情報更新

last update 07/03 18:45

ツイート検索

 

@Hayakawashobo
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

Stats Twitter歴
3,853日(2009/12/17より)
ツイート数
61,032(15.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月03日(金)10 tweetssource

11時間前

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

夏休みの最大の敵、読書感想文。
「感動した」「おもしろかった」以外に書くことがなくてなやむ方も多いはず。
そこで今年はミステリ小説で読書感想文を書いてみませんか?
ハヤカワ・ジュニア・ブックス編集部がミステリ小説の読み方・読書感想文の書き方をご紹介します!
www.hayakawabooks.com/n/nb8827a107631

posted at 17:19:11

2020年07月02日(木)6 tweetssource

7月2日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『リモートワークの達人』刊行記念イベントシリーズ「リモートワークの達人」を開催します。皆で一緒にリモートワークの達人を目指しましょう! 参加無料です。

リモートワークの達人 Vol.01 | ゲスト=倉貫義人(ソニックガーデン) 進行=横石崇(TWDWオーガナイザー) 20200709remote.peatix.com

posted at 12:06:24

2020年07月01日(水)24 tweetssource

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

続々重版出来…「コロナ禍のさなかでも結果を出す」ノンフィクション編集者のSNS活用術を解き明かす
maidonanews.jp/article/13424779

ひと月前『ホット・ゾーン』のヒットを記事にして頂いたのですが、この時に編集作業中だった『リモートワークの達人』が、明日発売となります。

posted at 19:28:16

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

どうもこんばんは! 過日、『ホット・ゾーン』を激推しさせて頂いた早川書房(一)です。ノンフィクション文庫の新作を、また推させて頂きたく登場しました。

posted at 19:19:48

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『ミス・マープルの名推理 予告殺人』アガサ・クリスティー/羽田詩津子訳

その朝、新聞の広告を読んで人々はおどろいた。「殺人をお知らせします。10月29日金曜日、午後6時半」。いたずらかゲームの招待か? 興味しんしんの村人たちが予告された場所でその時をむかえると、銃声が! pic.twitter.com/wyFPTNfUh3

posted at 17:58:13

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『名探偵ポアロ 雲をつかむ死』アガサ・クリスティー/田中一江訳

パリからロンドンに向かう旅客機内で事件が起きた。眠っていると思われた乗客の女性が、じつは死んでいたのだ。死体のそばには、吹き矢とハチの死骸が……。大空を飛ぶ飛行機は、完全な密室だ。犯人は、必ずこの機内にいる。 pic.twitter.com/RxCCYHz092

posted at 17:55:42

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『トミーとタペンスの大冒険 秘密機関』アガサ・クリスティー/嵯峨静江訳

幼なじみのトミーとタペンスは、探偵の会社をはじめる。その直後、国の命運がかかった極秘文書消失事件に巻き込まれてしまい、文書をねらう地下組織の大ボスとの対決へと突き進む。冒険また冒険、若いふたりの運命は? pic.twitter.com/GnIgfeX0W5

posted at 17:53:46

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『ミス・マープルの名推理 パディントン発4時50分』アガサ・クリスティー/小尾芙佐訳

マギリカディ夫人は列車の窓から見た風景に驚いた。並んで走る列車のなかで男が女を絞め殺すところだったのだ。すぐに通報したが死体はどこにも見つからない。話を聞いたミス・マープルはある作戦を思いつく。 pic.twitter.com/iY41ZYV2lk

posted at 17:51:51

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『名探偵ポアロ メソポタミヤの殺人』アガサ・クリスティー/田村義進訳

中近東の発掘調査団の宿舎でつづく不可解な出来事。窓からのぞく不気味な顔、倉庫にちらつく怪しい光。そしてリーダーの妻には、死んだはずの元夫から脅迫状が。だがそれはすべて、まもなく起きる殺人事件の序曲にすぎなかった pic.twitter.com/U3naqd42Bn

posted at 17:49:09

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティー/青木久惠訳

なぞの人物に招待された十人の男女が孤島の邸宅に集まったとき、おそるべき殺人ゲームがはじまる。童謡の歌詞どおりに一人また一人と殺されてゆく。犯人は誰か? そして生き残るのは? ルビと挿絵つき、完訳で贈る。小学5・6年生から pic.twitter.com/WuS5r3GHnD

posted at 17:46:02

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『オリエント急行の殺人』アガサ・クリスティー/山本やよい訳

