情報更新

last update 09/22 18:07

ツイート検索

 

@JohannesC7
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

  • 324フォロー
  • 391フォロワー
  • 14リスト
Stats Twitter歴
3,468日(2010/03/26より)
ツイート数
53,521(15.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月22日(日)8 tweetssource

20時間前

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

ユバのしるし、せっかく素敵なキャラが沢山いたのにあまりストーリーに関わらないことが多かったのが本当に残念。立場や性格等で動かしやすいキャラが偏ってたのは否めないよね。ある程度は仕方ないにしても、もう少し何とかならなかったかな。

posted at 00:38:51

19時間前

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

@nosukuk 「何々が好きなら○○して当然」、それ私も言われてます。自分にできることは他人もできるはずだと思ってしまうのはよくあることですが、楽しみ方や得意分野は人それぞれですよね。実際、私はのすくさんみたいな漫画は描けませんし。そんなに気にしなくていいと思いますよ。

posted at 02:07:25

19時間前

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

「ガチ勢でないならファンを名乗るな」なんてことは思わない(それじゃ私自身何のファンでもなくなってしまう)。でも薀蓄を語りたいなら「素人だから信じるなら自己責任で」みたいに逃げを打つのはよくないと思う。

posted at 02:27:57

4時間前

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

『太陽の伝説』のトラウィスカルパンテクトリがトナティウを射たが返り討ちに遭う件を訳していた。すでに模範解答っていうかビアホーストによる英訳はあるけど、自分でも訳してみることでビアホースト訳では原文にない語を補っていたこととか分かって楽しい。そしてやっぱり生贄に反対はしてない。

posted at 16:56:02

2019年09月21日(土)10 tweetssource

9月21日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

FGOのケツァル・コアトルは実際の史料に表されたケツァルコアトルではなく後世の人達がイメージした生贄に反対した善神ケツァルコアトルが基になってるから、考察に実際の史料を取り入れると矛盾をきたす。実際の史料を使えば考察の精度が上がるとは限らないので、用途に適した資料を使おう。

posted at 18:41:50

9月21日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

もちろん、実際の史料ではどうなっているかもそれはそれで大事だけど。「これを読めばケツァル・コアトルの元ネタがだいぶ分かる本」はかなり絞り込めたので、機会があればまとめてみようか。

posted at 19:26:48

22時間前

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

@qvvXwosbJA @p_pakira 応援ありがとうございます!アステカ神話はせっかく興味を持っても資料がなくて苦労しますよね。なので、私が調べたことが他の人の役に立てばいいなと思ってやってます。っていうか「実はこんなことが!面白いよね!」みたいな感じもありますね。ネタは色々あるので、また見ていただけると嬉しいです。

posted at 22:49:57

2019年09月20日(金)8 tweetssource

9月20日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

「※個人の見解です」とでもいうようなものを、原点にそういう記述があるように誤解されかねない書き方をしてしまったらしき件を伝え聞き、アステカ神話の場合は原典を読まずに孫引きでそれをやるケースがちょくちょくあるなと思った。

posted at 13:30:44

9月20日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

『マヤ・インカ神話伝説集』の創作神話もそれに類するものだろうし、『マヤ・アステカの神々』でトラウィスカルパンテクトリが生贄に反対する善神になったりヨワルテクトリがトナティウの妻になったりとか、コヨルシャウキの首の件とかもそうだろうか。

posted at 13:36:08

9月20日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

孫引きに自己流解釈を加えると、原典にはそんなこと書いてないようなものになってしまうのは無理もないこと…って、こういうのは創作における解釈の問題とはまた違うか。あくまで神話の解説書だとするなら(『マヤ・インカ神話伝説集』は微妙かも)。

posted at 13:42:38

9月20日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

創作でのアレンジ自体を否定する意図はなくて(私自身原作ではあり得ない展開を見たがる二次創作者でもあるし)、その元になる資料が不正確なのはよくないという話をしているつもりなんだけど、創作にケチを付けていると思われがちなのは心外。

