(田口)戦うの?」と聞いてきた。

どちらも好きな娘は、今日は棚橋を応援するそう。
理由は「たなはしは おっぱい おっきくて いいよね」と。

娘よ、理由はそこか笑 (つ∀`*)

#棚橋弘至 #田口隆祐 #新日本プロレス #njpw twitter.com/njpwworld/stat

posted at 15:03:50

2019年03月14日(木)2 tweetssource

2019年03月13日(水)3 tweetssource

3月13日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

以前書いたブログ記事、
Q.櫻井先生の指摘がズバリ過ぎて怖いです。
“見える系”の方でしょうか?
A.いいえ、悲しいくらいに全く見えません。
経験の積み重ねからくる、単なる“読み”です。

というくだりがとても面白いと、
専門職の方からお誉めいただきました笑 (つ∀`*)
ameblo.jp/riraku/entry-1

posted at 20:43:23

2019年03月12日(火)5 tweetssource

3月12日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

夜間の緊急トークセン調整施術後、
喜びのメールいただきました (人′∀`)☆

首が左右向けるようになり、鼻歌歌えるように快適に。
何よりメールの文面(改行、句読点)や内容のまとまりが復活されてました。
危なかったー💦

触れるか触れないかのソフトタッチだからこそ要注意。
ガード不能ですから💧 twitter.com/gbutyou/status

posted at 08:14:56

2019年03月10日(日)4 tweetssource

3月10日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

今日は何年ぶりのお客様が、沢山ご来店された日でした。

何年後にも立ち寄れる、一所懸命なトークセン施術活動。
結構継続って難しいけれど💦

常に変化を求め続ける変化なき日々より、
人の変化を優しく見守る側へ。

これはこれで心に爽やかな風が吹き、いい感じな訳ですよ。
峠の茶屋的な気分(笑)

posted at 23:58:43

3月10日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

本日、キャンセル続きの、飛び込み続き。

他店で豪快にバランス崩された方の調整依頼。
技術は良いけど、怖くて再調整言い出せないそう。

意外と多い、この手のご相談。
強い発信しないのは、この距離感を大事にしたいから。

ゴットハンドでなくて良い。
グットハンドでお手伝い (つ∀`*)

posted at 14:39:43

2019年03月09日(土)4 tweetssource

3月9日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

#顎関節症 #胃下垂 #猫背 #冷え性
と、 ・・・ #イビキ (///∀///) でご来店のお客様。

脈浮き、胃肝が遺憾でイカン。
足三里解谿さん、横隔膜さんお疲れ様です。

耳介筋群とその下の側頭筋さん、こんにちは。

大分楽になられたようです (*′∀`)=3
今晩良い結果が出ると良いですね。 #施術話 pic.twitter.com/lMeOmnpxRl

posted at 14:25:06

3月9日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

最近“トークセン”と、
いきなり言っても通じる様になって来ました。

タイ伝統木槌療法という造語を付けなくても。
あぁ、刻の洗礼受けたんだなぁと (*′∀`)=3

札幌SALAのブログ更新しました。
ameblo.jp/riraku/entry-1

#thaimassage #タイ古式マッサージ
#toksen #トークセン #ตอกเส้น

posted at 10:03:55

2019年03月08日(金)6 tweetssource

3月8日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

特発性側湾症のお客様。
真っ直ぐお体を立てる、と言う事が自然になってきました。
その分鴨居に頭がぶつからないよう注意なのですが (つ∀`*)

骨だけ内臓だけでなく、身体バランス全体を観ながら。
満遍なく木槌で施させていただいてます。 #トークセン #施術話 twitter.com/gbutyou/status

posted at 13:31:22

3月8日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

漫画・範馬刃牙の指錠の外し方。
脇を締めて血流を止め、腕を痩せ細らせ外す。
を昨夜読み閃く (*′∀`)✨

早速、弛緩性麻痺で腕が痩せ細った患者さんに、逆の発想で施術。
腕肌の色や太さがかなり戻り、大分動かせるように。

そっかー、肩甲下と前鋸かー💦
栄養血管おさらいしよう。 #施術話 twitter.com/102_212/status

posted at 11:56:38

2019年03月07日(木)6 tweetssource

3月7日

@Gbutyou

G部長 札幌のタイ伝統木槌トークセン療法師@Gbutyou

TVで #トークセン 療法を見た方がご来店、
腎臓の裏辺りの腰痛を拗らせてるとの事。

脈を確認後、全体施させていただいたら、
「こっ、これ程とは!?痛くない、柔らかい、軽いっ!」と、
聞いてるこっちが恥ずかしくて照れる言葉を沢山頂きました笑 (つ∀`*)

#あら京子さん twitter.com/thairapa/statu

posted at 18:20:40

このページの先頭へ