情報更新

last update 09/20 05:24

ツイート検索

 

@IWJ_AreaCh2
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

このユーザーはTwilogに登録されていません

最新100件のツイートのみを表示しています。
自動的にツイートを記録するには、こちらから新規登録してください。
現在表示されているツイートは、取得してから1時間だけTwilogのサーバに保持されます。最新のツイートを取得したいときは、右上の「最新の情報に更新する」ボタンを押してください。

 

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

  • 7フォロー
  • 183フォロワー
  • 6リスト
Stats Twitter歴
853日(2016/05/21より)
ツイート数
766(0.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年08月11日(土)7 tweetssource

2018年08月08日(水)2 tweetssource

2018年08月01日(水)1 tweetsource

2018年07月31日(火)17 tweetssource

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】212.IWJ「今回の7月豪雨の対策本部は、いつまでこの体制を?」岩下氏「いつまでとか、どれぐらいというのはわからないですね」IWJ「4年前の土砂災害の時の対策本部は、どのくらい続いたんですか」岩下氏「8月20日から、2ヶ月ぐらいでしたね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/avnV01La9N

posted at 14:31:14

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】210.IWJ「広島県内の西部ですか?範囲わかりますか?」岩下氏「後で担当の者に聞きます」。IWJ「こんなに地滑りが多発したことはなかったと思うんですが。復旧するにあたり、国交相ではどのようにお考えかと」岩下氏「砂防の担当の者に確認しますんで」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/pz0WWzZ86c

posted at 14:27:22

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】209.広島合同庁舎の、中国地方整備局災害対策本部広報の岩下氏に話を聞いた。IWJ「山の傷跡が5000ぐらいありますが」岩下氏「「土砂災害に関しては国が管理してる部分と県が管理してる部分がありまして、うち(国交相)は西部山系です」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/9t0aMQ6Xvx

posted at 14:25:23

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】208.IWJ「広島で山にあれだけ傷跡ができたから、またえげつない利権が...」N氏「東北の震災までは建設業界が斜陽になってて。今後10年大丈夫だって盛り上がったらしい。広島も同じことでしょう。それこそ国交相とか経産省とかに、すごい権力が集中して」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/37RpyfTEm5

posted at 14:22:50

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】207.N氏「それ、別に威張るようなことでも何でもないでしょ?かつ、後手後手なんだから。それを普通に、放送してるんですよ。8時半になったらごった返すから、その儀式的な出発式で大混乱するし。バカばっかりですよ」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/g9dVRFuliE

posted at 14:19:54

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】206.広島合同庁舎の警備員N氏「ほんで、メディアもバカだから。7日の朝、月曜の朝8時半っていう一番忙しい時に『車両30台、人員100人を被災地に送る』っていうのを、出発式をやるからってメディアを呼んで、放送してるんですよ」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/nEIfSfEyEu

posted at 14:18:16

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】205.IWJ「はぁー。内閣と一緒ですか」。N氏「一緒ですよ。下まで全部腐っとるんですよ、もう。それで、無駄に待機だけさせるんで。一晩中、タバコ吸いに下りてくるし。現場に行く人もおるけど、もう、本当に無駄」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/NLpYKV7gyU

posted at 14:16:28

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】204.N氏「ちょっと確証はないですが6日の夜に、一番大雨の時に、整備局の災害対策室で酒盛りしていた、役人たちが」。IWJ「え、どこの役人たちが?」N氏「中国整備局。広島合同庁舎の中の災害対策の。朝方、セブンイレブンがビールケース取りにきましたから」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/QGjW2QzLlr

posted at 14:15:04

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】203.広島合同庁舎で警備をしているN氏から豪雨災害の時の状況を聞いた。N氏「7月5日、6日からずっと勤務だったんけど、まぁ、ひどかったです。無駄に召集かかって、いっぱい来るんですけど。ほとんど現場には行かないし」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/sILP5L47MJ

posted at 14:12:14

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】202.IWJ「土砂災害の被害受けたのは郊外の住宅地が多いですね」K氏「なんぼ市内から通勤圏内でも、土砂でやられたら通えんじゃないですか。道路もJRも壊れてマイカーも動かせん。何とか市内に出てきて、そこからホテル生活しとる人が多い」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/cROWhU8oHp

