情報更新

last update 07/20 08:20

ツイート検索

 

@HideWakabayashi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

Stats Twitter歴
2,911日(2010/08/01より)
ツイート数
21,572(7.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年07月19日(木)2 tweetssource

2018年07月18日(水)2 tweetssource

7月18日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

11月3日,4日にパシフィコ横浜・アネックスホールで、第29回日本在宅医療学会学術集会が開催されます。演題登録期間が8月7日(火)正午まで再延長されました。日本在宅医療学会会員の方以外でも発表可能となりましたので、皆様の演題登録を何卒よろしくお願い申し上げます。
www.mtoyou.jp/jshm29/abstrac

posted at 17:02:37

7月18日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

新たに脳転移が診断された悪性黒色腫(メラノーマ)患者では、側頭筋の厚さが独立した予後予測因子であるという論文です。抄録には記載がないですが、おそらく頭部CTを使用して側頭筋の厚さを調査したのだと思います。サルコペニアの筋肉量減少の指標になるかもです。
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30008154

posted at 07:20:50

2018年07月17日(火)2 tweetssource

7月17日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

8月3日(金)に第5回神奈川心不全栄養研究会が横浜で開催されます。最新の案内と申し込み用紙です。私は参加できませんでしたが、心リハ学会ではフレイル、サルコペニア、栄養に関する内容が多かったようですし、皆様のご参加をよろしくお願い申し上げます。 pic.twitter.com/cjRiVs6HoB

posted at 14:53:33

2018年07月16日(月)9 tweetssource

7月16日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

入院患者でグルココルチコイド使用、不動(ベッド上安静?)、便秘が栄養リスクと関連するという論文です。これも低栄養と便秘の関連をみた論文といえますね。サルコペニアと便秘の関連をみた論文はなさそうですが、老年症候群同士ですので関連はありそうですかね。
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21369745

posted at 09:47:06

7月16日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

入院患者で便失禁および尿・便失禁の有病割合をみた論文です。便失禁を6.5%、尿・便失禁をカテあり5.2%、カテなし2.8%に認め、年齢、基礎疾患、2度以上の褥瘡、低BMI、低栄養、介護度が便失禁と関連を認めました。低栄養と便失禁の関連をみた論文はありますね。
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25549313

posted at 09:37:34

7月16日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

高齢者で便失禁の有病割合と関連するリスク因子をみた論文です。便失禁を11.7%に認め、男性では低栄養が、女性では軽度抑うつ、心疾患、尿失禁、ポリファーマシーと関連を認めました。さすがにサルコペニアと便失禁の関連をみた論文は、今のところなさそうです。
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26297241

posted at 09:31:53

7月16日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

@koro1212 どうもありがとうございます。在宅リハ栄養だと質の高い症例報告論文をもう少し積み重ねることも大事ですね。もちろん疫学研究をできればなおよいのですが。

posted at 07:45:53

7月16日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

今日はリハ栄養研究デザイン学習会の最終日、日本リハ栄養学会の理事会、リハ栄養診療ガイドラインのパネル会議と、リハ栄養づくしの1日です。学会がリハ栄養と研究関連にやや偏りすぎている感じがしてきたので、今日の理事会で少し相談しようと思います。参加される皆様、よろしくお願い申し上げます

posted at 07:21:46

2018年07月14日(土)1 tweetsource

2018年07月13日(金)3 tweetssource

7月13日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

どうもありがとうございます。リハ栄養では、原則として栄養剤使用はベストチョイスでないと思っています。ただし攻めの栄養管理に必要な栄養量を食事だけで提供できない場合や、提供された食事を何らかの理由であまり摂取できない場合などは、栄養剤使用でもよいと思います。 twitter.com/nori_kubo/stat

posted at 07:49:05

7月13日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

管理栄養士以外の職種が、攻めの栄養管理(エネルギー蓄積量を加味した体重・筋肉量の増加を目指した栄養管理)をプランすると、栄養剤使用に走りがちなことは確かです。まず食事の工夫が第一ですし、栄養からみたリハの視点もリハ栄養には欠かせません。だから管理栄養士のコミットを期待しています。 twitter.com/nori_kubo/stat

posted at 06:56:14

2018年07月12日(木)3 tweetssource

7月12日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

これから第10回日本下肢救済・足病学会学術集会に参加するために札幌に向かいます。明日のシンポジウム「フレイルと足病重症化」を担当します。足病の低栄養やサルコペニアは、もっと臨床栄養やリハ栄養関連の学会で取り上げられてよいテーマだと感じます。
www.10th.jlspm.com/index.html

posted at 14:51:12

7月12日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

根拠はメッツしかないこと、改訂版. 『身体活動のメッツ(METs)表』の信憑性と妥当性は大丈夫だと思いますが、それをそのまま目の前に患者に使用できるかどうかに関してはわかりません。ただ活動係数をやや高めに決めて、モニタリングで修正していってもよいと思います。
www.nibiohn.go.jp/files/2011mets twitter.com/tebatebatebate

posted at 12:21:55

7月12日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

このたびの西日本を中心とした豪雨において被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
リハ栄養フォーラムin広島は、当初予定通り7月21日に開催いたします。なお、参加申込はすでに締め切っています。
e-toroku.jp/rihaeiyo2018/h

posted at 12:07:38

2018年07月09日(月)2 tweetssource

7月9日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

8月25日のリハ栄養フォーラム高松ですが、会場をより広いところに変更しましたので、キャンセル待ちから申し込み受付中に変更しました。8月5日のリハ栄養フォーラム福岡とあわせて、皆様のご参加のほどよろしくお願い申し上げます。なお広島は受付終了となりました。
e-toroku.jp/rihaeiyo2018/

