情報更新

last update 12/15 12:46

ツイート検索

 

@gkec
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

Stats Twitter歴
3,303日(2009/11/30より)
ツイート数
27,088(8.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年11月09日(金)6 tweetssource

11月9日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

日本が衰退しているのが事実だとして、政策変更によってそれを止めることが可能なのか、止められるとしてもどのような政策が良いのかというのは(政治的な問題を除いて政策的な観点で考えても)あまりよくわからないし、そう簡単でもなさそう。簡単だと言っている人もたくさんいるようですが。

posted at 21:03:15

11月9日

@RodinaTP

ロージナ茶会 JK 国立院 旭霜@RodinaTP

労働時間を増やし、給料を減らし、税金を増やし、景気を悪化させ、家庭も子供も持てないようにして、人口を減らし、そのうえ移民を入れようというのは、完全に日本民族絶滅政策だと私は思うのだけれど、同胞を衰退滅亡させようという政府は、同胞に対してどういった恨みを持っているのだろう?

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 20:57:54

11月9日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

公共事業費そのものが減らされていてどうにもなっていない面はもちろんあるんだろうけど、国交省や各自治体は公共サービス/事業の効率性や質と地元企業の収益性を両立させようとしていろいろ工夫はしているんだよね。それがどれくらい効果を上げているのかはまた別の話だけど。

posted at 08:23:13

11月9日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

公共サービスを民営化した場合の問題としては契約の不完備性による問題があるけど、いずれにせよ「低賃金カルテル」といった文脈での問題ではなさそう。

posted at 08:18:48

11月9日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

なんでもかんでも民営化のせいにするのが流行ってるみたいだけど、問題が生じたとしてそれが本当に「民営化のせい」と言えるのか(国や自治体が直接行っていれば問題は一切生じなかったのか)に関する筋道立った説明はあまり見たことがない気がする。

posted at 08:02:26

2018年10月27日(土)1 tweetsource

10月27日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

そういえば実証的な政策評価の話の中で、「何を以て『良い』政策とするのか」という規範の話は避けて通れないような気がするけど、規範の話は実証の話とは全く別の俎上で議論されているんだろうか。(卒論で実証の前に規範の議論をする必要に迫られながら)

posted at 13:19:09

2018年09月29日(土)1 tweetsource

9月29日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

MacをMojaveにアップデートしてからChromeが全くページを読み込まなくなったのでいろいろ調べてみたらAdblock PlusのCPU使用量がかなり大きくなっていたことが原因の模様。とりあえずuBlock Originに乗り換えてみた。

posted at 13:38:01

2018年09月07日(金)2 tweetssource

9月7日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

まあ好き好んで勉強してる人は少数派だろうし多くの人は「とりあえず目の前の状況を凌げればなんでもよい」のでは。

posted at 21:20:35

9月7日

@Schaschatter

でる夫@教皇インモケンピウス@Schaschatter

10年以上個人指導していて思う。「いいから答え教えてくれ」型の人の特徴は、本を読まない、ぐぐらない(=関係のありそうな言葉を思いつかない)、辞書を引かない、質問しない。なので答えを教えてもあまり意味がない。どうやら「わからない」が「知りたい」に繋がっていないらしい。

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 21:19:27

2018年09月06日(木)4 tweetssource

9月6日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

@okaccis5 「奈良時代には、ヰは /wi/と発音され、イは/i/ と発音されて区別されていた。」とありますが、何が根拠なのかわからないんですよね。

posted at 13:38:43

9月6日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

唐突に「奈良〜平安時代は『い』と『ゐ』はそれぞれiとwiで発音が区別されていた」という話を思い出したけど、文字資料しかないのにどうしてどのように発音されていたかがわかるんだろうか。わ行であることから勝手に推測してるだけなのかな。

posted at 12:03:54

9月6日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

消費者向けに自由化されているのは小売だけで送配電は強い規制のかかった送配電事業者がやっているので災害時の復旧とかは送配電事業者が責任を持っているのでは。

posted at 00:16:57

9月6日

@toronei

おりた@toronei

いろいろと電気事業者って新しいのでたけど、やめたほうがええわ。災害時対応がまともなのは、やっぱり関西電力とか大阪ガスとかNTTだわ。

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 00:14:57

2018年08月28日(火)7 tweetssource

8月28日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

@tsusan23 教育投資は公的リターンもありますが、特に高等教育になると私的リターンが無視できないほど大きくなるので、この政策は教育を通じた階級格差の固定化につながるような気がします。社会全体の教育投資の拡大(社会厚生改善)と格差の固定化/拡大(社会厚生改悪)のどちらが大きいかはよくわかりませんが。