posted at 14:09:35

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】201.広島市の周辺には、山を派手に切り開いた住宅地が目立つ。K氏「美鈴が丘とか五月が丘に始まって、まず西から開発されてどんどん東に行ってますね。市内東部のみどり坂なんかは、住民の年代層が若いです」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/zmTEpQ5wxJ

posted at 14:04:10

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】199.K氏「家を作ろうと思って調べると、本当に平地がない。平地があっても「売ってよ!」って言いたいぐらい駐車場だらけ」IWJ「要は普通に、市内に家を持って住むっていうのが...」K氏「無理無理」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/xgxD95j0BA

posted at 13:55:36

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】198.K氏「100坪を2万とかで買えるわけだから。バーンと一山買って、バーンと切り開いて。数円の価値しかなかった土地がいきなり一千万になって、うわもんが建ったら3500万で売れるんですから。で、市内が高くて家を買えない人は、どんどん郊外に流れてくる」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/nhPhxUHyFD

posted at 13:52:30

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】197.K氏「だからみんな、駐車場にして土地を寝かしとくしかない。これが今、三角州の町中で全部おきてる。都市部に土地が余ってるのに動かせない。動かすリスクを背負えない。だけど、郊外でいくらでも、山切り開いて。本当に二束三文ですからね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/yXw1eC5hes

posted at 13:50:34

7月31日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】196.広島市民K氏から広島市の住宅事情について聞いた。K氏「市内の三角州、異常に駐車場多いでしょ?大都市圏だったら、マンション建てても人が流入してくるけど、広島の場合100万人から増えようがないから。マンション建てるリスク負えんわけ、家主さんが」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/m5GoFoOOX6

posted at 13:49:04

2018年07月30日(月)24 tweetssource

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】194.熊野町民体育館が避難所になっている。熊野町役場の人「詳しいことは僕らもちょっと。避難所の管理だけしとるんで」IWJ「今どのくらいの方が避難を?」役場の人「120人ぐらいです。中は取材はご遠慮願います」@iwakamiyasumi

posted at 21:19:50

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】191.IWJ「崖崩れの中にも、だいぶ岩が見えますね」地元の人「ここらは昔、石切場があったりしたけん。まぁ広島県はだいたいこういうのが多いがね」@iwakamiyasumi

posted at 21:15:00

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】189.小さい川に沿って空き地に、土砂が堆積している。そこから現場に近づこうとするが、ぬかるみに靴をとられ、危険なので断念。通りかかった地元の人「亡くなったんはほとんど、ここの団地じゃ。12人亡くなった」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/5BzYvCNMSm

posted at 21:10:32

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】186.広島国際大学S氏「具体的な土砂流入の被害を受けてしまったので、大学として豪雨時の明確なルールを定めて、教職員と学生に周知していきます」IWJ「たまたま真正面の山が崩れたわけですが、こういう想定外のことは、どこで起きても不思議じゃないですよね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/lY279shtQN

posted at 15:42:14

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】185.IWJ「大学の中、すごく綺麗になってます。けど、こんな大きな地滑りが真正面にあるというのは不安があると思いますが」S氏「大学としては『何ミリ以上降ったら授業を中止して帰す』という明確な基準を定めようと、今、動いております」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/QeKIpho8st

posted at 15:40:59

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】184.IWJ「コアストーンが流れ込んだりはしなかったですか?」S氏「幸い、キャンパス内に入る前で止まってくれました。夜中で学生が出歩いてなかったのも幸いでしたね。このあたり、ここ数日で全部かき出して、通れる状況になりました」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/j98Qr62yDf

posted at 15:39:19

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】183.広島国際大学広報S氏「重機で土砂を出してもらった後も、高さこそなかったですが、ものすごく土砂は残りました。学生と教職員でブラシや高圧ポンプをつかって、たくさんの人手でなんとか、ここまでたどり着けました」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/HtKMSSLnJT

posted at 15:38:02

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】182.広島国際大学広報S氏「ハザードマップ上も、危険区域には指定されてませんでしたので。正直なところ、まったくの想定外でした」。IWJ「二手に分かれて土砂が流れ込んだということですが」。S氏「学生寮のあたりは、膝ぐらいまで埋まりました」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/OU4Zt2VU0A

posted at 15:36:09

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】181.IWJ「食堂に備蓄があったというのは?」S氏
「もちろん、この山が崩れるとは想定していませんでした。大学ができて20年ですが、一度もそういう危惧をしたことはなかった。驚いたのは確かですが、備蓄が、有事の際に役立ちました」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/E2oqsg8ITL

