情報更新

last update 09/29 08:14

ツイート検索

 

@J_Yoshito
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

  • 330フォロー
  • 427フォロワー
  • 17リスト
Stats Twitter歴
3,384日(2011/06/26より)
ツイート数
11,428(3.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月28日(月)3 tweetssource

2020年09月27日(日)3 tweetssource

2020年09月26日(土)9 tweetssource

9月26日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

ふと、「原さんの設計は装飾と近い」と大学時代に習ったのを思い出した。
全ての部分を設計せよ、というスローガンは突き詰めれば、装飾とは、という問題なのかしら。
物事を構成する要素が多ければ多いほど良い、ということをどう考えるかでもあるか。東大の人って割とそう考えてる気がする。

posted at 22:53:48

9月26日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@8714423 あ、やっぱり順番的にはそうですよね。いつご覧になったのか、気になるところです。

ところで、最初は閉じている、は家の原型ですが、
最初から開いている、の原型は東屋だとも聞いたことがあります。東屋は庭に属するので、札幌ドームとかの頃です。そのへんの空間の原型的な話も気になります。

posted at 18:58:53

9月26日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@8714423 2年くらい前に聞いた藤森さんの講演では、死んだ空間に孔をあけると生きた空間になる、という説明で、有孔体理論が初めて腑に落ちたというようなことを言っていた記憶があります。伊藤邸はよくわからんとも言っていたような。

posted at 18:34:15

9月26日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

土曜日の午前は家事の時間に充てているが、家事は部分的にやっても面白くない、と常々思う。
炊事洗濯掃除の全てをやるから面白いのであって、例えば分担してしまったら台無しだと思う。

posted at 11:16:41

2020年09月25日(金)5 tweetssource

9月25日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@00ur0b0r0s そういう状況を、新しい風として秋吉くんのような刺激的な人物が、良い方向にゆさぶりをかけてくれるとよいのでしょうね。
もちろん、ヤンくんが言うように、捉え損ねるとダメージはあると思う。

posted at 14:14:15

9月25日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@00ur0b0r0s 某PDでも話題が出てたんですが、教育現場において、学生同士で「お前、建築に閉じてんな!」みたいな会話があったりするのだとか。
自閉的になって周りを見ないのも、いろんなところに首を突っ込んで足元が疎かになるのも、いずれもよくないと思います。

posted at 14:09:50

9月25日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@00ur0b0r0s 厳しいな!

建築の世界は周囲の分野に拡散してより大きな問題系を作ろうとする方向と、建築独自の固有性の問題に収斂する方向の、いずれも持ち合わせていると思います。そして、後者の方向が「閉じている」と言われることもある。
しかし真に問題なのは、片方に「極端に」偏ることだろうと思います。

posted at 14:01:14

9月25日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

一般意志2.0では地下室人の可能性が書かれてたし、バシュラールも肯定的な意味を与えたと思うが、確かにその暗がりから出ていかないと大きな仕事はできないのかもしれない。(所沢見た時も似たようなことを思った)
しかし地下室というものはその住み心地に気づくと出て行きたくなくなるものですね。

posted at 12:35:03

2020年09月20日(日)7 tweetssource

9月20日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

自分の建物の窓から自分の建物が見えるということは、つまり都市的な状況なのであり、そういうことが起こるのが中庭という形式なのである…と聞いたことがある。
(ゲーリーは彫刻と建築の違いを窓の有無としたとか。ということは建築的と都市的の違いは建物が見える窓があるかどうかということか笑

posted at 23:04:51

9月20日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

住吉は内部の生活と外部の生活の差異を問題にしない形式の獲得のため、といった方が正確だっただろうか。わからん。

posted at 23:04:49

2020年09月19日(土)6 tweetssource

9月19日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

(念のため)これらを成立させた思想は三者違うが、ただのみえがかりとして。(住吉が内部と外部という対立の消去のため、中野本町が内部の確定性を成立させるための外部という対立項の導入のため、そして代田が室配列により生じる意味の消去のため?、それぞれ中庭を導入している、はず)

posted at 09:59:33

9月19日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

なんとなく代田の町家と中野本町の家と住吉の長屋は同時代の名作という意味でひとくくりに認識していたけれども、みんな中庭を持ってるのね、ということを明け方ふと思った。
しかも、植物や家具を置いていないただの庭。

posted at 09:48:53

2020年09月18日(金)3 tweetssource

9月18日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

人生初、戸建住宅の検討をしているのだが、すごく難しい、、っていうかよく世の建築家はこんなのできるな…。。
某先生(住宅作家)がライオンズマンション最高と言ってたのを思い出す夜…

posted at 21:03:43

2020年09月16日(水)8 tweetssource

9月16日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@MinoryArts ぼくの意図はどちらかといえば前者だったかな。しかし現代の観察者と製作者の関係、もしくは現代の知覚や解釈の仕方、については興味はあるな。

posted at 09:05:35

9月16日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@MinoryArts トマソンが面白いのは、その逸脱という観察者の観点に開かれてることであって、当の本人は真面目にやっている、というギャップなんじゃないかと思ってます。その意味ではちょっと違う。

posted at 08:44:51

9月16日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@MinoryArts でも考えたいのは、なぜこんなナンセンスが現実に現れたのか、なんです。最近ベンチューリを読み直してるんだけど、『多様性と対立性』もこのナンセンスを取り上げてるような気がする。気がする、だけね。笑

posted at 08:41:26

9月16日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@MinoryArts いや、べつにくそだったわけではないよ。よくできていた。(蒔苗さんに案内してもらった)
たとえば、千木が左右ちぐはぐだったり、流造なのに平入で基壇もなかったり、鳥居がヤバめに抽象化されてたりした。それって日本の伝統建築(教科書的な)的にはおそらくナンセンスでしょう?

posted at 08:37:51

9月16日

@J_Yoshito

Nakamura Yoshito@J_Yoshito

@MinoryArts 一方で、思想がくそ、のほうにも学ぶべきところはあるなと思っていて、最近はナンセンスに結構興味がある。その例としてはどうかと思うけど、所沢サクラタウンの神社とか鳥居とかは避けていてはいけないな、と実際行ってみて思った。(デザインの好みの次元ではない、という意味で)

posted at 08:27:58

2020年09月15日(火)3 tweetssource

2020年09月12日(土)6 tweetssource

このページの先頭へ