情報更新

last update 06/23 07:28

ツイート検索

 

@KENSHOW_news
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

  • 16フォロー
  • 1,184フォロワー
  • 61リスト
Stats Twitter歴
3,235日(2012/08/15より)
ツイート数
121,403(37.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年06月21日(月)16 tweetssource

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『この状態に、河村市長は「雨ざらしにしとったやつを、なんとかアセットマネジメントというか生かそうと、市の持っている財産なのでやり始めた。名古屋市が役所仕事でほったらかしにしとった」「B6型」の今後については… 「街づくりにいかせるとか、色々あるでしょ

posted at 21:24:27

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『 最終的には「科学館に展示されていたSLをよみがえらせて走らせたい」としていました。 名古屋市教育委員会などによりますと、展示されていたSLは車両の調査のため、いったん分解されましたが、その後計画が一向に進まず、部品ごとに分けられ、費用が安いとして、富山県の倉庫に保管されたままです』

posted at 21:24:26

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『「現状ではバラバラに分解されてブルーシートが掛けられるのみ」21日、自民党名古屋市議団の議員らが保管されている「B6型」SLの状態を説明しました。河村市長が打ち出した「SLをあおなみ線で走らせる計画」、2013年にはJR‐Wから借りたSL機関車を「あおなみ線」で走らせました』

posted at 21:24:26

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『北陸鉄道はコロナ禍でバスツアーなどの需要が落ち込んだことをうけ、観光バス事業などを行うグループ会社を再編し、経営の効率化を図ります。再編に伴い、白山市の北陸交通では30年以上、赤色で親しまれてきた観光バスのデザインを変更することになりました』 twitter.com/trafficlip/sta

posted at 20:54:36

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『「列車を運転している時は、乗客と話す余裕はなかった。今は生徒たちと交流できるし、運休したことでくま鉄が地域からどれだけ頼られているか再認識できました」くま鉄は被害の少なかった肥後西村-湯前の19km区間で今年11月の部分運行再開を目指す』

posted at 20:50:04

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『今年3月で退職予定だった村松さんは会社に慰留され、再び列車を運転できることになった。長年続けてきた運転士とは畑違いの業務に、初めは物足りなさも。だが、バスを待つ高校生たちと部活や学校生活の雑談を重ねるうちに、心境が変化した』

posted at 20:50:04

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『1937年建造の国登録有形文化財で、度重なる水害にも耐えてきた「球磨川第四橋梁」が洪水で流失した姿を見た時には、「くま鉄は終わった」と落ち込んだ。その後、国が復旧費の97.5%を負担し、事業者負担がゼロとなる制度を活用して復旧することが決定』

posted at 20:50:03

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『昨年7月の豪雨直後は自宅待機を命じられ、2日後に事務所のある人吉温泉駅に出向くと、見慣れていた風景は一変していた。線路には土砂や流木が押し寄せ、全5車両はエンジンなどに泥水が入って動かせなくなっていた』

posted at 20:50:03

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『旧国鉄やJR-Qで九州各地の路線を運転していた村松さん。運転士不足に悩んでいた地元のくま鉄に請われ、JR-Qを定年退職した2017年に入社した。人吉市と湯前町を結ぶ24.8kmのローカル線の運行を担いながら、最年長運転士として後輩たちを指導してきた』

posted at 20:50:03

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『くま鉄は利用者の8割が高校生。通学の足の再開を望む生徒や保護者の要望で、豪雨の2週間後から代替バスを運行している。社員は朝と夕方に高校近くの臨時停留所に立ち、信号のない横断歩道での生徒の誘導や定期券の確認を続けている』

posted at 20:50:02

6月21日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『鉄道運転歴30年以上の村松さん(64)もその1人。鉄道復旧準備のため退職時期を1年延長。ハンドルを誘導棒に持ち替え、バスの定時運行を支えている。「はい、おつかれさーん」。6月上旬の夕方、球磨中央高前の停留所で、村松さんがバスに乗り込む生徒1人1人に声を掛けていた』 twitter.com/trafficlip/sta

