情報更新

last update 01/20 09:52

ツイート検索

 

@Hiroo_Otaka
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

  • 37フォロー
  • 9,020フォロワー
  • 556リスト
Stats Twitter歴
4,375日(2010/01/29より)
ツイート数
6,382(1.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年01月18日(火)1 tweetsource

1月18日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

第45回日本アカデミー賞。今日発表された実写作品の優秀賞では、作品、監督、脚本、主演男優、主演女優などの主な部門では、東宝、KADOKAWAの配給作品関連は1本もなし。つまり、「空白」「キャラクター」はないということだ。

posted at 17:35:40

2022年01月14日(金)2 tweetssource

1月14日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

今日の毎日新聞夕刊で、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」について書いた。「まぎれもない傑作である」。「ネタバレが過度に忌避される時代」、本作は批評するのが最も難しい部類の作品であろう。「一つだけ、ほのめかしておく」手を使う以外なかった。

posted at 16:05:35

2022年01月13日(木)1 tweetsource

2022年01月12日(水)1 tweetsource

1月12日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

今日の毎日新聞朝刊で、岩波ホール閉館の記事にコメントした。こういう場合の常套句である「時代の流れ」と、簡単に言いたくない。

posted at 19:06:05

2022年01月11日(火)1 tweetsource

1月11日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が、大ヒットである。1月7日から10日までの4日間では、興収16億9168万円を記録した。土日(8,9日)の2日間比較では、おととしのコロナ禍以降に公開された実写作品としては、邦画、洋画合わせて最高のスタートである。

posted at 17:22:44

2022年01月10日(月)1 tweetsource

1月10日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」を見終わった。打ちのめされた。ハリウッドは、こういうことをやるのか。昨年末公開であれば、昨年の米映画ベストワンであった。

posted at 14:43:05

2022年01月09日(日)1 tweetsource

1月9日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

「スパイダーマン〜」、TOHOシネマズ新宿で見られず。この時間帯では、あのバージョン、あの上映回数の多さで、ほぼフル稼働しているとは。恐れいった。

posted at 13:51:02

2021年12月31日(金)2 tweetssource

12月31日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

皆様、今年もお付き合いいただきまして、ありがとうございます。映画の形、概念は、今後さらに大きな変化を迎えていくと思います。観客も、です。で、「孤独のグルメ」が始まった。これ、映画化する場合(ないと思うが)、どうやったらいいだろうか。今回が、ヒントになるか。

posted at 22:12:21

2021年12月27日(月)1 tweetsource

2021年12月24日(金)5 tweetssource

12月24日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

今日の毎日新聞夕刊で、「今年の映画 この3本」を挙げた。邦画=①「空白」➁「孤狼の血 LEVEL2」③「キャラクター」。洋画=①「ONODA 一万夜を越えて」➁「最後の決闘裁判」③「アナザーラウンド」。

posted at 15:47:31

12月24日

@kumanokopoo

くまのこぷー@kumanokopoo

先週から、呉ポポロシアターで公開されました。
人が触れたくない、スルーする題材ですが、是非加賀さんの演技を見に行こうと思います。

加賀まりこ主演「梅切らぬバカ」が大健闘!“名タイトル”に込められたメッセージ(大高宏雄)(日刊ゲンダイDIGITAL)
#Yahooニュース
news.yahoo.co.jp/articles/1626a

Retweeted by 大高宏雄

retweeted at 14:28:09

2021年12月23日(木)1 tweetsource

12月23日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

この年末、共同通信で「映画と配信」、東洋経済オンラインで「今年の映画興行」、米バラエティで「今年の洋画状況など」について、コメントしております。

posted at 16:06:03

2021年12月21日(火)1 tweetsource

12月21日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

発売中のキネマ旬報で、ファイト・シネクラブ大賞2021を発表した。大賞=仲野太賀(「ONODA- 一万夜を越えて」)、2位=ロングライド(「MINAMATA ミナマタ」の配給など)、3位=河村光庸プロデューサー(「空白」など)。

posted at 18:14:08

2021年12月17日(金)1 tweetsource

12月17日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

今日の毎日新聞夕刊で、「あなたの番です 劇場版」について触れた。今年は、ドラマの実写作品の大ヒットが少ないなか、本作は3日間で4億5千万円だからヒットの出足と言える。ただ見始めて「すぐに、これは通常のミステリー映画とは違うとわかる」。ここが、今後の興行のちょっとした注目点である。

posted at 16:26:31

2021年12月13日(月)1 tweetsource

12月13日

@halseki

はるみ@halseki

わが映画サークル、シネマディクトの先輩OBにして、元国際放映の鈴木淳さんが、シネマヴェーラの新東宝特集キネマニアでのゲスト・トークに続き、YouTubeで新東宝愛を語ることに!ちなみに、さよならテアトル東京イベントの司会進行をしてたのですよ。

www.youtube.com/watch?v=HjjTSl

Retweeted by 大高宏雄

retweeted at 11:30:44

2021年12月10日(金)4 tweetssource

12月10日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

今日の毎日新聞夕刊で、「ヴェノム~」の興行について書いた。本作の作りは、シンプルそのものだ。これがいい。昨今のマーベル映画とは違った作風が、逆に興行の追い風になったと思う。3作目にも期待する。

posted at 17:27:42

2021年12月06日(月)1 tweetsource

12月6日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

「ヴェノム~」が、大ヒットスタートだ。12月3~5日までの3日間で、興収6億2389万円を記録した。これは、前作「ヴェノム」(2018年、最終21億9千万円)の約105%の興収。トム・ハーディもいいいが、ウディ・ハレルソン、お見事。「