posted at 15:34:43

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】180.IWJ「異常な動きをするということで、今回の台風は心配でしたが」。S氏「台風の影響はなくて、よかったです。本当は今日から再開の予定だったが、台風が心配だったので明日から、万全の態勢で授業再開です」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/3Te5693oQa

posted at 15:32:51

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】179.S氏「大学の備蓄品や、食堂が管理してる食材や水もあったので、なんとか二日間はしのぐことができました。塞がれた県道を通れるようにしてもらった後、学生と教職員有志で毎日、土砂撤去を続けてきました」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/GEB6yAj19C

posted at 15:30:54

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】178.IWJ「いろんな所から目立つ大きな地滑りで注目されてしまったり、大変だったと思いますが」S氏「7月6日の豪雨で、ここに流れ込んだのは大きく二箇所。学生寮の近くに流れ込んだのと、反対側は広島市内方面への県道が塞がれました」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/z85S1h5X5G

posted at 15:29:26

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】177.広島国際大学広報S氏「最初の段階で『ものすごく危ない大学』と、いろんなところで発信されてしまったけど、実際には誰一人怪我もなかった。そういった大学としての事実を伝えさせていただけるのであれば」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/bhe1dqQehw

posted at 15:27:30

7月30日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】174.今日は東広島市から、熊野町〜安芸区矢野〜安芸郡坂町を経て広島市内に入る予定。被害が甚大だったエリアだが、今回の取材でまだ一度も入っていなかった。国道375号線から野呂山方面。広島国際大学前の巨大な地滑り、その周辺にも多数の地滑りが。@iwakamiyasumi pic.twitter.com/WfOWQjBuoB

posted at 10:22:22

2018年07月29日(日)39 tweetssource

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】173.IWJ「ともかく、どうもなくて良かったですね」O氏「市役所も早うから、避難勧告出してました。前回のことがあるけん。昨日の夕方には防災ラジオで出してました。年寄りの方から順次避難するように、て。僕らは避難しなかったですけど」@iwakamiyasumi

posted at 20:52:27

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】172.IWJ「前に取材したとき、成羽川めちゃくちゃ濁ってましたが」。O氏「今はちょっと澄んで、あの時ほどドロドロの水じゃないです。やっぱり、成羽(の上流のダム)は、底(にたまった水)を出しとったんですかね?」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/iA3OnfNe5C

posted at 20:51:20

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】171.岡山では台風の影響はどうだったのか。高梁川の氾濫の一因である大量放流を行った成羽川上流のダムを案内してくれた、高梁市のOさんに電話した。Oさん「明け方、ちょっと風がきついのと雨が普通に降ったぐらいで。もう晴れとりますよ」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/90LEAK7xAq

posted at 20:45:25

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】170.井原(いばら)地区の佐々木氏「ほとんど雨降らんかったですね。台風、いま下関のあたり言うとります」IWJ「もう過ぎたと言っていいですね」佐々木氏「ただ、また雨が降るたびに避難指示が出る思います。仕方ないですね。見通しがないけん、今は」@iwakamiyasumi

posted at 20:33:39

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】169.井原地区の佐々木氏「今のところ、動きはないですよ。ワイヤーを張って、地滑りを感知する装置つけてもらっとるんです。あと、地割れのひどい部分にブルーシート張って雨水が浸み込まんようにして。そういう技術的な措置を広く講じてもらっとります」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/ikMC570zyb

posted at 20:31:56

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】168.26日に取材した時、広島市安佐北区の井原(いばら)地区では、神ノ倉(かんのくら)山に発生した地滑りを警戒して、避難勧告が解かれないままだった。今回の台風では無事だったのだろうか。山は動かなかったのか、自治会長の佐々木氏に電話で取材した。@iwakamiyasumi

posted at 20:27:16

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】167.熊野町側から見た野呂山。反対側の安浦町から見た野呂山にも、爪痕のような、あるいは虫が這い回るような無数の地滑りが見えた。ほとんど「山が動いた」とも言えるような、こういう事態に、対処する術はあるのだろうか?@iwakamiyasumi pic.twitter.com/AfyIv8xnMG

