情報更新

last update 06/18 21:28

ツイート検索

 

@HAYASHI_twit
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

Stats Twitter歴
2,623日(2012/04/14より)
ツイート数
8,989(3.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年02月21日(木)1 tweetsource

2019年02月10日(日)1 tweetsource

2018年11月06日(火)1 tweetsource

11月6日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

ベケットの想像力と「人間と世界の絆」 ― 対馬美千子(筑波大学リポジトリ)
tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=pages_ #PDF
ドゥルーズの映画論やプランショの文学論を参照しつつ、ベケットにおける人間と世界との関係を考察した論文。「イメージ」をテーマにすることで、この3人の接点がよく見えてくる。

posted at 20:05:00

2018年07月06日(金)1 tweetsource

7月6日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

@ttt_cellule 気にかけていただいてありがとう。大丈夫。今年は諸々のことでちょっと気忙しいのと慌ただしいのが重なり、あまりSNSを見ないようにしてた。落ち着いたらまた面白くもない硬い話(笑)を呟こうと思うので。

posted at 19:36:18

2018年06月08日(金)1 tweetsource

2018年05月22日(火)2 tweetssource

2018年05月11日(金)1 tweetsource

2018年05月09日(水)1 tweetsource

5月9日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

68年5月が示したのは、不意に訪れた幸福な出会いの中で、企ても謀議もなく、爆発的なコミュニケーションが生まれることであり、それは誰でもが、まさしく見知らぬ=見慣れた人であるがゆえに、友人のように初対面の人と付き合えるような、そんな開口部だったのだ。ブランショ
s-hayashi.tumblr.com/post/173733614

posted at 22:24:56

2018年05月08日(火)2 tweetssource

5月8日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

『終わりなき対話Ⅲ』所収「言葉は長々と歩まねばならない」p87
ブランショがベケットについて語った(決して多くはない、しかしとても重要な)テクストのひとつ。

posted at 21:06:05

5月8日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

ブランショはベケット『事の次第』について「何を言ったらよいのだろう」と語る。続けて「それは後世に残る作品だと言ったりするだろうか。それを称えようとさえ思うだろうか。この作品はいかなる称賛をも超えている、ということではなく、この作品はいかなる称賛をも無効にする」と。

posted at 21:04:04

2018年05月06日(日)1 tweetsource

2017年12月25日(月)1 tweetsource

2017年12月22日(金)1 tweetsource

12月22日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

どのようにであれどこでであれ。時間と悲嘆といわゆる自己。ああすべてが終わる。— サミュエル・ベケット『なおのうごめき Stirrings Still』

今日12月22日はベケットの命日。ジャン=リュック・ナンシーのブランショ論『否認された共同体』のコーダで「時間と悲嘆といわゆる自己」が引用されていた。 twitter.com/b4mori1/status

posted at 21:26:08

2017年12月21日(木)1 tweetsource

2017年12月19日(火)1 tweetsource

12月19日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

トランプ大統領は北朝鮮をイランとともに「ならず者国家」と批判 5.tvasahi.jp/000116984?a=ne
トランプにデリダ『ならず者たち』を読ませたい。「最も暴力的なならず者国家、それは(…)国際法を、みずからの利害が命ずる場合には毎回無視して来た国、侵犯し続けている国、すなわちアメリカ合衆国である」

posted at 23:45:56

2017年12月18日(月)1 tweetsource

2017年12月17日(日)2 tweetssource

12月17日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

@b4mori1 原発、沖縄をはじめとしたさまざまな時事問題を、短い時間によくぞこれだけ詰め込んだなあと感心しました。しかもノット・アイを彷彿とさせる滑らかなマシンガントーク。最後に聴衆(視聴者)を指さすところも含め、これぞ風刺の精神という演劇的な漫才ですね。

posted at 23:23:26

2017年12月16日(土)1 tweetsource

12月16日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

@NeveuTristan そう思います。読んだことがあればたぶん「シモンの作品っぽいな」と勘繰ると思うのですが、読んだことがない可能性が高いかな、と思いました(笑) 読書経験があれば、内容では判断できなくても文体でわかるんじゃないかと。

