情報更新

last update 09/24 08:32

ツイート検索

 

@HayakawaYukio
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

Stats Twitter歴
3,242日(2009/11/09より)
ツイート数
130,484(40.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年09月24日(月)1 tweetsource

2018年09月23日(日)20 tweetssource

21時間前

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

【技術報告】
・Phantom 4 Advancedだと、DJI GO4がやっぱり落ちる。1.5キロ以上飛ばして、AEB撮影して落ちた。
・Phantom 4 Advancedではパノラマ撮影が選択できない。

posted at 16:52:50

21時間前

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

飛行中にDJI GO4が落ちても、あわてずさわがずiPad miniのどれかのボタンを押してDJI GO4を再起動させる。1.5キロ先の機体と普通につながる。

posted at 16:54:56

21時間前

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

連休中日の今日の志賀草津道路は、バイクがいっぱいだった。自転車の人もけっこういた。湯釜から1キロは駐停車禁止なのだが、自転車の人のリスクは自動車の駐停車とほとんど同じだろうと思った。

posted at 16:56:23

18時間前

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

1月23日の火山灰は白色粘土質だった。草津白根山ではごくふつうだ。噴火地点が本白根山と特異だったが、噴火様式はとくに変わったものではなかった。過去1万年間に何度も繰り返したタイプの噴火だった。

posted at 20:05:08

2018年09月22日(土)23 tweetssource

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

登山届は出すだけで、審査して許可をする手続きに入らないのが普通だ。登山届の提出を義務化して違反者に罰則を課す条例なんて、聞いたことがない。そこまでするなら許可性にしろ。いまのままだと白山がレベル2になったとき、登山届を出して2キロ圏内に入山すればそれでよいことになってしまわないか。

posted at 07:03:45

9月22日

@Kaun1954

化雲岳-1954m@Kaun1954

よく理解出来ないなぁ。
登山届を出さなかったら罰金→解る
(規制されてる)火口に近づいたら罰金→解る
でも、この合わせ技は何なのかなぁ。
趣旨が理解できないのだが・・・。

活火山・白山の火口周辺への無届け登山、石川県も罰金 5万円以下、12月から www.sankei.com/west/news/1809

Retweeted by 早川由紀夫

retweeted at 07:10:38

9月22日

@Kaun1954

化雲岳-1954m@Kaun1954

ちなみに私は上記二つとも”解る”とはしたが、論理として理解できるという意味ね。
賛否を問われれば共に反対。
コレを守っていたら突然の噴火から命が守られるのかな。(登山届を出したら死なないのなら宗旨替えを喜んでしよう)

Retweeted by 早川由紀夫

retweeted at 07:10:39

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

登山者がリスクを負って冒険心を満たす行為を否定するなら、火山への登山を全面禁止にしろ。そのほうがわかりやすい。噴火予知はできない。どんなに管理してもひとは死ぬ。このことがほんとうにわかっているか。火山に登山したことがあるひとがこのような管理をするとは思えない。

posted at 07:23:37

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

白山では、すべての登山者が火口から2キロ圏内に立ち入るといってよい。摘発はいったいどこでやるのだ?登山口ではなく登山道の途中で待っていて、登ってきたひとを追い返すのか?登山届を出したかどうかをどうやって区別するのか?本気でやるなら、とても大掛かりで経費がかさむ規制だ。 pic.twitter.com/bHD6ZYJZJ0

posted at 07:32:07

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

浅間山の場合、レベル1でも、500m規制だ。500m地点にそれを知らせる看板とロープはあるが、監視員はいない。警察官もいない。あるときそこにしばらく滞留した。登ってきた3組に1組はロープを乗り越えて火口縁に向かった。その先は自己責任だ。浅間山では、管理と権利のバランスがうまく取れている。

posted at 07:35:32

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

もう一度いう。噴火災害を根絶したいなら火山への登山を常時禁止しろ。それしか方法はない。生半可に登らせて登山者の基本的人権を奪うくらいなら、登らせないほうが潔い。他者によってこの登山の安全が保証されていると、登山者に勘違いさせるな。突然の噴火で死ぬとき無念が残る。

posted at 07:40:43

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

気象庁が2007年12月に噴火警戒レベルシステムを導入して噴火警報を出すことにして、まもなく11年になる。この間に地方自治体は、噴火予知ができるとすっかり思い込んでしまった。噴火警戒レベルと噴火警報の弊害は実に大きい。