posted at 13:06:23

2018年07月08日(日)3 tweetssource

7月8日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

今日は第6回NPO法人口から食べる幸せを守る会 全国大会で、サルコペニアの摂食嚥下障害に対する食べる支援という教育講演を行います。いつもと同じ話もありますが、今日だけの内容も少なからずあります。参加される方はよろしくお願い申し上げます。
ktsm6kaitaikai.jimdo.com

posted at 09:43:46

2018年07月06日(金)1 tweetsource

2018年07月05日(木)1 tweetsource

2018年07月04日(水)1 tweetsource

7月4日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

8/3(金)に第5回神奈川心不全栄養研究会がみなとみらいで開催されます。詳細と申し込み用紙は以下をご参照ください。当日参加も可能ですが、参加人数把握のため事前申し込みを7/20(金)までにお願いできればと思います。よろしくお願い申し上げます。 pic.twitter.com/hZYu6cKpur

posted at 12:46:07

2018年07月03日(火)1 tweetsource

2018年07月02日(月)4 tweetssource

7月2日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

人工股関節置換術THRと人工膝関節置換術TKRにおける栄養投与の役割は何かという系統的レビューです。メタ解析は行われていませんが、炭水化物を含んだ栄養剤やアミノ酸の有用な可能性が示唆されています。低栄養やサルコペニアの場合にはリハ栄養介入すべきですね。
www.mdpi.com/2072-6643/10/7

posted at 07:20:04

2018年06月30日(土)12 tweetssource

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

75 歳以上の高齢 CKD 患者のフレイルは腎機能予後・生命予後・透析導入の増悪因子だが,栄養・運動による介入効果については不明である(D、なし)とされています。

posted at 14:28:37

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

CKDの進行を抑制するためにたんぱく質摂取量を制限することを推奨する.ただし,画一的な指導は不適切であり,個々の患者の病態やリスク,アドヒアランスなどを総合的に判断し,腎臓専門医と管理栄養士を含む医療チームの管理の下で行うことが望ましい(B1)と推奨されています。

posted at 14:27:03

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

看護師によるリハ栄養にも重きを置いています。現在、週刊医学界新聞の看護版でリハ栄養のリレー連載を行っています。多くの看護師と医師にリハ栄養や医原性サルコペニアについて知ってもらうことで、主に急性期病院での医原性サルコペニアを少なくできることを期待しています。

posted at 13:50:13

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

今年は「リハ薬剤」というコンセプトを作り前面に出しています。総説原稿に含まれていますが、日本リハビリテーション栄養学会誌に掲載されたものは査読付き原稿です。月刊薬事6月号での特集、JGFMでのEditorial執筆などを行いました。下半期もいくつかリハ薬剤関連のアウトプットがある予定です。

posted at 13:50:02

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

一番の目標である感性を磨くことに関しては、日本酒の勉強を始めました(笑)。現在、学会で滞在中のジェノバでも、連日ジェノベーゼを食べてワインを飲んで、感性を磨いています(笑)。イタリアは感性磨きにとてもよい国だとわかりましたので、機会を作ってまた行きたいと思っています。

posted at 13:49:55

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

英語論文はいろいろ合わせれば、上半期で10本でした。年間目標が15本以上ですので、これは目標達成しないといけない状況です。自分が執筆、投稿中の論文に関しては、リジェクト続きでしたので、これらも下半期で何とかしたいです。なお、IF9以上の雑誌に1本以上執筆は、リジェクト続きで未達成です。

posted at 13:49:44

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

総説・書籍など依頼原稿は、多すぎですね。依頼があること自体はとてもありがたいことですが、他の若手の方との共著という形をより増やしたいと思います。執筆は重要な学習機会になりますので、私がたくさん学習するのも必要ですが、他の方の学習機会を増やすことを優先したいと思います。

posted at 13:49:37

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

書籍は、リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブルを、葛谷先生と一緒に出版しました。ただ現在、3冊の書籍の企画、編集に関わっています。何らかの点で新規性のある書籍出版であれば頑張ろうと思いますが、内容によっては書籍依頼があっても辞退しようと思います。申し訳ありません。

posted at 13:49:29

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

国際学会での学会発表・講演は、上半期で2回でした。海外で5回以上、学会発表・講演することを年間目標としていますが、10月に大連で開催されるアジアフレイルサルコペニア学会で2つ、12月にマーストリヒトで開催されるCachexia Conferenceで1つ発表予定ですので、目標をクリアできそうです。

posted at 13:49:22

6月30日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

学会発表・講演筆頭演者と講演は、あわせて上半期で23回と、年間目標の60回以下の半分以下にできました。ただ下半期は7月に13回など回数が多く、年間目標の60回を超えることが確定しています。ですので国内での講演であれば基本的にはお断りのスタンスを今後も続けます。申し訳ありません。

posted at 13:49:14

2018年06月28日(木)6 tweetssource

6月28日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

ICRNM2018参加報告②です。Anker先生の悪液質をどう定義するかという講演です。低栄養と悪液質は別のコンセプトであり、悪液質は低栄養の一部ではないという強いスタンスでした。でも個人的には低栄養のEtiologyの1つに、悪液質を入れるべきだと思います。 pic.twitter.com/1wSsF8nIrO

posted at 22:51:44

6月28日

@HideWakabayashi

若林秀隆@HideWakabayashi

ICRNM2018参加報告①です。Cederholm先生のGLIMによる低栄養のコンセプトと診断基準の話がありました。リスクスクリーニング→診断評価→診断(PhenotypeとEtiologyそれぞれ1つ以上)という流れで、今後は低栄養を診断することになりそうです。 pic.twitter.com/jB1uY9RkhM

posted at 22:43:07

このページの先頭へ