posted at 20:13:18

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】166.東広島の市内を運転していると、あらゆる方向に山肌の爪痕が見える。その一つに接近してみた。あたり一面を埋めたであろう土石は重機で取り除かれた後だったが、谷の奥まで続く深い傷口は、雨が降るたびに脅威になるはずだ。@iwakamiyasumi pic.twitter.com/F8PM5vgIXC

posted at 20:06:44

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】165.昨日と一昨日取材した被災地では、台風に備えて緊迫した作業や、避難の呼びかけが続いていた。少なくとも広島では雨はそれほど降らなかったようだ。台風が去った後の東広島は、空気が澄んでいた。7月6日の豪雨の爪痕が至るところに見える。@iwakamiyasumi pic.twitter.com/ZnRXUjOsVL

posted at 20:00:23

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】164.避難を呼びかけて集落を回っていた女性「本当は今の時間帯って、必死で片付けとかしてる時間なんです。昼間は暑くて死にそうだから、夕方涼しいうちに。だから(いま避難するのは)時間がもったいないような気がする、私も」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/m4PaXgNWel

posted at 13:20:15

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】163.避難を呼びかけて集落を回っていた女性「豪雨の時は近くの円照寺さんに避難させてもらいましたが、そんな地域の気安さのない安浦町の避難所に行くのは、勇気もいるかも。でも2回目の今回は、避難するべきですね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/EQB9xU7yqv

posted at 13:18:19

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】162.その時、町内放送があった「呉市からお知らせします。今回の大規模災害で家などに被害を受けられた方は罹災証明書の申請をしてください。(中略)罹災証明書は、見舞金や保険請求などの申請に必要となります。生活再建の大きな第一歩となりますので(後略)」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/pGKvceWCa9

posted at 13:16:53

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】161.IWJ「棚田があって、元々はきれいな所でしょう」Bさん「もうここも、限界集落ですからね。高齢者が多くなって。きれい言うても、昔のきれいさとはまったく違いますけど。みんな『いい所じゃねえ』とは言うてくれよったですね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/vB97snf1kd

posted at 13:15:16

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】160.安浦町下垣内のBさん「今からですわ。これ、みな片付けせにゃいかんし。農機具小屋も全滅ですからね。農地なんかも3年で復旧と、政府の方では定められとりますが、まず無理ですね。もう、原型復旧なんか考えられんですね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/GP8wBpXxwe

posted at 13:13:58

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】159.Bさん「僕はまだ、罹災の届け出にも行ってない。けっこう大変な家があるんで、手伝いに行ったり重機とかの段取りもせんといかんし。自分の家を後回しにしとったばっかりに、台所がものすごいカビでね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/pFqWpL1pDo

posted at 13:12:09

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】158.IWJ「地滑りの筋があちこち、たくさんありますが、同時に起こったんじゃなくて...」Bさん「時間はね、まちまちです。2階に避難して北を見るのと南と、ほぼ行き来しとりました。家の後ろを見て『大丈夫かね?』言うて、今度は南のこっちを見て」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/VWaj1FCVKI

posted at 13:11:09

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】157.IWJ「下の田んぼもだいぶ深く埋まってますよね」Bさん「そこらでも1メートル強」IWJ「お宅は、住める状態にはなったんですか?」Bさん「畳はまだ上げてますけどね。下水も今日からようやく、使えるようになりました」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/cEpdV2ePp2

posted at 13:09:27

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】156.Bさん「生きた心地でなかったです。流木が建物を飲み込んで飛び上がって」IWJ「その瞬間、見ておられたんですね」Bさん「もう、目に焼き付いてます。第1波で家がつぶれてますからね。その時に、地鳴りが来たけんね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/0ANDYvE0jk

posted at 13:06:31

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】155.安浦町下垣内のBさん「それで避難したんですけどね、その時はその車もまだそこにおったんですよ。避難した夜もけっこう降りました。戻って来たら車がここで泳いどるんですよ」IWJ「避難はどこに?」Bさん「上の円照寺です」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/r4P57u090v

posted at 13:04:31

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】151.IWJ「山崩れの筋がいくつもありますが」安浦町下垣内の自治会長A氏「あれが今回の台風でどうなるかわからん。今のところ、ちいと土嚢を積んで応急処置ぐらいしか。効果はないじゃろうけど、何もせんより気分的に違うけぇ」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/4bSSl9mjIH