posted at 16:29:50

2021年11月30日(火)2 tweetssource

11月30日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

12月4日(土)、浜松市の木下惠介記念館でトークを行います。午後1時35分から、木下監督の「女」を上映。午後3時05分からトークとなります。「女」は、木下監督作品としては、知名度が高いほうではないですが、監督初期の傑作です。お近くの方、よろしかったらどうぞ。お申込みは記念館まで。

posted at 14:42:47

2021年11月26日(金)2 tweetssource

11月26日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

発売中のキネマ旬報で、「ロマンポルノに関する一考察」を書いている。「同時代で観た人も、遅れて観た人も、今という同じ土俵に乗りつつ、いろいろな意見を寄せ合う」。これが、50年の意味と思う。

posted at 14:20:28

2021年11月23日(火)1 tweetsource

2021年11月22日(月)1 tweetsource

11月22日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

3本の邦画が、興収10億円を超えた。11月21日時点で、「劇場版 ソードアート・オンライン~」が10億9525万円、「そして、バトン~」が10億8385万円、「燃えよ剣」が10億8079万円。この推移は、なかなか奥が深い。

posted at 17:31:08

2021年11月19日(金)1 tweetsource

11月19日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

今日の毎日新聞夕刊で、土日ランキングだけではわからない興行事情に触れた。とくに土日トップが一度もなく、平日健闘が続く「老後の資金がありません!」。批評的にはほぼ無視だったが、口コミがきいている。

posted at 18:10:19

2021年11月16日(火)3 tweetssource

11月16日

@nichipro_award

日プロ大賞@nichipro_award

菅田将暉さん、小松菜奈さん、ご結婚おめでとうございます。お二方は、菅田さんが第26回、小松さんが第30回の日本映画プロフェッショナル大賞で、主演男優賞(「セトウツミ」「溺れるナイフ」)、主演女優賞(「さくら」「糸」)を受賞されています。日プロの関係者として、非常にうれしいです。

Retweeted by 大高宏雄

retweeted at 19:41:19

11月16日

@tmtcan_can

トマト@tmtcan_can

カムカムみてて、ライアーライアーの時映画ジャーナリストの大高宏雄さんがアイドル映画の源泉になりうるって評されて、キラキラ映画じゃなくて70年代後期から80年代のアイドル映画のことかなって思っていたんだけど稔さんみて確信に変わった。もちろんこれは作品や他の演者さんの力もあるけど、、

Retweeted by 大高宏雄

retweeted at 17:14:12

2021年11月12日(金)2 tweetssource

11月12日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

今日の毎日新聞夕刊で、「映画 すみっコぐらし~」について書いた。週末土日動員では、製作費、上映時間、公開館数など、スケールがまるで違うマーベル大作「エターナルズ」に次いだ。「この世界観はただ事ではない」。先週書いた「劇場版 ソードアート・オンライン~」に続き、アニメ2連発である。

posted at 16:36:37

2021年11月08日(月)1 tweetsource

11月8日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

「映画 すみっコぐらし~』が、大ヒットスタートだ。11月5日から7日までの3日間で、興収2億5001万円を記録した。1スクリーンあたりの興収アベレージは、全作品中トップ。上映時間は65分だ。

posted at 17:24:03

2021年11月01日(月)7 tweetssource

11月1日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

「劇場版 ソードアート・オンライン~」が大ヒットである。10月30、31日の2日間で、興収3億4962万円を記録した。実は昨日31日の午後、調布で本作を見たのだが、帰りの京王線は特急ではなく、快速であった。

posted at 17:41:18

11月1日

@ShimofusaSakai

Kentaro Uchikoshi@ShimofusaSakai

僕は舞台芸術や映画を好みますが,後者においては滅多に途中休憩が存在しないことを以前から問題だと感じておりました。
そんな些細なことも,或いは映画離れの一因かもしれない。僕と同じ懸念を指摘する #大高宏雄 氏の論説を拝読し,そんなことを考えて文章を書きました。
open.mixi.jp/user/20452152/

Retweeted by 大高宏雄

retweeted at 17:09:47

11月1日

@Beautiful_7Days

セリーナ∞@Beautiful_7Days

Duneは砂漠シーンが多数で、登場人物達もめちゃめちゃ水を大切にしている描写が多いせいか、私も何故か喉が渇いてしまい、いつもよりは水を飲んでしまいまして、上映中にトイレに行く展開になりました(笑)新しいパターンの体験をしました(笑) #DUNE未来体験 twitter.com/nikkan_gendai/

Retweeted by 大高宏雄

retweeted at 16:55:58

2021年10月29日(金)2 tweetssource

2021年10月28日(木)1 tweetsource

10月28日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

今日の東京新聞朝刊で、34回目となる東京国際映画祭の記事にコメントした。注目点はいくつもあるが、一つの大きなポイントは、会場エリアが日比谷地区などに移ったことだ。会場ごとの点ではなく、街を巻き込んだ空間性としての映画祭のあり方が問われるのではないか。

posted at 13:57:53

2021年10月27日(水)2 tweetssource

10月27日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

日曜日に見た「最後の決闘裁判」。ある記事に「羅生門」的な手法と出ていたが、1本の作品というより、黒澤時代劇全般から影響された作品ではないか。だから「最後の決闘裁判」ならぬ、「最後の馬上決闘」がふさわしい。

posted at 17:28:48

10月27日

@Hiroo_Otaka

大高宏雄@Hiroo_Otaka

発売中のキネマ旬報で、「空白」について書いている。寺島しのぶ、片岡礼子、田畑智子の3人から見ると、映画の劇構造はどうなっているのか。実のところ、ここが本作の肝に見えてくるのだ。

posted at 17:05:14

このページの先頭へ