豪華列車内で事件がおきた。殺されたのは金持ちの男。世界一の名探偵ポアロが調査することに。犯人は乗客の誰かにまちがいない。だが全員にアリバイがある。はたしてポアロの推理は…。ルビと挿絵つき、完訳で贈る。小学5・6年生から pic.twitter.com/JBstxJ0VKU

posted at 17:44:05

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

『名探偵ポアロ ABC殺人事件』読者モニターの当落通知を送りました。
たくさんのご応募いただきました。ありがとうございます。当落は抽選にて決めました。
落選となったみなさん、ごめんなさい。
当選したみなさん、感想をお待ちしてます!
ハヤカワ・ジュニア・ブックス
www.hayakawabooks.com/n/ne7a812d2379c

posted at 17:38:13

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

【7月上旬刊】
『オクトローグ──酉島伝法作品集成』酉島伝法

デビューから九年間に書かれた短篇を集成。異形の存在へと姿を変えられた受刑者の物語「環刑錮」、刷版工場に勤める男性の日常が次第に変容していく「金星の蟲」、書き下ろし作品「クリプトプラズム」など、全八篇。解説:大森望 pic.twitter.com/iSBOdASozU

posted at 12:41:14

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

【7月上旬刊】
『神と罌粟(けし)』ティム・ベイカー/鈴木恵訳

国境の街、メキシコのシウダー・レアルでは、長年にわたり残虐な女性強姦殺人が続いていた。捜査を続ける刑事フェンテス、女性労働者の地位向上のため活動するピラールの前にやがて、腐敗した市権力者、カトリック教会、麻薬組織が…… pic.twitter.com/RNrC5kBLNR

posted at 12:40:08

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

【7月上旬刊】
『リモートワークの達人』フリード&ハンソン/高橋璃子訳

世界中に散らばる36人の社員を率いて数百万人ものユーザーに製品を届ける経営者コンビが贈る、リモートワークのバイブル。 解説/横石崇 ※本書もリモートワークで作りました※ pic.twitter.com/AZz3OaPcZU

posted at 12:37:51

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

【7月上旬刊】
『闇中(あんちゅう)の星』五代ゆう/天狼プロダクション監修

〔グイン・サーガ147〕アルド・ナリスの妖しい力を目撃したグイン一行はいったんクリスタルを離れることにする。しかしそこへ新たに闇からの脅威が襲いかかる! pic.twitter.com/JBaAaVkWT0

posted at 12:36:01

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

【7月上旬刊】
『逆まわりの世界〔改訳版〕』P・K・ディック/小尾芙佐訳

ホバート位相と名づけられた時間逆流現象のために、世界は一変した。死者の再生と売却を請け負うセバスチャン・ヘルメスは、ユーディ教の始祖を墓から掘りだしたことにより、混沌に巻き込まれる。解説/神林長平 pic.twitter.com/KUio5e3Pht

posted at 12:34:44

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

【7月上旬刊】
『深淵の独居者』エルマー&グリーゼ/嶋田洋一訳

〔ローダン・シリーズ620〕深淵の技術者ジャシェムは時空エンジニアと対立していた。深淵の騎士が時空エンジニアの協力者と知り、アトランたちに反発する。かれらは種族の長老"深淵の独居者"に助言をもらいにいくことに。 pic.twitter.com/1NMBmdqelE

posted at 12:33:36

7月1日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

リモートワークは「家が仕事場」なのか「仕事場が家」なのか、いまだによくわかっていませんが、この本を読めばわかるかもしれません。次ツイートでご紹介。

posted at 12:28:10

2020年06月30日(火)9 tweetssource

6月30日

@Hayakawashobo

早川書房公式@Hayakawashobo

本日の東京新聞一面のコラムで永井愛さんの『鷗外の怪談』が紹介されています。www.tokyo-np.co.jp/article/38812?
『鷗外の怪談』は、第2回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞を受賞。www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000 戯曲は2014年11月号に掲載されています。www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000

posted at 17:15:27

2020年06月29日(月)5 tweetssource

このページの先頭へ