posted at 20:50:02

2021年06月17日(木)15 tweetssource

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『新型コロナウイルス対策で換気んために窓を開けて走行したのだが、窓を開けての走行は過ごしやすい季節だと非常に気持ちが良かった。北九州市で暮らす上で、とても便利なバス。JRやモノレールと併用すれば、広い北九州市を網羅できる』

posted at 11:39:50

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『なお、バス内の混雑具合はというと、日によって異なるといえるが、休日の昼間で主要バス停間の移動したところ、混んではおらず座ることができた。バスの座席には車椅子を止める場所や、ベビーカーを固定するベルトも設置』

posted at 11:39:49

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『バスに乗る際は、ICカードを利用する人が多い。シニアもICカードを利用している。西鉄のICカードは「nimoca」。名前の由来は、「Nice Money Card」の略と「バスにも、電車にも、買い物にも、いろいろ使えるオールラウンドなカード」という意味が込められているそうだ』

posted at 11:39:49

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『読みやすいよう、背景が紺色、文字が白と黄色になっている。現在は、「にしてつバスナビ」というスマホ用アプリがあり、さらにバスの乗り換えが楽になった。アプリをインストールしておけば、快適にバスの乗り換えや乗るまでの時間を有効活用することができる』

posted at 11:39:49

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『バス停や観光スポット前のバス停には電光掲示板があり、何番のバスでどこに行くか、いつ頃に到着するのか、何停前にいるのか把握可能。直近の10件が表示されている。バス停に着いたら、この電光掲示板を眺めて自分が乗りたいバスがすぐにくるかが確認できる』

posted at 11:39:48

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『また、子どもの頃から市内に在住している人の多くは、学校や商業施設から自宅近くのバス停までのバス番号と乗り換えの時間差などを把握している。ちなみに、筆者は就職してから北九州市に住んだため、まだまだその領域に達していない』

posted at 11:39:48

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『シニアをはじめ、子育て世代や子どもにとって住みやすい設備やサービスがそろっている北九州市。ここでは、30歳の主婦が生活に利用している様子を紹介したい。北九州市を中心に運行しているバス会社は西鉄バス北九州。主要なバス停は小倉駅バスセンター、魚町、砂津などとなる』

posted at 11:39:47

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『こうした交通事業者の動きを念頭に、同計画では「既存路線の効率化・見直し」など、公共交通が抱える課題解決の具体策を盛り込む。計画の期間は本年度から5カ年。7月の市公共交通活性化協議会で素案を示し、8月にも策定する』

posted at 11:32:03

6月17日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『人口減少や新型コロナウイルス感染拡大の影響で、長崎バスと県営バスの路線バスは利用者が減り、両者は共同経営導入に向けた連携協定を締結。両者の取り組みは、同計画の方針に基づいて具体化し、来年4月のサービス開始を目指す』

posted at 11:32:03

2021年06月15日(火)5 tweetssource

6月15日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『いささか素っ気ない乗降システムも含めて、バスファンには愛すべき地方路線だ。だがもっと住民にも旅人にも快適に乗ってもらうために、何か改革できることがあるのではないかと心配もする。というのも、赤字に苦しむ地方のバス路線をいかに維持するかが、全国的な課題になっているからだ』

posted at 11:13:51

6月15日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『走りだしても緊張が続く。財布に小銭がないと冷や汗ものだ。運転席の横に両替機があるが、いつ両替すべきか。降車の際にもたもたしたら迷惑をかける。しかし、信号で停車中に両替したら注意されたこともあった。泰然と構える乗客らに、焦る姿を見せたくはない…』