posted at 00:04:43

2017年12月15日(金)1 tweetsource

12月15日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

クロード・シモン『ル・パラス』の抜粋50ページを19の出版社へ送るという実験をした人がいるらしい。「全社ボツ」とのことだけど、誰一人としてシモンの作品だと気づかなかったのかな。しかしそれもあり得そう(シモンのほとんどの作品を出しているミニュイ社に送ってなければ)。 twitter.com/afpbbcom/statu

posted at 23:43:04

2017年12月13日(水)2 tweetssource

12月13日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

先週末の日本サミュエル・ベケット研究会の『フィルム』をめぐるシンポジウムで多くの刺激を受けた。ヒッチコック『裏窓』とジガ・ヴェルトフ『カメラを持った男』を改めて観てから『フィルム』を再考してみたい。新訳『ベケット戯曲全集』の進捗についての話も出て「来年には」とのこと。

posted at 22:18:01

2017年12月10日(日)1 tweetsource

12月10日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

@mokamuro 昨日は夜に予定があり、18時少し前に退出しました。こちらこそ驚きと刺激に満ちた研究発表をありがとうございます! 時間は十分ではなかったでしょうが、思考が掻き立てられ、改めて『フィルム』を観たいと思わせてくれる楽しい時間でした。

posted at 20:28:31

2017年12月08日(金)2 tweetssource

2017年12月06日(水)2 tweetssource

12月6日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

これはデュットマンのミスリード。民主主義が敵の脅威から身を守るために「その敵に似なくてはならない」とデリダが語るとき、決してブッシュ政権を支持ないし容認しているのではなく、民主主義の自傷的=自己免疫的な機能不全に警鐘を鳴らしているのだから。要するに、民主主義は不完全なものだと。 twitter.com/yuji_nishiyama

posted at 17:05:52

2017年12月05日(火)1 tweetsource

2017年12月03日(日)4 tweetssource

12月3日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

@waschmaschine シェリングならまだ想像が及ぶかもしれません。ヘーゲルの『精神現象学』は…難解というよりも、退屈で読み進められなかった、という感じでしょうか。レトリックのレの字を味わう前の段階で若い頃に挫折して、若い頃はニーチェばかりを読んでいましたね。

posted at 21:51:21

12月3日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

@waschmaschine 安心しました(笑 なるほど、読まれ方の違いを肌で感じられるわけですね。それにしても「読んでみたけれど読めなかったもの」のほかに、「読んだけれど読めていないもの」もまだまだありそうです。ヘーゲルも再入門しなければと思いつつ幾年月…。美文家、意識してみます。

posted at 21:33:23

12月3日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

@waschmaschine ドイツ語でシェリングやヘーゲルを読むと「レトリカルでリズムもよく、読み進めていくうちになんだか気持ちが高揚していくから不思議」という言葉を書かれていましたが、ちょっと驚きました。ヘーゲルをそんなふうに読めるなんて思いもしなかったので。ちなみに『精神現象学』は挫折したままです(笑

posted at 21:16:45

2017年12月01日(金)2 tweetssource

12月1日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

出典を省略するスタイル。それはブランショが単にアカデミズムに属していなかったからというのではなく、『終わりなき対話』末尾で書かれているように「けっしてひとりの者によって書かれたのではなく、多数の者によって書かれさえした」テクストであるがゆえに。複数性の言葉。

posted at 22:25:51

12月1日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

『終わりなき対話』などのブランショの批評作品を翻訳する際の最も大きな困難は、明示されていない出典を探すことにあるのかもしれないですね。加えて初出誌(主にNRF)のテクストとの差異を調べ上げ、どこが加筆・修正され、どんな文言が削除されたか、それらを明らかにした素晴らしい訳業。 twitter.com/parages/status

posted at 22:21:13

2017年11月27日(月)1 tweetsource

2017年11月23日(木)1 tweetsource

11月23日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

モーリス・ブランショ『終わりなき対話』全3巻ついに。ただし、この書物のプレザンス(現前)は書物のアブサンス(不在)だけを指し示している、とブランショなら言うかもしれない。最後のパラグラフで「指し示しても空しいままにそうしている書物の不在に至るまであの要請に応えようとしてきた」と。 pic.twitter.com/bzOMjGvhgJ

posted at 15:10:57

2017年11月21日(火)1 tweetsource

11月21日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

@maerchendiver 誤植というより"異"植としたほうがこの本にはふさわしいでしょうか。ともあれ、イルマ(ディアーヌ)の森の祭司トトロ(またの名をディアヌス)に、遠くからですが祈りを捧げます。(意訳:radio体操がどうかうまくいきますように)