posted at 12:23:13

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】150.台風接近のせいか、少し涼しい。夕方6時過ぎて安浦町下垣内に入ったとき、サイレンが響いた。続いて町内放送が「下垣内地区に避難勧告が発令されました。みなさん、避難をお願いします。避難場所は...」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/S3FDoy6TJA

posted at 12:21:04

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】148.下蒲刈島三之瀬の港では、台風に備えて船をワイヤーで固定中だった。Cさん「湾の中も山から流れたゴミだらけになっとった。今はだいぶきれいになったが。次、台風が来よるんが、どうなるじゃろうてみんな心配しよる」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/LkPeAQLleB

posted at 12:05:35

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】146.下蒲刈島には江戸時代、朝鮮通信使が立ち寄った。三之瀬地区では毎年10月に韓国からも人を招き、当時を再現する祭りをしている。三之瀬御本陣芸術文化会館のCさん「政府は喧嘩しとっても、ここは(韓国の人らと)仲ようしとるんよ」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/hmVqFXWfGC

posted at 11:59:53

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】145.下蒲刈島のCさん「橋渡った先も通行止めやった。当分出られんかったんよ。12日じゃったかな、開通したのは」IWJ「何日かは、島は孤立したんですね」Cさん「自衛隊が水を船で運んでくれた。病院にも行かれんかったから、広とか呉のほうに臨時で船も出た」@iwakamiyasumi

posted at 11:58:40

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】144.呉市の東、瀬戸内に浮かぶ下蒲刈島に渡り、三之瀬御本陣芸術文化会館のCさんに話を聞いた。「民家も人的にも被害はほとんどないんよ。だけど山のほうが。農道が、あっちこっちズレて。ミカン畑行こうにも行かれん」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/SuupgBKUq7

posted at 11:54:00

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】143.呉市広長浜のTさん「崖の上の家がだんだんズレて来たんです。7日の昼前じゃったかな? 雨が止んでも、ズルズル来よるんですよ。全部落ちるまでに3日かかった。それでも通る人らがおるけ、地元の若い子らが必死で通行止めにして。大騒動じゃった」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/hjPf9U4Hxv

posted at 11:38:29

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】142.Bさん「峠が崩れて、一軒家がずれそうなかろ?東の方でも山がずれたけん車も通れんかった。水も支援物資も船で運んでもろうた。たった先月に、自治会の防災会議やったとこじゃった。昭和42年には長浜でも10何人死んどる。あん時は呉だけで80人死んだかね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/BKBpRknDWg

posted at 11:36:57

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】141.Bさん「7日の朝3時半ごろかね、ここらも雨音がひどうなったけえ目が覚めたんよ。ワールドカップ観とったんじゃが、今までと違う音がし出したけ、2階の窓から見たら、こがぁな石がゴンゴンゴン!てフェンス倒して、泥がダァーッと来た」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/mWctc7QBYr

posted at 11:34:11

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】140.呉市広長浜のBさん「N興業の人らが、地元じゃけぇ言うて最初からしてくれよる。大助かりよね」。IWJ「こういう工事のお金って?」Bさん「呉市に、後からもらうんじゃないん?金額は何ぼ出るかわからんが」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/P5W4HUwVNM

posted at 11:30:46

7月29日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】139.呉市広(ひろ)長浜のBさん「ここらへんもコアストーンが落ちて来たんよ。天応とか、あそこらへんの15トンやら言うのに比べりゃこまい(小さいが)、それでもこれぐらいのが落ちてきたんじゃけ」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/Zi8X6BwSMa

posted at 11:29:02

2018年07月28日(土)10 tweetssource

7月28日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】130.木原氏「県としても全容解明がまだできてないんです。航空写真でだいたいの位置はわかっても、実際歩いて行かんとわからん現場も多いですから。狭い川が実は崩れてるとか、今から出てくるでしょうね」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/Hi5xck6kgx

posted at 22:03:43

7月28日

@IWJ_AreaCh2

IWJ_AreaCh2@IWJ_AreaCh2

【西日本豪雨取材】128.広島県の西部建設事務所の木原氏に聞いた「基礎の土がむき出しになってるので、明日来る台風に備えて、雨が直接当たらないようにブルーシートを張っとるんです。台風が思わぬ動きするんで、最善を尽くさんと」@iwakamiyasumi pic.twitter.com/U2AiMgOp1y

posted at 21:58:23

このページの先頭へ