情報更新

last update 08/21 07:42

ツイート検索

 

@IIMA_Hiroaki
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

Stats Twitter歴
3,681日(2009/07/24より)
ツイート数
7,522(2.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年08月07日(水)4 tweetssource

8月7日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

TBSラジオ「ACTION」の放送で、R-指定さん、DJ松永さん、幸坂アナウンサーと、楽しく「歌詞談義」ができました。ありがとうございました。私の深読みもRさんは否定せず、新しい解釈として取り入れてくれました。読めば読むほど味が出るRさんの作品を味わう機会を得た貴重なひとときでした。#action954

posted at 18:22:05

8月7日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

直前で恐れ入ります。TBSラジオ「ACTION」の本日(8/7)の放送に16:30頃から出演、Creepy Nutsのお二人と共に、ニューリリースのミニアルバムの歌詞を分析・解説します。以前もDJ松永さんに呼んでいただきました。分析が甘くても、ファンの方、どうぞお手柔らかに。www.tbsradio.jp/action/

posted at 03:51:04

2019年08月06日(火)2 tweetssource

8月6日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

10/26(土)14時~ 神奈川県立図書館で「万葉集のことば 現代のことば」と題してお話しします。辞書編纂と万葉集は関係ないやろ、と言われそうですが、古代の日本語にまでさかのぼって考えることもあります。申込期間が9/3~10/9だそうです。どうぞ気に留めておいてください。www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/infor

posted at 21:38:48

8月6日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

ニュースサイトで、「注目記事」などの形で過去ニュースが表示されることがあるでしょう。何の気なしに見ていると、実は数年前の記事。日付をぼかして注意を引いているのかな。これは明白に過去記事と分かるようにすべきです。でないと「以前あったのと似たような事件がまた起こった?」と混乱します。

posted at 21:38:41

2019年08月05日(月)8 tweetssource

8月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

蛇足ながら、ネットメディアにせよ、新聞・雑誌メディアにせよ、取材の際に述べたコメントは、多くの場合、原稿化されたものを確認する機会がもらえます。読んでみると、けっこう、数字が違っていたり、意味が正反対になっていたりします。コメントの確認を条件に取材に応じるのが望ましいですね。

posted at 21:20:36

8月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

取材を受けた際、一応「コメントの文章を拝見できませんか」とお願いしました。でも、「速報性などの理由で、お見せできません」とのこと。大して難しいことも言ってないし、まあいいかと思ったのですが、実際の記事は、意味やニュアンスが発言と違う部分もありました。やはり確認はしたかったです。

posted at 21:19:44

8月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

まとめると、こういうことです。「1年前に迫った東京五輪」は、理屈は分かるものの、ごく少数派の言い方ではある。私自身が書くなら、やはり多数派の言い方で、「1年後に迫った東京五輪」とするだろう。あるいは「東京五輪まで〈ちょうど/あと〉1年」とか。報道ではこの表現も聞かれましたね。

posted at 21:19:23

8月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

「1年前に迫った東京五輪」と同様の言い方をツイッターで検索してみると、少数ながらあります。「1年前に迫った国体」「発売1か月前に迫ったモンハン」など。これらもまた、国体やモンハンがこちらに迫っているのではなく、自分たちが、ある時点の1年前まで迫っているイメージなのでしょう。

posted at 21:18:43

8月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

「1年前に迫った東京五輪」は、「ゴール前に迫った」と同様、「私たちが、五輪開催の1年前の時点まで迫った」と考えれば、意味は分かります。普通は「五輪が、私たちのいる現時点から見て1年後まで迫った」ですが、広告では「迫った」の主語が「五輪」ではなく「私たち」になっているのでしょう。

posted at 21:18:20

8月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

時間の前後を表すことばは、時として逆の意味になります。「母は3年前に亡くなった」を、昔は「母は3年あとに亡くなった」とも言いました。また、「先のことを考える」の「先」は未来、「先に行われた選挙」の「先」は過去です。「1年前に迫った東京五輪」と聞いて、そのことを連想しました。

posted at 21:17:52

8月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

ネットでの主な指摘は、要するに「『1年前に迫った東京五輪』ではなく『1年後に迫った東京五輪』と言うのが普通だ」ということだと思います。私も同意見です。どちらが正しいか、と裁くことはできませんが、実例では、「6日後に迫った」「1か月後に迫った」など、「~後に迫った」が大多数です。

posted at 21:17:15

8月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

「いよいよ1年前に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック」という広告の文言について、ネットで議論があったそうですね。これについて、ネットニュースから見解を問われました。短い記事の中では、必ずしも私の真意が反映されていない部分もあるので、改めてここにメモしておきます。

posted at 21:16:56

2019年07月18日(木)1 tweetsource

7月18日

@komuro_yuri

Yuri KOMURO@komuro_yuri

フライング告知!
JACET英語辞書研究会主催「英和辞典を日本語から考える」
2019年10月19日(土)13.00〜 早稲田大学11号館4階
『ウィズダム英和』の吉村先生、国語辞典ナイトの見坊氏、『三省堂国語辞典』の飯間先生をお迎えします!♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
#辞書学