posted at 07:43:49

2017年11月20日(月)3 tweetssource

11月20日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

公式英語で書くことは私にとってますます困難で、役立たずになっています。そしてますますわたしの言語は、わたしにとってヴェールのようになっており、その背後にある何らかのもの(あるいは虚無)を捉えるためにはそれを引き裂いてやらねばならないのです。—『サミュエル・ベケット書簡集』より twitter.com/HAYASHI_twit/s

posted at 11:36:16

11月20日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

It is indeed getting more and more difficult, even pointless, for me to write in formal English. And more and more my language appears to me like a veil which one has to tear apart in order to get to those things (or the nothingness) lying behind it.
— Samuel Beckett (9/7/37)

posted at 11:32:39

2017年11月18日(土)1 tweetsource

11月18日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

この国連による勧告(放送法の改正など)が、日本のマスメディアにおいて十分に報じられないとすれば、いくら政府が否認しようとも、まさに現政権によるメディア圧力が働いている証左といえるでしょうね。実力のない権力者は、防御を過剰に意識し、陰に陽に権力を乱用する。 twitter.com/litera_web/sta

posted at 00:43:16

2017年11月17日(金)2 tweetssource

11月17日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

「身体の欲望のように哲学を理解しなければならないだろう」という言葉の先を考えていた。哲学を知の対象として扱う限りは意味を持つけれども、理解という行為が哲学になるとすれば、自己反射的に「身体の欲望のように哲学を実践しなければならないだろう」という困難な言葉がやってくるはず。

posted at 23:19:50

11月17日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

【翻訳】変容、世界|ジャン゠リュック・ナンシー、ボヤン・マンチェフ
tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_
【原文】La métamorphose, le monde|Jean-Luc Nancy, Boyan Manchev
www.cairn.info/revue-rue-desc
ナンシーとマンチェフの対話。「身体の欲望のように哲学を理解しなければならないだろう」とナンシー。#PDF

posted at 22:54:12

2017年11月16日(木)1 tweetsource

11月16日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

ブログ|BLANCKETT
今年観た2本の『ゴドーを待ちながら』についての覚書レヴュー。

いまここで(ゴドーを待ちながら@早稲田小劇場どらま館)
blanckett.wordpress.com/2017/11/16/%e3

一個の石(ゴドーを待ちながら@シアターX)
blanckett.wordpress.com/2017/09/20/%e6

posted at 17:47:17

2017年11月15日(水)2 tweetssource

11月15日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

Maurice Blanchot Colloque de Genève « La littérature encore une fois »
Éditions Furor www.editions-furor.ch/colloque-mb.html
今年5月ジュネーヴでのモーリス・ブランショをめぐる国際コロック「文学をもう一度」が論集として早くも本に。クリストフ・ビダン、レスリー・ヒル、ジェレミー・マジョレルなど。 twitter.com/HAYASHI_twit/s

posted at 21:56:40

2017年11月14日(火)1 tweetsource

11月14日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

ブランショ『踏みはずし』1943とベケット「三つの対話」1949の驚くべきシンクロニシティ。「書くことができない」という不能性と「書かなければならない」という強制をめぐって、ほとんど同じことを語っている。あたかもブランショとベケットが同一人物であるかのような。 pic.twitter.com/DVg8WH6jBw

posted at 11:57:39

2017年11月13日(月)2 tweetssource

11月13日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

モーリス・ブランショ『終わりなき対話Ⅲ:書物の不在』発売日が近くなり、ネット書店で予約も開始に。
honto honto.jp/netstore/pd-bo
amazon www.amazon.co.jp/%E7%B5%82%E3%8
紀伊國屋 www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-97844

posted at 12:28:07

11月13日

@HAYASHI_twit

Shigeo Hayashi@HAYASHI_twit

ジジェクのロング・インタビュー。聖書から「人々が《平和で安全だ》と言っているうちに、妊婦に陣痛が始まるように、破滅が突然降りかかり、それを逃れる術はない」という言葉を引用。「これはまさに《平和と安全》に囚われている我々の社会で起こっていることではないでしょうか?」と。

posted at 12:24:30

このページの先頭へ