情報更新

last update 05/27 07:21

ツイート検索

 

@HiroyaYamada
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

  • 141フォロー
  • 1,053フォロワー
  • 77リスト
Stats Twitter歴
3,110日(2009/11/21より)
ツイート数
38,865(12.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年05月26日(土)37 tweetssource

5月26日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。どこまで意図的にやっているかは不明ですが、湾岸=東京湾に面した岸辺=離島エリアにタワマンを乱立させることで、結果的にそれが、「本土を守る防波堤」になっていますね。有明のトリプルタワーと裏手の商業施設にも、案外、「津波を食い止める」という裏の目的があったりして。

posted at 01:16:21

5月26日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。ゴミの埋め立て処分場を「中央防波堤」と呼んでいるのだから、そのすぐ背後に控える湾岸エリア=東京湾に面した岸辺=離島群も、「津波から本土を守る防波堤」としての役割を担っていることは、明らかです! 湾岸エリアにタワマンを乱立させる本当の理由が、見えてきましたね。 pic.twitter.com/qYglk6Uuwq

posted at 01:25:38

5月26日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。公共事業として、東京湾に巨大な防波堤を作るとなると、莫大な税金投入が必要で、国民の支持も得られないでしょう。しかし、湾岸エリア=東京湾に面した岸辺=離島群にタワマンを乱立させれば、本土を守る「防波堤」としての役割も果たすのです。これを考えた人、メチャクチャ頭がいいですね。

posted at 02:53:37

5月26日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。湾岸エリア=東京湾に面した岸辺=離島群って、えてして何もかもが巨大だけど、「本土を津波から守る防波堤としての役割を担っている」と考えると、巨大である理由がわかりますね。

posted at 03:06:19

5月26日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。お台場の回字型のビル。なぜ、こんな変なデザインなのか。「津波を食い止める」という視点で見ると、むしろ、このデザインが合理的ですね。津波の高さが一定以上になったら、ビルの倒壊を避けるために、真ん中に「穴」が開いていた方が良いでしょう。奇しくも、国交省の庁舎の隣です。 pic.twitter.com/ibshKGFNT2

posted at 03:13:44

5月26日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。沖縄は「離島」ですが、沖縄に「迷惑施設」が集中しているのは、ご存知の通りです。「迷惑施設は、『離島』に置く」というのは、おそらく人間にとって普遍的な行動原理で、東京湾でも、よく見られる光景です。

posted at 09:51:40

5月26日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。「築地の豊洲移転」も、抽象化して言えば、「『迷惑施設』を『本土』から切り出して、『離島』に移す」という話です。人類の歴史の中で、あるいは日本の歴史の中で、幾度となく繰り返されてきたパターンのひとつなのです。

posted at 09:56:17

23時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

参考。首都高湾岸線が「離島」に敷かれているのに対して、「海岸通り」は、全て「本土」と陸続きのエリアに敷かれています。これが「海岸」と「湾岸」の差です。東京で「海の近くに住みたい」という人は、海岸通りの近く(本土と陸続きのエリア)が宜しいかと思います。 pic.twitter.com/hkl2yS5U8X

posted at 11:08:52

23時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。迷惑施設を「本土」から「離島」に切り出す取り組みは、順調に進んでいますが、「迷惑住民」を「本土」から「離島」に切り出す取り組みは、まだまだ道半ばです。東京湾の離島に次々とタワマンを建て、「特別な人間だけが住める」と彼らの虚栄心をくすぐり、離島へと誘導しなければなりません。

posted at 11:29:59

22時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。湾岸エリア=東京湾に面した岸辺=離島群に、今以上にタワマンが乱立し、「迷惑住民」たちがこぞって住むようになるとします。そんな時、東京湾を大津波が襲い、乱立するタワマンと迷惑住民が「盾」となることで、本土の津波被害を軽減すれば、本土の住民は、彼らに大いに感謝するはずです。

posted at 11:55:11

22時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。世の中に対して、1ミリも貢献をしていない「迷惑住民」であっても、湾岸エリアのタワマンを買い、「東京湾を大津波が襲う日」に備えるだけで、世の中に対して、実は充分すぎるほどの貢献になるのです。自らの資産を盾にして、本土の津波被害を軽減させた雄姿を、我々は忘れません!