posted at 17:22:44

8月28日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

アメリカ国籍を持っている移民2世の犯罪率が通常と同じなのは1世にあったインセンティブがないからだとも考えられるし、不法移民に対する排外的な姿勢が強まるほど不法移民の犯罪率が下がるというのもありうる。

posted at 17:09:29

8月28日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

不法移民は滞在が既に犯罪なので犯罪率100%…という話は置いておくとして、犯罪による不法滞在がバレて国外退去になることを避けるために犯罪をしないインセンティブが働くのであれば、「不法移民は見つかり次第国外退去になる」とみんなが思っている方がそのインセンティブは強くなるのではないか。

posted at 17:06:47

8月28日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

小学校だと教科教育以外のウェイトも大きいだろうしまともな教科教育を期待するならリソースが足りなさすぎる気がする。

posted at 09:23:17

8月28日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

「結局教育学って子どもの成長を促すものだから正しいかどうかは割と二の次」というのがなんというか小学校教員っぽい。算数の掛け算順序問題はよく槍玉に挙げられるけど、教科教育に関心があれば普通は高校教員を目指すだろうし小学校教員志望者がこの問題にあまり関心がないのは妥当な感すらある。

posted at 09:21:23

2018年08月26日(日)4 tweetssource

8月26日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

「理系を育成する方法」が何を指しているのかはいまいちわからないけど、ふと林さんが「数学や物理の英才教育はありえても経済学の英才教育はありえない」というようなことを言っていたのを思い出した。

posted at 07:10:10

8月26日

@himagegine

野田俊也 S. Noda@himagegine

・経済学をやらずに経済を論じている理系な人に、経済学の最新の議論を調べている人はめったにいない
・(定義にもよるが)古い理論が役立つことはあまりない
・経済学者は理系を育成する方法でふつうに育成できる

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 07:08:21

8月26日

@Nishimuraumiush

マンヤオベガススタイル@Nishimuraumiush

理系の人で、特に応用に近い人にありがちなのが、
「自分は賢いので社会科学分野や経済のことなど表層を少し勉強すれば本質的な部分はわかる」
って姿勢の人。
彼等に限って最新の議論は調べても、基礎や古い理論の話をバカにして調べようとすらしない。
その結果、盛大な勘違いをする。

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 07:08:15

2018年08月24日(金)4 tweetssource

8月24日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

「何らかの職業に就いて働くこと」そのものに対して生きがいを見出すような時代でなくなったということなのでは。

posted at 23:13:48

8月24日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

起業の成功確率なんて一般的にはかなり低いわけで、失敗したときに組織に戻るオプションがなければ個人にとっての起業リスクは高いだろう。成功するかどうかは運もかなり関わってくるし。

posted at 17:30:30

2018年08月23日(木)7 tweetssource

8月23日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

@yagena @mixingale かなりポジショントーク入っている感じが…。
院卒者を優遇するような政策介入は国民全体から見ると相対的に貧しい方から富める方への再分配になるので合意形成が難しいように思います。
実証的知見がないのでこの政策論議はこれ以上はあまり「経済学的」にならなさそうですが。

posted at 22:13:50

8月23日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

@yagena @mixingale スピルオーバーが本当にあるのか、あったとしてどの程度なのか(市場を歪める政策介入を正当化できるか)は実証的に分析しないとなんとも言えなさそうですね…

posted at 21:43:00

8月23日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

@yagena @mixingale 大卒のみの一括均衡から大卒と院卒の分離均衡に移行すると「均衡が良くなる」と考えたのはなぜなんでしょう? シグナリングだけなら分離均衡への移行で社会的費用が増えそうで、人的資本を考えても技術系は既に分離均衡が実現していて人文社会系で均衡を移動させるメリットはそんなに大きくない気も。

posted at 20:32:47

8月23日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

@mixingale ある政策の効果を検証しようと思ってもデータがなくてやりようがないのは割とありがちですね…。(今やってる卒論も割とそこがネックだったり)
院卒採用増加の効果を定性的に議論するのも無理そうですし。

posted at 19:51:00

8月23日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

院卒者が少ない現状が「悪い均衡(パレート非効率な均衡)」であると言い切るならせめて根拠は提示してほしいところ。

posted at 19:18:15

8月23日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

院卒採用が増えて院卒者が増えると社会厚生が改善し、かつ公的な社会余剰(増加した社会厚生から企業の利益増加と労働者の給与増加を差し引いたもの)も増加するという経済学的な分析はあるんだろうか。

posted at 19:11:25

8月23日

@yagena

安田 洋祐@yagena

修士・博士号取得が(他国と同様)民間就職において有利なシグナルとならない限り
・取得者の割合は今後も増えない
もしも強引に増やしても
・大量の就職難民が発生する
ことになるだけ。解決策として、中途半端に大学の予算を増やしたところで焼け石に水。大学院修了者の民間就職を進める政策が本筋。 twitter.com/mainichi/statu