posted at 07:54:26

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

2014年9月に御嶽山で63人、今年1月に本白根山で1人。どちらもレベル1だったのに登山者が死んだ。それなのに噴火警戒レベルと噴火警報がいまでも無批判に日本社会で利用されている現状は、私には理解しがたい。

posted at 07:56:50

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

@usa_hakase みんな、先生の説明を熱心にメモしている。カラマツを観察している学生はひとりもいない。野外見学会でよくある光景だが、たいへん望ましくない。知識を吸収したいなら、わざわざ現地にくる必要ない。教室で授業したほうがずっと効率的。

posted at 13:53:32

9月22日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

@usa_hakase カラマツを見て触って匂いをかいで、ときにはかじってみる。周りを見渡してどんな場所かを把握して、最後に地図を開いて位置を確認する。そうこうしてるあいだに、高山の冷気を頬と肺に感じる。これやってたら、メモする時間ないはず。

posted at 13:56:56

2018年09月21日(金)41 tweetssource

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

入力するパラメータをひとが勝手に決めて計算したシミュレーション結果をありがたがる風潮はなんとかならないものか。過去の噴火実績を示した地図(すなわち地質図)のほうが、防災計画立案のためにはずっと役に立つ。ファクトだから。

posted at 06:51:48

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

もっぱら、1月23日に新しく噴火した本白根山が私はこわい。この先が読めない。その意味で、今日の湯釜レベル1は本筋とはずれる。4月に人為的に発生したノイズが除去されただけの話。

posted at 09:36:31

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

レベル2でも見張りを立てて昼間だけ通した前回のやり方を踏襲せず、レベル1に下げてから志賀草津道路を通す今回のやり方は、どう説明できるのだろうか。御嶽山2014年9月27日噴火予知失敗が要因だろうと想像つくが、その論理までは想像できない。

posted at 09:52:55

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

噴火して被害が出たとき、レベル2のままなら町の責任、レベル1なら気象庁の責任が問われるだろう。今回は、町からの強い働きかけがあっただろうとみられる。なら、前例もあるから、前者を選択するだろうと思うので、今回の処置は解せない。

posted at 09:55:46

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

前にも指摘したけど、登山道が間違っている。「規制緩和時に通行可能な登山道」と記された青線は、もう10年以上も使われていない昔の道。レベル1のとき解禁される登山道は500メートル園の西側を回る。描いてない。気象庁、万座温泉も看過しているし、草津白根山のことよく知らないんだね。 pic.twitter.com/XTqaJjH6Tk

posted at 11:00:41

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

NHK昼の関東ローカルニュースで、草津白根山レベル1をやった。草津町が1キロ規制を500メートル規制にしたとゆった。インタビューで黒岩町長が「観光に期待したい」と述べた。志賀草津道路の開通については触れず。

posted at 12:19:33

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

「来月8日以降は、山頂付近への立ち入りを再び規制するということです。」この情報は重要だ。予定の組み直しだ。風があるけど27日に登るとするか。

posted at 14:15:27

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

さて、気象庁は500メートルよりも離れていれば安全だと言ってるのに、レストハウスも駐車場も湯釜展望登山道も禁止した草津町の根拠は何?御嶽山がレベル1でも山頂を解禁しなかった理由は、シェルターなどの安全設備が不十分だったから。草津町はこれから安全設備を当該地域にさらに建設するの?

posted at 18:36:12

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

防災の目的の前には、著作権なんて木っ端みじんに粉砕される。命に関われば、新幹線だって臨時停車するし、航空機だって最寄り空港に降りる。

posted at 18:53:49

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

自分で考えることをせず責任取る覚悟がないこういうひとたちが防災を担当してるのだから、住民や観光客は命がいくつあっても足りない。

posted at 18:56:58

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

「気象庁から草津白根山(白根山(湯釜付近))の噴火警戒レベルを引き下げる発表があり、国道292号(志賀草津道路)が立入規制エリアから外れたため、9月22日(土)から次のとおり通行規制を解除します。」の表現はよくないよ、群馬県。まるで気象庁が立ち入り規制しているように読める。

posted at 20:33:27

9月21日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

Mavic Proは734グラムだったが、Mavic 2 Proは907グラムもある。Phantomの開発はもう終わっていて、Phantom 5は出ないのではないかな。コストパフォーマンスからみると、初心者がいま買うならMavic Airを私は推す。 pic.twitter.com/yrb8KGGslX

posted at 21:25:27

このページの先頭へ