posted at 12:02:58

22時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

参考。あらら、「東京湾巨大津波」の話はタブーだったのか。が、湾岸エリアが「防波堤」になるので、本土の津波被害は軽減されるはずです。/【首都直下地震】被害がデカすぎて政府が触れない「東京湾巨大津波」のタブーを大暴露!! 関東大震災2で首都完全水没は確定コース! tocana.jp/2017/09/post_1

posted at 12:14:46

20時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。東京で「海の近くに住みたい」という人は、何も「離島の突端の倉庫街」に住みたいわけではないと思うのですね。僕も漠然と「海の近くに住みたい」と思っていたけど、湾岸エリア=東京湾に面した岸辺=離島群は、直感的に「違う」と感じました。結局、旧東海道/海岸通りの辺りを選びました。

posted at 13:57:28

20時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。気付いたのは不動産の売買契約後ですが、東京で「海の近くに住みたい」ならば、本土と陸続きの、旧東海道/海岸通りの辺りにした方が良いのです(個人的見解です)。運河向こうの湾岸=離島エリアは、迷惑施設が集積しているのに加え、東京湾で津波が発生した際、その直撃を受けるからです。

posted at 14:03:33

19時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

読書メモ。養老孟司,名越康文(著)『「他人」の壁』。"名越 精神科医の側から言わせていただくと、やっぱり表情が変わらない人っていうのは、心が病んでいるというのが多いですよね。「表情が硬い」とかいう言い方をするんですけど。たくさんおられます。"P75⇨表情が変わらない人に、要注意。

posted at 14:47:20

19時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

読書メモ。養老孟司,名越康文(著)『「他人」の壁』。"養老 臨床心理の河合隼雄さんが、カウンセリングの秘訣は何ですかと人から聞かれるたびに、「相槌の打ち方ですな」といつも言っていました。相手の話に対して、どこでどう相槌を打つか、極論すればそれだけなんだと。"P84⇨メモメモ。

posted at 14:52:34

19時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

読書メモ。養老孟司,名越康文(著)『「他人」の壁』。"養老 去年の自分と今の自分では、身体を構成している物質だって入れ替わっていますから。人間を構成している成分は、7年で100%入れ替わるんですよ。"P88⇨「7年で100%入れ替わる」という話、仕事で使えるかな。機会があれば、使います。

posted at 15:00:00

19時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

読書メモ。養老孟司,名越康文(著)『「他人」の壁』。"養老 僕はいつも言うんだけど、子育てには「見守るしかない」という覚悟が必要なんです。だから、「少子化」とは「子どもが苦手」という意味でもあるんですよ。"P96⇨納得。子育てって、実際に子どもを持つ前には、全然イメージできないですね。

posted at 15:06:08

19時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。会社から求められている(期待されている)仕事での役割が、少しずつ、「実作業」から離れつつある(気がする)。「実作業」は思考の材料であり、ぼくちんの原稿の(間接的な)ネタでもある。今後、その機会が少なくなっていくとすると、残りひとつひとつの仕事の経験を、大事にしないといけないな。

posted at 15:29:08

19時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。例えば、計画や管理、業務プロセスの改革や人の指導といったことで成果を出すのは、たぶん、僕にもできるとは思うが、「気合いと根性で挽回する」という手が使えない。自分が実作業をせずに、何か問題を解決するのは、諸々の配慮と能力が必要で、結構、精神的には疲れる気はします。

posted at 15:38:37

18時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。仕事の生産性を高めるために、簡単な仕事から順に、他の人に引き継いで渡して、その空いた時間で、より付加価値の高い仕事をする。大きな方向性としては正しいと思うのだが、いざ具体的な話になると、なかなか話を進められなかったりする。「突破力が弱い」(少なくとも不充分)のが僕の弱点だな。

posted at 15:52:42

16時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

写真。大井埠頭(湾岸エリア)の首都高湾岸線、コンテナヤード、車両基地、清掃工場。「海の近くに住みたい」という人は、こういう場所に住みたいのか否か、よく吟味する必要があります。 pic.twitter.com/DgZQmPW9T0

posted at 17:52:59

15時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。一口に「海の近くに住みたい」と言っても、旧東海道のような歴史情緒がある「海岸エリア」がいいのか、無骨なコンテナヤードがある「湾岸エリア」がいいのかで、だいぶ違ってきます。か、海岸と湾岸の意味の違いをよく理解し、自分の希望を明確に言語化することが重要です。

posted at 19:17:15

11時間前

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

参考。神社仏閣の所在地を調べると、基本、旧東海道より西側で、湾岸エリア=東京湾に面した岸辺=離島群には、「神社仏閣がない」と考えた方が良いですね。月島の住吉神社とアクアシティお台場神社(=まともな神社と言えるのか)は、例外的な存在です。 pic.twitter.com/T0394bDxeq