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 14:46:36

2019年07月09日(火)1 tweetsource

2019年07月08日(月)1 tweetsource

2019年07月07日(日)3 tweetssource

2019年07月06日(土)1 tweetsource

7月6日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

広島市で『三省堂国語辞典』広島カープ仕様をサカナに語りました。熱心な方々で埋まり、大感謝。漫談風の雰囲気を出したくて、資料は配布せず、皆さんの表情を見つつ進めました。ところが滑舌が悪く、噛みまくりだったのは反省点です。参加者の方々に辞書は面白いと思っていただけたなら幸せです。

posted at 23:47:16

2019年07月05日(金)1 tweetsource

7月5日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

@ecohis ありがとうございます。この頃は「ご苦労さまは失礼」という声が強まった時期にあたるかと思います。さらに「お疲れさま」が「推奨」されるに至るわけです。

posted at 07:28:43

2019年07月04日(木)1 tweetsource

7月4日

@zousanseido

よむゾウさん@三省堂『大辞林 第四版』9月5日発売!@zousanseido

そして週末の7月6日(土)にはNHK文化センター広島教室で「カープ仕様の国語辞典、その狙いは?」と題した、飯間浩明先生の講座が行われます。カープ仕様についてはもちろん、国語辞典の魅力について広くお話しされます。ことば全般に関心をお持ちの方もぜひお出でください。

twitter.com/IIMA_Hiroaki/s

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 10:32:58

2019年07月03日(水)5 tweetssource

7月3日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

「過疎」に対して「過密」はいつ頃から使われているか。「過度の密集」の意味ではさほど古くなさそうですが、すでに戦後の1954年には参院予算委員会第一分科会で「これは相当過密と申しまするか」と出てきます。「過密」も「過密スケジュール」「空港の過密化」など用法が広がり、重要語になりました。

posted at 03:17:52

7月3日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

「過疎」は1966年に経済審議会地域部会の中間報告で使われたのが最初です。行政が作ったことばを行政が撤回するのは自由のようですが、かりに「自然化」という代替語ができたとして、「情報過疎」を「情報の自然化」とは言えない。行政発のことばが一般化して、行政だけのものではなくなったのです。

posted at 03:17:40

7月3日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

総務省の有識者懇談会が「過疎」の代替語を検討とのこと。人口は少ないが自然があって住みやすくなることを表現する語はあっていいと思います。「自然化」(?)とか。ただ、「過疎」は「情報過疎」「このブース、過疎ってるね」など広い用法があります。「過疎」の語自体は今後も需要があるでしょう。

posted at 03:17:28

2019年07月02日(火)6 tweetssource

7月2日

@zousanseido

よむゾウさん@三省堂『大辞林 第四版』9月5日発売!@zousanseido

【動画音声あり】『大辞林 第四版』9月5日の発売に向けて、印刷製本の工程が進んでいます。先日、印刷工場にお伺いしたときには輪転印刷機が稼働していました。高速で回転し、次々と刷り出しが生産される様子に、思わず息をのみました。 dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/djr4/ #4版大辞林 #令和初 #辞書は三省堂 pic.twitter.com/r87x2tsVvN

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 18:50:38

7月2日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

現在、「お前」は目下に対しても使いづらいという人は多いはず。ところが、戦いの場では事情が変わります。日常語の「高橋さん」は、試合では「高橋!」、「打ってください」は「打て!」となる。「ぜひヒットを打ってくださいね」は「お前が打たなきゃ誰が打つ」で、ノープロブレムであるわけです。

posted at 15:16:08

7月2日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

「お前」は、古代は「大前」(その方のいらっしゃる前)で、神仏や貴人を婉曲に指したと考えるのが妥当です。平安時代に「お前」が現れ、江戸前期までは敬称。後期には目下にも使うようになり、価値が下落。現在、女友だちを気軽に「お前」と呼ぶ男性もいますが、呼ばれたくないという人は多いですね。

posted at 15:16:01

7月2日

@arai_san_28

ARA@arai_san_28

飯間がこれ言ったらおしまいだろ。本来の言葉の意味と現在の用法のギャップは常に発生するし、「お前」が「あなた」よりRudeなのは現代人の肌感覚なのだから、実例交えて研究し辞書なりに反映するのが「あなた」の役割だと思うのですが。飯間が何言うか期待してたのに、誰でも言える事言ってなくて残念