posted at 13:46:04

9月20日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

@Luminareo_Seno 2012年マヤ暦の終わりが注目される切っ掛けとなったホゼ・アグエイアスもヒッピー方面の人でしたよね…。マヤとかケツァルコアトルとかに関する現代のイメージとか調べようとするとそっちの領域にも近付くんですが、色々難しいです。

posted at 14:07:54

2019年09月19日(木)18 tweetssource

9月19日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

新刊、考察というか調べ物の際に見付けて面白いなと思ったけど小説には使いようがなかったネタに絡めた語りみたいな感じになりそうなんだけど「…面白いか?これ…」と迷ってもいる。ウチの既刊でいうなら『ユバの徽に託けてアステカ神話の薀蓄を語る本』が近いけど、アステカほど詳しくないもんで…。

posted at 01:28:54

9月19日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

@nosukuk2 ギルガメシュ叙事詩はあらすじは知ってるくらいなんですが、コミカライズは読みやすかったし、のすくさんらしさを感じるアレンジ具合で面白かったです。それにしても、神話が文字で残っているっていいですね。アステカ神話は文字記録は征服後のものしかないから…ちゃんとした邦訳もないし…。

posted at 01:35:55

9月19日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

原典から訳したアステカ神話はウチのサイトにも少し載せてるけど、『マヤ・インカ神話伝説集』その他の脚色や改変の著しい話や、神話事典や解説書の断片的な情報などを元に、自分なりのアステカ神話を作っている人達からはむしろ邪魔扱いされてるっぽい。いまさらそんなこと言われても困る的な。

posted at 09:20:33

9月19日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

この間も書いたけど第1~4の太陽の話は『絵によるメキシコ人の歴史』が出典だが第5だけは『フィレンツェ絵文書』版で紹介するの、それぞれの史料の特色を考えるとあまりよくない気がする。『絵による』にも第5の太陽の起源は語られているが、切り捨てるとケツァルコアトル(創造神、現在の太陽の父)と

posted at 10:47:51

9月19日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

セ・アカトル(トルテカ王)とウィツィロポチトリ(創造神、後に生まれ変わってメシカを導く者)の関係が分からなくなってしまう。一方『フィレンツェ絵文書』では、過去に複数の太陽があったなんてことはないし神々はすでに滅び起源を知ることはできない(むしろ知らなくていい?)とサアグンは考えたのか

posted at 10:50:24

9月19日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

テオティワカンでの現在の太陽と月の創造の話しかしていない。神々が主役の時代(神話)と人間が主役の時代の歴史をつなげて語るかどうかという辺りが『絵による』と『フィレンツェ』とでは明らかに違うので『フィレンツェ』の方が詳しいからと『絵による』の第5の太陽の話を安易に置き換えるべきでは

posted at 10:58:54

9月19日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

ないと思う。また『フィレンツェ』版に『太陽の伝説』版のトラウィスカルパンテクトリの件を挿入するのも、これら2つの史料にもやはり色々違うところがあるから不自然になってしまっている。こういうことがあるから、史料に基づいたアステカ神話の紹介というのは難しい。

posted at 11:01:18

9月19日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

@nekoneko_pixiv そうですね。日本にもメソアメリカ学者はいるけれど、考古学方面はともかく神話関連はなかなか一般向けの本が出なくて、何十年も前からあまり変わってないような感じで…だから自分でも微力ながら何かできないかと思うんですけど、いざやろうとすると難しい!と…。

posted at 13:17:18

2019年09月18日(水)8 tweetssource

9月18日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

11月のチャレに参加を申し込んだ。不備がないといいな…。オルスタ8(大阪春コミ)で出したフラサト本はチャレでは初出しだから新しいものが何もないということはないけど、新刊も出したい。

posted at 00:13:07

9月18日

@JohannesC7

約翰/ラヨシュ=ヤンチ/Xochimeh@JohannesC7

今読んでるテキストとは関係ないけど、チマルパインの日記ではcatanaがgadanaになっていた。そして英訳はAsian cutlassよりもJapanese swordの方がいいと思う。確かにスペイン語のcatanaには新月刀という意味があるけど、この場合は日本からの使者の持ち物だから日本刀のはず。刀がcatanaの語源だし。

posted at 17:52:55

このページの先頭へ