posted at 23:18:52

2018年05月25日(金)14 tweetssource

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

参考。捨てアカを作って、喧嘩を売ってくるような人たちなので、たぶん、そうなのだと思います。⇨「都会的な暮らしにあこがれてタワマンを買ったのに、住んでみると極度のムラ社会でした。」 /タワマン住民が過酷な生活に後悔 エレベーターを5分以上待つこともnews.livedoor.com/article/detail

posted at 05:00:05

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。「本土」と「離島」の境界線は、「運河」ですね。運河のこちら側が「本土」で、向こう側が「離島」。「離島」は、そもそも人が住むことを前提としておらず、大規模災害の際は、運河に架かる橋が交通遮断され、住民の救出が後回しになるリスクがある。基本的には、「本土」に住むようにしたい。

posted at 05:15:26

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

参考。湾岸と言うと、まるで「本土」とつながっているかのようですが、この辺りは「離島」です。⇨「『とくにヤバい地域は湾岸エリア』と語るのは、ある大手不動産会社営業(男性・30代)だ」。/「買ってはいけないタワマン」を大手不動産会社の営業マンが暴露 | 日刊SPA! nikkan-spa.jp/1223871

posted at 05:24:57

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。東京湾の離島エリアに、「夜郎自大な勘違い野郎」がこぞってマンションを買うのは、東京都全体から見れば、望ましいことなのだと思います。現代日本では、「邪魔者」を「島流し」にするような野蛮なことはできません。本人たちが勝手に「隔離居住区」に住んでくれるなら、願ったり叶ったりです。

posted at 05:36:17

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。デベロッパーの方にも、「夜郎自大な勘違い野郎」には、ぜひ、「離島」の「隔離居住区」を薦めていただきたいものですね。「不良市民」を、強制的に「島流し」にすることはできませんが、彼ら自身が「離島に住みたい」と感じるようになれば、願ったり叶ったりです。

posted at 05:49:16

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。ぼくちん、考え方を改めまして、相手によって、推奨エリアを変えることにします。読者・フォロワーや実生活の知人などには「本土」をお薦めしますが、気に食わない奴には「離島」を薦めることにします。「本土」と「離島」、どちらも一長一短ということで。

posted at 12:19:46

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。こういう人たちには、ぜひ、「離島」の「隔離居住区」に住み続けていただきたいものです。いやはや、この人たちの離島暮らし、本当に羨ましいですね。離島に「永住」されることを、強く推奨します。 pic.twitter.com/yfKAeivV1e

posted at 12:26:51

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。「湾岸」とは「離島」のことである。湾岸とは辞書的には「湾に面した岸辺」だが、地図で確認すると、東京湾に面している岸辺は、竹芝埠頭を除いて、本土から切り離された「離島」であることに気付かされる。東京で言う「湾岸」とは、実質的には「離島」のことなのだ。

posted at 18:58:12

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。「湾岸」とは「離島」のことである。僕は今後、立地の文脈では、あたかも本土と陸続きであるかのような印象を与える「湾岸」という言葉を使わないことにします。原則、「離島」と言い換えます(「離島」の対義語は、「本土」)。湾岸タワマンは「離島タワマン」、湾岸民は「離島民」です。

posted at 19:05:30

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。「海の近くに住みたい」という意味で、「湾岸エリアに住みたい」という人もいるかもしれない。そういう人は、言葉を正確に使った方がいい。このままでは、離島の隔離居住区を薦められる。海の近くに住むなら、あくまで本土と陸続きのエリアで、「運河の手前」が良い。そこは「湾岸」ではない。

posted at 20:06:35

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。辞書的な意味では、東品川四丁目(品川シーサイド駅のあたり)は、「『海岸』ではあるけど、『湾岸』ではない」。なぜなら、東京湾に直接面していないから(湾に面する岸が湾岸)。言葉の定義って、非常に重要なんですよ。「湾岸」=「離島」を見抜けないと、大きな判断ミスをする可能性があります。

posted at 20:16:33

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。東京で「海の近くに住みたい」という人は、大田区のふるさとの浜辺公園近く(左写真参照)のように、「本土と陸続きで、海の近く」のエリアを探した方が良いかと思います(「湾岸」とは呼びません)。しつこいですが、「湾岸」というのは、「東京湾に面した岸辺=離島」(右写真参照)のことです。 pic.twitter.com/JLzAgBhBoQ

posted at 20:29:01

5月25日

@HiroyaYamada

山田宏哉@HiroyaYamada

随感。湾岸(=東京湾に面した岸辺)は、東京湾に津波が押し寄せた時、直撃を受けることになります。湾岸=離島エリアのタワマンや住民が、「盾」となることで、本土の津波被害が軽減されるのです。

posted at 20:53:59

このページの先頭へ