posted at 11:13:51

6月15日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『実際の距離や方角には即していない。「スーパー前」とかバス停の名称も、住民だけに通じる符丁のようだ。ようやく目当てのバスが来た。同時に開く前後の扉。どちらから乗ればいいのだろう。おっと、乗る際に整理券を取り忘れては後で面倒くさい目に遭う』

posted at 11:13:50

2021年06月09日(水)8 tweetssource

6月9日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『このため両者が連携協定を締結し、独禁法の特例法に基づく共同経営の導入を検討する。ダイヤ調整などの対象路線は今後詰めるとみられ、市公共交通活性化協議会の意見を聞き、国に共同経営計画を提出する』

posted at 15:46:15

6月9日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『バス利用者は以前から沿線人口の減少に伴い減っており、昨年からの新型コロナ感染拡大で事業者の経営は一層悪化している。今後も減少傾向は続く見通しで、長崎市でも長崎バスと県営バスが競合路線を多く抱えたままでは、将来的に路線網を維持できない可能性があるという』

posted at 15:46:15

6月9日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『昨年11月、乗客減に苦しむバス会社の存続に向け独禁法の適用を除外する特例法が施行された。ダイヤ編成などの調整は本来カルテルに当たり独禁法で禁止されているが、国の認可を受ければ可能となった。これまでに熊本市を中心とする地域、岡山市内の運行会社の計2件が認可されている』 twitter.com/trafficlip/sta

posted at 15:46:14

6月9日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『右に見える車が1台だけ走っている広い道路は国道11号である。当時はこのようなバス待合所が徳島県内各地にあった。鉄道の通っていない場所ではバスが公共交通の主役で、路線も網の目のように張り巡らされていた』

posted at 15:16:42

2021年06月07日(月)8 tweetssource

6月7日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『長崎県内には松浦市などにも住民の行き来が多い県境がある。「県外往来の自粛」の考え方について、県担当者は「必要な移動の自粛までは求めない。地域の状況に合わせ、感染防止の行動をしてほしい」とする』

posted at 21:31:29

6月7日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『三川内と有田町は、近隣の東彼波佐見町などを含め、江戸時代から陶磁器の生産で交流発展してきた。窯業関係の仕事をしていた永岩原明地区長(65)は「この地域には県境が引かれる前から培ってきた信頼関係がある。コロナで人々の交流が減らないだろうか」と懸念する』

posted at 21:31:29

6月7日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『有田町民が越境する場合も複雑な心境があるようだ。60代男性は、地元にないスポーツ用品などは車で佐世保に買いに行くが、「佐賀ナンバーの車には、感染者が多い福岡県に近い鳥栖市なども含まれる。佐世保の人が不安に感じないか心配。“有田ナンバー”でもあればいいのに」とつぶやく』

posted at 21:31:29

6月7日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『佐賀県側の住民も同様の思いを抱く。県境に近い有田町原明地区にある理容店長(49)は「三川内は地元の一部。佐世保ナンバーの車が来ても全く気にならない」。ただ、佐世保の常連客には勤務先で県外移動の許可を取ってくる人もおり、「周囲の目があるのだろう」と思いやる』

posted at 21:31:28

6月7日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『佐世保市などによると、三川内地区と有田町の住民は買い物や通院などで行き来し、縁戚関係も少なくない。県境に接する堀本三川内地区前平町内会長(62)は「有田町は同じ生活圏にある感覚。コロナが拡大した当初は仕方ないと思ったが、いまだに移動が県境で線引きされるのは違和感がある」と困惑する』

posted at 21:31:28

6月7日

@KENSHOW_news

【検証:】的交通関連NewsClip@KENSHOW_news

『三川内地区に住む50代女性は毎朝通勤のため、自家用車で県境を越えて有田町の会社へ向かう。「不要不急の県外往来自粛を」-。国道の電光掲示板を見るたびにぼやきたくなる。「そう言われても…」。自宅近くにスーパーはなく、退社後は同町で食料品を買って帰る』

posted at 21:31:27

このページの先頭へ