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 19:09:26

2018年08月21日(火)2 tweetssource

8月21日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

都内で1人暮らししている大学生はそれなりにいるし大学生が住んでいるところは家賃も概ねそこまで高くないだろうけど、都内に住むつもりが埼玉にというのは住居に対する要求スペックが高かったんだろうか。

posted at 23:08:45

2018年08月20日(月)2 tweetssource

8月20日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

エンジニアリングの会社の新卒募集要項はだいたい技術職と事務職に分けている場合が多い気がする。

posted at 20:46:06

2018年08月19日(日)6 tweetssource

8月19日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

院卒が新卒市場であまり評価されないのは東大経済学部の院進率が1割程度という事実から明らか(適当)

posted at 21:41:47

8月19日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

日本だと博士の待遇が云々という話はTLにはよく流れてくるけど、日本で博士が不当な待遇を受けているなら日本の大学で博士号を取った人をどんどん採用して高い業績を上げているベンチャー企業とかありそうだけど実際どうなんだろうか。

posted at 21:33:47

8月19日

@yusuke_tsugawa

津川友介@yusuke_tsugawa

日本と米国で大学院の教育の質が違うということでしょうか?米国であれば、学部卒とPhDとでは明らかに能力の差があります。GoogleやAmazonがかなり積極的にPhDを持っている人を採用していたり、国際機関がPhDを持っていないとシニアのポジションを取れなくなりつつあるのはそのためです。 twitter.com/m_man_Japan/st

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 21:31:42

8月19日

@sousanusi

かなやたなは@sousanusi

そして、その価値判断は地方のインフラ切り捨てと無関係では無いわけですよね。むしろ田舎の土建屋見下しという形で表出し公共事業削減を側面支援してきたわけです。「知的だから守れ」と「(土建的な物も含めた)インフラだから守れ」は天地の差があるんです。

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 18:18:29

8月19日

@sousanusi

かなやたなは@sousanusi

地方は本の前に色んなものが焼かれてる事実を無視して、都市住民が今更「本を焼く物はいずれ人を焼くようになる」と言う格言を出してくる背景には「知性」に資する物は小汚い田舎のインフラや生活よりも格上という価値判断があるように思うんですよ。

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 18:18:25

8月19日

@sousanusi

かなやたなは@sousanusi

地方は生活に死活的に必要な水道管の維持補修にすら難儀して、場所によっては水道管の維持を諦め給水車に切り替えたりしてる中で、高知県立大学図書館の蔵書処分に絡んで「本を焼くものはやがて人を焼くようになる」とかしたり顔で言ってる都市住民の浮世離れぶり本当にすごい

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 18:18:14

2018年08月15日(水)2 tweetssource

8月15日

@Perfect_Insider

シータ@Perfect_Insider

日本人は今でも半分しか大学には行かないという話、それ自体は正しいんだけれど少し注意も必要。ここでいう「大学」は「4年制大学」しか指しておらず、短大と専門学校まで含めると、8割の人が高等教育機関には行っている。「日本人の半分が高卒で働いている」のではない。www.mext.go.jp/component/b_me pic.twitter.com/GsjG5UYz9E

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 15:00:01

2018年08月02日(木)6 tweetssource

8月2日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

何と何が両立できて何と何がトレードオフの関係にあるのか慎重に見極めないと詭弁を弄することになりかねないと思う。

posted at 22:33:31

8月2日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

人権を掲げるのは大いに結構だけれど、制度変更が対象者のインセンティブをどう変化させるかということまで考えないと思わぬ結果をもたらすことになるよね。

posted at 18:37:20

8月2日

@Usekm

Yusuke Makino@Usekm

結局社会福祉を私企業に担わせているから私企業が選り好みするわけで、公的な枠組みで福祉を考えてこなかったツケが今になって響いてきているという話。いつまでもバブルが再び来ることを夢見てるからこうなったともいえる。

Retweeted by Masahiro Nishida

retweeted at 18:36:23

8月2日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

入試における男女別定員やら男子(女子)優遇については男女差別の観点だけでなくもう少し他の論点も交えて議論したほうが良さそう。

posted at 13:52:38

8月2日

@gkec

Masahiro Nishida@gkec

ちなみに数年前まで男女同数の定員を設定していた大阪府立高校では、男女別定員の廃止後トップ校は男子が増え中堅校は女子が増えるという傾向が出たはず。

posted at 13:50:29

このページの先頭へ