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 14:29:15

7月2日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

「お前が打たなきゃ誰が打つ」の文言が不適切で中日の応援歌が自粛とのこと。日本語では「お前」はもとより「あなた」も面と向かっては失礼な場合がある。名前の呼び捨てはもちろん失礼。「高橋さん、高橋さん、今お打ちにならないなら、どなたがお打ちになるのでしょう」なら許可されるかな。

posted at 00:05:39

2019年07月01日(月)3 tweetssource

7月1日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

@halukanai ご来場くださってありがとうございます。地名・地形については素人なので、土地を実際に歩いてみた次第です。お楽しみいただけましたら幸いです。

posted at 23:34:07

7月1日

@nmcmnc

星空の能町みね子@nmcmnc

高輪ゲートウェイの署名から始まった駅名向上委員会(タグは #駅名向上 にします)、ちょっとあいだ空いちゃったけど、やっと報告会までたどり着きました!やったー!ステッカーもたくさん作った!来た人はたくさん飲み食いしてください!(それが我々と会場の収入になるのです…)

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 19:00:36

2019年06月29日(土)2 tweetssource

6月29日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

部屋の整理をしていると、「予定を先送りしないためにはどうするか」といった趣旨の本が出てきました。以前から、読もう読もうと思いつつ、先送りにしていた本です。「こんな所にあったのか」と本棚に戻しました。これでやっと読むことができます。そのうち読もうと思います。

posted at 13:11:58

6月29日

@IIMA_Hiroaki

飯間浩明@IIMA_Hiroaki

プランニング会社からの仕事依頼で「執筆の承諾をいただいた後、クライアントに提案し、承認されれば改めてご依頼します(承認されない場合もあります)」的なものがあります。執筆者よりクライアントの決定権を優先している感じなので、お断りします。よくあるパターンですが、執筆者には失礼ですね。

posted at 13:11:52

2019年06月28日(金)1 tweetsource

2019年06月27日(木)6 tweetssource

6月27日

@CINRAJOB

CINRA.JOB@CINRAJOB

人に「伝わる」文章がどうしたら書けるか、辞書編纂者の飯間浩明さんに聞いた。「誤解が起こる理由は、みんなの『脳内辞書』がそれぞれ違うから」。本、Twitter、テレビ、街中の看板……幾千万の言葉と向き合ってきた飯間さんが語る。 bit.ly/31WsVtZ

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 19:54:21

2019年06月25日(火)5 tweetssource

6月25日

@lib_sammu

山武市立図書館@lib_sammu

【成東図書館:今日の一冊】『やばい』の新しい意味が国語辞典に!! ことばを探して街をかけまわる国語辞典編さん者の奮闘記。だれよりもことばが好きで、この本を通じてあなたにことばの世界のおもしろさを伝えます。『ことばハンター』/飯間浩明 ポプラ社 #山武市 #図書館 #なるト #今日の一冊 pic.twitter.com/0EBT1xMo9z

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 11:56:48

6月25日

@zousanseido

よむゾウさん@三省堂『大辞林 第四版』9月5日発売!@zousanseido

『大辞林 第四版』を購入いただいた方への特典として、スマホ(iPhone・Android対応)で利用できるアプリの『大辞林』を提供します。書籍未収録語の収載、アップデートあり。ことばの生成と変化を追い続け、ことばの「今」を映し出します。dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/djr4/ #4版大辞林 #令和初 #辞書は三省堂 pic.twitter.com/cuHHzcGTQP

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 11:50:33

6月25日

@zousanseido

よむゾウさん@三省堂『大辞林 第四版』9月5日発売!@zousanseido

【お知らせ】いま、令和という時代の幕開けに、ことばの海の新しい羅針盤として。三省堂は、13年ぶり全面改訂となる『大辞林 第四版』を令和元年9月5日(木)に発売します(一部地域を除きます)。dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/djr4/ #4版大辞林 #令和初 #辞書は三省堂 pic.twitter.com/JuWlUC6NMb

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 11:49:58

6月25日

@zousanseido

よむゾウさん@三省堂『大辞林 第四版』9月5日発売!@zousanseido

『大辞林 第四版』は一冊ものの大型国語辞典に求められる役割を追求。現代語を中心に、古語・固有名詞・専門語まで幅広い分野の項目を収録しました。第三版から1万3,000項目増で、総収録項目数は25万1,000となり、類書中最大級の収録数です。dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/djr4/ #4版大辞林 #令和初 #辞書は三省堂 pic.twitter.com/MWRzcY1ANI

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 11:45:04

6月25日

@zousanseido

よむゾウさん@三省堂『大辞林 第四版』9月5日発売!@zousanseido

【近刊案内】『大辞林 第四版』(松村明・三省堂編修所編)は9月5日(木)発売(一部地域を除く)。令和初の、一冊ものの大型国語辞典の全面改訂版。全国の書店で予約受付中。特設サイトで詳しい内容をご覧いただけます。 dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/djr4/ #4版大辞林 #令和初 #辞書は三省堂 #特典 #スマホアプリ pic.twitter.com/gyDBIqwgcL

Retweeted by 飯間浩明

retweeted at 11:44:26

このページの先頭へ